<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

僕の姉貴

e0061699_429735.jpg

日本から電話したら 長男エンリケ(8歳)が 「今 Mi hermara(ミ・エルマーナ)と一緒に弾いてるんだ。 次回の音楽学校の発表会は mi hermanaと やりたいなー。」

欧米言語の中では たいてい 名前を使う。
普通なら マリア(11歳)というところを あえて ミ・エルマーナ つまり 姉 姉貴 おねえちゃん と言ったのは そこに 姉と演奏することに ちょっと 誇りのような気持ちがある時だと思う。 他人に なにか話す時 あえて 僕の弟が とか僕の姉が と言う時 そんな感じがする。

ふだんは けんかしていても 心の奥では 自慢の姉だったりする。
長男がピアノ科に入った時 まず先生に質問したのが 「先生 僕の姉のこと ご存知ですか?」 だった。 
そのあと 私に報告してくれた。
「先生は もちろん知ってるよ フルートをほんとうに上手に吹くからね って言っていた。」
と 嬉しそうだった。 

お互いを 愛して 尊敬して ずっと仲良しでいてほしいな。

(この写真には写ってないけど わきで 末っ子のアルバロ(五歳)か゜指揮をしています。)
[PR]
by cazorla | 2007-05-30 04:37 | こども | Trackback | Comments(24)

心臓を貫かれて

久々に疲れる読書をしていました。
一気に読んでしまえなくて 立ち止まっては 息をつかなくてはとてもつづけられない。

Shot in the Heart
Mikal Gilmore / / Doubleday
ISBN : 0385422938
スコア選択:

この本の訳書 心臓を貫かれて マイケル・ギルモア

e0061699_443371.jpg1966年から事実上 合衆国では 死刑は廃止されていたのだが この筆者の兄であるゲイリー ギルモアが 死刑執行を求め 死刑が再開した。 その家族の物語。
弟 マイケルは かならずしも 兄をかばってこの本を書いているわけではない。
事実を事実として 記述し その上で 彼の弟としての愛 そして崩れていく家族の中にあっても家族のなかに 憎しみと同様に 愛が存在していたことを書いている。



e0061699_4433534.jpgゲイリーギルモアはなぜ罪のないモルモン教徒を2人殺したのか。



e0061699_444527.jpg

母親としてこの本を読む時 時として必要以上に子供達を傷つけているのではないか という恐れを抱いてしまった。

以前 宗教のことを書いた時に コメの中で ヨーロッパにも邪宗がはびこっているのですね というのを頂いて その時ふと 邪宗というのは なんなんだろう と考えた事がある。
キリスト教にしても もともとはユダヤ教の1宗派 というか派生された 新興宗教であったと思うし また 仏教も ヒンディー教からすれば 新興宗教であっただろう。 しかし これらが邪宗ではなかったことは 歴史が教えてくれる。 邪宗と 本来的宗教の違いはなんだろうと。
それは 教えが間違っている とか 教祖が金儲けを目的としている とかいうのは問題外で どんなに 善の心が発端であったとしても邪宗にならざるおえない宗派もあると思う。
それは 未来をむいているか どうかなのではないだろうか。

なんの本であったか忘れたのだが どうしても忘れられない場面がある。
主人公の少女が刺繍をしている。
もうすぐ 完成という時に間違えてしまった。
少し 糸を切って やり直せばすむことなのに たぶん もう疲れていたのだろう。
少し切って そして また切って とうとう台無しにしてしまう。
と゜うせなら自分の手で台無しにしてしまいたくなる時がある。
ほんの少し ボタンがかけ間違えられただけなのに 何もかもを 壊してしまいたくなる時がある。 
強盗をする人の心理をある学者が書いていた。
「どうして すぐに捕まると明らかな犯罪を犯してしまうのか。
金に困って というが それで 金を受け取れる確率は低いのは明らかだ。
もうここまで落ちてしまったのだから徹底して落ちてしまいたくなる。」

長女のマリアは今 十一歳 小学五年生。
クラスには 離婚したり別居したりしている両親を持つ子供がいる。
彼女のクラスは比較的 良いクラスで みんな 八割以上の点数を取るが1人だけ いつも1割2割しか取らない男の子がいる。
彼の名はアンドレ。 
「アンドレ どうして勉強しないの?」とマリアが訊いた。
「俺んちは 親が離婚してるから 勉強したくてもできないんだよ。」と吐き捨てるように言った。
「アリシアのおうちも離婚してるけど 勉強してるよ。 私よりも良い点取るよ。
そんな言い訳していたら 自分の夢を叶えられなくなるよ」
マリアは言い過ぎたかもしれないと少し気にしている。

子供時代 未来を思い描けないと 永遠にこの子供時代が続き
そして この牢獄から抜け出せない そんな気がする時がある。
未来があることも忘れている。そして 不幸な気持ちにしている両親に 復讐するように 自分の人生を傷つけてしまう。 傷つけ始めると 歯止めが利かなくなるときがあるのかもしれない。

もちろん傷つけられた子供達がみな 犯罪を犯すわけではない。
それは 傷つけられた子供達にも個性があるように その表出する結果はそれぞれ違う。

ゲイリーの兄は ベトナム戦争に行くが 自分がもし敵を殺し始めたら 歯止めが利かなくなるのではないか と 怖くなり 戦地に行くことを拒否し 刑務所にはいる。
それぞれの物語があるのだ。

そして ゲイリーギルモアは死刑によって すべての物語に終止符を打った。
モルモン教の血の贖い をするように 銃殺刑を望み 心臓にマークを付け 五発の銃弾が そこを貫いた。

追記 村上春樹氏は 基本的に自分の好きな本を翻訳している。 ほとんどが 小説である。
しかし この本は例外で 夫人の強い勧めで 翻訳した。
ノンフィクションだけど この中に自分の物語を見いだしてしまいます。

[PR]
by cazorla | 2007-05-28 05:43 | こども | Trackback | Comments(18)

Shot in the heart

靴サイズの こと ちょっと付け加えると
無理に小さい靴を履いていたのではなく ほんとうに小さかったの。
足袋を作ってもらう時に ちゃんと測ってもらってら22.7㎝でした。
ウエストも二十歳のころ 48。
58の一番小さいスカートを買って 詰めてもらっていた。

渡辺淳一氏が からだは 自分でのぞめぱ その形になると (医学者として)書いていましたが
十代の私はそのことばを心から信じていました。
信じるものは救われる?
というか だから 自分のイメージがそのまま 自分の形になっていく というのを体験して
イメージすることの大切さを学んだ
つもりだったんだけど 単に洗脳されやすいだけかも。
だから 新興宗教には なるたけ近づかないようにしています。
絶対 はまると思うの。

マリア・モンテッソリー(教育学者)も 近い未来の子供の姿をイメージすると こどもはそのように育つ と書いてました。 それは遠い未来ではだめで 近い未来 赤ちゃんだったら 1ヶ月後とか。 
森瑤子も 強く望んで 具体的にイメージすれば 必ず 手に入る と何度も書いています。

私たちは どんなビジョンで世界にたいしていけばいいんだろう。

心臓を貫かれて〈上〉
マイケル ギルモア / / 文藝春秋
ISBN : 4167309904
スコア選択:


心臓を貫かれて〈下〉
マイケル ギルモア / / 文藝春秋
ISBN : 4167309912
スコア選択:

今 読んでる本です。
けっこう 感情移入しやすいたちなので こういう本はつかれます。
疲れながらも 読み進んでいます。

死刑囚の弟が書く 家族の歴史です。

私たちはどんなビジョンを持って世界に立ち向かえばいいのだろうと。
[PR]
by cazorla | 2007-05-25 14:11 | おすすめのもの | Trackback(1) | Comments(18)

スペイン娘の足

e0061699_822952.jpg

小学校のドッチボール大会で。
前の列の左から2番目がうちの娘です。
うしろの列 台に載ってるわけではないです。
でかいよねっ。

私もあんな感じでした。
頭一つ 大きかったの。
小学五年で160くらいだったから。
この大きな女の子 せれーなちゃん 足のサイズ 41。
たしか23センチが36だと思う。 だから26くらいかもっとよね。 

わたし自身は 足が大きいのがコンプレックスになっていて 小五で23になってその後 大きくならないようにしていた。 で ずっと 23の靴を履いていたんだけど スペインに来て 足が大きくなった。 結局 でかいって言われるのが嫌で無理してたんだなー。 イタリア製のすごく良い靴もあるんだけど 全部 今でははけません。 この年で成長してしまいました。
スペインは41でも かわいい靴があるからいいねっ。(注 いくらなんでも私は 41ではありません。 37です。念のため←やっぱりまだこだわってるのね、私《笑》
[PR]
by cazorla | 2007-05-25 08:09 | こども | Trackback | Comments(22)
帰国した時に行ったところ
一番大事なところを書いてない。

京都のパン屋 モノポールです。 ホームページMonopole

梅田から阪急で 西京極下車
京都観光コースではないですが お総菜やさんがあったり。

大阪からわざわざ行って買う価値はあります。

カレーパン デニッシュ生地のツイスト チョコチップ入りメロンパン ぶどうのはいったバンズ
など 買って お金をはらったあと 女主人のふみよさんに 「食パンは買わないの? うちは 食パンがおいしいのよ」 と言われ 「へろへろ もっちろん 買わせて頂きます。」
「なにがいい? 食パン いろんな種類があるのよ」「お勧めのものを」「全部 おいしいけど そーね デニッシュ食パンは?」「はい いただきます。」
と言うわけで デニッシュ生地の食パン。 バターがたっぷりはいって 勧めるだけのことはあります。 
トーストにして バターを塗らなくても バター風味で それだけで すっごくおいしいです。

自然食品を歌ってるわけではないけど ご主人の手でしっかり作られた 昔ながらの本物の味がします。 

クリスマス用にシュトーレンを友達に送って頂くように予約したのですが
その分のお金を支払うのを 忘れてしまいました。 
クリスマス前に また ご連絡しますので ふみよさん よろしくお願いします。
[PR]
by cazorla | 2007-05-25 07:59 | おすすめのもの | Trackback | Comments(6)

夫婦別室 同室

山口という土地柄なのかたまたまわたしが生活していた地域がそうだったのか 小学校の時の同級生の家は みんな 夫婦別室でした。 なぜ それがわかったかと言うと 女の子たちで話している時 ひとりが「●●ちゃんの家 おかあさんとおとうさんが一緒に寝てるんだって~」
「うっそー !? いやらしーーーいっ。」 て 話になって。 一緒っていうからダブるベッド?と思ったら セミダブルが2つ置いてあって ベッドは別々。 そーいうのって ふつーじゃないのかいな と思ったけど なんせ 小心者の小学生女子だったので 黙って聞いておりました。
その後 ある同級生の家を訪問した時 おうちの人がいなかったので 友達が部屋を見せてくれました。 おとうさんの部屋は 二階で広々としていて文机があって 床の間もありましたが おかあさんの部屋は 階段の下の 小さな部屋で なんだかかわいそうだな と思ったのでした。
その時は小さかったから 思わなかったんだけど 大きくなって 思い出して 「きっと おとうさんが たまーに 降りていったりして おとうさんのペースでことが運ぶんだろうな マチズムだなー」 などと 余計なことまで かんがえてしまったのでした。 

先日 なにかの話の流れで 大阪の母達と一緒の時に この話をしてしまって やっぱり 夫婦別室は 変よね ということを言いたかったんだけど
即座に 「それは 住宅問題でしょ」と断言された。
今は 都会では 2LDK とか3LDK で 夫婦の独立した部屋が取りにくい だけど 理想は別室よねー ということで。 
たまたま 買った アエラにも 定年退職をひかえたリフォームが載っていたのだが いかにして夫と別室にするか ということを考えている人が多いそうだ。 独立していなくなった子供部屋を利用して 妻の部屋をつくり かわいくアレンジして 夫があまり入りたくなくなる雰囲気を作る。  (ふむふむ と 変に納得)

なかには これ以上子供を作ったら大変 ということで別室にしているという方もいらっしゃるし 一概には 言えないのですが やっぱり 夫婦別室って不自然なんではないかな と 思ってるんだけど と言う 一方で そのくらいの距離感で夫婦はつきあって別れないほうが こどものためには いいのか なんてちょっと考えたり。(先日 離婚した両親を持つアリシアちゃんのことを書いたので) 

夫婦別室になったら 別居そして 離婚というのが普通のところに住んでいるから感覚が違ってくるのでしょうか。 それでも やっばり くつろいだ時間を共にして ゆったり話す時間があるというのが 夫婦なんじゃないかな と思うのです。
e0061699_8235969.jpg

私たちの部屋
真ん中の四角が お風呂場。
それをはさんでピンクに塗ってるのが それぞれの机。
ブルーの四角が ベッド。
ベッドのあるほうに私の机があります。
反対側が夫。
彼の方が ベッドにいる時間が少ないので。
彼の 机の横が 暖炉。 ソファを置いていて ふたりで お茶の時間を楽しみます。
自分の机に向かっている時は 1人の時間がもてるし
途中で何か言いたくなったら 聞こえる距離。
ときどき ソファのところのテーブルで 子供達とゲームをしたり(アルパロがまだ小さいのですごろくみたいな単純なもの)
居間でするときより 夫婦の部屋に招待 という形になるので子供達もちょっと うれしい。
[PR]
by cazorla | 2007-05-22 05:29 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(26)
日本滞在中 大阪市立美術館にギメ東洋美術館展を見に行ってきました。
通天閣のすぐそばです。
ホームページはこちら

友人が こどもの通う中学の先生とおかあさん達とその美術館に行って その帰りに通天閣近くの韓国料理屋でみんなで御飯を食べる企画があるので来るか と聞くので ま 時間もあるし 行こうかということで。
半分好奇心。 もし 日本で 母業を営んでいたら こういう会に出席もありなのかなーと思って。 でも 日曜日だとは思わなかったです。 まあ 確かに先生方も授業があるわけだから 日曜日しかみんなで集まれないのですよね。

この展覧会は 北斎 歌麿などの江戸の絵師の作品のお里帰り展のようなもの。
17年前 マドリッドのプラド美術館でも ニューヨークで行われた ベラスケス展のお里帰り展があって たくさんの人が来ていましたが これと似たような感じだと思います。
普段 美術館に行かない人も 足を運ぶので ごった返し。
ベラスケス展の時は 2時間から3時間待ちでした。
入場制限していたのです。 ヨーロッパの美術館は たいてい 人数制限しています。
それは ひとつは 見る人が ゆっくり見る事を目的としています。
そしてもうひとつ 人がたくさん入りすぎると 作品が傷むからです。
また 中には 変質的に 絵を傷つけることを楽しみにしている人もいるかもしれません。
そういう 警戒をきちんとできるように。 

で 今回の展覧会。 2人の男の子 というか美術館員の若い方が マイクロフォンを持って 館の前で 「入場制限をしています。 中に入られてから 十分 お待ち頂いています。 ご了承ください。」と 言っています。 でも 中にはいると ぎゅうぎゅう詰めで とても作品を見ることはできませんでした。 
まず 思ったのは 2人の館員が 館の前で1日中 叫んでいることにどんな意味があるのだろうと。 だって そんなのは ひと言書いて 貼っていればいいことだし 十分くらいなら 特にことわる必要もないのではないか。
また どうせ 「入場制限」するのであれば もう少し 長い時間待たせて 中で ゆっくり見られる環境を作れば良いのに。 たぶん これは 想像ですが フランスの美術館サイドから 条件として 入場制限するように 言われていたので とりあえず しているのではないかと思います。 たいてい ヨーロッパの美術館が 一番心配するのは 日本は人口が多く また 美術館に足を運ぶ人の数もヨーロッパよりはるかに多いし まず 湿気も多いので 作品が 痛むのではないか ということです。

食事に行った時に この日思った事として もし わたしが この2人の館員の母だったら この姿を見て すごく 悲しい気持ちがすると 話しました。
「そこまで お考えになりますか」 とみなさん わたしが冗談でこういうことを話していると思ったようでした。
でも 1日中 なにも生産しない こんな仕事をさせられるのは とても非人間的な気がします。
職業に貴賤はありません。 どんな仕事でもかまわないけれど そこに何らかの意味がないとこれは精神的な虐待に等しくなるのではないかと思ったのです。

日本では 病院などで 介護をする人が人手不足だと聞いています。
その一方で ありとあらゆるところで ほとんど なんの意味もない職業があって そのおかげで 失業率も低い。 なんか へんだな と思ったのでした。

(この日は 家族のありかた とか こどもとの関係 なんかもいろいろ 考えたのですが
それは また後日書きたいと思います。
e0061699_13501773.jpg
e0061699_13503360.jpg

[PR]
by cazorla | 2007-05-21 13:51 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(18)

マドリッドの常宿 

マドリッドでいつも泊まる宿がある。
宿と書いたのは 気分的にホテルと言う言葉が ぴったりしないから。
基本的には家族だけで経営しているわけでもないのだけど なんとなく大きなホテルにない ほんわかした雰囲気が好きだ。
場所も ベラスケス通り という サラマンカ地区の一角。
古い建物が多く この宿も この古い建物の中の 五階 六階 七階である。
古い建物は 壁がしっかりしているし 廊下を歩く時の しん とした感じ 凛とした感じが好き。
時々 この宿のオーナーらしきじじいが リッツホテルのボーイの制服 つまり あのきんきらきんの 金ボタンの赤い制服を着て 荷物を 部屋まで 運んでくれる。
(ふざけた じじいです。)
客層もいい。
みんな にこやかで 旅をしていることをほんとうに心から楽しんでいる そんな感じ。
朝 カフェで 会うとみな 挨拶しあう。
外国人の旅行者も多いです。
イギリス人は ドアを開けっ放しで 堂々と 着替えてるし
(前を通ると ハローと挨拶してくる。 だからって うっかり 振り向いて 挨拶すると 見たくない物を見てしまうこともあり得る。)
オランダ人の大きな 女の子がリュックひとつで泊まりにきたり 
ドイツ南部からきた 夫婦が 静かに 話し合っていたり
それから ここはベッドメーキングがきちんとしています。
最近 スペインでも 大型ホテルになると いろんな国の人がベッドメーキングしているせいか
四つ星でも ベッドメーキングの仕方にかなり 不満があったりするんだけど
ここは いかにも家でずっと し続けてますっていう おばちゃんが お掃除から 全部しているので とても満足できる。 母は特に しわが シーツにあると 文句たらたらなんだけど(母は 八十を控えて 超わがままな人になってます。) ここの ベッドはお気に入りです。
ついでに言えば マットも なかなか良い。

よくマドリッドは 危ない と 言われているけど
それは 危ない所に行くからで こういう閑静なところを拠点として 
昼間 観光地に行けば まず 危ない目に遭う事は ないと思います。

飛行場からは タクシーの場合 ベラスケス駅のそばまで と言えばだいたい 20ユーロで つきます。 メトロを利用する場合は マル・テ゜・クリスタルで乗り換え(ガラスの海 なんてすてきな名前の駅です。) 4番線で ベラスケスまで。
出口は ゴヤ通りなのでベラスケス通りまで 行って 右に曲がって 三分くらいです。

ドン・ディェゴ の 日本語ホームページ

    電話
    スペイン以外から:34-91-435-0760
    スペイン国内から:91-435-0760
    Fax
    スペイン以外から:34-91-431-4263
    スペイン国内から:91-431-4263

シティバンクのオフィスも近くなので便利。
シティパンクのところから ゴヤ通りを北に行くと 日本大使館のある セラーノ通り。
この通りは お店も多いしけっこう楽しい。 
アメリカ大使館の 入り口に立ってる警備のおねえさんは美人です。
日本大使館もおっちゃんじゃなくて こんなきれいな人にすると 雰囲気が明るくなるのにね。
e0061699_3433691.jpg

ベラスケス通りは ごく普通のこんな感じの通りです。
スペインでは ふつうなかなかおいしい紅茶は飲めないのですが
ここにはティサロンもあります。
[PR]
by cazorla | 2007-05-21 03:46 | アンダルシア以外の街 | Trackback | Comments(11)
でも 記事を書く気力はまだ 出ていませんが。

ゴリラの鼻くそ 阪急梅田駅で見つけました。
大阪やなーと思いましたが
製造は わたしとしてはすこ゜く上品イメージの強い 出雲でした。
出雲がなぜ 上品イメージかというと やっぱり 神様のいらっしゃるところだからだす。
そのうえ わたしは 皆見の汁かけメシが大好きなんです。
汁かけをここまで上品に作る 出雲は やっぱりわたしにとっては 上品な町。

e0061699_20265276.jpg

でもね お味はとっても上品サ゜ンス。
この ゴリラの鼻くそ。 黒豆の甘納豆でした。
e0061699_20271172.jpg

標語もあちらこちらに大阪のことばで書かれていて
やはり 大阪でした。 消防署にも 火は出さへん なにわのこころ って書いていたし。
村上春樹氏が 標語なんてなんの意味もないと書いてらしてました。
わたしも同意見ですが まあ どうしても 標語を書いて 貼り付けたかったら その土地らしさで 旅行者に うふふっ と 思わせるくらいのことはしてほしい。
その点で 大阪 あほくささで 表彰します。
[PR]
by cazorla | 2007-05-20 20:34 | おすすめのもの | Trackback | Comments(16)

ラッキーガール

疲れていたせいか
マドリッドで 携帯を落とし
アムスで カード入り財布を落とし
大阪で 鼻血を落とした

全て解決
強運と言えるだろう
[PR]
by cazorla | 2007-05-09 21:34 | Trackback | Comments(26)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla