パンの穴

スペイン人は パンをよく食べます。 フランスの統計によるとヨーロッパで一番 食事中にパンを食べるそうです。 ドイツ人の家で食事をすると前菜の時に少し出て あとはジャガイモをたべていました。 だから スペイン人にとってパンはとっても大事な食品。
以前 「pan pan pan  パンあれこれ」という記事でいろんなパンの種類を紹介しましたが 残念ながら我が村カソルラは あまりパンがおいしくありません。 まず 値段がすぺてのパン屋さんで一律。 まったく競争がありません。 値上げするときは 一斉に。 村ですから みんないとこだったり 友達だったり なんだり。 一応 そういうの禁止のはずですが。
最近 長いフランスパンみたいな形のより 丸い田舎パンのほうがおいしいということに気づきました。 長いのは 四分の一キロ 丸いパンは 二分の一キロと1キロの2種類。
大きくても小さくても 同じ焼き方にしているらしいのです。
やっぱり 競争のないところで作ると 全然工夫とか おいしくしようとか そういう気持ちが薄れるみたい。 小さいサイズだと からからかに乾いてしまいます。
で 丸いものも ドーナッツみたいに真ん中に穴があいているのと あいていないのとがあります。




今日は娘にパンを買ってきてと頼みました。
穴のあいてるのでもないのでも どっちでも好きな方でいいわ というと
娘が ものすごくおかしそうに笑うのです。
で なんでそれがおかしいのかわかりません。
娘 曰く
「だって ママ 穴には 味がないのよ。 穴は空気だもの。
だから 好きなほうだなんて・・・うふふふ あはは
どっちでも同じよ。 」
という説明。 わたしのほうが ものすごく変な人として取り扱われている。。。
うちの娘って やっぱり 考え方がふつうと違うんだなと しみじみ。
[PR]
by cazorla | 2012-04-29 07:20 | こども | Trackback | Comments(6)

不協和音

ピアノを弾く長男はバルトークが好きです。
子供のためのバルトックで ピアノのレッスンを始めたからかなと 思っていました。
だって ふつうの子供ってあまりバルトークなんて好きではないから。

ある時 息子がバルトークのバカテルの2番目の曲を弾いているのを聞いて
急に涙がぽろぽろこぼれ始めました。
なんで私は泣いているんだろう。
なぜか 涙が止まらなくなる。

このビデオの1分44秒のところから始まる曲です。



ちょっとした本を読んでいて バルトークの名前が出てくると 注釈にハンガリー生まれと書いています。 だから ずいぶん長い間 彼のことをハンガリー人だと思っていました。
ある時 ルーマニア出身のデンマーク国籍のピアニストのコンサートに行ったとき初めて バルトークがルーマニア人だとわかりました。
生まれたところがたまたまその時ハンガリー領になっていただけで。
エステル・バリントのインタビューのなかで ハンガリーのルーマニア人に対する差別がひどいことを知りました。 

このバカテル 14の短い小曲は 彼の心の叫びなのかもしれません。
そして それを息子が なんとなく自分の中で 自分の叫びとして 受け止めている。

今日も息子がピアノを弾いていると 数人の男の子たちが来てののしっていました。
ドアにジュースをかけたり 壁に卵を投げたり おしっこをしたり。

今日は夫がいたので 怒り狂って追っかけていきました。
ものすごく強く叱ったら 訴えてやる だって。
まったく どっちのことばだ。 

今はあまりにも強いヒューマニズムのなかで 子供の権利が守られていて
強く叱った親の実の娘が訴えて 父親が刑務所にいれられたりしています。

教師は ピアノが上手で スポーツができて みんな羨ましいだけなんだから がまんしなさいと。
でも 本人は 傷ついてる。

息子にみんなあんたのこと羨ましいんだって というと
息子はにやっと笑って ねえ ママ なんで みんな羨ましいか 知ってる? あのね ぼくのママが きれいで知的ですてきだからさ だからみんな死ぬほど羨ましいの。
 
まったく こんな時にまで 喜ばすようなことをほざいて。。
[PR]
by cazorla | 2012-04-28 08:23 | スペイン若者 | Trackback | Comments(18)

オーケストラの発表会

ずいぶん前にオーケストラのクラスの発表会があると書きましたが そう ずいぶん前。
なんだかちょっと前のような気がするのですが。
その時のことが新聞に載ったので。

指揮者の右 顔がひらべったい人がわたしです。

e0061699_131482.jpg


音楽学校の廊下に貼ってあったのですが もしかして わたしが載っているかもと だから
見るのがはずかしい で だーれも居ないときにそっと近づいてみたら 載っているので
母に見せたら喜ぶぞって 四十年くらい時代をワープして ムスメであるわたしは 思ったのです。
さっそく コピーをしようと 図書館に行って記事を探すのですが ない。
三月の新聞をさがしていたのです。 2月8日だったのですね。
時がたつのは速い。
やっと見つけて コピーをお願いしたら 新聞ごと くれました。
もらい星が 爪にできているのかしら。
地方紙が多いので 新聞に載る確率が高い。 私が三回 娘が二回 息子が一回。
日本も 実は地方誌のほうが読んでいて おもしろいですよね。
かつて 鹿児島の新聞に長谷川龍生さんの新聞が連載されていると聞いて いいな と思いました。

これは ハエンの地方紙のひとつ ディアリオ・ハエンですが このほかに 二誌あります。
自分の手の届く範囲の問題が載るので けっこう よく読んでいるようです。
銀行や喫茶店には たいていディリオ・ハエンがおいてあります。
[PR]
by cazorla | 2012-04-27 01:49 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(2)

三人娘

やっと暖かくなりました。
先週 すっごく 寒くなっていまして 山に雪が降ったり 雹が
降ったり コンピューターの前に座っているより ぬくぬくと布団 を選んでしまって。

その間のできごと
母とお茶して家に帰って しばらくして 電話がなった。
受話器から なにも聞こえない。
いたずら電話かなって 思ったら
母の声で 「なんたらかんたら  いいよ」と なんか地獄のそこから聞こえるような声で
真っ青になって 走って またまた母の家へ。
歩いて 十分程度なんですが なんせ坂の町 カソルラ。
走るとぜいぜいなってしまいます。

やっとこさ 母の家にたどりつくと 廊下はまっくら。
寝室に行くと 母が・・・・ 生きていました。
どうしたの?
だって 今電話して なんかよくわからないこと言って 切れたから
なんかあって 死にかけてるかと思ったのに。。
母は 携帯を電源につないで その時 うっかり なんかのボタンをおして
うちにつながったみたい。 どうせ かけるのは うちの電話か わたしの携帯だけだから。
そして 電話がつながったのを知らなくて ぬいぐるみに話しかけたの。
このぬいぐるみは 愛犬が死んだとき わたしが かれの形見につくってあげて
いつもベッドにいて 生きていたときと同じように 話しかけています。

うん もうびっくりしました。

84歳だから。 ものすごくびっくりして 家に帰って こどもみたいに泣きました。

e0061699_23502290.jpg




e0061699_23515042.jpg


娘 16歳が 学校のフランス語を履修している子たちだけで グラナダにフランス語の劇を見に行きました。 観劇のあと グラナダ散歩。 カソルラの子たちにとって グラナダは大都会。
お買い物したり なにか食べたり。
みんなで アイスクリーム屋さんにはいりました。
10人くらいで それぞれ 好きなものを選んで。
娘は もうお金がなかったので見ているだけ。
すると お店の人が 君はいらないの と訊くので 正直に
「わたしはお金がないから」と言うと
じゃあ 10個以上 買ってもらったから 一個おまけだよと
特性の大きなアイスをもらいました。




夫は わたしと母と娘を 我が家の三人娘と呼んでいます。
[PR]
by cazorla | 2012-04-25 00:07 | しょうもないこと | Trackback | Comments(11)

2006年のワールドカップ 決勝戦で ジダンが怒って 頭突きをしたのを覚えていますか。
頭突きは 下町の男の子の典型的 けんかの仕方。
顔に頭突きをするのは かなり危険。
ジダンは ワールドカップでは お腹に頭突きをしています。
彼が顔にしたら・・想像できないくらいの打撃だと思います。

今回 中学でうちの息子がされました。
お腹ではなく 顔に。
体をひねったので 歯は折れなかったのですが それでも 相当痛くて よくものが
かめない。 「子供同士のことだから」では すまされないと思います。
少なくとも 学校が親に知らせるのは ふつうなのではないかと。
11月は 別の子に殴られ 十分ほど 意識不明。 これにしたって かなりのものです。
耳の形が少し変わってしまった。
これも学校側から なんの連絡もなし。
ほかのおかあさんから 教えてもらいました。
そういうと 本人が家に電話しないでくれと言ったと言う。
もちろん 彼はわたしがおろおろと心配するのをいやがったのだ。
そんなこと教師ならわかるだろうし だからといって 連絡をしないことに妥当性はないと思う。

軽く殴られるのは 毎日のこと ののしられるのは 一日中。「汚い 中国野郎」
カソルラのサッカーチームから 隣の村のチームに移動してから いじめがひどくなりました。
今 中学二年ですが 一年生の時は長女が三年生でおなじ建物にいて 目を光らせていたので
ここまでひどくはなかったのだけど 現在 一人になって 中庭を歩いていると 窓からつばをはきかけられたり 足をひっかけたり。

これは 確かに「いじめ」。
校長と教務主任に言ったら いじめがあるかどうか 調査します だと。
調査もなにも 殴られているという事実がある。
いじめではなく うちの息子が 殴った子の恋人をとってつきあい始めたから 殴ったのだと。
うちの息子が女の子とつきあっているとかそういうことで 心理的威圧をかけようとしているのだけど うちの息子は 月曜と水曜日に ここから1時間半のハエンのコンセルバトリーに行っているし
それ以外の日は ここから車で15分のペアルでサッカーをしていて それ以外は 家で勉強しているかピアノを弾いている。 日曜日は 午後 祖母の家ですごしている。 基本的にいつも家族のだれかと一緒なのだ。 この半年で 出かけたのは 二回 女の子のお誕生日パーティに行ったことだけ。
もしかして 親がこどもの行動をまったく知らないと思っているのか。
ここまで忙しい子供がいるとは 考えられないのか。
最後まで いじめは ないと 言い張った。

どこも一緒だと思う。
教師たちの対応の仕方。
いじめで子供が死んだ後で かならずある記者会見。
校長は いじめは ない と。

息子は殴り返さない。
殴った相手を殴ったら 相手の位置まで 落ちることになると。
それは 自分のプライドだと。
どんなことがあっても笑い続けると。
笑っているから いじめだとは 見ない。

それは 教師たちの想像力のなさ。
どんなことがあっても 泣かない子供の心の傷の深さ。
笑い続けなければ 明日を生きていけない。
傷ついた自分を 見てしまったら 死んでしまいたくなってしまうじゃないかって。

e0061699_23405741.jpg

[PR]
by cazorla | 2012-04-12 23:42 | こども | Trackback | Comments(18)

クッキーを焼いたら なぜか一枚だけこげちゃった。
はじっこで ちょっと ほかのクッキーより薄かったのね。
かわいそうに誰も食べないので リナーレスに連れて行って 写真を撮ってあげました。
リナーレスに連れて行ったら 焦げてる上にこわれちゃった。

ハート・バーン

恋いこがれ 壊れて哀し ハートクッキー

e0061699_0242521.jpg




e0061699_105416.jpg





e0061699_113755.jpg


吉本ばななの短編 
ある時 ふと自分が傷ついてることに気づく。
なんでもないと思っていたの
妻帯者とつきあっていて 日曜日はいつもひとり。
それを当たり前だと思って 自分では 傷ついてないつもりだったのに。
傷ついた自分を 見ないようにしていることって あります。

ほんとは 好き嫌いがあるのに好き嫌いがない なんて言うのも 嫌いな物の話を
始めてしまうと とことん ネガティブなところまで行ってしまいそうで だから
好き嫌いなんてないです って 言ってしまう。

ほんとは すごく 傷ついてるのに 傷ついてるなんて言えない。
言ってしまったら もう おしまい。

主婦がお台所で歌っている。
夫は 妻が幸せなんだな と思う。
でも 主婦がお台所で歌うのは 時として 悲しさを忘れるため。



こげたクッキーの写真を撮っていたら
こげぱんを思い出した。 今でも こげぱん 元気ですか?
実はすごく好きなんです。
アニメにもなってるなんて知らなかった。

わたしの焦げたクッキーと 仲良くできるかな?




こげぱん無料動画


[PR]
by cazorla | 2012-04-11 01:22 | しょうもないこと | Trackback | Comments(4)

我が家の性教育

日本の性教育って どういうふうに現在はなっているのでしょう。
スペインは特別 性教育 というのはないのですが
幼稚園時代から男女の体の差とか そういう絵が壁に貼っているし
小学校の「新しい生活」で 内蔵の機能として 理科的に教えるし
同じく「新しい生活」で コミュニティの種類の仲で夫婦を生産的コミュニティとして社会科的に
教えています。 生産的コミュニティっていうのも なんだかなーって 思いますが。
ですから まあ かなりの知識を持っています。
更年期障害もちゃんと教えてくれるし。。

で ある夜ですね 長男 13歳 がこっそり わたしたちの部屋に忍んで
見たんです。 こういう場合 どうするか。

次の朝 息子は まーるいお顔をにこにこさせて
「ママっ 夕べ したでしょ? してたでしょ?」
こういう場合 変に怒ったりおろおろしたら セックスに対して ネガティブのイメージを持ってしまうかも とか 将来 変態になるかも とか なんか いろんな考えが 嵐のように頭をふきまくったので とりあえず こっちも 負けずに にこにこして
「 うん してた」
すると ちょっとたじろぐ。 おろおろするのを期待したのか 息子めっ。
息子 立ち直り ほかの打撃法を考える。
「ママ ピル使ってる?」
「使ってない。(リングを入れてます。でもそれは言わない)」
突如 顔が バラ色になる。 息子 大喜びで
「じゃ 弟か妹が来るんだ。 ぼく 弟がいいな。」
「悪いけど ママね もうできないんだ。(あまり 期待されても困る)」
「えっ なーんで?」
すると 娘 16歳が 登場。
「馬鹿ね ママは もう更年期よ」
「えっ もう更年期なのっ」
「もう51だもん できないよ。」
「でも60くらいまで できるんだよ。 できた人 いるよ。」
「新聞には 65の人が出てたけど 新聞に出るくらいだから特殊なんだよ。」
「男は 85まで大丈夫だって。」
「え じゃ おじいちゃんは できるんだ」
「赤ちゃんの叔父さんができるね」
この会話 アルバロもくわわって 三人で楽しそう。

なんか すっごく ばばあ気分です。
ふん できなくはないけど もう一人育てる体力がないだけだい と 内心。
[PR]
by cazorla | 2012-04-08 19:56 | こども | Trackback | Comments(8)

第三の女

今日はテニス。
夫と二人で朝のテニス・・・と まるで優雅ですが ちっとも優雅な雰囲気はありません。
まずテニスコートは パデル・コートの隣の無料スペース。
そこは夜になるとボテジョンと呼ばれるハイティーンのパーティの場。
だから壁には 落書きがいっぱい。
その上 わたくしのいでたちは すべて おふるのおふる。
娘にもらった洋服が娘に小さくなりすぎるとわたしがもらいます。

e0061699_540790.jpg

この黒のカーディガンは 日本製。 娘が十歳の時の頂き物。
日本サイズの百四十センチ。
下に来ているシャツもご近所から娘にいただいたお古をまたまた私が着用。
だから 三番目の服だらけ。
e0061699_5403722.jpg
e0061699_5415069.jpg

夫です。
夫婦で同い年。
同い年夫婦は一緒に年をとっていきます。
同級生みたい。
[PR]
by cazorla | 2012-04-06 05:49 | カソルラ | Trackback | Comments(16)

愛の悲しみ

せっかく 音楽学校に通ってるので 音楽シリーズを始めようと思います。
スペインの作曲家シリーズ。
以前にも何人か 有名なグラナド や アルベニスを紹介しましたが あまり知られていない人たちを。
今回 アントン・ガルシア・アブリール。
現在の作曲家です。 1933年生まれ。
テルネル生まれ。

王立スーベリオールコンセルバトリーの教授もされていた方ですが 多くのテレビドラマ主題歌も作曲しています。
スペインのちょっと前のテレビドラマの雰囲気をどうぞ。


愛の悲しみ
youtubeのコメントに「このドラマは知らないが ほかのドラマで見たa wonderful actor Carlos Larranaga, and an amazing actress Concha Cuetosが出て居るではないか」というたぶんイギリス人らしき人のものがあって けっこうドラマは各国で見られて居るんだなとおもいました。
でも 「愛の悲しみ」。
愛の悲しみ 残酷なゲーム 君はまた負けてしまう 傷ついて・・。

金の指輪

フェイスブックで 恋愛の対象っていうのがあって 最近 男にチェックを入れました。
すると 履歴の中にずっと 「★★さんが恋愛の対象を変更しました」と表示されています。
まるで 今まではレズだったけどこれからは 男にしたのよね って言う感じで ちと恥ずかしい
と思うのはたぶん考えすぎですね。
でも しみじみ わたしが女で良かったなと思うのは 恋愛対象が男だから。
吉行淳之介がつきあうなら本をたくさん読む女が良い そういう女は捨てやすい とかつて書いていました。 これは わたしが中学生くらいの時 読んだのだけど しみじみと心に残っていることばです。 そしてめんどうな女にはならないようにしようと思った。 らくな相手になりたいのっと めくじらたてた女友達に言われたけど そういうことでもなく なんか修羅場みたいなものの登場人物になりたくないと思ったのです。
男友達が一時期 ふたまたをかけていました。
どっちにしようかとかなり迷っていたのだけど 彼女たち ほぼ同時に相手の存在を知って・・・
一人が 雨の中 裸足で 彼の家を訪ねて 泣きながら あなたがいないと もうだめなのと
訴えたそうな。
ひとりは清純派 年下。 もう一人は 年上でちょっと遊べるタイプ。
もちろん 泣きながら訴えたのは清純派のほう。
彼は その瞬間 あ こら あかん こいつと結婚したら一生ドラマチック。
と 年上の彼女と結婚しました。 結果 かれは今でも楽しく 好き勝手して それでも家に帰ると 幸せに迎えてくれる妻が居ます。
たいていの男たちは このドラマチックな女にひっかかっちゃうんだけどね。

というようなことを この愛の悲しみ を 聞きながらふと考えてしまいました。



アントン・ガルシア・アブリールはもちろんクラシックのすてきな曲もたくさん書いています。
これは小さなオーケストラとギターのためのコンシエルト。

Concierto Mudéjar. 3. Allegro
彼は テルエル出身なのでムデハール。
以前 ムダハールは建築様式で紹介しましたが アラブ文化の影響のある様式です。
いかにもスペインらしい音楽です。

参考 テルエル イスラムの影響のある建物


[PR]
by cazorla | 2012-04-04 01:03 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(0)

テレフォニカ(Telefonica スペインの電話公社)が ピアニスト ランランと契約しているのですが 今回 ピアノコンクールをすることになりました。
七歳から十四歳までの子供たち限定。
ピアノを弾いているビデオを送って 一般の人たちが投票することで選ばれます。

詳細は こちらのページ  Lang Lang Telefonica

参加できるのは ラテンアメリカとスペインのみになります。
テレフォニカがある国だけですね。

曲は 三曲の中から
こちらから 楽譜をダウンロードできます。

シューベルト moment musical nº3 in F minor
ベートーベン エリーゼのために
モーツァルト ピアノ ソナタ C major K545


賞は ランランと一緒にベルリンコンサートで弾く だそうです。
飛行機代とベルリンのホテル込み。

e0061699_5384581.jpg
e0061699_5394684.jpg

[PR]
by cazorla | 2012-04-03 05:41 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(0)