<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

中絶について

《中絶について書きたいと思い 何度か書きかけた記事。
最近 あまり重いテーマは避けていたので なかなか筆が進みません。
それも ブログが停止されていた一つの理由。
書きにくいテーマでもあります。
独身時代が長く それなりに一人暮らしを楽しんでいたわたしが 
中絶の経験もないのは 運がよかったのかもしれません。
だから 中絶は良くないとか 悪くないとか そういう観点では書けません。
それと もう一つ このことに関して書きたいと思ったのは 各国の話って言うのは外からだと
温度感覚も違うし その国の考え方とか もともと どんな感じだったのか ということがわからなかったり
勝手に憶測したりして そのニュースがどういうことを表しているか 知るのはすごく難しいなとおもうのですが
そう言うことも書きたくなったので テーマが四方八方に広がってどうもうまくまとまりませんでした。
まとまらないけれど とにかく書いてみようと思います。

今回 スペインで中絶に関する法律が変わりました。
それに関して こういうニュースを見ると スペインの保守的な人たちが 中絶を全面的に反対している というふうにとらえるかもしれません。
でも 現実問題として スペインでの 中絶に関するもともとの法律は まあ ごく普通にほかの国と大差ないと思います。 アメリカ合衆国などにくらべると かなり 自由というか 中絶に関してはかなりゆるいとさえ 思います。

たとえば スペインに住み始めた年 いきなり妊娠してしまいました。
3人目の妊娠です。
その時 担当医は 「中絶したいのであれば 言いなさい。
3人目だから無料です。
高年齢だし 3人育てるのは難しいと思うのであれば 躊躇しなくてもよいのだよ。」と。
つまり 必然性のある中絶は社会保険範囲なのです。

こちらに 各国の中絶状況の表が出ています。

今回のスペインの中絶に関する法が改正されたのは 男女平等を押し進めるため というのも一つの理由でした。 で 上記の表を見比べて スエーデンが特別に二十歳未満の中絶が多いのだけど だから 男女平等なのだろうか という疑問もあります。 一方で ロシアの総数のほうが異常に多いのは社会的状況に 理由があるのかなと 想像します。
中絶よりもなによりも 避妊がもう少しきちんとできるようにするべきなのではないかと思いました。

今回の改正で 特に 問題になっているのが 16才未満の中絶を親の許可なくできるようになった と言う点です。 16才以下の 例えば旅行なんかに学校が連れて行く場合でも 親のサインが必要なのに 中絶は まったく関係なくできるというのは なんか変ではないか と言う意見。
それは もっともなんだなーと思う一方で こういう村に住んでいると 16才以下が 自分の意志で中絶できることの是非もなきにしもあらず という思いがあります。
というのは 14 15才くらいで 妊娠してしまう女の子たちが この小さな村 たった 八千人の村にも毎年 知っているだけでも 4・5人います。 彼女たち本人の意志というのは わかりませんが ほとんどの場合 出産ということになります。 相手の男の子だって 似たような年齢だから 生活能力なんて ないのは わかりきっているのだけど 両方の家族が 援助して 結婚させてしまいます。 結婚させない場合も 赤ちゃんは産まれてきて 家族が 援助して 育てます。 先月 ある家族が 15才の長女を 中絶させたら あちらこちらで批判する声が聞こえました。
そういう風土ですから 女の子たちが自分で 中絶したいと思っても できません。
生まれてくる子供達は 家族に大切にされていても なんだか中途半端で状況で育っていくと思います。
だから 16才以下の中絶が親の許可なく というのも ありなのかな と思ったりもします。
少なくとも本人の意志は尊重されるべきかと。
ただ それよりも きちんと 妊娠がどういうものか それ以前の教育が大前提になりますが。

(法改正に対して批判的気持ちもある一方で 理解できる部分もあるという かなり矛盾したところがあるので
どうもまとまりにくいのです。 たぶん マドリッドとか 都会に住んでいれば もっと シンプルに考えることができるのかもしれません。)

また 今回 この大々的デモが起きたのは これから もう一つ法改正がされることに対してでもあります。
それは 中絶薬・堕胎薬が 薬局で簡単に買えるようにする という新法案。
ru486。
たばこは 買いに行くのは禁止のこの国で だれでも簡単に買えるというのは やっぱり変かと。
そして ネットで 外国 たとえば 日本なんかに売ってしまおうと思う人もいるかもしれません。



カソルラみたいな村に住んでいると 信仰心のある人たちが 祖母世代で その影響がまだまだ残っている母親世代 その一方で 社会的影響が強い母親世代のプログレッシブな人たちが なんとなくちぐはぐに 世界を作ろうとしているから どうも ぎくしゃくした感じになってしまいます。

なんとなく 思った通りまとまりのない記事ですが
[PR]
by cazorla | 2009-05-22 07:00 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(20)

絶望的家族の主婦として

またまた このブログ 止まってますが
元気です。
田舎に住んでいるので
脳腫瘍の検査に まず 県庁所在地というか建都というの?
ハエンに行って 
その後 処置をした グラナダの病院に行ったりしていて
疲れ果ててしまっていたのです。。。。
おまけに こちらは 三学期。
学年末の行事がわんさか。
あと 夏休みの行事のための用意とか。

ことしは 長女が 2週間
マラガのマルページャという 高級リゾートタウンの
英語を学ぶためのキャンピングに参加します。
子供がいっぱいいる うちのような家族は無料参加です。

長女は 山羊座で おもしろみのないヤツですが
ジョークを言おうとしないで まじめに話すと おもしろいヤツです。

この英語キャンピングの情報を持ってきた時も
「マミー
これ ただなのよ。
両親が離婚している家庭とか 未婚の母とか 両親が失業中とか
子供がいっぱいいるとか
そういう 絶望的家族は 無料なの。」



絶望的家族だったのか わたしたち・・・・。 


というわけで 今年は マルページャ 2週間。
子供達は すてきな夏が待っているようです。
[PR]
by cazorla | 2009-05-21 22:48 | Trackback

少女時代

マリアちゃんの写真がないよって コメいただきまして。
最近 あんまり写真撮ってないのです。
ちょっと 前まで 
童謡歌っていたと思ったら もう13才。

お気に入りの童謡は 本人の名前が出てくるこの歌。

http://www.learn-spanish-online.de

こりページで 聞けます。
なんとなく スペイン語の先生が しゃーないから わたしが歌うわ
って感じの録音ですが。 mp3って書いてるところのマークをクリックすると聞けます。
で 英語の訳詞が出ています。

El cocherito
........................... ...........................
El cocherito, leré
me dijo anoche, leré
que si quería, leré
montar en coche, leré

Y yo le dije, leré
con gran salero, leré
no quiero coche, leré
que me mareo, leré

El nombre de María
que cinco letras tiene
la M,
la A,
la R
la I,
la A:
MARIA.

前半と後半の 関連がいまいちわからない歌なんですが
もともと童謡って そうですよね。
でこれは 縄跳びをしながら 歌う曲です。

e0061699_711299.jpg
e0061699_7112770.jpg


2005年 撮影ですから たった四年前です。

今は ほとんどわたしが撮影しないのですが
自分で撮影して ひそかに 自分のファイルに入れています
学校にmp4とか持っていって 見せっこしてるらしい。




で どういう写真か・・・というと
本人に著作権で 訴えられるといやなので
そっと 隠して 登場です。













どうぞ ご覧ください。

写真集は こちらです。
[PR]
by cazorla | 2009-05-10 07:20 | こども | Trackback | Comments(18)

サッカーの試合

今日 金曜日は サッカーの試合でした。
午後五時から始まって 終わったのが 十時。
2つの村のチームと 年齢別に(ほぼ年齢別に)試合をしました。

まず 末っ子です。
次男アルパロ 七歳。 青いユニフォームのちびさん。
フォームは なかなか良いです。
ユニフォームが なんとなく大きすぎるところが なんともかわいいなーと。
e0061699_6562294.jpg
e0061699_6565770.jpg

長男 兄弟の2番目。
エンリケ 十歳。 赤い靴下。

e0061699_6571646.jpg
e0061699_6573246.jpg


なんとなく かわいいふたり。 うちの末っ子ですが
お隣の子 わたし 女の子だとばかり思っていました。
男の子です。
e0061699_6574634.jpg


e0061699_658043.jpg

長男 アップ。
最近 夫にすこしずつ似てきています。
明日は 水泳大会で セビージャへ。
朝 四時に起きて 五時のバスに乗ります。
帰りは 夜の十二時予定。

ハードなスポーツマン生活。

母も ハードであります。
お休みなさい。 
[PR]
by cazorla | 2009-05-09 07:07 | こども | Trackback | Comments(11)
写真を処理しようとして 気がついたのだけど
この写真だけでは いったいなんの写真かわからないなーと。

昨日 コンサートがありました。
息子のピアノの先生と 彼の妹さんの 小さなコンサートが
コンセルバトリオのサロンであったのですが その時 一曲だけ
息子が 伴奏しました。
生徒の中では 彼一人が演奏し 彼の人生の中で 初めて
プロのバイオリン奏者の伴奏をした ということになります。
先生は29才 妹さんは 23才。

で 写真を撮る時 わたくし 母親として かなり舞い上がっていたので
ピアノを絵の中にいれるのを忘れていた。
で 息子の横顔がはいっているだけで 何の写真かわからん。
ごめん。 せっかく 記念的コンサートだったのに。

e0061699_6322145.jpg
e0061699_6324547.jpg


この日のコンサートのテーマは 映画音楽。
先生自身がアレンジして バイオリンとピアノ デュオにアレンジしてます。
かなり古い映画の曲もあって 母は これ何かわかんないけど ものすごく知ってるような気がすると
楽しんでいました。 

息子の弾いた曲は ムーンリバー。
「ティファニーで朝食を」のテーマ曲です。

ティファニーで朝食をの スペイン語版の題名は Disayuno con diamantes ダイアモンドと朝食を
になっていて 息子が最初 ★★★のテーマ曲を弾くよ と言った時 なんのこっちゃわかりませんでした。
夫 曰く 「だって スペイン人は あの当時誰も ティファニーなんて知らなかったもん。」
日本人だって あの当時は 誰も知らなかったと思うけど 解説付きで あー なるほどね と言う感じだったのではないかと思います が その点が 国民性の違い。
でも やっぱり 高級文具店っていうところが この主人公のあこがれの生活の象徴なのかな 
と思います。

ムーンリバー
ピアノで弾くと しっかり後家殺しな歌だと思います。
息子もしっかり 心得ていて 女の子がいると 弾きまくってる。

e0061699_633235.jpg


e0061699_6332199.jpg



楽器の練習も 文章を書くことも 絵を描くことも 貧乏な旅人になることも
きっと ムーンリバーのあちら側を 夢見ているのかもしれません。
息子は どこに行こうとしてるのだろう。
[PR]
by cazorla | 2009-05-08 06:51 | こども | Trackback | Comments(12)

こどもの判断力

温度は まだまだ低いままですが
雰囲気は すっかり春になりました。
そして 植物は 温度とは関係なく
しっかり花粉をばらまいています。

アレルギーの季節です。

末っ子は アレルギーがあります。

このところ 鼻水がたらたらすごかったので 風邪薬をのませようとするのだけど
一度飲んだだけで あとは 嫌がって飲みませんでした。
3人の中では一番 理性的タイプで すこし調子が悪いとすぐに
医者に行きたがるし 薬の時間はきちんと守るのに
それにその薬 Flumil Infantilは 味もお気に入り。




おもに鼻水の激しい時におすすめのお薬。
ハラベ(水薬)ではないので 携帯にも便利。
 おまけに 水薬よりお安いです。


どうして 飲まないのだろうと思っていたら 突然 鼻血。
それで 気がつきました。(鈍い母です。)
今年もとうとう花粉症の季節になったのだと。

野性味の強い我が息子ですから 風邪ではないのが
からだにわかったいたようです。
アレルギーの薬に替えたら 喜んで 飲んでいます。

こどもの判断能力って不思議。

e0061699_537340.jpg


e0061699_538554.jpg


e0061699_5383287.jpg


実は 脳腫瘍があると 時として すこしヒステリックになることがあったと思う。
脳腫瘍があることを記事に書いた時 あんつぁんのコメントは わたしを落ち着かせてくれました。
あんつぁんのおかあさまも 脳腫瘍があって それを取ったあと とても静かで穏やかになった と書いていました。 
必要以上に叱ったあと とても悲しくて 泣いてしまう そんな繰り返しでしたから。


長男が 学校で 作文を書きました。
作文といっても テストの中の一つの問題で
自分の身近な人について書きなさい というものです。
その中で彼はこう言っています。
「ぼくのおかあさんは 一度も怒ったことがありません。」
病気のために ヒステリックになっていることを わたしの本質として受けとらなかったということなのでしょうか。

こどもの判断力。
本能に近い 理性。

こどもは不完全なおとなではない。
完全なこどもなのだ。
[PR]
by cazorla | 2009-05-04 06:20 | こども | Trackback | Comments(20)

母の2回目の更新です。


必要書類のコピーを郵送で送るだけなので 至極簡単なのですが・・・。
(必要書類 パスポート 収入のあることの証明書 身分証明書 証明用写真 一枚)

なかなか 指紋捺印のお知らせが来ないな と思っていたら
パスポートのコピーが 足りないので至急送るようにと言う手紙が来ました。
送ったはずなのに へんだな もしかしたら ほかのページでなにか記入があるところが
必要なのかも知れないからそこもついでにコピーして 送りました。
すると しばらくして


退去命令


なんと 15日以内に スペインから退去するように だと。。。。

ご近所の弁護士にきくと
なんと 最近 法律が変わって
パスポートは すべてのページをコピーしなければならなくなったそう・・・。、


つまり 白いページもすべて

そんなこと 想像だにしなかった。
だって どう常識的に考えても そんな白いページに意味があるとは思えないでしょ?
おまけに八十一才 あと一ヶ月で 八十二になる年金生活者に関して
そこまで 厳しくするか?

翌日 すべてのコピーと 必要書類一式をもって
外国人事務所 (車で2時間)に行き 事情を説明。
保留状態で 現在 結果待ちです。
もちろん 退去なんてことにはならないし
基本的には 娘がスペイン人と結婚している場合は 許可なしに住むこともできるのですが
(それでもいつ法律が変わるかわかんないので
念のために 年金生活者ビザに住むことにしたのです。)


で もし これから 更新の方々 どうぞ パスポートは全ページコピーなので
気をつけて。


追記 在スペイン九年の日本人に訊いたら 九年前も全ページコピーしていたそうです。
    わたしも 九年前から 在住なんですが コミュニタリオ (スペイン人と結婚している場合)は
    例外だったので 知らなかった。 二年前は 母もパスポート 写真のあるページのみのコピーで
    大丈夫だったのに。。。
[PR]
by cazorla | 2009-05-03 03:20 | スペイン年金生活 | Trackback | Comments(12)

鉄のある風景

鉄 好きです。
テフロン加工のフライパンより鉄の重いフライパン。
鉄は 木とも愛称が良いと思う。
そして 石造りにも 白い壁にも 美しく映える。
鍛冶屋さんが こんこんと 作るあの後ろ姿が見えるのが良い。

『鉄の仕事屋』 モノ創り日記

手織りのショールが好きなように
手作りの木工の椅子が好きなように
鉄で作られた物は 作り手の後ろ姿が見える
そんな風に 思います。

e0061699_22295055.jpg
e0061699_22303460.jpg
e0061699_2231461.jpg
e0061699_22314033.jpg
e0061699_22321292.jpg

わが家の窓。 左側です。
リフォームするとき バルコンの手すりは そのままはずし 磨いて さびた所を取り除き
黒くもう一度 塗り直しました。
e0061699_2232591.jpg
e0061699_22334814.jpg
e0061699_22343969.jpg

e0061699_22364285.jpg

階段。 螺旋階段。 高さを測り 一階から二階まで 一回転。
頭の中で計算してみようするだけで ちょっとうんざりするような。

e0061699_22353712.jpg

竹と鉄の組み合わせ。 インドネシア製です。 お気に入り。

e0061699_22391730.jpg

南部鉄の土瓶です。
マンサニージャを入れる時も これっ。
e0061699_2227086.jpg

鉄のものを中心に売っているウベダのお店。
鏡部分は 買ってきたあとで 窓を扱うお店に頼んで つけてもらいます。
[PR]
by cazorla | 2009-05-02 23:03 | お気に入りのもの | Trackback | Comments(12)
日本では ゴールデンウィークですが
こちらでも プチ・連休です。
4月30日から5月4日まで五日間のお休み。
セマーナサンタ(イースター)休み 一週間が終わったばかりだと言うのに
やたら 休みの多いアンダルシアです。

うちの娘は お祭りとなれば 鼓笛隊のお仕事でお出かけです。
今日も 朝 6時半に起きて 身支度して出かけました。
朝早くの仕事だから 十時くらいには帰ってくるかと思ったら
十二時すぎても帰ってこない。
パンを買いにでかけたら 一回目の演奏は終わり バルでくつろいでいました。

休みの日はなんとなく町全体が 静かです。

e0061699_22261854.jpg
e0061699_22272964.jpg
e0061699_22304174.jpg
e0061699_2231683.jpg
e0061699_2232276.jpg
e0061699_2233169.jpg

朝 山の礼拝堂から 連れ出したこの御神輿を持って 山の礼拝堂 エルミータにもどっていく。
二回目の プロセシオン。
うちのお嬢を撮ったんだけど かなりぼけてしまったので 却下。
e0061699_22343439.jpg
e0061699_22362088.jpg
e0061699_22375046.jpg

神輿担ぎの中学生のお嬢達。

今年は なんとなくまだまだ 寒く 写真もイマイチ 明るさがありません。
寒いです、 まだまだ。
ふだんだと 神輿担ぎで 汗だく。

お昼ご飯時(スペインでは二時)に娘が帰ってきたので
今日は何の日だったの と訊くと
「労働者の日 (メイデイ)」 との返事。
でも あーた それで 鼓笛隊のお仕事してきたわけではないでしょ
と 訊くと
うーーん よくわかんない。
Cristo del Valle 谷間のキリストの日だそうで
この谷間は 谷間の百合につうじるものがあるんだろうか。
谷間には キリスト的に意味があるのでしょうか。

娘が しっかり行事参加しているというのに よくわかんないわたしです。


次回のお祭りは 5月15日 サン・イシシオの日 サン・イシシオは マドリッド的に言えばイシドロです。
[PR]
by cazorla | 2009-05-01 22:53 | カソルラ | Trackback | Comments(8)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla