タグ:スペインで生活 ( 409 ) タグの人気記事

修道女のオナラ

きょうたちゃんの記事 péter ペテ/ おならをするによると フランス語のオナラは ぺ で 平和も ぺ。
フランス語は 一シラブルの単語が多いからか 軽く 歌うように聞こえる。
スペイン語は ペド。
だいたい スペイン語の最後の音を消せば フランス語になってしまうものも結構ある。
ペドよりぺの方が 軽くて 臭みが少なく感じる。
だけれど 日本語の へ は また別問題か。

ところで ネットで見つけた レシピ。
ペド デ モンハ
修道女のオナラ である。
レシピはこちら

卵一個をといて そこに砂糖40g 小麦粉を60から80gくらいを混ぜて 
絞り出し袋で 丸く 小さく。
180度で 10から15分。
私のオーブンでは 10分がちょうどよかった。

e0061699_23134522.jpg


e0061699_23140858.jpg


フランスであれば マドモアゼルの腕 などというオシャレな 名前のお菓子がたくさんあるけれど
なぜか スペインでは 修道女のオナラ というような名前になる。

これは 宿命である。
誰の?

追記

フランスにも修道女のオナラはあるそうです。ただし、シューの皮みたいに膨れている。
確かにオナラだわ。
でスペインの修道女のオナラはバルセロナに住むイタリア人が作ったそうです。
比較的新しい食べ物なんですね。







[PR]
by cazorla | 2015-12-09 23:24 | スペイン 文化 言葉 | Trackback(1) | Comments(4)

アジア人は似ているか?

facebookで見つけたこの写真。

こちらから お借りしました。
e0061699_20275686.jpg

確かに よく アジアの人間は皆 似てると言われる。
映画を見てもみんな同じに見えると。

この写真に関しては 似てる人を集めていて 不公平というコメントもあったけど
人種に関わらず あまり 知識のない国の人は 似てるように感じますよね。
あと カテゴリーの多い国。
社会的地位とか 役割で こういう着こなしを 『すべき』 という意識の強いところは 人がなんとなく似てくる。

私の住む カソルラに引っ越してきたのが 12年前。
マドリッドでは ある程度 人を区別できた。
おまけに スペイン人だけでなく ポーランドの人 モロッコ その他の国の人が多く
それなりに個性的。
それが ここに来て 特に セニョーラスを区別できない。
昨日 挨拶して にこやかだったのに 今日は ちらっと見て
通り過ぎてゆく。
あとで気づいたのは 似ているけど 違う人たちがいっぱいいるということ。
この間は どうのこうの と話しかけられても
この人と一体いつ話した??と 考える。
結構みんな似てるし。

ああ 特に セニョーラスを と書いたが セニョーレスは もう 絶望的だった。
ただ 全く 区別のつかないタイプの男性諸氏は そもそも アジア系の女と話したいとも思わないようで
特別 不自由を感じなかっただけである。

じゃあ 田舎の人だからみんな似ているか?
おしゃれな都会人は 個性的で似てないか?

カソルラ村では 毎年 ミゲル ピカソ賞を 映画関係者にあげる。
一度 授賞式に行ったのだけど 映画関係者たちが 『僕は ゲージツ家だしねー』って
感じで 同じような おしゃれをしていて やっぱり似ていて困った。
一番 有名な 俳優さんは そーいう格好ではなく ごく普通におじさんの服を着て
一番 目立って 反対にかっこよかった。
人の目を気にすると似てくるということかも。

最近は 日本のテレビドラマで若い女性が区別できない。
これは 歳のせいである。



[PR]
by cazorla | 2015-12-08 20:38 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(6)
長男のエンリケが好きだ。
息子だから 当然と思われるかもしれないけど
スペインでの生活での負の部分を共有してきたと思う。
そして 心情的に かなり近いと思っている。
息子は 小学校の高学年から中学の2年生くらいまでよく殴られていた。
久しぶりに昔の記事を 探して読んだ。

殴られやすいヤツ

中学に入ってから エンリケは少し変わった。
がむしゃらに 勉強をするのをやめた。
興味のないことに エネルギーを費やすのをやめた。
リラックスしてきたのかもしれない。
頑張りすぎることに疲れたのかもしれない。

休み時間 よくいじめらていて 長女が 二学年上なので 気づくとかばっていた。
殴られたら 殴り返せ 
長女はそう言っていた。
長女は そういうタイプだ。

ずいぶん前に長女と二人で歩いていたら 何かが聞こえた。
私は 話に夢中になっていたので 何を言ってるのかわからなかった。
娘はネイティヴだから 夢中になっていても 言葉を拾える。
それは ジムの二階の窓からだった。
『言いたいことがあったら 降りてきて 面と向かって言ってごらん おかまくん。』
ドスが効いていて 母としては 一応 おかまなんて言っちゃダメだよ と。
『ママ ああいう奴らは ほっとけばエスカレートするんだから 強く出なきゃ ダメなんだよ。』

だから 長男が 何をされても黙っている。
殴られても じっとしている
そのことが しゃくに障る。
『弱虫! 何で 殴り返さないの? あんたの方がずっと
筋肉あるし 小さくてもずっと 強いんだよ』

だって 殴り返したら 僕は 彼らと同じレベルまで落ちていく。
僕は 自分を落としたくない。
僕は 体をボコボコにされても
魂は 綺麗なままにしておきたいんだ。』

これは 中学2年生の時。
まだ 背も低かった。
今では 180あるから 誰も手を出さない。

私は 魂を守りきった息子を誇りに思ってます。

e0061699_02270373.jpg

[PR]
by cazorla | 2015-11-23 18:30 | こども | Trackback | Comments(10)

開かれた街を目指して。

今日から 長男エンリケは バルセロナです。
ピアノのレッスンを受けるために一人で 電車に乗ってバルセロナに。
そして それからバスに乗って アカデミア近くのホテルに行く。
17歳の冒険。
来年は 受験です。
これから 幾つかのレッスンを受けていかなくてはならない。
先日 パリで テロがあった。
犯人は 少年たち。
何人かは シリアの偽造パスポートを持っていた。
でも テロリストは パリで育ったフランス人。
地元で イスラム国によって リクルートされる。
先日 バルセロナで 数人がリクルートされたらしい というニュース。
地元の子の方が 土地勘があるし 言葉もわかる。

パリとバルセロナにある共通点。

2000年にスペインで住み始めた。
長女マリアが 4歳 長男がもう少しで2歳になる時。
その時 すぐに買ったのがこの本。

Controversias en la educación española
Alvaro Marchesi

コンプルテンセ大学(マドリッドの国立の大学)の教育学の教授の本です。
その中に 理想的な学校を作るための都市計画について書かれていました。
興味深く読んだのは ちょうど私たちが 済んだ マドリッド郊外のアルカラデエナレス市の新興住宅地が
このプランにかなり似ているからです。
ひとクラスに イスラム系移民の子 東ヨーロッパ系移民の子 ジプシーの子 貧しい階級の人 中流階級が
どのくらいの割合で混じっているのが理想的か そのためには 公団住宅(スペインでは 二種類あって 条件を満たせば無料で住めるところと 収入によって 値段が変わるところとある。) と 普通に売られているピソの割合等 街を作るときから
学校のクラスの構造を考えながら計画していくというプラン。
残念なことに 思う通りには できません。
というのは 中流階級は 少しくらい遠くても ジプシーやイスラム系がいない学校に連れて行ったり
イスラム系も お金があって 厳格なイスラム教徒の場合 私立のイスラム教の学校に連れて行くからです。
それでも 中流でもこういう学校がいいなっと思う人たちはメンタルが広がっていて いい雰囲気でした。
そして この理想的な割合が 守られるために ある程度の移民の制限はなされるべきだというのが
アルバロ マルチェし氏の考えでした。

私たちが 住んでいた時期は この理想的な割合が保たれていましたが その後 イラク戦争が始まり
保守党が敗退し 社会党になってから 『人類愛』的 政治展開になって 多くの移民が 入ってきました。
移民自身も 大量の移民が入ってくることには反対でした。
というのは やはり賃金が下がる
多くの働き手がいれば 賃金が下がる。
そして 誰でもできるような仕事は 移民が請け負い 貧しいスペイン人の仕事がなくなる。
それは 差別につながる。

ハーモニーというのは 音楽の世界だけでなく 大事なことだと思います。
ただ 今 ハーモニーなんて 時代遅れだと ヒンデミットが世界のハーモニーを
作曲した時点で言われていたことですが。

このプランの最も大事なことは クラスの子供達の割合。
つまり 中国人街 イスラム系の人たちの地域 とか そういう地域を作らないこと。
スペインではほぼそれが成功していると思います。
そういう極端に閉ざされた地域がない。

唯一 バルセロナにだけ イスラム系の地域がある。

それが パリとバルセロナの共通点です。

少し歩けば 美しい街がある。
そこに 閉ざされた人々。

うちの息子は モロッコ人の子供達と仲良し。
いろいろと宗教のことも教えてもらって かなりイスラム教にも詳しい。
そんな息子が一人で バルセロナに行くので
夫が 『バルセロナのイスラム系の人は カソルラの人とは 違うんだから 気をつけろ」
と言う。
できれば 巻き込まれない方がいいと思っている。
いつどこで発砲があるかもしれない。
息子はちょっと緊張した。

e0061699_21242415.jpg


カソルラのジプシーの家のある路地。
ちょっと寂れてるみたいだけど この隣は パジョ(ジプシーではないスペイン人)
その向こうが ドイツ人。



[PR]
by cazorla | 2015-11-20 21:30 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(8)

前回の犬のみかんとの散歩道より ちょっと野生的な散歩道。
セレスエロ川沿いの道。
セレスエロは セレッソ 桜 を小さくする語尾をつけた言葉。
ちっぽけな桜の木。
もともとは 桜の木が いっぱいあったのでこの名前がついたのですが
最近では いちじくが もっと多くなってしまいました。
いちじくの方が 生命力が強い。


e0061699_02472066.jpg
スペインは 夏になると その日の強さで 草が枯れてしまい 黄色になる。
夏をイメージする色は 黄色。
そして 秋になり 雨が 降り始めると 草が生えてくる。
秋。
人生の秋は初老の頃でしょうか。
だから エロジジイのことを ビエホ ベルで 緑色のジジイと言います。

e0061699_02525825.jpg



e0061699_02585192.jpg




e0061699_02593155.jpg


川沿いに 山を登っていきます。
実は 川に落ちました。
カメラを持っていたので どこかを捕まえる代わりに カメラをつかんで
水の中に落ちないように 持ち上げて。
イバラがいっぱいあって 背中と手に引っかき傷ができ
靴もズボンもすぶ濡れに。
みかんは 遊んでると思って はしゃぎ回るし。
最悪。



e0061699_03011161.jpg



e0061699_03152187.jpg


登りきって 下を見る。
この辺りの山は昔は海の底だったのだそうです。
昔。 そう 本当に昔。
アンモナイトが残っている。
カルシウムが多い。
山のてっぺんには木がない。


e0061699_03020743.jpg

美しい時間。
午後5時。
アンダルシア北部のオリーブのあるところ。
静かに秋が深まっていく。

e0061699_03223134.jpg








00000010_18534469.jpg
[PR]
by cazorla | 2015-11-14 03:25 | カソルラ | Trackback | Comments(4)
コルドバはだいたい小さな町なので
たいてい家に帰ってお昼ご飯になることが多いそうですが
それでも たまに女子学生が集まってガールトークしながらお昼をとるときに行くバルで
一緒にご飯を食べました。


コルドバですから やっぱり サルモレッホス。
ガスパッチョに似てるけど
もっと濃くて赤ピーマンが入ってない。

パタタブラバ そして ホットサンドイッチ。
飲み物はモスト。
ぶどうジュースです。
発酵していないワイン。

これで 一人 3ユーロ30センティモ。

e0061699_03221631.jpg
男の子だったら揚げ物とか必要かも ですが
女子はこれで十分。


翌日は 朝ごはんチューロス。
カフェ ニーサ。
Cafe Niza
Niceの事です。
ニース
でも メニューは完璧スペイン。

チューロスは マドリッドのと同じ。
アンダルシアは マドリッドのより 太いのですが
美味しかった。
マドリッドのと同じ。



e0061699_18512812.jpg
娘はコラカオというミルクに粉末のチョコを溶かす飲み物。
私はドロドロチョコレートドリンク。


コルドバで 学生生活送ってる子達にいっぱい会いました。
こんなにいっぱい知ってる子がいる。
カソルラより都会だけど やっぱり小さな町なんですね。


[PR]
by cazorla | 2015-10-31 22:07 | アンダルシア | Trackback | Comments(4)

でかい マッシュルーム

この間 チャンピニオン (マッシュルーム)の記事を書きましたが

今日もまた チャンピニオン 買ってきました。

e0061699_04090497.jpg

左下にあるのがマッチ棒。
日本の普通のマッチ棒と同じサイズのマッチ棒です。
大きなトマトが小さく見える。
トマトは日本のトマトの倍以上です。


そろそろ お山はキノコの季節。
山のキノコに負けないように大きく育ったマッシュルーム。


[PR]
by cazorla | 2015-10-27 04:19 | おすすめのもの | Trackback | Comments(2)

市場の中のお店

市場の中のお店です。
乾物屋さんでもあるし
自然食品屋さんでもあるし
生物はほとんど扱ってません。
たまーに 果物がちらほら。
生姜は来ます。


e0061699_18012852.jpg


e0061699_18011169.jpg

かごに入ってるのは 各種のお茶。
ハーブティーです。
エスピナ ブランコというのを買いました。
気分が落ち着くのだそうです。



e0061699_18004648.jpg
右の白い棚の左にある棚が日本食コーナー。
全部 有機。
オーガニック食品は特に検閲が厳しいので
ここにある日本からの輸入品は
放射能の反応がないということです。
味噌は日本製もあるけど
なぜか バレンシアで作ったものが美味しい。


全粒粉のスパゲッティーなんかも売ってます。
あと ハーブを使った 風邪クスリとか 石鹸。
タイガーバームも売ってる。

キザラ? 赤い砂糖もここで買います。
クッキーは あかい砂糖で作ると美味しい。
ほのかにクッキーが色づくのも 美味しそう。



[PR]
by cazorla | 2015-10-26 18:11 | カソルラ | Trackback | Comments(11)

12年

カソルラに住んで 12年くらい。
もっとかも。
2歳になったばかりの末っ子が もう中学三年生。
スペインは 中学が4年で高校が2年。
義務教育が日本より一年長い。
10年というのは長い月日。
30の時も40の時も50になってもちっとも気持ちは変わらない
そういう感じだったから 周りが変わって
私だって変わっているのに ちっとも気づかない。

去年の11月にガス屋さんのセニョーラが亡くなった。
カソルラに住み始めた時
歳をとった セニョールとセニョーラが二人で店番をしていた。
ガスボンベを一本 お願いすると 小さな名刺サイズの紙に
名前と住所を書きつける。
二人を最初 ご夫婦だと思った。
実は 姉と弟。 76歳と77歳。
私が行くと 二人は 紙とボールペンを奪い合った。
kumikoの住所は私がよく知ってるの
いや 僕の方がよく知ってるよ
あらら kumikoって Kで始まるのよ、Cじゃなくて。
そんなの常識だろ。 知ってるよ。
私が書くのよ。
僕さ。 えっと カジェ
サルセドよ
おいおい 6番だったよね(と 私に笑いかける。)
すぐに持っていくように 言いますからね(と 私に笑いかける)

そのセニョーラ、カルメンが 去年の秋に亡くなったけれど
一人になった おじいちゃまのパトリシオも 亡くなった。

12年経てば 88歳。
少しずつ 弱々しくなっていたけれど。
12年前は 私の母より元気で 現役で働いていた。
でも 弱々しくなっても ついこの間まで 働いてた。

私を小さな子供のように扱ってくれる人が 一人ずついなくなる。


e0061699_00424257.jpg


[PR]
by cazorla | 2015-10-21 00:53 | カソルラ | Trackback | Comments(6)
最近 息子たちもマッシュルームを好きになったので
頻繁に マッシュルームを買う。

市場で 1キロ。
こうやって写真にすると たいした量でもない。


e0061699_00205729.jpg

たまにスーパーで買うと 触った感じが違う。
置いておいても すぐ色が変わらない。
なんとなく ねっとりした感じがする。
菌類なんだから 多少 ねっとりもしょうがない と以前は思っていたが
ちゃんと 市場で買うようになって
それが 人工的食べ物の 不快感であるとわかった。

美味しいマッシュルームは生でも十分美味しい。
というか サラダに入れると ものすごく美味しい。
夫は 保守的なマドリッ子なので 頑固に拒否する。
息子たちは 夫に従う。
娘と私は おいしく マッシュルームのサラダを食べる。
スペイン語で チャンピニオン。

うちの両親も 大食いだったので 大量に食材を購入していた。
野菜は 週に一度 持ってきてもらっていた。
だから 大量買いのスペイン主婦の生活は苦痛ではない。
むしろ 自然に 買い物に行く。
ちまちまとした食事をする人とは まず 結婚できなかっただろうと思う。

結婚って 生活を共にすることなんだとしみじみ思う。
当たり前のことなんだけど

結局のところ お互いに どうでもいいことと
本当に大事なことを区別できるようになってからでないと
共同生活は難しい。

新宿に住んでいた時は 大量の食材に ご近所から
象を買っているにちがいないと言って笑われた。
買い物かご一つで 軽やかに歩いてみたいものだ
そう言ったのは 私の母である。
日本人と結婚していても
家族が たったの3人でも 大食い家族は 民宿におばちゃんになるのだ。
チキンも 一羽 二羽と買ってさばいていた。

今日は チャンピニオン入りのスクランブルエッグ。
ウエボ ロト 壊れた卵という。
イギリス人と食事を共にすると彼はいつもこれを選ぶ。
だから なんとなく 作り始めた。

マッシュルームを入れてご飯を炊くと 峠の釜飯の味がする。

食べ物の中に 思い出があり 言葉があり 明日がある。
食べ物は 人生の縮図。
だから おいしく食事のできる人と一緒にいたい。


[PR]
by cazorla | 2015-10-20 00:49 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(12)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla