きっと 会える ね。

遠来の客。
ボリビアに住んでいる人が マドリッドに来たついでにこちらにも寄ってくれた。
初めて 彼に出会ったのは マドリッド近郊に住んでいた八年前。
彼が二十歳の時だ。
茶髪を立てたような髪型をして まだ いかにも大学生と言う感じ。
道を歩いていると よく出会って  声をかけてくれた。 
当時は 某大学の外国人コースで スペイン語を習っていた。
今では 某官省に入って ボリビアで仕事をしている。
髪の色は少し 濃くなったが 相変わらずの雰囲気は変わらない。
たぶん 仕事があってるのだと思う。
あと 一年で任期が終わる。
次回の希望は メキシコ。
もう 28ですよ と 笑う。

e0061699_15443479.jpg



昨年も来てくれたのだ。 当時はスペインに住んでいた。 その時 行けなかった ウベダを散歩。
e0061699_15461896.jpg



e0061699_1621973.jpg



お昼ご飯は ここで。 Museo Agricola  ホームページはhttp://www.museoagricola.com/
17種類の料理を少しずつ味わえる。
e0061699_1545477.jpg




e0061699_15464236.jpg


朝 八時にマドリッドへ。
一泊だけの滞在。
まるで 隣町に住んでいる人のような フットワークの軽さ。
次回 会える日を楽しみにしたい。





追記

朝 早くに客人が帰るので 夫は ついでに 長女をアリカンテのカルペにある友人の別荘に連れて行った。  ついでに・・・。 私的には全然 ついで とも思われないんだけど。
一泊して 夫は 明日帰ってくるらしい。 娘は あちらに一週間滞在。
夫もそういう意味では フットワークが軽いと言えるかも。
今日は息子2人だけなので お昼ご飯は簡単にしよう~と。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/8346550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by syenronbenkei at 2008-07-22 18:25 x
スペインは遠いけど、上海あたりで会うこともあるかもね。
いや、ナイフとフォークは苦手なので写真のようなレストランはパスだなと思ったら上海、、、と(笑)
会わないつもりだったんだけど、誰とも。
今は気が変わってるぼくです。
Commented by npura at 2008-07-22 19:05
年に一回ってまるで七夕みたいですね
そんな人との出会いって楽しいですね、「もう28です」まだ28だよ!(笑)
しかしスペインの風景、憧れます(^0^)
Commented by cazorla at 2008-07-22 20:03
セイロンベンケイさん チャイナ服で会いましょう。
台湾の青空食堂に行きたいっ て もう リクエストしてます。
あってみると きっと 文章のとおりだったり
肉体より その人の本質って 文章に表れてるかも ですね。

とりあえず 頭修理してからじゃなくては 飛行機に乗れない
去年は マドリッドから関空につくまでに 十回くらい 財布やらなんやら どっかに置き忘れ
常に出てくるんだけど
夏中には 処理したいです。

でも 修理したら人格変わるかも(笑
Commented by cazorla at 2008-07-22 20:03
プラーさん 28の時って それなりに 自分で もうおとなだなーって思ってましたよね。 なんか 人生の一番良い時 過ぎてしまったみたいな ものたりなさ。 でも 実際は 人生の一番良い時って 今 いる自分の この時 なんですよね。

いつか いらしてくださいね。
高級料亭ないですけど。
Commented by horaice at 2008-07-23 21:20
最後の景色 とってもいいですね。
私も旅がしたいです~♪
お付き合い、どこでどう始まるか分からないですよね。
久々に会って、お互いの時間を知るとき なんともいえない充実感がある気がします。
Commented by cazorla at 2008-07-24 02:24
horaiceさん 旅したいよねー。
末っ子も大きくなったから
一度思い切って バスに飛び乗って 行ってみようかと
妄想膨らませてます。
人との縁って 不思議ですよね。
私の友達は 飛行機で知り合った人と 文通して1年後に結婚したの。
心の通じ合う人って 会った瞬間に 同性でも異性でも ぴぴーん みたいなのがありますね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2008-07-22 16:06 | アンダルシア | Trackback | Comments(6)