スペインのお家ってお風呂場の占める割合がかなり大きいような気がする。
マドリッドの郊外で住んでいた ピソ(マンション)のしお客用のお風呂場がいように大きかったです。 お庭のプールで遊んだあと お友達と十人くらいでいっしょに お風呂に入ってました。
バスタブも2メートルx0.8 このバスタブを使うか使わないかで一月のガス代が一万円近くちがった。 思うにこれは 見栄はり用の お風呂場なのではないかと思う。 主寝室についているのは普通の大きさで1.70x65。 それでも二つのお風呂場だけで25㎡占めていた。
だから 今回 今住んでいる家を改築するに当たって お風呂は最小化することにしました。
バスタブも一番小さい1.65 これにタイルがくっつくので 部屋の大きさは1.9x3m。
主寝室も子供用お風呂もみんな同じ大きさ。
ビデもつけませんでした。
ビデって今でも使ってる人いるのかな?  オムツ洗うのに便利 と言う説もあるけど 今は 紙おむつが多いし。 
e0061699_1463625.jpg

狭いので 隙間活用です。 この籠にはトイレットペーパーなどストックするモノを入れています。
e0061699_153951.jpg

これは子供用のお風呂場の写真 長女マリア撮影。 なかなかよく撮れてるかな と思って 載せてみました。

義父の家には五つお風呂場があります。
掃除だけでも大変です。
1つは主寝室 これは義父以外誰も使えません。
2ゲストルーム 3子供達用(もともと) 4シャワーだけついた 誰でも入れる居間の横にある室
5庭からの入り口にあって プールの時につかうもの。 

それに引き替え アメリカの銃の会社のオーナーがのろいから逃げるために作り続けたという1000以上部屋のある屋敷 なぜか お風呂場がひとつだけなんですね。
なぜでしょうね。

e0061699_1583695.jpg

最近はこんな埋め込み式のお風呂がおしゃれみたいです。
日本も昔こういうお風呂でした。
埋め込み式のお風呂って つかってると天井が高くなるんです。
非現実を感じながらふわーーーんとできていいですね。
[PR]
# by cazorla | 2006-02-16 02:02 | お家の中 | Trackback | Comments(14)

コラージュ!

e0061699_1245982.jpg

スペインのお家を飾ろう と言うページで このコルクのコラージュの額を見つけました。
よく考えたらうちにもコラージュありました。
e0061699_1255718.jpg

1つは日本で写真頼むと 小さなインデックス用の写真くれるでしょ?
あれを切って作ったのです。 これは長女の赤ちゃん時代。 一人目って本当にたくさん写真とりますね。
e0061699_1261133.jpg

これは カルタ。 スペインに引っ越す時長女の幼稚園のお友達にもらいました。
[PR]
# by cazorla | 2006-02-16 01:30 | お家の中 | Trackback | Comments(4)

二年前 ここに引っ越してくる前 アルカラ・デ・エナーレスというマドリッド郊外の小都市に住んでいました。 その時 長男の幼稚園のクラスのお母さん達はみんなとても仲良しでした。 たぶん先生を交えて 集まることも多かったからだと思います。 その中で特に なぜかモロッコ人のファティマとスペイン人のソニアとは特に気があってよく誰かの家に行ってお茶を飲んでいました。 ソニアはマドリッ子なので ちょっと東京の下町ッ子のような何でもはっきり言う正確。
いつも ファティマと一緒の時はイスラム教の悪口ばかりいっていました。

「あんたたちってさぁ いつもその布切れ 頭にかぶせて あたしからすりゃかわいそうでたまんないよ。」
「なにゆーてんの~ これめちゃ便利やねんでー。 朝な 髪とかす時間ない時なんか これのせればいいだけや。 たちまち アラブの美女のできあがりや」
「それは 女を縛っているシンボルでしょう? あんたたち 女の自由がないんだから!」
「ほっといてーな カトリックかて 離婚もでけへんし 自由のない宗教ちゃう?
第一やねー あんな裸で血ぃ流してるおっさんに向かって お祈りするなんて おかしいわ。
けど 私たちそんなことで あんたらのこと笑わへんから あんたらも私らのことほっといて。
カーニバルかてな あんな変なお祭り 大笑いやけど 笑わへん。 がまんするから あんたらも あんまり知らんくせに なんやかんや 言わんといて。」

「ところでこの間 テレビで日本のことやってたよ。 運動会って あれ まるで軍隊の行進みたいなことしてるね。」
「日本は規律正しいんよ。 そやから発展してん。 スペインも見習うべきや。」
「あんなの子供が可愛そうよ。 子供は自由にさせなきゃ」


と 言うような感じで 延々とお互いの文化をくそみそ言いながら おいしくお茶を飲んでいました。 お茶ではなく コーヒーでした。 ファティマは モロッコ人のくせに モロッコティよりコーヒーが大好き。 たまに私が モロッコティ 好きだからたまに入れてよ と 頼むと 「あんた めちゃくちゃ かわりもんやで~ スペイン コーヒーがおいしいやん。 こんなおいしいコーヒー飲めるのに なにがうれしくて モロッコティなんか飲みたいん?」 と 言って めったに お茶を入れてくれませんでした。

ファティマも 彼女のママさんもいつも民族衣装で優雅に装い お家の中も 金字のコーランの言葉やら なにやら金ぴかぴかでしたが テレビにブッシュが出ると いきなり唾を吐きかけたりして 私を思いっきり驚かしてくれました。
こうやって 色んな文化の人たちが気軽にお互いの悪口を言い合えれば もっと仲良くなれるのにな と あのころのことがとても懐かしいです。
[PR]
# by cazorla | 2006-02-15 00:32 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(4)