ロスコン・デ・レジェス

e0061699_11225042.jpg
今年もロスコン・で・レジェス作りました。
10年以上続けているともうプロの味だと夫に言われました。

息子が4日にバダホスに帰るので、本当は1月6日に食べるお菓子なんですが、3日に作りました。
そして今日、6日にも作ったら、娘と末っ子がすぐにバダホスの長男に写メを送るという意地悪をしていました。

クリスマスのお菓子って大好きです。
(スペインはクリスマスは1月6日までで、このロスコン・デ・レジェスを食べてクリスマスが終わります。プレゼントもこの日)
7日は母と七草がゆもどきを食べる予定。

[PR]
# by cazorla | 2017-01-06 11:30 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(6)


年も明けました。2017年。2000年になったのを機にスペインに移住して、すでに17年。一番小さい人がスペインで生まれて、今年で16歳になります。三人の子供達を連れて歩いていたのはほんのちょっと前、という気がしますが、知らないうちにみんなでかくなってしまいました。

母も10回、お誕生日を迎えて、今年は11回目、90歳に。

もう一回柴犬を飼いたいと思いつつ、もう飼えないかもねと思っています。
柴犬が大好きで、一人っ子の私には兄弟のようだった黒い柴犬の小太郎。
人生にリミットがあるのはわかっていたけれど、たかが柴犬を飼いたいという願いもかなり大変な願いだったのだと最近になって実感。
犬を飼うときは20年間、穏やかな環境を維持できると、その犬が居心地よく過ごせるようにと考えてやらなければ。

たまたま、娘が愛護協会からもらってきた犬を学生アパートで禁止されているのに飼っていたから、その犬、みかんがうちに住むようになった。
犬も『縁』だなと。
ブログだって、繋がっている方々とは縁があったのだと。

縁は異なものと言いますが、不思議なものです。

大晦日のパーティーに出かける前の息子です。
母と一緒にうどんを食べました。




e0061699_06351918.jpg



e0061699_06094577.jpg
息子が『来年も一緒に食べようね。』と言いました。
今までそんなことを言ったことはないのですが。

『来年も一緒に食べようね。』

来年が不安定なものだとわかったのでしょう。
絶対的な未来はない。
母が年々、少しずつ小さくなっていくのを見ながら。

人生にリミットがあるのを知ったとき、人は大人になるのだと誰が言ったのでしたっけ?
まだまだ、私も大人になりつつある段階でリミット全てを知ってるわけではなく、最近になってわかってきたこともいっぱいあります。
そのリミットがあるからこそ、しっかり受け取って、しっかり味わって生きたいと思います。





[PR]
# by cazorla | 2017-01-03 02:06 | 思うこと | Trackback | Comments(14)

90歳

先月末、フィデロ・カストロが亡くなりました。
90歳でした。

Facebookで誰かがそのニュースをシェアしていて、コメントが色々入っていました。
その中に、

『元気そうだったのにね。
でも、90歳か?じゃあいつ死んでもおかしくなかったんだ。』

というコメントがあってちょっと悲しい気持ちになりました。
母も来年90歳です。

少しずつちょっとずつ小さくなっていくような。
少しずつわからなくなるような。

ある言葉が誰かを傷つけることがある。
だからと言ってその言葉を使ってはいけないと言えば何も話せなくなる。

もしかしたら
『こんにちは』の一言さえも誰かの気分を損ねてしまうかもしれない。

だからやっぱりちょっとした言葉で傷ついたとかなんとか
こういう言い方は良くないとかなんとか
そういうのはやめたほうがいいと思います。

90歳はいつ死んでもおかしくない
というのを胸に刻んで大事に大事に1日1日を過ごしていきたいと思います。

e0061699_07420207.jpg


[PR]
# by cazorla | 2016-12-22 07:53 | 思うこと | Trackback | Comments(24)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla