カテゴリ:スペイン若者( 55 )

週末のトスカーナ

マリア イタリアにいるんだって
と 長男が言う。
何? イタリア?
授業があるから 週末だけのイタリア。
へい 贅沢だぜ。
イタリアに友達がいる。
ヨーロッパには エラスムス奨学金制度というのがあって 大学4年間のうち 一年を
ヨーロッパの他の国で学ぶことができる。
奨学金は アパート代で消える程度だが いい経験になると思う。
ほぼ 三年生の時に行く。
友達は バイオリンを弾いている。
トスカーナの街で 今 勉強している。
正確に言えば 彼女は 友達の恋人。
マリアと同じフルートを同じ先生について学んでいる男の子の恋人。
男の子はベルギーに エラスムスで行っている。
一学年上。
マリアもできれば来年行きたいと思っている。
恋人同士が 別々の国で 学んでいると やっぱりいろいろある。
マリアの友人の男の子 Oくん。
すんごい真面目な男の子。
うちにも一度遊びに来たけど 今時 こんな真面目な子が居るんだと思った。
その彼が ベルギーで 好きな人ができた  というか 付き合い始めた人ができた。
ベルギー人の女の子。
真面目でなかったら 多分 その場限りの恋 アバンチュールと軽い気持ちで付き合ったと思う。
でも 彼は何と言っても真面目なので すぐに イタリアにいる恋人に連絡した。
他の人と付き合うことになったから。。。
彼女 すぐに マリアにメール。
うちの娘になんか相談するんだ。。。ふふっと 思いましたが。
そういう話を 先日聞いた。
たぶん 火曜日か水曜日。
『私 慰めてあげなくっちゃならないの』
『ふーん」
その慰めが 電話でもメールでもなく 直接だなんて思ってもみなかった。
世界は 狭くなりつつある。
知らないうちに トスカーナ。

我が家の食卓の話題。
『でも 思うけど イタリアって恋の国だし
イタリアに行った方が 別の人と付き合う可能性高いのにねー』
『ベルギーだったら 真面目でちっともおもしろくもなんともない Oでも
すんごい 魅力的なのかもねー』
『イタリアの女の子 可愛いから スペイン女子は ほぼ 可能性ないんだねー』
「競争激しいから』
『ベルギーの方が スペイン優勢だね』

失礼な家族である。



e0061699_00113482.jpg

ローマの休日。。じゃなくって トスカーナの休日。


e0061699_00112044.jpg


いいな イタリア。


[PR]
by cazorla | 2016-04-11 00:13 | スペイン若者 | Trackback | Comments(10)

seventeen

僕は 昔 よく考えてたんだ。
もしも 僕が 日本に住んでいたら 誰も僕を苛めないのにって。
きっと たくさん友達がいて
いっぱい いろんな話ができた。
ねえ 日本人って 本をいっぱい読むんだよね。
浮浪者まで 本を読むって 書いてたよ。
すごいね。
でも だんだん大きくなって 苛められなくなってから
わかったんだけど
いじめって ただ 共通の話題に過ぎないんだよね。
みんなで 集まって 一つのターゲットに向かっていく。
ちょっと 違う人がいれば そこに行く。
僕は 自分が スペイン人なのかなーってたまに考える。
多分 スペイン人なんだろうけど スペインという国家のために
命を犠牲にできるか ってきかれたら 絶対 できない。
僕は 日本人なのか どうだろう。
日本語もできないし。
日本で生まれたけど あんまり覚えてない。
でも ばあばと約束したんだ
日本チームで サッカーするよって。
ばあば 笑ってた。
でも やっぱり無理かなー。
日本語 できるようにならないとね。

なんで 今 そういう話をするかっていうとね
パリのテロのこと考えてたんだ。
一人は僕と同じ 17歳だったね。
二人は シリアの偽造パスポートを持っていた。
でも みんな フランスで生まれて フランス人だった。
〇〇人 って 実は 意味がないよね。
そこに住んでいても そこに溶け込んでなかったら 
自分で そこの国に人って思えないもの。
彼らは 両親が イスラム教の国の人だったから
イスラムのために死んだら イスラムに 100パーセント受け入れてもらえる って
思ったんだろうね。
なんとなく そういうのが わかるような気がするんだ。
僕は 肉体的には 半々だから そういう どうにかしたら どこかで
100パーセント受け入れられるという可能性がない。
それは ある意味 いいことかもしれない。
だって 僕は 僕である以外何者でもない と言い切れるから。
それでも もちろん たまに寂しい気持ちになる。

僕は 宗教はないけど
宗教はあってもいいと思ってるよ。
宗教がなかったら 戦争はない なんて思ってる人がいるけど
それは 違う。
宗教がなかったら また 違う口実で 攻撃を仕掛けてくる。

だって 僕は みんなとできるだけ 同じ話題で話せるよう努力したけど
そんなの無駄だって わかるから。
チノじゃない 日本人だって いうのも無駄。
どっちだっていいんだ。
違う ということは 変わりないからね。

でもね 僕は ピアノを弾いてると 誰かから とても愛されてるような
ああ ちょっと違うね
なんか 温かいもので包まれてるような 気持ちになる。
みんなの前で 弾いてると 聞いてる人と 一体化していくような気持ち。
うまく言えないけど つながっているような。

無理につながることはないんだよね。
自然に つながっていくんだから。
多分 無理せずに ほっとけば 自然に世界は つながっていくような
そんな気がすることがあるよ。

e0061699_18491927.jpg



[PR]
by cazorla | 2015-12-10 18:50 | スペイン若者 | Trackback | Comments(12)

雨がちょっとだけ降った日は 地面の汚れが
まだ 残っていて そのせいで滑りやすい。
坂の多いこの町では なおさら 危ない。
というわけで 先週 滑って 転んで 
村中の話題になっていますから 痛くないふりで
歩いてはいても 未だに痛い。
痛いときって それを治療しようとする体の動きがあって
そのせいで
多分そのせいで やたら眠くて 眠ると深く深く眠ってしまう。
深く眠ると 本当のような夢を見る。
うちの犬のみーちゃん ことみかんが しゃべる夢。
モニョモニョと口を動かして だっこ と言った。
他にも何か言っただろうか。
とにかく 柔らかい可愛い声でだっこと言った。
抱きかかえて 嬉しくて。
日本語で。

自分の心さえわからない と 前回の記事で書いた。
つまり その通りで
実は私も 日本語をしゃべらない子供達に不服があるのか。
私 全く努力してないからしょうがないし
娘なぞは ママがちゃんと教えてくれないから バイリンガルになり損ねた と言う。
全ては 私の無精の結果。
田舎に引っ越して 日本人に会うこともないし
たいして 日本語教育に 重きを置いていなかった。
子供達は 子供達だけで 出歩いている環境だし。
ああ そう言い訳ね。

でも だっこー
ママ だっこー
って 言われていた頃が懐かしいのか。
それが 私の本心?

e0061699_11120629.jpg

最近は スペイン語ではピンキージョという 細めのパンツが流行っていて
日本語で 何ていうのか知らないけれど
私は フェミニンなパンツだと思うし
夫も 不機嫌な顔でじろっと見る。
でも もう何も言わない。

息子は うちの母に会った時に 幼稚園レベルの日本語を話す。


e0061699_11114237.jpg

この頃は だっこーってまだ言ってたよね。






[PR]
by cazorla | 2015-11-07 11:29 | スペイン若者 | Trackback | Comments(12)

少年 

金曜日にプールに行った時のこと。
金曜日 午前11時半。

プールは入り口が門扉になっていて タイル張りが5メートルくらい続いて建物の入り口になる。
そこにレセプションがあって 化粧室 シャワー 着替え。
今は 節約のため 午前中はクラスの指導をする先生が一人で働いている。
金曜日 門扉が閉まっていた。
裏に回って覗いたら ちゃんと泳いでいる。
門扉が閉まって 自動的に鍵がかかってしまったのだろう。

門扉の横では 男の子たちのグループが タバコを吸っている。
この時間に つるんでタバコを吸っているのだから 不良である。
スペイン語ではこういう子たちを ganberro ガンベーロ と呼ぶ。
なんとなく 音からして 悪って感じ?
辞書を引かなくても すぐに理解できることば。
こういう子たちとは あまり 関わらないようにしている。
いきなり チナ(中国人)と 怒鳴ったりする。
あんまり いい気持ちはしない、もちろん。
だから 関わらない。

でも こいつらしかいない。

門扉はだいたい 3m。
そこを飛び越えて 中で指導している先生に 開けてもらう。
それしかない。
だって 泳ぎたいんだもん

『ねえ 君たちに助けて欲しいんだけど』
一瞬 しーーんとする。
意味がわからなかった模様。
もう一度 言う。
『ねえ 君たち 助けてもらえるかな?』
『えええ 助けてって??』
『プールに来たんだけど 閉まってるのよ。
でも 中に人がいるから 君たちの誰か
あの塀を飛び越えて 開けてもらうように頼んでくれないかな」
みんな お互いの顔をじっと見る。
無言の相談。
一番デブの子が言う。
『それさ 不可能だと思うんだけど』
お前に頼んどらんぞ と内心 思うけど 無視。
『いいよ、俺がやる』
と スケボーが好きそうなタイプの男の子が言う。
軽く走って 飛び越える。
中に入っていく。
すぐ戻ってくる。
『なんか 水泳教室みたいだー。
セニョーラは生徒なの?』
『ううん 違う。 でも 水曜日にも来て
先生が金曜日も空いてるからおいで って言ってたの。
先生は ウバっていうんだけど ウバー 外で待ってる人がいるよ
って叫んでくれない?』
頷いて中に入る。
でも またまた すぐに戻ってくる。
『なんかさ ばあさんがいっぱいいて 先生がよく見えなくて、、』

そうだ こいつ ものすごくシャイなんだ。
シャイで 自分をうまく表現できなくて つるんでる。

私の後ろで 他の男の子がコソコソ話してる。
『お前さ なんか 中国語 知らない?
なんかさ なんか 中国語で 話してみようよ』
『知らねーよ。 それに中国人かどうかわかんないしさー』
『俺 思うんだけどさー やっぱー あれだよ
外国に住んでる外国人なんだから 英語じゃないか』
『だな 英語で話しかけてみようぜ。』
『おい なんか 英語の文章 なんかないか
なんか かっこいい フレーズ 言ってみろ』
『俺 英語知らないもん』
『やっぱ スペイン語か つまんねー』

その間に もう一度 飛び越えていった男の子は中に入っていったけど
やっぱり 怒鳴る勇気がなくて 戻ってきた。
いいよ しょうがない。
飛び越えてくれただけで 十分だ。

『君の名は?』
『アドリアン』
『ありがとう アドリアン。 
君って とってもcoolな 男の子だ』

彼は 一瞬 顔を輝かせた。

私もなんとなく嬉しかった。
彼らは 15歳の少年たち。
時として チナ なんて叫ぶけど 
彼らは コミュニケーションの術を持たない。
シャイな 15歳の男の子たち。
世界とどう折り合いをつけていいのか。
学校でもつまずいてしまって 自分の価値を見出せなくて 戸惑っている
ただの 15歳の少年。


今 フランスのニース在住のきょうたちゃんが 少年というお話を書いてます。

もう少し積極的に 少年たちと関わっていきたいと思います。

e0061699_07122306.jpg

写真は 息子とその友達です。 









[PR]
by cazorla | 2015-10-11 07:13 | スペイン若者 | Trackback | Comments(8)

ファッション注意報

スペインは だいたい女の子ならピアスしてる。
生まれてまもなく ピアスをする。
習慣です。
お肌のために  この最初のピアスは 24金。
うちの子は 日本でうまれたので していなかった。
いや スペインでもしてなかったかも。
ま 大人になってしたければすればよいと思っていたから。
だから よく 男の子に間違えられた。
ただそれだけのことで。
ま たしかに 男の子でも髪の毛さらさらで かわいくってピンクを着ていたりするから
間違えられてもべつにいいんだけど。
おまけにうちの娘は わたしの趣味で かなり長い間ショートカットだった。
顔のちっちゃい子って 髪が短いの かわいいですよね。
わたしは長いけど。 だって 顔ちいさくないし。。。
でも 娘は ある日突然髪を伸ばし始めた。

親が望むのと正反対のことをする。
これは 2000年の歴史を持つ風習です。
先日 長女と同じコンセルバトリオに行ってる男の子に会った。
タラゴナ出身の一人っ子。
お母さんが亡くなって お母さんの遺産のアパートを貸して
そのお金だ生活している。
おとうさんは 公務員でものすごく普通の人。
ふたりとも 細かいところを見なければ ほんとに絵に描いたような親子。
細かいところ。
それは彼の鼻。
いったいぜんたい このふつうの男の子がこんなことする
というのが ティーンエイジャーなんですね。
アドレセンテ と スペイン語ではいいます。

e0061699_18533172.jpg

適当な写真が見つからなかったので かなり不適切なことばが入ってますがゆるしてください。

コンセルバトリオは クラシック音楽を学ぶところですから
オランダ人の先生は毎日メールを送っている。
『牛ですか?人間ですか? フルート奏者なら その輪っかをはずしなさい。』
こういうことに 理解をしめすのは 意外なことに オランダ人よりスペイン人。
オランダ人のイメージは 自由にマリファナを吸っている。
でも そう
クラシック音楽家は クラシック音楽家。


それでも彼は 頑なに輪っかをくっつけて生活していた、

ところが わっかをつけてほぼ一年になろうとしている 先週
いきなり胸に痰がいっぱいたまって 呼吸困難になり倒れた。
喘息みたいな症状だったらしいけど 喘息もない。
アレルギーもいままで なかった。
でも 医師は 輪っかをはずすことを勧めた。
ほかに理由らしいものもないし
一年間 ずっと体にくっつけてきたから アレルギーが出た可能性がある。
はずして様子をみましょう ということ。

やっぱり 異物を体につけるのは よくないようだ。

第一 彼はほんとうに 似合わなかった。




[PR]
by cazorla | 2015-09-23 19:09 | スペイン若者 | Trackback | Comments(7)

写真

Facebookって なーーんのためにあるのでしょ?
と たまに疑問に思う。
ニュースダイジェストとしてはけっこう便利ではあります。
でも 若者たちの写真。
息子の
長男の

今 フェリアですから けっこう外出が多くて
でかけて おどって 飲んで 写真。
で それが 各写真
ちがう おんな だぜ
って
まあ 友達 ただ のともだち
とは言え こんだけ まいかい ちがう女の子と 写真撮って
それ 載せて いいのか と 思う。

一人だけ載せたら問題でしょ と息子が言う。
ひとりだけだと その子となにかあるか って おもうでしょ

ぼくさー 平等につきあいたいんだよ

それなんか変 とわたしは思う。
でも まあ そういうもんかー と 一応譲歩する。

末っ子 14歳に言う。
『ねえ あんなに毎回 ちがう女の子と写真に写って
もしかして あんたのにいちゃん 女好きかい?』
末っ子が言う。
『ちがうよー ばっかだなー ママ
エンリケは女の子なんて全く興味ないの
ないから 写真なんて 何枚でも載せられるんでしょ?
どーでもいいんだよ。』

そういうもんかい。


e0061699_20010812.jpg





e0061699_20005590.jpg



[PR]
by cazorla | 2015-09-19 20:09 | スペイン若者 | Trackback | Comments(2)

スペインで浴衣美人

来週からフェリア。
カソルラ村の住民は 準備に忙しい。
行列用の馬を街並みや人に慣れさせるために散歩させたり
セビジャーナやヒターナという名の衣装の最後の仕上げ。

そういう中で 半分日本人のうちの娘が浴衣で登場。

日本で買った既製品なので ちょっと袖が短い。
173センチ。
最近 天海祐希の出るドラマを見たが 171センチの彼女が
でかいと言われている。
日本に住んでいたら うちの娘も でかい と言われていたのか。
それとも 天海祐希の年齢だからでかいのか。

e0061699_18113653.jpg
見返り美人図。

e0061699_18125555.jpg
石の壁のいかにもスペインの固い風景のなかで。


e0061699_18105124.jpg
自宅の窓から。


e0061699_18154438.jpg
愛犬みかんと。


城に撮りに行きたかったんだけど 今日はご近所で。




[PR]
by cazorla | 2015-09-12 18:18 | スペイン若者 | Trackback | Comments(4)

汗腺の数というのは
民族とか国籍に関係なく
その人が 生まれ落ちた最初の数年に住み着いた土地の気候にあわせて決まるのだそうです。
一般的に 日本人は ヨーロッパの人の二倍。
これは 湿気のある日本の土地に合わせた数。
汗は熱くなった体を冷やすために流れる。
湿気が多いと バランスの
化学だか物理だかで習った飽和の法則で
汗が出にくいのだと思う。
だから 日本や その他 モンスーンの地域では 汗腺が多くなる。

娘は 日本で生まれ 4歳と9ヶ月を過ごしたので
汗腺の数は 私と同じ。
だから この暑さで 私と一緒に倒れた。

e0061699_22394501.jpg


痩せました。
私も ここ 数日で 2キロちょっと。
彼女は 首の付け根の骨が出たと喜んでる。
なんとなく 日本人ぽい。

と 二人でキャーキャー言って過ごす。

女友達に 胸が なくなったと言われた
と言うので 加山又造のエロティシズムについて講釈。
でかけりゃ ええと言うわけじゃない。

日本人の体って 痩せると なんとなく色っぽくなると思いません?
スペイン人は あまりに痩せると がつがつごつごつになるんだけど
それはたぶん 骨の細さ に違いがある。

e0061699_22504577.jpg
食べないと 欲のない超えた感じになる。
まったく 食べてないわけではなく
多分 普通の日本人の女の子の 1.5人分くらいは食べてるけれど



e0061699_22424417.jpg

このオーバーオール。
私が18の時買ったもの。
切って使ってる。
なんと37年前のもの。
買って しばらく着ないでしまっていて
その後 マタニティとして復活。


これです。


e0061699_22560273.jpg

この小さい人が今 使ってる。
痩せたと言え まだまだ 後ろ姿の写真は力強い。



[PR]
by cazorla | 2015-07-16 23:08 | スペイン若者 | Trackback | Comments(10)

エロ小説

嬉しいお知らせなのかどうか。。。。
音大に今年入ったばかりの娘が 
文学賞の最終審査まで残って
その残った15人の短編小説が 一冊の本になることに。。。
で なんで 嬉しいかどうか惑うのか。。。

エロ小説部門だから。

きゃっ

でも 大喜びで 電話してきた。
最初 夫がとって 
『あ そう おめでとう。
あああ 
まあ いいじゃないか。
もちろん。
僕もうれしいよ。』

と 微妙に喜んでいた。



e0061699_18204463.jpg


5番目に娘の名前が。。。。
7ユーロ。
買って おじいちゃま(父方)にでも送るか 笑




あのノーベル賞作家 ペルーのバルガス リョサも
十代の陸軍学校に通っていた時代はエロ小説を書いていた。
よき時代で エロ本もエロビデオもないから
友達が お金を払って 頼んでいた。
その様子は初期の小説 都会と犬たち に出ています。

e0061699_18205496.jpg


文章で 笑わせる
文章で エロい気持ちにさせる

この二つは 書くという行為の中でとくに難しいのではないかと思います。

冗談のつもりで書いたのに まじめに あなたの考え方はまちがっていると 言われたり
エロいつもりが お笑いになったり  ね。

ま とにかく 作家としての第一歩 と 言えるのではないかと思います。





[PR]
by cazorla | 2015-04-08 18:27 | スペイン若者 | Trackback | Comments(15)

壊された廃墟

カソルラの広場にある サンタマリア教会の廃墟。
ナポレオンの時代 フランス軍に攻められても 戦って壊されたまま 保存されています。
それは村人たちの勲章。



e0061699_052470.jpg




e0061699_7412264.jpg






e0061699_0221034.jpg


ところが 選挙を前にして こんなことに。




e0061699_19234512.jpg

e0061699_19232800.jpg

e0061699_19230329.jpg



自称 左翼の子供達が 選挙を前に書いたのです。
左翼でも右翼でも 基本は同じ。
大江健三郎のセブンティーンを思い出しました。
欲望でもんもんとしている17歳の男の子。
マルクスなんて読んだことないけど なんかやってないと どうしようもない。
でも 右翼のひとたちに風俗に連れて行ってもらって
あっけなく 右翼になってしまう。

こんな落書きをしたことが 勇気であるとか
主張であるとか
そういう風に思っているのが悲しい。




[PR]
by cazorla | 2015-03-25 19:29 | スペイン若者 | Trackback | Comments(6)