「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お受験

ここのところ、お受験ママの日を送ってました。
息子がピアノを続けたいというのでコンセルバトリオ・スーペリオールの受験です。
e0061699_23550569.jpg


サン・セバスチャンに行ってきました。ここがサン・セバスチャンのコンセルバトリオ。ムシケネです。バスコ語ちょっとだけ覚えてきました。チャオに当たるのがアブー。アブーって最後口をすぼめるので顔がユーモラスになって楽しい挨拶だと思います。ピアノがピアノア。

e0061699_23591473.jpg
素敵な建物で思わず行きたくなりますよね。こんなところで勉強したい。

e0061699_00003516.jpg

王様の別荘だったところですから。ミラマール宮廷と言われる館です。

e0061699_23594355.jpg

朝の海です。試験中に撮りました。
結果はダメでした。ピアノの試験は良かったんだけど、面接で落ちました。バッハのオーケストラのための作品を一作歌ってくださいって言われて、声が出なかったそうです。でも、その後にピアノを弾かなくちゃならなくて、ちょっと調子が崩れたけどとにかく弾いたのは偉かった。補欠なので、もしかしたら。。。っていう淡い期待。

その後、もう一校受けて、明後日が最後の試験です。明後日行くのはバダホス。エストリマドゥラです。ここもとっても素敵なコンセルバトリオなので頑張ってほしいな。

初めての失敗で、ピアノの音が良くなったように感じるのは親の空耳かしら。音が羅列でしかなかったのが、一つ一つの音に意味が付け加えられ始めたように感じます。本人は来年、もう一度、頑張って受けたいと言ってます。まだ17歳だからそれもいいかなって。まだ若いですものね。やっぱり、面接って年の功じゃないかって気もします。





[PR]
by cazorla | 2016-06-30 00:08 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(8)
マルセイユでユーロカップが始まってたった二日目で起きたニュース。
イギリスとロシアのフーリガンの乱闘騒ぎがあり、二人重症。
ロシア人が斧でイギリス人の耳を切り落としたとあるので、日本で報道されてるかググったらマルセイユのユダヤ人学校で斧による暴行という記事がヒットして、マルセイユって斧の事件があるのが『普通』のことなのかってびっくりしてしまいました。だって『斧』って今時あまり見ないものの一つではないですか。かつて私が子供時代、お風呂が五右衛門風呂で薪を斧で叩き割るのが父の週末の仕事でしたが、お風呂がガスになってからは斧は我が家から消えていました。若い方たちは斧を実際に見たことさえないのではないかと思います。ロシア人が斧でイギリス人の耳を切る、って斧を持って試合を見に行ったということなのかなーってかなり異次元な気分になったのです。飛行機には斧は持ち込みできないけど、トランクに入れて持って行ったのか、それともマルセイユについて斧を買ったのか。そういう説明はないんですよね。

e0061699_07210437.jpg


e0061699_07212271.jpg


e0061699_07215050.jpg

放水銃で乱闘を静めている。

e0061699_07213554.jpg

逮捕されたロシア人。

e0061699_07220582.jpg


e0061699_07222040.jpg


夫が息子たちにこのニュースについて説明して、日本人はこういうことを絶対しないんだと。
『日本人、というよりオリエンタルの人たちは、ここまで熱くなって暴動に走ることはない。
みんなシビリゼーションしているのだ。西洋人はまだまだ文化的に浅くて、すぐに熱くなる。
野蛮で未熟だ。君たちは、日本人の血が入ってることを誇りにしなくてはいけないよ。』




[PR]
by cazorla | 2016-06-13 07:40 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(16)

卒業式の季節

長男の卒業式でした。
コンセルバトリオ プロフェショナルの卒業式。
学校のサロンで。
この建物は戦前お中学校。
中学校にはチャペルがありました。
病院にもありました。
チャペルは聖歌隊が入ったリスrので音の反響が良いのです。

e0061699_06553000.jpg


e0061699_06541134.jpg

ピアノ科の生徒たち。
30人入学して卒業できるのはわずか6人。

e0061699_07010275.jpg
卒業の時は長いマフラーくらいの大きさの布の授受があります。
これをbeca ベカと呼びます。
奨学金と同じです。
それは、もともとすべての大学は教会が運営していましたが、教会が与えるもの
という意味だからです。

e0061699_06554286.jpg


e0061699_06555484.jpg

またここで弾く日が来るでしょう。
招待されたピアニストとして。

これから受験です。


[PR]
by cazorla | 2016-06-11 07:07 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(24)

アーモンドの実

アーモンドの実を見つけた。
たわわに実ってる。
何度か残り少なくなった残骸を取って母に持って行ったことがあるが、
こんなにたくさん実をつけているのを見たのは初めてのこと。
犬と一緒の生活が始まって、世界を見る目が変わったのだと思う。
子供が小さい時は、同じように世界はこちらを振り向いていた。
しかし、ある時期から陰りが見えてきた。
成長とともに背中を追いかける。
母の介護も、口論の時代が終わった、と思う。
母は老いを受け入れられなくて、介護を拒否していた。
今は、幸せな老いを迎えようとしている。
だから、世界の空気がちょっとだけ変わった。
空が私を誘ってくれる。
癒しというのはこういうものかと思う。
実は。『癒されました。』という言葉が嫌い。
そんなに簡単に、たかだか一枚の写真で癒されるなよ、と思う。
でも、意外と簡単に癒されるのかもしれない。
心が世界に開かれていれば、簡単に癒されるのかもしれない。

e0061699_16255777.jpg

これがアーモンドの実。

e0061699_16261205.jpg

こんなにたわわに実っている。


e0061699_16262854.jpg

アーモンド畑じゃないんです。
街路樹です。
害虫に強く、寒さに強く、暑さに強く、成長が速いので街路樹によく使われます。
おまけに葉が赤っぽいので、風景にアクセントが付きます。

収穫は、たぶん、ご近所の方達がするのでしょう。

e0061699_16264629.jpg

広場で子供たちの声が聞こえる。


[PR]
by cazorla | 2016-06-07 16:44 | カソルラ | Trackback | Comments(14)

エラスムス奨学金

娘が、エラスムスの奨学金でポーランドに留学することになりました。
ポーランドのヴロツワフのコンセルバトリーです。
ベルギーとポーランドからご招待があったのですが、ポーランドの先生が好きだったのと、
いくら商学金をいただいても、やはり、安い地域でないと負担が大きすぎるということでポーランドに。



e0061699_02115385.jpg

写真は、こちらのページから。


美しい街です。

becaということばを奨学金と訳しました。
でも、becaには返却義務はありません。
ある時、日本の新聞を読みながら、日本では大学を出た後、奨学金を返済するのが大変なんだってと夫に言うと、返済義務があるのはbecaとは言えないと言われました。
スペインでは、高校もbecaがあります。
特に低所得の家庭の子供には、年間6000ユーロ支払われます。
もちろん、返済義務はありません。
それでも、ヨーロッパの中では、一番学ぶための国の援助が少ないのだそうです。
お金持ちと言われている日本が、学びたい人たちを十分に支援できないのは、どうなのかな?と思います。

エラスムスの奨学金はEUが払ってくれます。
コンセルバトリーだけではなく、すべての大学のすべての学科の学生が、自分の学びたい先生のもとで学べます。
行きつけの肉屋さんの息子さんはドイツで経済学を学んでいます。
イタリアにバイオリンを習いに行った人。
アメリカに国際法を学びに行った人は、そのまま。アメリカの奨学金で大学院に行くことになりました。

世界へ通じる道が開かれているって素敵なことだと思います。


[PR]
by cazorla | 2016-06-05 02:23 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(16)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla