e0061699_07025995.jpg
下落合に住んでいた頃のこと。
新宿区というのはやはり少子化が進んでいて、小児科がありません。
マンションのすぐそばに内科がありそこに行っていました。
老人の患者が多く、朝一番に行って診療リストに名前を書き込んでもだいたい2時間待ち。
小児科がないかなーと思っていたら、小滝橋のところに小児科が開業しました。
もちろん、そこも小児科とはいえ、内科も一応併設し、大人の患者も診ていました。
それでも、カラフルなソファーが置かれ、おもちゃや絵本が置かれて小児科的雰囲気。

2月の寒い日、長男が熱を出しました。
その頃、5ヶ月くらいでした。
普段丈夫な男の子は病気になると大変です。
それは大人になっても同じですよね。泣いて、泣いて、泣いて。
抱っこして、私が立っていなくては泣きやみません。
夜中もずっと立ったまま抱っこしていました。
次の日、小滝橋にできた新しい小児科に行ってみることにしました。
最初はおもちゃなどが珍しく、静かに見ていたのですが、だんだん気分が悪くなったのかぐずりはじめました。
泣き始めると、なかなか泣きやみません。
抱っこしてなだめても、おっぱいを飲ませてもだめ。
すると看護婦さんが近づいて来ました。

「よかった。」と心からホッとしました。
どんなに機嫌が悪くても、他の人があやすとたいていの赤ちゃんは泣きやみます。
特に若いお嬢さんが相手だと、男の子はやたら嬉しいものです。
ところがその喜びもつかの間。

「お母さん、赤ちゃんを泣かせないでください!
他の人に迷惑です。」

私は耳を疑いました。
泣かせたいわけではありません。
赤ちゃんが泣いていて辛いのは母親自身です。それは風邪で気分が悪くて泣いているのがわかるから。
そして閉じられた空間で長い時間またされていればますます気分が悪くなるのです。

私は外に出ました。雪が降っていました。
おくるみでしっかり巻いて、これ以上風邪が悪くならないようにして抱っこで順番が来るのを待ちました。

赤ちゃんが泣いている時、お母さんは二重の苦しみの中にいます。
赤ちゃんが辛い気持ちでいることが悲しいということと、周りの人に迷惑をかけているのではないかということ。
だから子育て中のお母さんはとてもストレスが大きいのです。

少しでもストレスを少なくしてあげるためにこのプロジェクト↓



こういう取り組みがママたちのストレスを減らして、社会全体の虐待も減少して行くのではないかなと思います。

写真は長男ではなく、長女です。泣いてる写真が長女のしかなかったので。
長女生後1週間。





[PR]
# by cazorla | 2017-07-20 07:06 | こども | Trackback | Comments(10)

e0061699_07532426.jpg
トゥルヒージョで一泊したあと、カセレスに行ってきました。
世界文化遺産の街です。
カセレスはカセレス県の県庁所在地なのでトゥルヒージョより都会です。

e0061699_07541593.jpg
でも、道端でさくらんぼ売ってました。
このカセレスのそばに桜の木がずっと連なっていることで有名な場所があるのです。
来年は桜を見にいきたいなと思っています。

e0061699_07534221.jpg
良い天気に恵まれました。
朝は曇っていて、トゥルヒージョでは雨が降っていたので、カセレスに行かないで帰ろうかどうか迷ったのですが、行ってよかったです。雨が降ったおかげで暑くなく、ドライブも穏やかで、街中も人が少なく快適でした。

e0061699_07593870.jpg
本当に誰もいない。
カソルラは小さな町なので人がごった返しですが、カセレスは世界遺産の街で、おまけに夏休みなのにこんなに人がいない。こんな人のいない状態というのに、結構飢えていたかもしれません。

遠くに聞こえる教会の鐘の音。
これが本来のスペインの世界かも。

修道院でお菓子も買って楽しく過ごしました。

e0061699_07544164.jpg

スペインの本当の魅力を感じたいならエストレマドゥーラはおすすめです。
以前は結構、交通が不便でしたが、今ではマドリードからなら簡単に、バスでも列車でも大丈夫です。






[PR]
# by cazorla | 2017-07-16 08:06 | アンダルシア以外の街 | Trackback | Comments(0)

e0061699_09053319.jpg
t

トゥルヒージョにて。
血が混ざったことを記念して作られたモニュメント。
ペルーから持ってきた。
この大きな石を持ってきた。

そんな歴史的な大きな石が何気にトルヒージョの城の前に置いている。
息子、登っているよ。
登っても大丈夫らしい。
いいのか。

血が混ざったことを記念して作られているからいいのだ。
息子も血が混ざっている。
混ざることは悪いことではない。

コンキスタドールは悪い奴というイメージがある。
もちろん、インカ帝国があって文化があって
栄えていたそこにいきなり来たんだから悪い。

けれど、ヨーロッパの国々は全て、やはり新大陸の富に注目していた。
血が混ざらなかった北と血が混ざった南とどっちがいいのか。
強姦があったんだよねという声もある。
あったかもしれない。
同様にたくさんの恋物語もあった。
インカのお姫様が父親を裏切った話もある。

色々な物語があった。
とにかく、現地出身の人がプレジデントになっているのは南だよね。

そういうことをちょっとだけ考えました。



トゥルヒージョへの行き方、観光についてこちらにまとめています。↓



[PR]
# by cazorla | 2017-07-15 07:48 | アンダルシア以外の街 | Trackback | Comments(0)