<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おいてけぼり

スペインでは・・・だと 思うけど
少なくともカソルラは 粗大ゴミの回収は無料です。
粗大ゴミは 適当なところに置いて 地元のおまわりさんに お願いすると
係の人が来て 回収してくれます。
といっても おまわりさんが 回収するわけではなく 連絡してくれるだけなんですけど。
無料なのに けっこう 粗大ゴミを放置している人が多い。
気付くと うちの夫が コミサリオ(地元警察事務所 交番よりはちょっと大きめ)に足を運んでいます。

川に捨ててしまう人もいます。
たぶん ジプシーだと思うけど。
これは ほんとに困る。 夏休みに ボランティアの学生たちが
水に入って ゴミをとってます。
ダブルサイズのベッドのマットレスとか・・・。


今日はこういうの見つけました。
e0061699_173568.jpg
e0061699_18571.jpg
e0061699_182230.jpg


普通に工事を頼めば 建築業者が 持っていってくれるんだけど
このあたりの人たちって 手が器用だから 自分で便器くらい 取り替える。
そして おいてけぼり。

マルセル・デュシャンだったら なんて 題名をつけるんだろう?
「黄昏の孤独」とか・・・。

粗大ゴミでも 場合によっては 再利用も可能だけど
こういうのは ちょっと 拾いたくないな。
[PR]
by cazorla | 2011-02-05 01:16 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(11)

夫婦

e0061699_4403684.jpg


この猫 猫世界では やっぱり きれいなんだろうなって。
ぶちがユニークなんだけど そこが 猫族の中ではたまらないって。

スペイン人と結婚してスペインに住んでいる女性 R子さん。
脳にある問題があるのがわかった。
遺伝子系の病気で 少しずつ 脳が 閉じていく。
閉じてというか 機能しなくなっていく。
二年後には 完璧に植物人間になるそうだ。

この夫婦 ずっと離婚しそうな かなり悪い状態だった。
というより 夫のほうが 離婚を望んでいた。
でも このことがあって 夫は 仕事をやめて 今 使ってる事務所や家などを貸して
日本に住んでも良いと 言い出した。

わたしも母も このことにすごく感動したのだけど
まわりのスペイン人は 当然のことだと言う。
夫婦だから。
関係が悪くなっていたとしても 夫婦なんだから なんか問題が起きたら
一緒に対処していく。
当然だ。

遺伝子系の病気で 彼女の父親もそれで亡くなっている。
今まで 夫は知らなかった。
もし日本だったらそれだけで 大問題にならないか?

これから 脳が萎縮して行くにしたがって
たぶん スペイン語の部分も 消えていくから
彼は日本語を学ぶ。
こんなに一生懸命になれるって すごい。

従姉妹は わたしより年上で
だから時代的には 昭和四十年代のことだったとおもうけど
癌になった時 強制的に離婚された。

もちろん時代は違うけど

なんか いいな と思う。

関係が悪くなっても 一度は とっても 愛したことのある人だから
たいへんなとき 寄り添っていけるんだね。

More
[PR]
by cazorla | 2011-02-03 04:55 | 思うこと | Trackback | Comments(11)

朝霧

よしもとばななの小説の登場人物で
ちょっと あると困るというか なかったほうがよかったものを
家のうらのなかったことにしようのツボに入れてしまう という人が出てくる。
どの小説だったか忘れた。
で なんとなく そう言う人に とてもシンパシーを感じる。

いやなことが起きたり
起きそうになっていたりすると
とりあえず ふとんをかぶって 隠れている。

いつまでも そういう風にしてい生きていくわけにもいかないのだけれど。

そういうわけで しばらく ネットから離れてました。
そういうわけで と書いてもわかりにくいけど。

ちょっと 悲しかったりすると それを見ないようにして 離れてしまう。
ひとりっ子だからなのか
単に 弱虫だからなのか。

そうこうしている間に
母が一度 「生と死の間をさまよった事件」というのも起こり
それは またそのうち書きます。

起こってみないと どういう気持ちになるかわかんないことっていっぱいあります。
起こってしまった後で 後悔しないように いつも シミュレーションしながら
よく立ち止まって 考えなくちゃ と思うけど そう言う風に うまくはいかない。

なんか いろんなことがあった。

さようならって 言えずに別れてしまった人もいるし。


霧の多い朝の風景。

脳腫瘍の検査に行く時に撮った写真。
ハエンまで 100㎞。
そこにはいつも予約が朝九時半。
だから こういう風景が見られるのも 脳に腫瘍があるおかげ。

良いこともあるし 悪いこともある。

だから 夜になるのが 怖くなる夕暮れも
暖かいココアを飲んで ストーブのそばで じっとしている。
また 朝が来るさ。

e0061699_0432578.jpg
e0061699_0434614.jpg
e0061699_04427.jpg

[PR]
by cazorla | 2011-02-02 00:55 | しょうもないこと | Trackback | Comments(10)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla