「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

雨降りに医者に行く

e0061699_20333654.jpg


最近 雨の多い カソルラです。
最近は よく 病院に通ってるのですが
雨が降ると 病院は 混んでます。

なぜか・・・

今 オリーブの収穫の時期なんですが
雨が降ると オリーブ畑のお仕事ができないの。
オリーブ畑の仕事って 実は 農業の中でもかなり重労働になるのですが
(ぶどうは 技術がいるので 重労働というより テクニックだそうて゜す。)
そんな重労働ができる 人たちが 雨が降ってるから病院って 
世界各国どこでも 同じね。

日本でも(今は わかんないけど)小話がありましたよね。
病院の待合室で じーさんばーさんの会話
「今日 ●●さん来ないね 体調悪いのかなー。」

で 今日も雨降り。
[PR]
by cazorla | 2008-01-16 20:40 | カソルラ | Trackback | Comments(19)

お誕生日

長女が12歳になりました。
成長が遅いので 母としては 実感が少ないのですが。
それでも 去年は カフカの「変身」 そして「父への手紙」を読んで
アイデンティティについて 考えたりしています。
きっと 私の入れない部屋を 心の中にたくさん 抱えているのでしょう。
将来は 作家になりたいそうで 狂ったように本を読み
狂ったように書きまくっています。
同じ本を五回も六回も繰り返して読んでます。
五百ページくらいの本も一晩で読み切ってます。
楽しみであると同時に これから 精神的な苦痛も増えていくのだなと
同性の親は 心が痛くなります。
ほんのちょっと前まで 私の腕で 空に向かって 笑っていたのに。
e0061699_8271670.jpg
e0061699_8302758.jpg


今年のケーキは 本人が作りました。

おまけ
こういう時代って 君 ほんとーーにしあわせなんだよねっ。
e0061699_8313511.jpg

[PR]
by cazorla | 2008-01-14 08:32 | こども | Trackback | Comments(29)
けさ バルセロナからメールをいただいたので ご紹介です。
吉田兄弟のバルセロナコンサート。

情報はこちらです。

2月28日 午後九時開演
値段は 15ユーロ
902 10 12 12  海外から  +34 93 326 29 45
また Caixa銀行のサービスでも 買えるそうです。

メール ありがとうございました。
すっごく行きたくなって またまた ストレスです(笑)


偶然 昨日 こちらの記事を読んで 三味線と胡弓のことを考えていたので ますます このコンサートに行きたい気持ちでいっぱいです。

音楽学校の先生たちにも紹介しようと思います。

ベスト・オブ・正月
オムニバス / / ビクターエンタテインメント
ISBN : B0006GB0BG
スコア選択:


Yoshida Brothers
吉田兄弟 / / ソニーミュージックエンタテインメント
ISBN : B000A3H72Q
スコア選択:
[PR]
by cazorla | 2008-01-13 18:55 | おすすめのもの | Trackback | Comments(2)

初めての試合

e0061699_143392.jpg
e0061699_154735.jpg
e0061699_161977.jpg


末っ子のユニフォーム姿です。
この地域のリーグの試合初参加。
ユニフォーム いただいたんだけど ずいぶん 大きい。
こんな小さい人は参加してないので。
年齢もあるけど
年齢のわりに やはり 小さいというのもあって。
袖は 半袖なのに 折り曲げています。
じつは 半袖なのに長袖。
ハイソックスは ストッキングと化している。 股の付け根まであります。
シャツは スカート状態なので ズボンの中に。
でも 実は チームで一番 うまい と評判です。
他の子の 胸までしかないけど
ちょろちょろ よく動くので 球をすぐ 奪ってしまいます。
今日は 隣村チーム ペアルと7 対 2で 勝ちました。
[PR]
by cazorla | 2008-01-13 01:12 | こども | Trackback | Comments(11)

鏡よ 鏡

また 少しお休みしていたのは 学校が始まって 色々忙しくしていました。
それでも 昨年 少し前までは どんなときも 書き続けていました。
ある方から ちゃんと 家族の世話はしているのかと メールをいただいたくらいです(笑)
書くことで 自分を解放してきたし 書くことで自分を見つめて来た。

ビオラを始めて
子供達と音楽学校に通い始めて
自分を見つめると
年を取りすぎた自分が悲しくて
その哀しさに対面するのが
対決すると言ってもいいかもしれない
そのことが怖くて 書けなくなるのだと思う。
悲しいくらいに自分が 年を取ってしまったなと。
もちろん ビオラのすすみ具合は 子供達より大人だから早い。
それでも ぎこちない子供達は 確実に 体のつくりが変わってるのが見える。
私は 頭で弾くことができるから 今のところずっと 上手に見える。
それでも 子供達は 家で そんなに練習しているわけでもないし
その時間量からすれば 私のすすみ具合は とても遅いような気がする。

「愛と同じくらい孤独」という サガンのインタビューの本。
サガンさん あなたにもしなにか望みがあるとしたら なんでしょう?
サガンは答える。
「もう一度 十歳の少女にもどりたい」
好きなことをしつくした サガンでさえ
年取って魅力的だったサガンでさえ そう思うのだ。

これは 女と男の違いだろうか。
夫も 私の料理の先生も ほかの四十代の男達は
口を揃えて言う。
「あんなにたいへんだった 十代の時代をもう一度経験したいとは思えない。
このままが一番だ。」

白雪姫のオリジナルは 継母ではなく実母だ。
実母だからこそ 娘の美しさに嫉妬する。
もちろん 私は しない。
もうそれより ずいぶんと年をとっているから。
たぶん 三十代で 娘が15歳くらいだと 一緒に並んでいて はっとすることがあるのかもしれない。 いや そんなことは ないという反論も 多いと思うけれど。

かなり 愚痴になってしまいました。

ビオラのお教室には 鏡がある。
鏡を見て 体の形をなおしていく。
その瞬間まで すっかり 自分が年を取ってることを忘れているのだ。
だから その瞬間 がっくりきて
でもがっくりした自分を 見て見ないふりをして
忘れようとする。
だ゜から 書けなくなるのです たぶん。

母が 言う。
 「年を取って 醜くなっていくと
醜くなったから もうこんなに醜くなったから 死んでもいっかーって
思うのよね。 そのために年を取っていくと 醜くなっていくのね。
醜くなっていくのは 神さまの 贈り物。
そうじゃなかったら この世に未練がいっぱい残るもの」


未練がまだまだいっぱいです。
不惑の四十代も 惑いっぱなしです。
病気だから 弱気なんだろうと 笑ってくださいまし。
[PR]
by cazorla | 2008-01-11 08:10 | しょうもないこと | Trackback | Comments(15)

リラックス

去年のお正月はアルマグロに旅行に行った。
二年前は お山にハイキング。
その時の写真。

e0061699_82735100.jpg
e0061699_8275830.jpg
e0061699_8282196.jpg
e0061699_8284227.jpg
e0061699_829356.jpg


今年は どこにも行けないので せめて きれいな空の写真をながめて リラックス です。


伯母のことを急に書こうと思ったのは
先日 母と おしゃべりしていた時 むかーしばなしになって
伯母が 七十の時 母に電話がかかってきたそうです。
伯母が七十ということは 母が六十二・・・父がちょうど 胃ガン手術をしたころでしょうか。
だから 1日六回 父の食事の用意をしなくてはならず とても忙しくしていました。
その忙しい時に電話がかかってきました。
伯母は ゆっくりと 挨拶したあとて゜
「ねえ 私 まだ 恋愛できるかしら?」
「なに言ってるの できないに決まってるでしょ!」
と 冷たく切ってしまったそうな。

母は 言う。
「あのころは忙しかったし 自分でも恋愛しようなんて 思えなかったから
七十のねえさんが 恋愛するなんて とんでもない と思ったのよ。
でもね できるわ って言ってあげればよかったって
このごろ 思うの。 七十で 一人で おしゃれしようと思えば好きなお洋服だって 買えたんだから その気持ちになって 楽しむのも悪くなかったのにね。」

母が急にそんなことを言ったのは
もしかしたら
母も 訊いてみたいのかもしれない。
「ねえ 私 まだ 恋愛できるかしら?」

言葉の通じる男性がいないので かなりきびしいと思うけど。
[PR]
by cazorla | 2008-01-06 08:58 | カソルラ | Trackback | Comments(24)

伯母のこと ①

e0061699_813897.jpg


母と伯母です。
母がたぶん 六歳くらいの時 伯母は14歳くらいで 女学生。
昭和十年くらい。

伯母は 当時 東大に通う学生と 恋愛していたそうです。
東京から かかってくる 電話をいそいそととる 伯母を 母は見ていた。
でも 結局 結婚はせず 他の人と お見合いの結婚。
戦時中は 台湾に夫とともに住み 三人の子供を産む。
戦後 しばらくして 不慮の事故で夫を亡くし 未亡人に。
一度も働いたことがなく 三人のこどもをかかえ
でも 夫の家には たよりたくなく 
どうしたものかと 歩いていたら
神父さんに 出会った。

教会の中であったかい お茶を飲みながら 神父さんは静かに 話しを聞いてくれた。
そして 某保険会社を紹介し 伯母は 保険の勧誘員になった。
おばのおっとりしたしゃべりがかえって 好感をもたれ 売り上げナンバーワンに。

でも この神父さん とっても具体的で実用的な神父さんだな
と この話を聞いて思いました。
伯母は そういうわけで クリスチャンです。

現在 八十八歳ですが
三年前 この元東大生から 連絡が来ました。
戦後 おたがい どこにいるのかわからないままだったのが
風のたよりに 伯母が 未亡人になったと聞いて 是非会いたいと。
当時八十五歳。

でも 結局 おばは会いには行きませんでした。
自分を思い出す時は きれいだった頃の顔で思い出してほしい そう思ったから。
たぶん。
彼女の息子 つまり 私のいとこが こっそり会いに行って
小一時間ほど 思い出話を聞いてきたそうです。

人生は 物語に満ちている。
でも ちょっと 悲しい。
それでも ほのかに 甘く・・・
[PR]
by cazorla | 2008-01-04 08:18 | 思い出 | Trackback | Comments(20)

ひらひらひら

e0061699_8251622.jpg


書きたかったけど書けなかったことを書きます。

コンサートに行った時のこと。
お隣に おばあさん( たぶん七十後半だと思う )が座った。
一人で来ているんだけど どうやら そのオーケストラの誰かの知り合いか家族か
恋人か・・ たぶん 息子だと思うのだけど
一曲終わるごとに その人に 挨拶を送る。
その相手は 残念ながら特定て゛きなかった。

その手の振り方が かわいくて

左手を軽くあげて 薬指 中指 人差し指を順番に ひらひらと動かす。 
レミファ レミファ レミファ とピアノを弾くみたいに。
そのしぐさが とても かわいくて

まるで 恋人に挨拶するように

そのうち じっくり 練習して あなたにむかって ひらひら 挨拶してみたいな と。
そんなことを 思ったのです。

書きそびれていたこと。


以前 紹介した ミランクンデラ 「不滅」のこの場面も思い出しながら

彼女は水着のまま プール沿いに立ちさってゆくところで 水泳の先生の位置を四メートルから五メートルほど通り越すと、 先生のほうをふりかえり、 微笑し、 手で合図をした。 私は胸がしめつけられた。 その微笑、その仕草ははたちの女性のものだった。 彼女の手は魅惑的な軽やかさでひるがえったのだ。戯れに 色とりどりの風船を恋人にめがけて投げかけたかのようだった。 その微笑と仕草は魅そ力にみちていたが、 それにたいして顔と身体はもうそんなに魅力的ではなかった。それは身体の非・魅力的な中に埋もれていた魅力だった。



年を取っていくから 少しずつ そんなしぐさを 身につけていきたいな と思ったのでした。
[PR]
by cazorla | 2008-01-03 08:53 | おすすめのもの | Trackback | Comments(6)

デュエット

e0061699_8241287.jpg


あけましておめでとうございすま。

大晦日は 薬の副作用で 死にそうでした。
でも ドラッグじゃないです。
ただの 抗生物質。

ちょっと 薬を止めて あいかわらず ごろごろの合間に ビオラをひいてます。
で 娘とデュエットの練習してるんですが

この曲 

オリジナルは バイオリンとビオラのデュオですが 
バイオリンのところを フルートにして なかなか きれいに決まります。
私のように初級レベルでも それなりに 聞こえるので よろしかったら あなたもどーぞ。

この Free scores.com

いろんな楽譜が探せるし 音も聞けるので 便利です。

娘と私 デュオを組んで どんな名前にしようかな?

今年もよろしくお願いします。

ひとりごと
[PR]
by cazorla | 2008-01-02 08:53 | おすすめのもの | Trackback | Comments(12)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla