思い出の服たち

東京に住んでいる時の夫の友達にもらった服です。
夫の友達は ガーナ人。
ガーナのプリンスなんだよ って 夫が言っていた。
洋服の会社で働いていたのです。

e0061699_7182424.jpg

白のいわゆるイビサ型ワンピ。
e0061699_7184682.jpg

ヒョウ柄のシャツは「めざせ マザコン息子」の写真で着ていたものです。

自分では あえて選ばなかったかもしれない服だけど
もう十年くらいなるのに 飽きずに というより とても気に入って着ています。

ガーナのプリンスと 夫が呼んでいたのは 
その姿勢がいつも くずれず 美しいから。
日本にいればそれなりの差別もある。
そういう中で ちっとも 姿勢がくずれず いつも毅然としている。
だから 着るときは 特に 姿勢がきれいになるように注意してます。


ついでに お気に入りの服をもう一枚。
e0061699_7445837.jpg

これは 1970年に 友達のおとうさんが インドネシアで買ったもの。
それを 1988年にもらいました。
で 未だに着ています。
手染め。 着心地がよいです。 タンクトップにジーンズで軽くはおる。 そういうのが好きです。
前にも書いたけど。

子供時代 たぶん六才の時だったと思う。
母が このお洋服は 十年前に買ったのよと いった日のことをよく覚えている。
十年前なんて その時点で いなかった。
わたしのお洋服はどれも 一年前か今年買った物。
だから すっごく 母を尊敬してしまった。
その日の記憶で 物持ちの良い人になったのかもしれません。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/8404689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 海外旅行ガイド at 2008-08-02 13:29
タイトル : スペイン旅行マドリッドへの持ち物
スペイン旅行の持ち物は何が必須の持ち物でしょうか?... more
Commented by maron415 at 2008-08-02 09:51
母が娘時代のスーツなんかをいとこがいいねぇともらっていました。
(娘は体型的にあわんので…)
確かに今着ても古臭くない感じでしたね。
その一着がとっても大事だったから、
丁寧に着てたし、
おまけに自分で作ったのだから残ってたのかなあなんて
ちょっと思いまつた。
Commented by cazorla at 2008-08-02 14:24
マロンママさん おかあさま スーツなんて作るの!?
すごい。 
デザイン 好みを重視したものって 古くならないよね。
自分の審美眼が一番。 はやりだからって 買った物は はやらなくなったら 古くさく感じてしまう。 丁寧に着るというのもエコですよね。(エコロジーでエコノミック)
Commented by toqqun at 2008-08-02 15:36
ガーナのプリンスの白いワンピースを着たcazorlaさんが見たい!
毅然と姿勢よく、ちょっと顎を上向けて、両手を後ろに組んで…(妄想)
遠景でもいいからよろしくね(^_-)-☆
Commented by sagisouf at 2008-08-02 16:25
やっぱり、昔のものは良いですね。私も今着てるシャツやランニングは独身の時代に買ったもの。ず~いぶん昔・・・でした。

上等な生地でオーダーした絹のワンピース「もう、着られないや」って思って人にあげたのが後悔の嵐・・・今では手に入らないし、買えない。
あの、ワンピース4着ぐらいあったけど、今はいずこへ・・・
Commented by mai-obachan at 2008-08-02 17:55
姿勢って大事ですよね。
シャンとしているとなに着ていてもいい。

cazorlaさんは背も高いしスタイルいいし小麦色の肌でかっこいいから、
なに着ていてもいい!
Commented by barrameda at 2008-08-02 18:45
昔、日本でガーナの女性と仲良くなる機会があったのですが、彼女は自分が黒人だからすごく遠慮してあまり話しかけてこなかった。
僕も今よりすこしウブであまり話しかけられなくて、今の自分だったらそんな想いさせないで恋人同士にもなれたのになって時々思ったりしてます。
辛かっただろうなぁ。
時々、黒くて美しい彼女のポートレートを見ながら思い出したりしています。
Commented by mimizu_biki at 2008-08-02 20:39
次々と新しく服を買う人って、古い服をどうするんでしょう?
僕は着れるものを捨てるのはしのびなくて、もう着ることはないだろうにいまだにタンスの中に眠る独身時代の服達。
二十歳の頃に作ったスーツもまだあったりします。
これがなんとパンタロン(笑)
看護学校時代の制服は紺のスーツだったのでそれもまだあるんですが、やっぱりビジネススーツとは全然違うんで着る機会がない。

最近は新しい服を買いません。
ほとんどリサイクルショップで古着を買います。
だから今僕が着てる服のほとんどが300円。

で、一番上の白のワンピース似合いそうね。僕に(笑)
Commented by cazorla at 2008-08-03 07:02
とっくんさん ありがとうございます。
また 喜ばされちゃった。 うれしいです。
Commented by cazorla at 2008-08-03 07:02
さぎそうさん わかります。 わたしも後悔しているものが少々。
母と交換だと 時間がたって また戻ってきたりして便利なのですが。
やっぱり昔のものはいいですよね。
靴なんかも昔のものは きちんと作ってるなと思います。
そして昔の形 またはやったりしてますね。
足の大きさは変わらないから 靴は しまっといたほうがいいですね
Commented by cazorla at 2008-08-03 07:05
まいさん 昔 美容師さんに 顔より姿勢って 言われてなるほどーと思いました。 顔は替えられないけど 姿勢は 少しは・・・・。
ただ 足が全体のバランスから言うと小さくて歩き方が変なのです。
歩き方もレッスン次第かな~?
Commented by cazorla at 2008-08-03 07:11
barramedaさん アフリカの人って きちんとした人が多いですね。
若い時って 表現しにくくて 色々 誤解というか
あのとき もう少しこうすれば もっと話せたのに というのは
日本人同士でもあったりしますよね。
(と 頭の中をいろんな風景が 流れていく。。。)
そういう人達に 年をとって 会ってみたい 
Commented by cazorla at 2008-08-03 07:15
ミミズベンケイさん 
パンタロンって ラッパズボンとも呼ばれたあれ?
で ミミズベンケイさんは サイズが変わらないから ますます捨てられないのですね。 わたしは 母と交換したり 母は最近 小さく痩せてきたのでリフォームしたりしてます。 わたしも捨てられないほう。
Tシャツ 以外 ここずっと 買ってないです。
学校の参観日なんかの授業もないから ママ的服も必要ないし。。。
Commented by hanaco at 2008-08-04 13:41 x
お洋服の記事なのに、勘違いなコメントしちゃいますが
アフリカの日々。イサク・ディーネセンですね???????
大好きな本です。読んでから、映画になったのを見ました。
メリル・ストリープが細くて、若かったなぁ・・・・。
Commented by cazorla at 2008-08-04 19:11
はなこさん そうです。 ご覧になりました?
植民地時代 という見方をする人もいるかもしれないけど
アフリカの生活 アフリカの人たち を きちんと描いた
よい本ですよね。 わたしも大好きです。
Commented by horaice at 2008-08-04 22:58
それぞれの服に思い出あり、着るときの気持ちがありますよね。
それら全てが その人を表すと思います。
既製服でも その人がもつストーリーで そのものの存在は変わる。

一番上のワンピ 背が高くて 引き締まったcazorlaさんに とても似合われそう☆
でもきっとヒョウ柄の方が 普段に着られる機会がおおいのでしょうね!
Commented by cazorla at 2008-08-05 08:09
horaiceさん 着るもので 気持ちもちょっと変わりますね。
白を着る というのは いいものです。
子供達が小さい時は 手の形のチョコレート模様などつけられたりしてましたが これからは もう少し着たいなと思います。

娘は 四才の時のお気に入りのワンピースを Tシャツとして着ているの。
痩せているからできるのだけど。 日本にいた時 買った物だから 大事にしてる そんな感じです。 ちょっと 柄も着物みたいな感じだし。 

愛情を持つのは 服に対しても 人に対しても 同じ というと語弊があるかもしれないけど 愛する という気持ちが 幸せな気分にしてくれる と思います。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2008-08-02 07:57 | お気に入りのもの | Trackback(1) | Comments(16)