「ほっ」と。キャンペーン

ハーレルヤ

この小さな村で毎年 ブルースカソルラというイベントをやっています。
ここで ブルースをあえてする意味があるのかどうか。
合衆国から 何人か かつて有名だった人たちを毎年招待している。
飛行機代 ホテル代 そしてギャラ。

村はいつも赤字です。
で 村人たちの中で いったい 何人くらい ブルースが好きなのか。
ブルースの日は 町は ちょっと村人とも避暑客とも違うタイプの人たちで にぎわいます。
e0061699_8221946.jpg

で お金がないので 今年は 公立鼓笛隊というか村のバンダのお給料が払えない。

今日は バンダの練習日。
娘に次回の演奏はいつ? と訊くと
「8月15日なんだけど お給料払ってもらってないから
私たち 演奏しないかもしれないの!!」

12才にして初めてのストライキ。
そうだ 君たちは労働者なのだ。

道路工事の人たちにも払われていないので 彼らと一緒に抗議するらしい。



ちょっと 前まで ドーナッツは お金で買えるのに
どうして 椅子では買えないの というとんちんかんな疑問を持っていた娘ですが
少しずつ 社会に入り込んでいます。
[PR]
トラックバックURL : http://cazorla.exblog.jp/tb/8415075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2008-08-04 13:29
うちの息子の高校はアルバイト禁止なんです。これじゃ社会勉強出来るわけが無い。豪勢な花火を見て喜んで居る場合じゃなさそうです。
Commented by saku_888 at 2008-08-04 14:41
家庭と学校だけじゃない居場所が、ちゃんとあるんですね。
受け身だけじゃない場所。
Commented by sagisouf at 2008-08-04 14:50 x
働くって、大事ですね。男の場合は「仕事が彼らを育てる」と言う言葉がありますが、女の子でも同じだと思う。生活の実感を肌で感じるでしょうね。ストライキ・・・賛成!がんばれ!マリアちゃん。
Commented by rorie at 2008-08-04 14:52 x
12歳でストライキ。
そうやって大人の社会に入っていけるんですねー、他人事ではなく私たちの問題というのが、すごくいいです。
日本の学生も春闘のお手伝いとかやってみればいいのに。
炊き出しとかしちゃって。おっちゃんたち喜ぶよ、きっと。

かつて有名だった人たち・・・あたりから、ちぐはぐさが伝わってきます(笑)
鳥取の花火大会での、花火直前へんてこコーナー。
「次は○○町のトリ男さんのメッセージです!みどりちゃん待たせてごめんね、僕と一緒に人生の花火を上げよう!」
テンションの高い女性アナウンサーの声のあと、ひょろろろろ、ドーンとハート形の花火がひとつ上がる。

これを何回か繰り返して会場内が異様な雰囲気に包まれているとき、
前に座っていたおばあさんが大変な勢いで言いました。
「人を待たせて何をしとるだ!!」
みんなでほんまや!!と、拍手!(笑)
Commented by toqqun at 2008-08-04 17:06
最初に始めた人たちがたまたまブルースが好きだったのか?
今となってはちょっと迷惑な恒例の夏祭り?ですね。
かわいい抗議の声をあげてみるのも必要かと。
うん、マリアちゃんガンバレ!
Commented by mai-obachan at 2008-08-04 18:45
やることはやって払うものは払ってから、ブルースでもなんでもやって欲しいというのが住む人たちの本音ですよね。
それで観光客集め、ブルースの街として活気が出ればいいんですけど。

娘さん、大人のちょっと切ない現実に直面ですね。
Commented by cazorla at 2008-08-04 18:59
あんつぁん 鼓笛隊は 演奏と練習が中心なので あんまりアルバイトという感じでもないのかもしれませんが やはり 奏者としてのプロ意識みたいなものは 培ってくれていると思います。
それに学校以外の人 特に大人と つきあえる というのは いいですね。
Commented by cazorla at 2008-08-04 19:00
さくさん 交際範囲が増えて いろんな考え方の人がいるというのを見ているだけでも すごく勉強になりますね。
Commented by cazorla at 2008-08-04 19:02
さぎそうさん やはり 仕事として 楽器をやるのと なんとなくでは
意識も違うでしょうね。 ちゃんと 練習に行くというのも
時間感覚がなかったのに 遊びに行っていてもちゃんと帰ってくるようになったし。 お稽古ごととは 違った形で 覚えていきますね。
Commented by cazorla at 2008-08-04 19:06
rorie さん テレビがらみの人たちのあのちぐはぐさ。
新宿の公園で ある日遊んでいたら 突然 撮影が始まって 締め出し。
でも マリアを見て あ ハーフ かわいい この子は 入れましょう
って そう言われて母親はへこへこ喜ぶとおもってんのか と。
おばちゃんのひと言は 大事ですね。
昔 芦屋の銭湯(芦屋の銭湯というのが渋いでしょ?) で 欧米人が立って シャワー浴びていたら 他の人にかかる。 おばちゃんがひとこと 関西弁で注意してましたよ。 わたしもりっぱなおばちゃんにならなくては。
Commented by cazorla at 2008-08-04 19:07
とっくんさん ブルースって ちょっと 知的響きがあるのかも ですね。
でも 国内にたくさん良いギター奏者もいることだし
もっと 地元の文化で 安上がりにしてほしい。

これからの展開 たのしみにしてます。
Commented by cazorla at 2008-08-04 19:09
まいさん レオンのニュニョスのコンサートみたいなのがいいなー
無料で そんなのあったら わたしも行きます。

ブルースで来る人達って そんなに 観光客として お金を落としていくわけでもなく 年々 人数も減るようだし。。。

カソルラ村はいろんなことで赤字村なのです。
Commented by mimizu_biki at 2008-08-04 22:07
ブルースカソルラ。
いいなぁ、それって思うんだけど。
ブルース好きだから。
でも払うべきもの払わずに箱物行政みたいなことするのはいかんぽ。
働いた報酬が支払われるのはあたりまえだよね。
マリアちゃんがんばれ!

で、プロならフラメンコでもブルースでも弾けると思うけど、地元のギタリストで間に合わすってのはどうなんざましょ?
ようわからん。
Commented by Pfgia at 2008-08-05 01:48 x
公立鼓笛隊⇒自治体/地域オーケストラみたいなもの⇒プロ⇒有料/有給っていうことなんでしょうか!?小中高と吹奏楽をやっていて、地域の色んなイベントに参加しましたけど、クラブ活動の延長だから景品ぐらいしか頂いたことはありませんよ~。 村おこし的催しで利益をあげるのはやっぱり難しいのですね。

パンドルショーツ、月間検索ワードランキングにどう食い込んで来るのでしょうか... ちょっと興味あります。
Commented by cazorla at 2008-08-05 06:49
ミミズベンケイさん 地元のギタリスト とかね いいですね。
近藤 房之助のファンでした。 高円寺あたりで 酔っぱらってるの。
そーゆー雰囲気の人が 歌ってくれるのがいいな。
それじゃ 村の一大行事にはならないけど・・。
でね 来る人も ブルースが好きって感じの人たちではなくて
ブルースって さ ほら 僕たち知的だからね 的な人が多いから イヤなのね。 それと ここでする必然性みたいなの。
支出と収入は ちゃんと考えて やってほしいなと。 
警察にも払ってないという話も聞いた。 すごいでしょ?
Commented by cazorla at 2008-08-05 06:57
Pfgiaさん 
カソルラあたりの小さい村は お小遣い程度ですが
大きな町になると それだけで生活してる人もいっぱいいます。
入団するのにそれなりのレベルを求められるし
仕事としても かなり重労働です。 歩いて二十分くらいのところを三時間くらいかけて 演奏しながら歩いたり
先日は 夜十二時開演。 ちゃんと入場料も払ってもらっての演奏だったし。

パンドル ランキング外でした。 
やはり パンドル 公式サイトがあるから・・・
貞操帯とかビデって きちんと説明しているサイトが少ないので
ここに来てくださるみたいです。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2008-08-04 08:52 | カソルラ | Trackback | Comments(16)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla