<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

手術してきました。 たいした病気ではないのですが 婦人科系のものなんで うっとうしい。
で 全身麻酔か部分麻酔か 選ばなくてはいけなかったんだけど もちろん 部分麻酔。
全身なんて怖くて。 なにがこわいかというと とにかく西洋人の体用に作られている薬は
とにかく強い。 で 部分麻酔にもかかわらず 眠ってしまいました。 ぐっすりと。
だって 針を刺した瞬間 足の指に電気が走りもう眠り始めている。
日本の 二十分して 足がしびれ始めたら 始めましょう なんてゆるやかなもんではない。
もちろん あとで吐きまくり。 手術そのものより 薬の後遺症のほうがひどかった。

ま それはさておき。

村上春樹 「午後の最後の芝生」 再読しました。
これは 宝島に載ったときたぶん 19くらいの時に初めて読みました。
宝島はその後 ロックの雑誌に変わっていくのですが 当時はピックリハウスと並んだ
そういうタイプの雑誌でした。
それに載った 午後の最後の芝生。
正直 かなり 読みづらい小説だったと思います。
今 ネットで調べると けっこう多くの人が好きな作品としていろんなブログに記事を載せていらっしゃるようで
おどろきました。
けっして有名な作品というわけでもないのだけれど。
つまり 風の音を聞け のあと たぶん 2作目の作品として読んだと思います。
(実際には 羊を巡る冒険のあとに書かれたものですが)
特別に何が起きるというわけでもないので 基本的に何を言いたいのか
まだ年若いわ。 理解できなくても この作者がものすごく 好きだということはわかったから。

詳しくは こちらのページで だいたいのあらすじがわかります。

「僕」が 14 5年前 を思い出すところから始まる。19だった東京の大学に通う僕は芝生を刈るバイトをしている。 しかし 故郷の恋人に別れを告げられ お金を稼ぐ意味もなくなり バイトをやめることにする。 その最後のバイト先の家でのできごと。 家の主人は五十くらいの女性。 夫はアメリカ人だったが 死別している。 仕事が終わって 雨戸をしめきった 娘の部屋に案内し 彼女のことをどういうふうに思うか 訊く。  

この暗いしめきった部屋の持ち主が のちに ノルウェイの森の直子になったのだと思う。

そして もうひとつ これは ハーフの女の子の物語でもある。
もしかしたら これを読んでいなかったら 
もしかしたら スペインに引っ越さなかったかもしれない。
そんなふうに 今 思う。
それが たぶん 文学の力 なのかもしれない。

この時代 米兵のの間にはたくさんハーフの子供が生まれている。ただ ちゃんとした結婚の結果のこどもとそうではない場合 そのこどもの あり方は違ってくる。
ちゃんとした結婚ではない場合 こどもは「母の子供」として生まれ 母の戸籍に入るけれど
結婚している場合は  日本の国籍は得られなかった。 
それは たぶん アイデンティティにも関わってくると思う。
この物語の場合 たぶん 父親の死によって 自分のアイデンティティの置き場を失ってしまったのでないかと思う。

そして もうひとつ この小説のなかで浮遊しているのは匂い。
「僕」もこの家の匂いについて言及する。
しかし もっと大事な匂いについては語っていない。

「僕」が この家の庭を見ると 芝生はまだそんなに伸びていない。
まだ 2週間くらいは持ちますよと 言う。 すると 女主人は
「もっと短くしてほしいんだよ。そのために金を払っているんだ。べつに私がいいって言うんだからいいじゃないか」と 答える。

この六十坪 約二百平米の芝生を夫は刈っていた。
芝生を刈る匂い。
それは とても 生き生きとみずみずしい匂い。
そこに水をまくとき 生きている そこにある生活の まわっていく感覚がある。

その匂いをかぎたいがために 芝刈りを頼んでいるのだと思う。
それは幸せだった あの時代を思い出すためのもの。
芝生の上で はいはいをはじめた。
芝生の上で 歩き始めた。
芝生の上で父と娘は 転がって遊んだ。
芝生の上では 外界とのトラブルはまったくなかった。
静かで幸せな十年。
少なくとも六年。



匂いというのは不思議だ。
どんなにすてきな思い出の匂いでも それを意識して思い出そうとしても
簡単に再現させることはできない。
でもふとした瞬間に その匂いを思い出して いっしゅん ぼんやりすることがある。
母も時々 窓を開けて めざしを焼く匂いがする と言う。
わたしもチキンを焼きすぎて するめを焼く匂いにシンクロしてしまうことがある。
父を思い出す。
あつかんの思い出と一緒に。

この芝を刈る匂いが この古い家にほんの少し命みたいなものを 醸し出すのだと思う。
だから 芝を刈ったあとで いなくなった娘 もしかしたら自殺したのうれない娘の部屋を
「僕」に見せるのだ。 50というのは 若くもなければ 年をとりすぎてもいない。
これから たぶん 20年30年 この孤独と共に生きて行かなくてはならないのだ。


たぶん 手術をしたせいなのかな。
この五十の女性と初めて本格的にシンクロして 
わたしはしばらく泣きました。

これは不在の物語なのだと思います。


わたしは一人っ子だったから たぶん 3人子供を産んだ。
わたしの大好きな人は 弟が死んで結果的に一人っ子になったから
一人っ子の子供を育てている。
不在のつらさよりは一人のさびしさのほうが楽だから・・だと思う。

喪失
[PR]
by cazorla | 2012-12-29 02:43 | お気に入りのもの | Trackback(1) | Comments(10)
ハエン大学のオーケストラのコンサートに行って来ました。
娘マリア 16才 第二フルート。

日本だと たぶん大学のオーケストラといえば 学生によるオーケストラというふうに考えると思うのですが
スペインでは 大学は 一つのオーケストラを持っていて  
入団試験があって それなりのレベルを維持しています。
たとえば ホルン奏者は コンセルバトリー上級 つまり音大の先生だったり。
そういう中で 選ばれて 吹くことができてよかったです。

プログラムもオッフェンバッハのオルフェウスみたいな だれでも知っているものも含めて
あまり クラシックのコンサートにあまり足を運ばない人にも充分楽しめるものでした。



e0061699_6581758.jpg




e0061699_6575381.jpg




e0061699_6572828.jpg




ストラウス 息子のほうのこの作品 
とても楽しい曲です。
大好き。
いままで ストラウスがこんなに楽しいとは知りませんでした。



[PR]
by cazorla | 2012-12-25 07:08 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(6)

末っ子の演奏会

息子のグループ演奏の発表会。
ユニセフに寄付するために入場料 3ユーロ。
約3000ユーロ集まりました。
個人的にはユニセフ あんまり好きじゃないけど
音楽を通して社会参加。
良いことです。

先生のブルーの頭がすごい。

e0061699_344129.jpg



e0061699_342034.jpg



e0061699_334549.jpg



e0061699_322751.jpg



e0061699_31471.jpg




e0061699_304613.jpg



初めてのネクタイ姿
[PR]
by cazorla | 2012-12-24 03:09 | こども | Trackback | Comments(6)

しあわせの法則

最近はしょっちゅうハエン (カソルラから110キロメートル離れた県庁所在地) に行っています。
娘が ハエン大学オーケストラのメンバーになって クリスマスコンサートの練習が朝十時から夜七時まで。
家に帰り着くと 十時。
わたし 車を運転しないので バスで・・・。 今時 田舎に住んで 車運転できない人って少ないのですが。

ま それはさておき。

だから 必然的に外食になります。

朝 たどりついたとき ちょっとコーヒー飲んだり。
そのときのこと。

喫茶店に一人で入ってきた 三十五才くらいの女の人。
コーヒーとチーズトーストを頼んでいました。
普通に ちょっと 疲れてる感じの ほんとに普通に中年のおばさんて感じ。

ウェイトレスさんが チーズトーストを持ってきたとき ばっと 顔がかがやいて
目がきらきらして すっごくうれしそうな顔をした。
にこにこして グラシャス ありがとう って 二回言って ほんとにほんとにうれしそうに
トーストをじっくりながめて
大事そうに手にとって 食べ始めた。

お金払ってるから当然のようにいろんなことを受け入れてしまうけど
なんにもしないのに おいしいご飯を持ってきてもらえるって
奇跡みたいにすてきなことなんですよね ほんとは。
だって むかし むかし だったら 料理人をやとってないと
なかなか気軽にたべられなかった。
それをおもえば たった三ユーロで 持ってきてもらえる。


ちょっとしたことで うれしくてたまらないきもちになれるって すてきなこと。
それって ほんとにしあわせな人生。
ほんとは しあわせになるのは簡単なこと。
不幸を背負って生きていくか どうか は選択の問題。

幸せな女性を見て わたしも幸せな気持ちになりました。
みんなが しあわせな気持ちで気持ちよく 生きていったら
きっと しあわせでへいわなハーモニーが
世界にあふれるのでしょう。

e0061699_17564384.jpg



e0061699_1757116.jpg




e0061699_17571655.jpg

[PR]
by cazorla | 2012-12-20 17:57 | 思うこと | Trackback | Comments(9)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla