<   2015年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

スペインというブランド

以前 田中康夫のエッセイで 外国人専用アパートについて書いていたのですが『そこには スペインとかポルトガルとか そういうヨーロッパであっても貧乏な国に人はいない。米国人とフランス イギリス ドイツなんかの国の人たち』という記述がありました。実際 スペインは 以前は ビルバオビスカヤ銀行とスペイン銀行が あったんですが 撤退してアジアオフィスはシンガポールだけ。スペイン人で 日本在住は 大方は 宗教関係者。 カトリックの司祭さんたち。それから 大学や官庁で教えている人たちは 現地雇いということで だいたい日本人と同じ生活をしています。田中康夫のいう 高級外国人専用アパートは 基本的には駐在員が 彼らの会社によって借りてもらって住んでいる。日本人だって 現地雇いと 駐在委員の家族では ヨーロッパに住んでいても生活が違うのは当然。でもどちらにしても スペインという ブランドに対する評価がある。私の行ってるコンセルバトリオでギターを学んでる日本人の男の子。彼の友達が セビージャで勉強しているので なんの楽器を弾いているのか 訊いたら『ギターに決まってるじゃないですか。 ほかの楽器を習いにわざわざ スペインなんかにくる日本人はいませんよ』という答え。実際には 娘のいるコルドバにも ピアノを弾いてる日本人がいる。


6年前にチェロとピアノのコンサートに行った。曲はカサッドのものばかり。勉強不足で カサッドというスペイン人作曲家を知らなかった。美しい曲だったので そのあとネットで調べたら チェロ奏者でもある。そして 奥様は 日本人のピアニスト。ピアノ留学でヨーロッパにくる日本人は多いと思うので ピアニストと言っても無名の人だと思っていた。ところが ラローチャによるの その時代 ヨーロッパのベスト5に入る人だという。原千恵子さん。日本では長いあいだ無名だった。それは 最初の先生が スペイン人で そのあと スペイン人と結婚していたからではないかと邪推する。

プーランク。 私の好きなフランスの作曲家。 彼も その美しい曲のわりには知名度が低い。 最近 村上春樹によって紹介されたせいか よく耳にするようになったけれども。 プーランクも まず スペイン人のピアニストによって 音楽を学び始めた。


今 私の通っているコンセルバトリーにいる日本人のAちゃん。 やっと20になった女の子。 スーペリオールに進学する決心をして 受験の準備をしている。最近 具体的にお金の問題について心配しはじめた。入学金ってどのくらい用意しておけばいいですかとメールが来たので 600ユーロくらいで大丈夫と答えると授業料は とまたまた 聞いてきた。だから 全部で そのくらいだよ 国立だから。日本で音楽教育というと お金がかかるけど (もちろんスペインも ほかのことよりは高いし 楽器が やっぱり高い。) スペインだと というより たぶん ヨーロッパ全体 教育費は安い。 フランスにいるメキシコ人が 奨学金は 大学よりも多いと言っていた。 残念ながらスペインでは 奨学金は大学と同じだけれど 生活費も比較的やすいので 音楽を学ぶ場所として 一つの選択の候補として考えてみるのもいいのではないかと思う。入ってしまえば エルスムスという奨学金制度で 自分の行きたい国で 二ヶ月から 2年くらい(それぞれのカリキュラムによる) 勉強ができる。奨学金は返却義務はない。

最初に書き出したときと違って スペイン音楽留学おすすめの記事になってしまいました。

[PR]
by cazorla | 2015-04-28 20:48 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(4)
夏を目前に ダイエットを始めたので ついつい 前回の続きの記事を
書いてるんだけど まだ 書き終えていません。
そうこうしているうちに 月曜日になって 素敵なものが届いたので
続きの記事の前にアップします。

手毬
まりという字は ちゃんと書けない字なんですが
なんとも心震わす文字だと思います。
サラマンカにお住いのレオナさん
が スペインにある材料で手毬を作っている。


e0061699_02244462.jpg



手毬 実は 40年も昔に 本を買って 作りたい と思ったものの
そのままになっていた ここり残りのものの小箱にしっかりおさまっているものの一つです。
でも スペインに住んでるしねー でいないよー
なぁんて思っていたら ちゃんと作っている人がいた。
作りたいって気持ちがあれば できるんですね。


e0061699_02240790.jpg




洋食屋さんぽいカレーも イメージをきちんと頭に持って作ると
ちゃんと 浅草あたりで食べられる黄色いカレーになる。
ルウとありとあらゆるスパイスで そこそこ ちゃんとできてしまう。
そういうことを 偉そうに言っておきながら 手毬に関しては諦めていました。

サラマンカで お教室も開いているそうで いつか伺いたいと思います。




e0061699_02225996.jpg
春 そして 手毬

[PR]
by cazorla | 2015-04-28 02:43 | お気に入りのもの | Trackback | Comments(4)

日本という名のブランド

もちろん 日本人として 大事にされるとうれしいのはうれしいけど
それでもちょっと違和感がある。
まだ カソルラに住み始めて すぐのころ
歩いていると後ろで 十代の女の子が二人話しているのが聞こえた。

『ブスの中国人っ』
するともう一人が 言った。
『あの人日本人よ』
『へー きれいねー』

おいおい ブスなんか きれいなんか どっちやねん。
中国人の友達は綺麗な人が多い。
おまけに あの中国服を着るにふさわしい 美しい体ときれいな脚を持っている。
別に きれいと言われたり
日本人って すてきって言われたり
ただ 日本人というだけで 大事にされたり
それはそれでいいけど 中国というブランド
日本というブランド
ブランドでしかものを見ない人たちがいるんだな と思う。

例えばフルートも。
muramatuが 有名になったけど 以前は 日本に行かないと買えなかったのに
いまは スペインでも買える。
実はちょっと室が下がっていると言われている。
うちの娘はmiyazawaを買った。
もともとハーモニカを作っていた会社。
おじが 戦前 宮澤のハーモニカをふきながら 上野を歩いていた。
宮澤はいい会社だと母は言う。
たしかに muramatuと同じ値段だと はるかによいタイプ。
最初に コルドバのコンセルバトリオに入った時 娘だけがmiyazawaで
他の人たちは みんな muramatu。
ちょっとばかにされていた。
ところが オランダ人で 米国製フルートしか使わない先生が 娘のフルートが一番良いという。

自分の目で見た判断を大事にしたいな と思います。

スペインブランドについて 話したいと思います。
これは序章。

でも やっぱり ブスな中国人に見えながら同時にきれいな日本人である私ってなんだろう
と考えてしまいます。


追伸 今年のミスユニバースが アフリカ系米国人とのハーフの宮本エリアナさんにえらばれたとのこと。
日本も少し変わりつつあるのでしょうか。 スペインの新聞にも載っていました。 

[PR]
by cazorla | 2015-04-23 05:17 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(4)

うつくしいひと

スペインでは 主張しないと損をする。
生命保険の値段だって変わる。
母が住んでいるピソは ローンを組んで買った。
まだ 支払いの途中。
毎年 生命保険を払う。
日本なら ローンを組んだ時に一括だが ここでは毎年払う。
いや マドリッドで買った時は 確か 日本と同じだったと思う。
だから アンダルシアは というべきかもしれない。
とにかく ローンを組んでいる ユニカッハというアンダルシアのちょっと社会党よりの
信用金庫で ローンを組んで 義務的に生命保険に入っている。
そして 毎年 値上げされる。
年齢が上がるのだから 死ぬ確率があがるといいたいのかもしれないが
一年でそんなにあがるわけがない。

村の良いところは 歩いているとなにげに 支店長に出会ったりする。

バレリアーノ 今年も生命保険の季節が巡ってきたけど
また 値上がりしようなんて バカな考え持ってないでしょうね
と 詰め寄る。

『いやいや あはは あとで僕の事務所に来たらちゃんと値下げするからさ』

そういうわけで 夫とふたりてくてくと 事務所に。

『あれあれ 旦那と来たの? なぁんて 日本人女性なんだろうね、 君は』
『お金に関することは二人でするもんよ』
『日本女性はいいね。
僕は。。。」

と ここから バレリアーノは 話し始める。

『僕は人生で 二人の美女に出会った。
一人は 君の奥さんで、 』(わたしですがな)
それで 私はちょっとちゃちゃをいれる。
『もう一人は あなたの奥さん』
バレリアーノはにやっと笑って
『違う違う。 ここでは 見ただけの美女の話し。
もうひとりも 日本女性だよ。
イタリアにミケランジェロを見に行った時 いたんだ。
なんて美しいんだろうって。
ミケランジェロなんてもうどうでもよくなって 彼女の後ろをずっとついて歩いた。
彼女の髪をかきあげる仕草とかさ じっと見て。
もう 美術館の内装もなにも覚えてない。
ただ 彼女だけ。
君たち 日本女性は 美しいね』

そこで 夫がちゃちゃをいれる。

『中国人だったかもしれない。』
「いや 日本人だ』
『タイかもしれない。 ベトナムかもしれない。
なかなか見分けは難しい。
だいたい綺麗な人って タイだったりするし
ぼくは 日本に13年いたから ちゃんと見分けがつくけどね。』

夫は 余計なことを言う。
回想するのを幸せに感じてるんだからほっとけば良い。
もちろん ちょっとむっとしている。

それでも 86ユーロ値下げしてくださいました。
ほぼ30%の値引きです。





[PR]
by cazorla | 2015-04-21 02:39 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(6)

冗談が通じない

夫はそこそこ面白い人です。
世間では真面目な人というイメージが定着しています。
でも 面白い人が 不真面目ということはない。
そうですよね?

でも 子供達の冗談は どうも通じない。
真剣に怒る。
父親 という立場が 前面に出てきてしまうのでしょうか。

息子 16歳。 日本式でいえば高校二年生。
この学年が終わると 9月から最後の歳です。
彼の携帯から 女の子の声。
SMSの音声バージョン。
『エンリケ! ちょっと聞いて!』

その時 彼は私たちの部屋でPCをさわっていた。
私が誰よ ときくと
アナモレーナと答える。
それで私が冗談で
『アナモレーナとも付き合っているの?』
と言うと 息子は くすっと笑って
『そうだよ。 アナモレーナとも付き合っているんだ』
すると すぐに 夫が
『アナモレーナともって ともって ええっ 二股かけてるのか!』
と 怒る。
私が それ 冗談だって と言う。
『あああ 冗談。』

でもちょっと 腑に落ちないのか ちょっと気にかかるのか もぞもぞと続ける。
『でもね エンリケ 君みたいに
その こう 女の子にモテるタイプというか そういうのは
こういうの冗談にならないと思うんだよね。
やっぱり 相手がなかなかできないようなタイプが言うと
すぐ冗談ってわかって笑うとこなんだけど
その君みたいに ある意味 やり放題できそうな。。。えっと。。。』

すると息子が にこっと笑って

「そうなんだ。 僕って そんなにやり放題できるんだ。
じゃ がんばって やりまくるぞーーー』
と ガッツポーズ。

またもや 夫が怒る。

『そりゃ いかん。 だめだ そんなこと!』

私がまたもや それ冗談なんだってば と言う。

「あああ 冗談か』

なんで 息子のことになるとこう神経質になるんでしょう。


e0061699_04272630.jpg

7歳の頃の写真。 なつかしい。 まだ やせっぽち。



[PR]
by cazorla | 2015-04-20 04:28 | こども | Trackback | Comments(4)

現在 コルドバのコンセルバトリオ スーペリオールに通う長女
昨年まで 在籍していたハエン・リナレスのコンセルバトリオ プロフェッショナルで ソリストコンクールに勝って
そのご褒美の オーケストラをバックに 演奏するコンサートが
昨日 ありました。
リナレスで一番大きな市民ホール セルバンテス会館で。

後ろの方で ひそかに 私もヴィオラを弾いています。


e0061699_17232965.jpg

e0061699_17235129.jpg

e0061699_17223826.jpg



現在 コルドバのコンセルバトリオ スーペリオールに行っているので 終わってから 大急ぎで二時間の旅へ。

最近 短編小説が 15作のうちの一作として選ばれて アンソロジーの本になって 出版されたり
良いこと続きで 昨年の不安いっぱいの一年とは別人のようです。

素敵な未来にむかって歩いてほしいと思います。
こちらは コルドバでの発表会のときのビデオ。よかったら聞いてください。





[PR]
by cazorla | 2015-04-16 17:56 | こども | Trackback | Comments(10)
スーパーにもなにげに売っている重曹。
たいてい プラスチックの容器に入っています。
スペインの普通の家は常備している。
スペインで普通に常備しているのは 
アンモニア 重曹 そして 過酸化水素水。
今日は重曹のお話。

夫は大食い。
食の好みはいたってシンプル。
ロシアンサラダ(ポテトサラダ)とスペインオムレツなんかが好き。
好きだと 思いっきり食べます。
もともと スポーツマンなんで 食べる量はすごい。
パンだって一本 一人で食べちゃいます。
で いつも 夜になって後悔。
気持ち悪くなって。
そういう時は 重曹をほんの少し 水に溶かして飲むと すっきり。


e0061699_343126.jpg



そういう重曹の使い方。

重曹は  炭酸水素ナトリウム。 スペイン語で bicarbonato de sodio.
たいてい略して  bicarbonato ビカルボナトと呼ばれます。

★ 歯を磨く。 自家製の歯磨き粉を作る人もいますが
簡単に 練り歯磨きに 混ぜて使うと歯が白くなる。
★ うがい薬。 水に少しだけ溶かして うがいする。 
★ 臭い消し。 水溶液を 臭いところに 例えば脇の下とかにちょっと塗る。
★ フケ防止。 シャンプーに混ぜたり  洗った後 軽く 水溶液をかける。
★ 顔を洗う。 お肌から余分な老廃物を除いて きれいなお肌に。
★ お風呂に少し溶かす。 筋肉がリラックスして そのあと汗をかいてもにおわない。
★歯の矯正をした人の口の中にいれるもの とか 入れ歯をきれいにする。
水溶液にしばらくつける。
★台所とかお風呂の パイプの汚れをとる。
ちょっと濃い液を流す。
★シャワーカーテンを 洗剤と酢 重曹を混ぜた液で洗う。
★酢と重曹を混ぜたものを トイレの掃除に。 一晩 そのままにすると次の朝 すっかりきれい。
★ バスルームの壁のカビに。 半リットルの水に 大さじ2杯の重曹をまぜたものを塗る。
★ 食器を洗う時 洗剤に混ぜる。 お鍋を焦げ付かせた時 重曹を混ぜた水を一晩いれておくと
簡単にとれる。
★ オーブンの掃除。
半カップの重曹に少しずつ 水を加えて ねっとりとしたペーストを作る。 それをオーブンの内側に塗る。
12時間そのままにして 濡れた布巾でぬぐいとる。
酢を霧吹きにいれて まだ重曹クリームが残っているところにかけて 完全にとる。
e0061699_32049.jpg



★家具類の掃除。 水溶液をスポンジに浸して みがいたあと 乾拭き。
★衣類を洗濯機で洗う時 半カップの重曹をいれるときれいになる。
★油類のしみをとる。
★ キャンプをするとき 持っていくと 歯を洗う 食器類を洗う などなどになんでも使えて便利。
★ 冷蔵庫の掃除に。水溶液で 軽く拭いておくと いつも臭いがない。
★容器についた臭いが気になってほかの種類の食べ物をいれたいとき
水溶液に一晩漬ける。
★靴のなかのにおいをとる。 粉のまま すこしかけておく。一晩で臭いが消える。
★ゴミバケツの底に 重曹を粉のままふりかけておくと臭いがない。
★ 洋服ダンスなどに 粉をいれた小さな箱を置いておく。 カビ臭くなったりした時に。
★猫のトイレの砂に混ぜておく。 
★ 入り口に粉のまま少し撒いておくと 蟻等の虫が家に入ってこない。

★ ペットを洗う時に使うと蚤退治になる。
[PR]
by cazorla | 2015-04-13 03:05 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(22)

エロ小説

嬉しいお知らせなのかどうか。。。。
音大に今年入ったばかりの娘が 
文学賞の最終審査まで残って
その残った15人の短編小説が 一冊の本になることに。。。
で なんで 嬉しいかどうか惑うのか。。。

エロ小説部門だから。

きゃっ

でも 大喜びで 電話してきた。
最初 夫がとって 
『あ そう おめでとう。
あああ 
まあ いいじゃないか。
もちろん。
僕もうれしいよ。』

と 微妙に喜んでいた。



e0061699_18204463.jpg


5番目に娘の名前が。。。。
7ユーロ。
買って おじいちゃま(父方)にでも送るか 笑




あのノーベル賞作家 ペルーのバルガス リョサも
十代の陸軍学校に通っていた時代はエロ小説を書いていた。
よき時代で エロ本もエロビデオもないから
友達が お金を払って 頼んでいた。
その様子は初期の小説 都会と犬たち に出ています。

e0061699_18205496.jpg


文章で 笑わせる
文章で エロい気持ちにさせる

この二つは 書くという行為の中でとくに難しいのではないかと思います。

冗談のつもりで書いたのに まじめに あなたの考え方はまちがっていると 言われたり
エロいつもりが お笑いになったり  ね。

ま とにかく 作家としての第一歩 と 言えるのではないかと思います。





[PR]
by cazorla | 2015-04-08 18:27 | スペインティーンエイジャー | Trackback | Comments(15)
カソルラ山脈から見えるシエラネバダです。


e0061699_19392929.jpg




天気の良い日は普通にドライブしていても車から シエラネバダが見えます。
グラナダに住んでいる人たちの 憧れは シエラネバダに夏を過ごす別荘を持つことだそうです。
シエラネバダには オリンピックハウス というのかしら?
水泳部の合宿ハウスがあって
特に夏は ヨーロッパ各国の学生達が 合宿しています。

なーーんとなく あそこに行けば 花粉症から逃れられるような気がして。。。
遠くを望むのでした。

春休みも終わり 今日から 三学期がはじまります。
6月の20日くらいから 長い長い夏休み。
最終学期 今学期はがんばってヴィオラをいっぱい弾いて
良い成績をとりたいと 思ってます。
ははは いつも始まりは同じですね。




[PR]
by cazorla | 2015-04-06 19:45 | カソルラ | Trackback | Comments(2)
突然過去記事の画像が消えたのですが。
2008年の9月と10月 まだほかは見てないですが。
それって わたしだけ?

ショック。

また出てくるかしら。。。。

[PR]
by cazorla | 2015-04-05 21:44 | Trackback | Comments(6)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla