e0061699_03414880.jpg
先日、某所でベビーカー優先エレベーターがらみのニュースについて書いてるのを読んで、なんとなく考えたことを書いてみました。優先というのも変だなーというのがあって。
そこのコメントで、車いすマークを押すと鏡のついたエレベーターが降りて来る、というのも結構びっくりしました。
10年日本に帰ってないので、感覚がガイジンなんですね。だって鏡のないエレベーターがあるなんて信じられないというか。
あえて、車いす優先のエレベーターに鏡をつけなくても、全部につければいいじゃん、とシンプルに私は考えます。「優先」ってある意味差別ということなのではないかという気がするんですが、そう感じる方がおかしいのでしょうか。

鏡があるとネクタイが曲がっているのを直したり、マスカラがほっぺにくっついているのを見つけたり、結構、ユーズフルなのではないかと思うのですが。30年くらい前に熊井監督の奥さんの熊井明子さんがエッセイの中で、「パリの女の子が綺麗なのは、街中に鏡があるからだ。」と書いてましたが、鏡をいっぱいつけて、車いすの人も楽になり、綺麗な女の子が増えたら、素敵じゃないですか?


最近は日本でも、ベビーカーを畳まないで電車に乗れるようになったと聞きました。よかったなぁと思います。だって、荷物があって赤ちゃん抱っこして畳んだベビーカーを持つなんて大変です。もっと赤ちゃんを連れて気軽にどこにでも行ける社会になれば、出生率も増えて、年金問題だって解決できるのではないかなと思います。



[PR]
by cazorla | 2017-04-24 03:43 | こども | Trackback | Comments(4)


e0061699_03060686.jpg

ずいぶん昔、北杜夫が書いたおとぎ話のような小説にオレンジジュースの大好きな王子様が出ていた。
多分1970年頃。
あの頃はオレンジジュースというのはとてもおしゃれなイメージがあった。
そもそもネーブルオレンジだって結構高かったし、それを絞ってジュースにしてしまったら一瞬にしてお楽しみが終わる。
まず、ジュースになんてできなかった。
北杜夫の書いた小説は、確か素敵なおっぱいを持った人を募集するのだ。
そして、やってきた女性はおっぱいは小さいのだけれど、触ると国中が揺れ動くようなサイレンのような声をあげるという話。
そういう意味不明のストーリーとは別に私はその頃からオレンジジュースに憧れを抱くようになった。
その北杜夫のお話を読んで以来。
しばらくして1976年にオレンジジュースを飲んだ時、イメージしたものと違っていた。
もっと甘いと思っていた。
それは私がオレンジジュースを飲みたいとずっと願っていたので母だか父だかが絞ってくれた生ジュース。
だって生なんだもの、そんなに甘くないだろう。

ところがスペインのこのオレンジジュースは甘すぎる。
甘すぎると言っていいくらい甘い。
e0061699_03051748.jpg
一人分、オレンジ3個。

知人がオレンジジュースが原因で離婚した。
実際はオレンジジュースだけが理由だったわけでもないのだけれど。
それでも、きっかけはオレンジジュースだった。
奥さんはオレンジジュースの崇拝者だった。
毎日朝オレンジジュースを飲むのを日課にしていた。
夫はあまりオレンジジュースが好きではなかった。
嫌いというわけでもなかったのだけれど、毎日飲むのは面倒だった。
それでも奥さんは毎日用意した。
しぼりたてのオレンジジュース。

そして夫は腎臓だかどこだか知らないが石ができていた。
医師は原因はオレンジジュースであると言った。
オレンジジュースってそんなに危険なのかい?
とにかく毎日同じものを食べるのはよくないらしいです。
炭水化物とかは大丈夫なんだけど、オレンジとか柑橘系はそれなりに刺激というか酸味があるから。

というわけで離婚してしまった。
e0061699_03044555.jpg
バランスの悪いことはよくないのかもしれないですね。

2017年に私はスペインに住んで、好きなだけオレンジジュースが飲める状態で生活しています。
森瑤子がイメージすれば実現すると言ったけど、もう少し別のことをイメージすればよかったかも。

まあ、いいけど。







[PR]
by cazorla | 2017-04-23 03:25 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(8)

e0061699_08545559.jpg

恒例のメディエバル(中世)市場に行ってきました。中世の人たちが作ったような手作りのものを売る市が立つのです。
これはスペインで全国的にやっているイベントで、工芸品を作っている人たちが、毎年違う町に行って作っているものを売るのです。イースターの頃に実施しています。工芸品とかスパイスなどの昔は市で売っていたようなものが並びます。
e0061699_08485949.jpg

ゼリー
e0061699_08515941.jpg
手作りの接近とお香
母はお香を書いました。
ラベンダーの香りのお香とシナモンオレンジの香り。
e0061699_08512560.jpg

ハーブティー。
e0061699_08533091.jpg
洋服ダンスの香料。
石鹸のような硬いもので、匂いがなくなると削ればまた匂うそうで母はラベンダーの香りを書いました。

e0061699_08522962.jpg

小さめのゼリ=。というより果物を似てくたっとさせて干した方なもの。ナチュラル志向のグミのような感じで、赤いのは花で、花の砂糖煮です。色は花の色そのまま。着色料なしです。
母は生姜の砂糖煮を書いました。結構ピリピリして、甘くて辛い!
とんでもない味なんだけど、くせになりそうです。
体もすごく温まって、汗がいっぱい出ました。
e0061699_08543401.jpg
人懐っこい犬。市で働いている人の犬。かなり年で退屈しているのか、私たちが腰掛けていると、頭で私たちの手をつつくのです。
「なぜて」と言っているように。母はずっとなぜていました。

今日で夏休みも終わりです。

[PR]
by cazorla | 2017-04-17 09:26 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(2)

スペインは春休み

いわゆるイースター休みです。
子供達、あああもう子供たちではないけれど、でもまあ子供達全員揃います。
イースター用のお菓子を作ったりしようかなと思っていますが、
全員揃っているはずの子供達は、今日は誰もいません。
イースター前夜祭というか、パーティーに行った模様。

まあ、そういうわけでハーピーイースター。

[PR]
by cazorla | 2017-04-09 08:18 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(4)

昨年の流行語大賞か何かになった「保育園落ちた、日本死ね。」というフレーズ。
ちょっと前にこれを書いた人の文章を読みました。
赤ちゃんができた時点で、ワンランク上の新しい家に引っ越したそうで、それで、そのプランは全部、子供を保育園に預けて働いて得た収入を見込んでいたそうなんですが、
世代の違いもあるかもしれないけど、見通しがちょっと甘かったということでしょうか。

前回の記事で、マリアが生まれてちょっと貧乏で内職していたことを書いたのですが、若干貧乏は覚悟しておくべきだったのかなと。でも、私は貧乏であっても生活を素敵にするには、衣食住ではまず「住」を大事にしたいなと思い、かなり無理して、マンションを買いました。それぞれにライフスタイルがありますから、どれがベストだとは言えないし、それぞれが一番大事だと思うものにお金をかければいいと思います。

でも、とりあえず、私は家がそこそこ綺麗であることが大事だなと思っていました。昭和天皇の妹さんの写真を「暮らしの手帳」という雑誌で見たことがあります。かなり貧乏で、生活保護ギリギリくらいのという説明がきでしたが、子供達は妹さんの作ったみつゾロ絵の半ズボンのスーツを着てきちんと正座をしている写真でした。これを見たときに、思い出したのが「風と共に去りぬ」で、落ちぶれたスカーレットオハラがカーテンを使ってドレスをつくる場面です。贅沢に育った人たちは、「あるべき状態」にする技術を持っているのだなと感動しました。私は全く洋裁などしません。マリアが赤ちゃんの時、服を何枚か作ったくらいで、スーツなどとてもじゃないけれど作れない。天皇家に育った人が、作れてしまうのに。

いや、ちょっとずれてしまいましたが、貧乏でも貧乏くさくない生活ができることが大事なんだと思います。
保育園落ちて、働けなくても、ワンランク上の家に住むのは可能だと思ったから、こういうことを買いているのです。専業主婦がいるのといないのとでは、(つまり共働きかワンインカムかの場合ですが)生活費にものすごく差ができます。主婦はお金をかけなくてもガラスープなど作ってグツグツとブーケガルニがたっぷりの美味しい料理を時間をかけて作ります。主婦は、会社で働くほど、靴や衣装が必要ではないし、交際費も抑えられるし。だから、ワンインカムになってもそんなに大変じゃないのではないかなと思います。

でも、その一方で私は三鷹で保育園に落ちたために自治体を訴えた人は支持します。
四人めが生まれて、保育園に入れてもらえなかったので、自治体を起訴したニュース。日本死ねという代わりに、行動に移したのは、立派だと思います。それに四人も子供がいたら無条件に保育園に入れる、というのが普通であるというのが、私は健全だと思ってます。そうじゃないと、誰もわんさか子供を作らない。作りたくても作れない。
戦時中は子供をたくさん産むことが、国益だと言われていましたが、普段の平和な国でもやはり国益だと思います。一人の老人を支える就労者たちがいないと社会保障も全て壊れてしまう。

だらだら無意味に活気ましたが、「死ね」なんて言わないで、解決する方向に歩いていきたいなということです。



[PR]
by cazorla | 2017-04-08 08:15 | 思うこと | Trackback | Comments(4)

1996年新宿区民

ふと最近思い出したこと。
昔、内職してました。マリアが生まれてすぐの頃です。
マリアを生んだ頃、子育てが楽しくで、子育てに熱中していました。
でも、やっぱりお金がないと困るなーと。
マンションを買ったばかりだったし、生活はなかなか大変でした。
区報を見たら、区役所で内職を紹介しているとのこと。それで早速区役所に。

新宿民だったんですが。新宿というのはなかなか良い区なのです。
赤ちゃんが生まれた時に出産お祝いがあります。
マリアは木製の食事椅子をもらいました。
かなり重いちゃんとした木で、かわいかった。
エンリケは、小さなソファーベッド。
それから、幸福の木とかそういう鉢植えがもらえます。
毎年、4月28日の緑の日には、やはり植木がもらえます。
夏みかんの木とか。
あと、ベランダにお花を植えると長さ1mにつき月1000円とかね。

ちょっと話が逸れました。つまり、新宿区は区民に優しい区なのです。
お仕事はすぐもらえました。
区役所の内職斡旋の係りの人は、50歳くらいの女性でした。
すごく優しい人。お仕事を斡旋するだけではなく、相談に乗ってくれたり。
宛名書きの内職をいただきました。
単純作業が実はものすごく好きなのです。

内職以外にも、新製品のモニターをしていて、図書券をもらっていました。
今でもそういうモニターのお仕事ってあるのでしょうか。
発売前のドレッシングとか、お菓子などが送られてきて、それについて感想を書く。
そういうものが送られてくるのも楽しかった。
中には一緒に図書券、500円分が入っていて、
2000円くらいになったら、本屋さんに行って。

30代の私はそういうことが楽しかったなと、ふと思い出したのです。

1996年、武満徹が亡くなった年。
マリアが生まれて、ちょっと貧乏で、それでも楽しかったなーと。
そして、マリアは卒論のテーマを武満徹にして、世界はきっとどこかで繋がっているんだなと。
繋がっている1996年の新宿のことをふと思い出したのです。



[PR]
by cazorla | 2017-04-06 07:50 | 思い出 | Trackback | Comments(2)