スペインの台所

私のお台所でちょっと気に入っているのはこの換気扇の所に棚を作ってもらったこと。
小さな鉢と 日本の茶器のコレクションのひとつを飾ってます。
e0061699_805391.jpg

スペインの主婦は普通に考えられているよりかなり働き者。
一日中お掃除をしています。
見習わなければ と思いつつ 彼女たちのようにはなれません。
その中で特筆すべきは ヨーロッパの中で一番 食器洗い機の普及率が高いところ。
お台所にはだいたい食器洗い機を置くスペースがあります。
未亡人や独身のお家以外はだいたい食器洗い機があります。
基本的には合理的なのでしょう。
先日帰国した際 日本もかなり食器洗い機が普及したようで友人宅には必ずおいてありましたが 日本のモノは少し小さいみたいです。 夫に言わせるとシステムも五十年前のを使ってるとのこと。 またまたいじわるな我が夫が日本はなぜパテントを払って新式を作らないんだ と言っていますが。 それはともかく ある程度の大きさがあるとお鍋もすべて 詰め込めるので便利です。
e0061699_811134.jpg

わが家のはワープール製ですが バライと言う会社が好きです。
今日は新製品を見つけました。 バライの新製品690ユーロです。
e0061699_82093.jpg

白い家具に埋め込まれて これはお台所がすっきりします。
現代的な台所にも憧れてしまうんです。
でも今は古い田舎家なのでミスマッチです。

e0061699_835628.jpg

この建物 古くてほとんど使われていないようなのですが
バライ(Balay)と書かれた看板が見えます。
昔は家電屋さんだったようです。
e0061699_841239.jpg

[PR]
# by cazorla | 2006-02-18 08:19 | お家の中 | Trackback | Comments(2)

アンモニアは匂いが強いけれど よく使います。
まず 何と言っても安い
油汚れのお掃除 バンドッサと言われる泥タイルのお掃除 衣服に付いたカレーのシミ カッターシャツの首まわりの汚れ  暖炉の汚れ オーブンの汚れ 絨毯の汚れ 毛糸のセーターの染み抜き など
e0061699_7463742.jpg


そしてなんといっても蜂に刺された時。
田舎に住んでいると 突然 蜂にさされるというのは 日常茶飯事。
蜂に刺された部分にアンモニアをかけとけば 直ぐに腫れがひきます。

アンモニアは欠かせません。
[PR]
# by cazorla | 2006-02-18 07:52 | お家の中 | Trackback(2) | Comments(0)

スペインの石やさん

e0061699_4112536.jpg


スペインは というかヨーロッパと言うべきなのかもしれないけど やっぱり石の文化ですね。
石があちらこちらで使われています。
特に エンシメーラと言われる台所の台のところ。
まず 台所は家具を大工さんに頼んだあと 石屋さんに行って石を選び 流し台やガス台(IT)にあわせて切ってもらいます。
e0061699_4242145.jpg

わが家のまん丸の洗い場にあわせてちゃんと丸く切ってもらいました。
大理石が一番安い。 大理石は白くてきれいだけど 水に弱いので要注意です。
グラーノという石が一番水に強いと言うことです。
この石屋さん 台所の台や 洗面所の水回りだけでなく もちろんお墓も作ります。
スペインのお墓は石をたくさん使います。
アメリカの墓地なんかは芝生の上に石の墓標がぽんと置いてあるだけだけど スペインはダブるベッドのような石が置いてあります。 これも一時期は大理石が主流だったけど 大理石は水に弱くかなりお手入れをしなければならないので 今は他の石が多いようです。 御影石も輸入しているそうです。
e0061699_4212224.jpg


ちなみに石屋さんのお嬢さんは葬式屋のぼっちゃんと結婚しました。
[PR]
# by cazorla | 2006-02-17 04:26 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(0)