カテゴリ:スペインの新聞から( 206 )

カタルーニャ独立の真実

カタルーニャの独立問題が話題になっています。
カタルーニャがあげている利益を、怠け者のアンダルシアやなんの取り柄もないエストレマドゥーラが使っているなんて言って。独立にメリットはあるのかといえば、もちろんないに決まってます。なぜ、カタルーニャが利益があるかといえば、地理的なメリット。それはヨーロッパへの窓口担っているから、プロドゥクトがバルセロナを通って行く。そこで利益があげられる。ただ、それはスペインのカタルーニャだから。

カタルーニャが独立するにあたって、銀行がまず退いた。
バルセロナを本拠地にし、マークだってカタルーニャ出身のミロがデザインしているカイシャが退いた。
だいたい、ユーロを使わなくなったら銀行はものすごい損害を被る。
スペイン人がみんな食べてるパンのメーカー、「ビンボー」
チョコレートドリンク「コラカオ」(確かコルドバに移転)
そして、水道局がマドリッドに移転。
もちろん、移転の意味は、ライセンスを移転するだけで、現在はそれだけの話。
ただ、全ての税金がカタルーニャの外に行く。

カタルーニャの企業は市民戦争のときだってフランコを維持した。
それは、カタルーニャだけでは、メリットがないことがわかってるから。
そして、今もそういう考えは続いている。

そもそも大阪が独立したとして、メリットはあるか?
ってそれだけ考えてもわかると思う。
じゃあなぜ独立?

2017年になぜカタルーニャは独立しなくてはいけなかったのか。
なぜ、それが2017年だったのか。

それはアンドラに関係がある。

アンドラは税金がかからないから高級車はアンドーラで買うといいらしい。アンドラはそういう特殊な場所。
モナコ、スイス、ジブラルタルと同じように匿名の銀行口座が作れる。
誰にも知られず。
アンドラ公国(アンドラこうこく)、通称アンドラは、ヨーロッパ西部ピレネー山脈中にある立憲君主制国家フランススペインに挟まれたミニ国家であり、フランス大統領とスペインのウルヘル司教の2名による共同大公を元首とする。首都アンドラ・ラ・ベリャ
アンドラは税金がかからないから高級車はアンドーラで買うといいらしい。アンドラはそういう特殊な場所。
モナコ、スイス、ジブラルタルと同じように匿名の銀行口座が作れる。
誰にも知られず。
なおアンドラは、国際決済機関のクリアストリームに16の匿名口座を開いていた。
(WikipediaWikipedia)

ところがEUに意向もあり、フランスとスペインはアンドラの銀行に口座の開示を迫った。
そして来年、アンドラにある銀行は開示する。
さあ、大変、開示されたら闇のお金のルートが見えてくる。
そう思った人たちが、どうしたか。

独立。
独立したら安全圏。
アンドラの口座で開示義務があるのはフランス国籍の人とスペイン国籍の人の口座だけ。

独立運動のリーダーは自分の利益、個人の利益しか考えてなかった。
そして、今、カタルーニャはかなり困った状態になっている。
観光だって30パーセント減少、たった15日で。

独立運動は一体なんだったんだろう。

例えば、闘牛問題を見てもカタルーニャ独立運動はどこかおかしいと思える。
カタルーニャは、闘牛を禁止した。
私自身は闘牛は好きでもなんでもないけれど。
闘牛が「スペイン」の文化でカタルーニャのものではないということが一つの理由。
しかし、それは本当?

実は闘牛というのは地中海の文化。
だからもちろんフランスでも地中海地方では闘牛場がある。

今年の9月にフランスであった闘牛の一場面。
アニマリストが飛び込んできて、闘牛士を攻撃した。
そのあと、アニマリストは取り押さえられ、フランス国家が演奏され人々は歌い始める。

フランスはなんて美しい国なのだろうと思う。
もちろんたまに宗教に関してやりすぎでは?と感じることはある。
それでもフランスはしっかりと筋が通っている。
正しいということにブレがない。



ずいぶん昔、サルコジが大統領に選ばれた時に、フランス人は別にサルコジが好きじゃないけど、現実派なんだとある新聞記者が書いていた。理想主義に騙されない。
ちゃんと何がメリットか見極める。
理想主義者のことばに丸め込まれて、困った選択はしない、それがフランスなんだ。
隣の芝生かもしれないけれど。
ただ、こんな風に国歌が歌えるフランス人がちょっと羨ましい。

e0061699_08080871.jpg
などと言っていたら、息子が「僕もスペインの国歌を歌いたいんだけど、ほら、スペインの国歌って歌詞がないんだもん」とほざく。



[PR]
by cazorla | 2017-10-21 08:09 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(8)

安楽死と寝たきり老人

我が村に住んでいるオランダ人から、メールをもらった。
某新聞記事。
安楽死について。
eutanasiaなんて難しい言葉を、私は知らなかった。

e0061699_06575430.jpg

たった14年で安楽死が3倍以上増えているのがわかる。
安楽死という選択。
2年前に伊藤比呂美の『読み解き「般若心経」』を再読したばかりだった。

安楽死というのは、本人の意思で決めるとはいえ、安楽死を決心する時期というのはまだまだしっかり生き続けられる時期なのではないかと思う。
決心するには、かなりエネルギーが必要だから。

実は安楽死について書こうと思ったわけではない。
寝たきり老人について書きたいと思っていた。

ヨーロッパでは寝たきり老人が少ないのは、安楽死がないからだという記事を以前どこかで読んだ。
日本はとにかく延命処置をするから、寝たきりが多いのだという。

これ、私はずっと疑っていた。
安楽死は、実は日本でもある程度存在しているだろうと想像される。
伊藤比呂美のお母さんも延命処置をしないでほしいという書類にサインしたとあった。

安楽死が増えたオランダ。しかし、多いとはいえ、死亡原因の6パーセント。
もちろん、6パーセントは他の国に比べて大きな数字。
しかし、たったの6パーセントとも言える。

安楽死の内訳は
つまり安楽死をした人の年齢の内訳は出ていないが、老人だけではない。
むしろ、癌患者の多くは老人とはいえない年齢の人たちだろう。
そして、寝足りきり老人の数字を確認していないが、安楽死と寝たきり老人はやはり関係ないのではないかとこのグラフを見ながら思った。

母が2年前の冬に、お風呂で滑って倒れて、歩けなくなった。



寝たきり老人になる、一歩手前だった。
いや、2ヶ月か3ヶ月、もう数えられないけれど、寝たきり状態だった。
それを克服して歩けるようになったのは、やはり家族に助けられたから。
歩く努力、希望がないと寝たままそのままになってしまう。

寝たきり老人を看病している人を批判してるわけではありません。
スペインにだって、多分、寝たきり老人はどこかにいると思います。
それでも、
やはり自分が寝たきり老人にならないために、いろいろなことを分析しています。

先日、私が執筆させてもらっているトラベルクリップというページの中国在住の人の記事を読んでちょっとびっくり。



このスーパーおじいちゃんって、60前後。
へい! 私じゃ。私も57歳ですから。
以前、何かの仕事で、ちょっとプールで2000メートル泳いでから始めます、と言ったら50過ぎて2000メートルってすごいですね、と言われた。
そーですか?
ドイツ人グループは5000メートルくらい、70近くなっても泳いでる。
彼らは、機械です。
あのガッチリした体に比べると、私などヒョロヒョロで。

つまり、老人たちがヨーロッパは元気です。
日本人は若く見えるというけど、肉体的にはかなり老化が早いのではないかと思う。
だから、私は同い年の夫に負けないように頑張っている。
先日、ドイツの新聞の漫画を見て笑ったけど、悲しかった。
日本人女性という題名で、20代、30代、40代が綺麗で、50代でいきなりがくんときている。

スペインでは、50すぎての出産は普通で、特に「高齢出産」とは言われない。
私は41でもかなりきつかったけれども。
周りで52の母親から生まれた末っ子ちゃんたちがうじゃうじゃいて驚かされる。
今は経済的問題、つまり大学進学など諸々の問題でなかなか年取って産むということは少なくなったようだけど。

やっぱり寝たきり老人が少ない、というのは社会制度に原因があると思う。

この辺りでは90歳で一人暮らしで、掃除を一人でやって買い物をしてる老人が(女性が主だけれど)多い。
もちろん、80すぎて体力がなくなった人もいる。
そういう人は配偶者が手伝う。
大抵夫が妻を介護している場合が多い。
男性はいつも、女性を助ける立場を選ぶのかもしれない。騎士道精神(カバジェーロ)スペイン人。

一人暮らしで弱ったら、介護の人が来る。
介護の人は、日本のような介護をしない。
腕をとって2時間、歩き回る。
ただ、ひたすら歩く。
歩いているから、家のことは自分でできる。
まだ、まだ。
買い物は電話をかければスーパーが配達して来る。
ちょっとしたものは、甥っ子姪っ子、息子や娘に頼む。
全く誰もいないという人は珍しいけれど、それでもいなかったら介護の人に頼む。

そういう
ただひたすら歩かせることをしているから寝たきりが少ない、一つの原因ではないかと私は思っています。

日本も介護といえば、すでに世話が必要な人、認知症の人、だけれどそうなる前のケアにもっと介護すべきじゃないかなと思います。
私はとりあえず、泳ぎます。
転ぶ、危険もないから。




[PR]
by cazorla | 2017-09-23 19:34 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(8)

私たちは日本という豊かな国に住んでいると思ってますよね。
医療面でも、最高だと思っていたのに、昨日紹介した記事では世界で10位に入っていませんでした。
意外に思った人も多かったのではないでしょうか。
フランスもドイツも、そしてもちろんイギリスも入っていません。

この医療の質の高い国ですが、日本の場合、問題は均一性なのではないかと思います。
ヨーロッパだと私立のクリニックももちろんありますが、基本は社会保険で運用される公立の病院です。
住んでいる地域に基本の内科と小児科があり、簡単な検査はそこでできます。
そして、さらに専門の検査や治療は大きな病院になります。
村→市→県→州→国
のようなピラミッド型システム。

日本の場合は社会保険が使えるとはいえ、基本は私立のクリニックが多いので、ある地域に集中し、患者の少ない地域にはほとんどクリニックがないために、医療サービスが受けにくい地域が出て、その結果10位に入らなかったのだと思います。

もう一度、1位から10位までを引用します。

■医療サービスの質が高い国トップ10(HAQインデックスによる)
1. アンドラ
2. アイスランド
3. スイス
4. スウェーデン
5. ノルウェー
6. オーストラリア
7. フィンランド
8. スペイン
9. オランダ
10. ルクセンブルク


一位のアンドラはスペインとフランスの境目、ピレネー山脈のところにある、ほぼ「町」と言ってもいいくらい小さな国です。
税金がつかないので、多くの人がお買い物に行くため、小さいながら安定した経済力を持つ国です。

それ以外はやっぱり北欧。北欧も資源や商業が発達しながらも人口が少ないので医療サービスが行き届いています。

意外なのはスペインではないですか?
スペインは大病の場合、サービスが行き届いています。
例えば脳腫瘍。
私もありますが、検査から施術が無料です。
経済的に落ち込んで、医療費も少し倹約の傾向にありますから、風邪などは社会保険から外されました。(ただし、診察は無料)
ですから、一般の人には、スペインの医療は必ずしも裁量というわけではありません。しかし、大病、癌やそれに準じたものの場合、安心できます。
また、ケアもあって、例えば心臓の手術をしてあまり動き回らない方が良い場合、家事の援助があります。
28歳で手術をしたマリカルメンの家には週二回、ハウスキーパーが30年間派遣されていました。
検査の結果、心臓が平均水準になったのでハウスキーパーサービスがなくなりましたが、30年間という長い間ってすごいです。

それから寝たきり老人が少ないのは毎日散歩に連れ出されるからです。
毎日、介護の人が各家を訪問し腕をとって、1時間から2時間散歩をします。
ですから、寝たきりになる可能性も低くなるのではないかと思います。
e0061699_23282647.jpg

Photo by Tiago Muraro on Unsplash

[PR]
by cazorla | 2017-06-27 23:30 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(2)

どうして?

このおばあさんは1928年生まれ。
うちの母と一つ違いです。

孫に世話をされてとても幸せでした。
写真で見る限り、青年が死んでいくようなひとには見えません。

「僕はばあちゃんの愛情を浴びるよう育ったから、ばあちゃんが死ぬまで僕が面倒見るのは当たり前だと思っている」


こんなに幸せな老婦人はそんなにいないと思います。
孫がこんなにどこにでも一緒にいてくれるおばあさん。

世界一幸せな老婦人が一変して不幸になる瞬間。

どうして?となんども空間に向かって問い続けたと思う。
どうして?

人間の心の見えないところ。
不思議なところ。


時々、思う。
私が死んだら母をお風呂に入れる人がいなくなると。
母は気持ちがいいと言ってお風呂に入る。
日本にいたら、サービスを頼めるのかもしれないけれど、
スペインで、サービスを頼むと当たり前だが、スペイン人か、ラテンアメリカ系の人が来る。
多分、私より軽々と母をささせてお風呂に入れてくれるだろうけど、
母は「外国人は嫌」だという。
いやいや、外国人は私たちなんですけどね。

母のお風呂だけではない、
ご飯だって
別に和食を作ってるわでではないけど、
それでも、おにぎりをプラスしたり、
日本茶を入れたり、
そういうことをする人がいなくなる。

だからね、生き続けなくっちゃと思うのであります。





[PR]
by cazorla | 2017-05-19 07:25 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(0)

シャルリ・エブドのテロ事件のことを覚えてますか。
みんなが Je suis Charlie というプラカードを持ってデモ行進をしました。
テロは反対だけど、Je suis Charlie はちょっと変なんじゃないかって思ったのです。

で、今回イタリアの地震の後。

e0061699_18132213.jpg
画像はこちらから

ラザーニャになった地震の被害者たち。

イタリアンマフィアにどうにかしてもらいたいって思ってるイタリアンがいるはずです。


ちなみに以前も書きましたが福島地震の時はおちんちんが3本ある日本人の漫画が出て、うちの息子はまだ小さかったのでいじめられました。
うちに帰って『ママ、日本人って本当におちんちんが3本あるの?』ってきくんです。
バカね、そんなわけないでしょって言ったらほっとしてました。


[PR]
by cazorla | 2016-09-03 18:21 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(8)

マルセイユでユーロカップが始まってたった二日目で起きたニュース。
イギリスとロシアのフーリガンの乱闘騒ぎがあり、二人重症。
ロシア人が斧でイギリス人の耳を切り落としたとあるので、日本で報道されてるかググったらマルセイユのユダヤ人学校で斧による暴行という記事がヒットして、マルセイユって斧の事件があるのが『普通』のことなのかってびっくりしてしまいました。だって『斧』って今時あまり見ないものの一つではないですか。かつて私が子供時代、お風呂が五右衛門風呂で薪を斧で叩き割るのが父の週末の仕事でしたが、お風呂がガスになってからは斧は我が家から消えていました。若い方たちは斧を実際に見たことさえないのではないかと思います。ロシア人が斧でイギリス人の耳を切る、って斧を持って試合を見に行ったということなのかなーってかなり異次元な気分になったのです。飛行機には斧は持ち込みできないけど、トランクに入れて持って行ったのか、それともマルセイユについて斧を買ったのか。そういう説明はないんですよね。

e0061699_07210437.jpg


e0061699_07212271.jpg


e0061699_07215050.jpg

放水銃で乱闘を静めている。

e0061699_07213554.jpg

逮捕されたロシア人。

e0061699_07220582.jpg


e0061699_07222040.jpg


夫が息子たちにこのニュースについて説明して、日本人はこういうことを絶対しないんだと。
『日本人、というよりオリエンタルの人たちは、ここまで熱くなって暴動に走ることはない。
みんなシビリゼーションしているのだ。西洋人はまだまだ文化的に浅くて、すぐに熱くなる。
野蛮で未熟だ。君たちは、日本人の血が入ってることを誇りにしなくてはいけないよ。』




[PR]
by cazorla | 2016-06-13 07:40 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(16)

キス キス キス

先日 キスの仕方という記事を書いたら 新聞でこんな記事。
リトアニアの首都 ヴィリニュスの壁に描かれたグラフィックス。
プーチンとトランプのキス。
リトアニアの画家Mindaugas Bonanuの作品。


e0061699_07252935.jpg

ロシアでは 2009年にこういう作品が描かれていました。
e0061699_07271083.jpg
        ロシア人アーティスト Dmitri Vrúbelによる ブレジネフとホネッカーのキス のグラフィティー 
                           Foto: © Robert Wallis / Corbis.


新たなる冷たい戦争の時代が始まってるのでしょうか。


ところで フランス人に出会ったので フランスにおけるキスの現状を聞きました。
スタンダードは 三回だそうです。
アン ドゥ トロワ
メヌエットの国。
でも スペインよりずっと保守的で 男女の場合 最初は握手。
少しして 親しくなったら キスをする。
初対面で いきなりキスは まず しないなー
ということでした。
彼は パリのそばのリール出身です。
「スペインの女の子って もう いきなり がしって抱きしめて キス してくるもんね」
『そりゃ ああたが 美形だからでしょ』
『僕 日本式がいいな。 頭下げるだけ。 楽チン』




[PR]
by cazorla | 2016-05-14 07:40 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(14)

先日のせた犬のみかんと末っ子の写真が 好評だったので
全部 載せます。

うちの息子には  アレルギーがあります。
動物の毛とオリーブの花粉と小麦の花粉。
だから  みかんを引き取ることに躊躇がありました。
引き取った後も ずっと心配していました。

でも 先日 新聞に アメリカの大学 (どこだったか 失念)の研究で 
犬を飼うことで アレルギーが 治るというのを読んでホッとしました。
本当かどうか まだ わかりませんが 今のところ 息子は 毎日 幸せそうにしています。

e0061699_07495279.jpg




e0061699_07492844.jpg



e0061699_07484003.jpg



e0061699_07482497.jpg



e0061699_07454762.jpg

子供がなかなかできなくて 子供の代わりに犬を飼い出した途端に妊娠した というのもよく聞きます。
多分 犬との生活で ゆったりして 体がうまい具合に作動するのでしょう。
アレルギーが治るというのもそういうことかもしれません。
ストレスが多いと アトピーが増えますから。


[PR]
by cazorla | 2016-01-10 07:59 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(8)

まっすぐ

サルトルがノーベル賞を辞退したというのは
なんというか けっこうサルトルに似合わないというか
ちょっとこどもっぽいなと 中学生くらいの時だったか
そう思った。
最近 ネットで サルトルは前もって 辞退するからえらばないでくれ と手紙を送ったが
到着が遅れて 受賞ということになったそうだ。
なるほど。
ネットって便利だな としみじみ思います。 二重の意味で。

最近 フェルナンド トゥルエバ監督が スペインで賞をとった。
スペインの政府の援助金で 映画を作り
スペインの政府の賞を受け取った。
その席で 『スペイン人だと自分のことを感じたことは一度もない。』と言って
ちょっと 顰蹙をかっている。
それなら賞を辞退しろ ブーイングが飛んでいる。

ナポレオンのフランス軍が攻めてきたとき スペインが勝ってしまったのは遺憾なことである。
とも。

これ聞いて むかーし 日本の某政治家が 終戦の時 アメリカの完全なる植民地になっていたら
いまごろは 英語が 母国語になっていて 英語で苦労することもなかったのに
という発言に似てなくもない と思った。

ナポレオンが勝っていたら もちろん アルバ公爵夫人は存在しないし
あのおもしろい再婚劇もなかった。
もちろん 工業化が進んだと思う。
でもいまあるスペインはない。
もちろん ナポレオン勝利によって スペインは もっと違った国になったかもしれない。
いまみたいに借金かかえてる国ではなく。
そして もうちょっとおしゃれーな国になってたかもしれない。
でも やっぱり その国の賞をもらって いう言葉ではない。

かつて ルイス ジャッチ (Lluís Llach)という歌手がいた。
カタルーニャのカタラン語で歌う。
生粋のカタルーニャっ子。
国粋主義者である。
スペイン語(カステジャーノ)で歌えばもっと有名になれるし
ラテンアメリカでも売れるし
と そういうオーファーはあったけど 頑なに カタランであることをとおした。
美しい歌声を こちらから。

e0061699_00180287.jpg
自分の思想を大事にした人の顔は美しいと思う。


自分の主張は 矛盾なく通すべきだと思う。
これはこれ あれはあれ
じゃなくって。
この フェルナンド トゥルエバさんも 反政府であれば 政府から
お金をもらわず 自分で 映画を作るべきではないか。

これって うちのこどもたちに言いたいことだよ。
あんたら パパとママに不服があるんなら ほしいものがある時だけ
にこにこせんといてや。




[PR]
by cazorla | 2015-09-22 00:23 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(4)

警官の同性婚式

ときとして スペインのニュースを日本在住の方のブログから知ることがある。

東京近辺の素敵なスポットをよくご存知のこの方の 記事。

チェマとジョナサンの結婚式。
これを読んだ時は まあ そういうことは あるだろうと思った。
我が村の 財務関係の議員もホモセクシュアルで 同性婚。
Facebookのプロフィール写真だって フランス人の彼とキスしてる写真だし。

でもググってみると ちゃんと結婚式を 警察官として
こんな感じでしている。

e0061699_04135709.jpg




そうか それで話題になっているのだ。
外国に住んでいると 普通の基準も変わってきて
帰国するとちょっととんちんかんになるのはこういうことのせいだろう。
日本では 外務省が デンマーク大使(だった?)の同性婚のパートナーを拒否した。
多分 天皇のほうは 来て欲しかったのではないかと思う。


ちなみにチェマは ホセ マリアの相性です。 ホセの セとマリアの マで セマ → チェマ。
ひさこがチャコになるみたいにね。






[PR]
by cazorla | 2015-09-18 04:28 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(0)