なぜだか2009年のこの記事がアクセス2位になっていて、久しぶりに見て「かわいいー!」と思ってしまいました。
どこかでスペインの学校ってカンカンとか踊っちゃうんだーなんて紹介されたのでしょうか。
こんなにかわいくて、お尻をプリンと見せてもかわいい人たちも現在中学4年生。
i日本式に言えば高校1年生です。
6月に終了し、これから大学に進学する子はバチジェラートに、行かない子は専門学校に行きます。
男の子たちは今でも、まー男の子ですが、女の子は変わりましたよ。
お化粧して、うちの大きい方の息子を誘惑したりしてるらしい。やれやれ
育児なんてあっというまに終わっちゃうんですよね。
忙しくしてるとますます速くて、ふと気づくとみんなの大きくなりすぎ!
末っ子も靴のサイズが42です。日本式だと何センチになるんですか?27cmくらい?
臭いし、かわいくない。

スペインは今年はなかなか暑くならなかったんですが、やっとというか
とうとう夏になって30度超えました。

[PR]
# by cazorla | 2017-06-09 20:30 | こども | Trackback | Comments(2)

年金を受け取っている人は毎年、お誕生月に現況届を提出しますね。
海外に住んでいる場合は、マイナンバーや住民票がないので、大使館に在留証明書を発行してもらいます。

申し込みは証明書発給申請書、在留証明願、現況届のハガキのコピー、住所のわかるもののコピー(身分証、光熱費の領収書など)、在留証明を送ってもらうための封筒と切手を大使館に送ります。

書類が大使館に到着すると、大使館から電話がかかってきます。本人の声を聞いて生きていることを確認したら在留証明を送ってくれます。

その在留証明と現況届のハガキを一緒に封筒に入れて日本の年金機構に送ります。

実は母は大使館からの電話を楽しみにしています。私以外の日本人と話す唯一のチャンス。
今回、11回目になります。もうすぐ90歳。
書類を木曜日に送ったので、母に月曜日くらいに大使館から電話があると思うと伝えて起きました。
すると、スペイン郵便事情を甘く見ていて、金曜日に大使館から電話がありました。
あら、はやい!

母は受話器を受け取ると
「ごめんなさいねー。
まさか今日電話があるなんて思っていなかったので、用意してなかったんです。
発声練習していないから、声がうまく出なくて。
声が変でしょ?もっと、本当は良い声なんです。
ね、あらあら声がうまく出ない。
まるでおばあさんの声みたい。
いやーね。こんな声じゃないのに」
と延々続けておりました。
大使館の人が「お元気そうですね。娘さんに変わっていただけますか」
と言っても
「え?|何?私耳がよく聞こえないからわからないの。
えーと、何をお話しするんでしたっけ」
などと言っているので、大使館の人がさらに大きな声で
「娘さんに代わっていただけますか’」と怒鳴っているのが私にも聞こえました。
受話器を受け取って挨拶しておしまい。
母が、「何にも質問されなかった。」とかなり不満そう。

笑い話のような話ですが、
やっぱり母は寂しいのかなーとちょっとキュンとしてしまいました。

e0061699_09234845.jpg






[PR]
# by cazorla | 2017-06-05 09:27 | スペイン年金生活 | Trackback | Comments(0)


認知症になったら、ということをたまに考えます。
脳に腫瘍があるので、時として忘れてしまうことが多く、
いや、これは腫瘍のせいで認知症ではない、と思いつつも、
もしかしたらと。

この記事でちょっと、心をついたのは
「奥さんはキレイな人?」という認知症の奥さんの質問に、
「れいちゃんが奥さんだろ。」と答えるという話。

パートナーを「れいちゃん」と呼ぶ世代が認知症の問題を抱えるようになったのだなと。


夫婦二人でずっといっしょにいられるといいのですが、
知人の場合。
奥さんの方が認知症ではないのですが、脳が萎縮していく病気にかかり、
少しずつ、いろんなことがわからなくなり、
体もうまく動かせない。
それでも1部分はしっかり機能しているから、わかることはわかる。
そういう状態で夫と二人で暮らしていました。

その夫にすい臓がんが見つかってしまい、
かなり絶望的状態。

どちらかが元気だと問題ないけれど。
私は基本、夫にかなり寄りかかっていると思います。
今日も、お洗濯物を干していて、途中でお鍋を見て、
そして、お洗濯物を干しているのを忘れてしまった。

グチャグチャ状態の洗濯物を夕方見つけた。
ああー、またやっちゃった。

そういうことは僕でもあるよと夫は言うけれど。

もう一つ今日朝日新聞で読んだ記事は、認知症と診断された人がFacebookを始めて、書いたり、色々な人と交流して、認知症の進行を緩やかにしていると言う。
そうね、書いていくことで、少し、頭を使いましょう。

しなくてはいけないことをメモすること。
書き続けること。
もっと。


e0061699_06085698.jpg








[PR]
# by cazorla | 2017-05-27 06:05 | 夫のことば | Trackback | Comments(5)