タグ:スペインで生活 ( 411 ) タグの人気記事

カソルラのお花屋さん

カソルラは八千人の村だけど お花屋さんが三件あります。
ついでに言うと 靴屋さんが四件靴修理やさんが二件。
スーパーマーケットは 十件くらい。 坂が多いから あんまり生活圏からでたくないのかも。

ところで 話はもどって お花屋さんですが 一番繁盛してるのは テヒーラ広場の小さいお花屋さん。 だんなさんは パジョ(ジプシー以外のスペイン人 つまり 外国人が普通にスペイン人というのはパジョのこと)で 奥さんはジプシー半分 パジョ半分の夫婦がやっています。
ほんとうに小さくって 玄関くらいの広さのお店。
e0061699_721381.jpg

中に置ききれないので 道にもたくさん置いてます。
で お花屋さんってたいていお花がいっぱい付いたの売ってるでしょ?
できれぱお花がいっぱい付いた鉢を買いたいと思うのが 普通。
だから 花が終わってしまった鉢をただでよくくれるの。
e0061699_723313.jpg

e0061699_724860.jpg

e0061699_713543.jpg

e0061699_73688.jpg
e0061699_734683.jpg
それから雨の日ってあまりお花を買いたい気分ではないでしょ?
傘さして 鉢植え持つの 大変だし 雨の日は 早く家に帰りたいし
だから 雨の日はお花屋さんはとっても暇。 だから 雨の日に歩いてるとおじさんに声かけられるの。 そしてもらったのがこの左のもの。
なんだかわかりますか?
葉の形が違うからわかりにくいのだけど 匂ったらすぐ判ります。
これは バジル。 スペインではアルパワカ。
葉が小さいから 切るときちょっと面倒だけど。
でも 一人分のスパゲティにも ニンニクとバジル トマトで気軽にできるので重宝してます。
これは6月に雨が降った時もらいました。
もうそろそろ時期が終わるので 全部切って 保存用のトマトソースを作ろうかな と思ってます。 松の実も入れて。
啄木が 花を買って帰ったみたいに 少し 落ち込んだ時は 花を買って帰ります。
e0061699_74699.jpg

ちょっと気になる窓。 
古い木の窓って このくらい古いと 形が木が反ったりしないらしい。
うちのは新しい木の窓だから お手入れは気をつけないといけないみたいです。
古い時代の大工さんの仕事ですね。
[PR]
by cazorla | 2006-08-22 07:23 | カソルラ | Trackback(1) | Comments(14)
e0061699_8343073.jpg
e0061699_8344444.jpg

大理石の切り出し風景。
スペインは大理石の産出が世界二位。
一位はイタリアです。 
これは 長女の「新しい生活」(今は日本もそうだけど理科と社会が一緒になってる)の教科書からの知識。 子供の教科書って知識の宝庫です。 というか 前もってちゃんと教科書見て 知識入れとかなくっちゃ 母の威厳がつぶれますから。
だから 生活の中でも 大理石を使うことが多いのです。

Acodados sobre el viejo, el costroxo mármol de los veladores, los clientes ven pasar a la dueña, casi sin mirarla ya, mientras piensan, vegamente, en ese mundo que,¡ay!,no fue lo que pudo haber sido, en ese mundo en el que todo ha ido fallando poco a poco, sin que nadie se lo explicase, a lo mejor por una minucia insignificante. Muchos de los mármoles de los veladores han sido antes lápidas en ñas sacramentales; en algumos, que todavía guardan las letras,un ciego podría leer, pasando las yemas de los dedos por debajos la mesa: Aquí yacen los restos mortales de la señorita Esperanza REdondo, muerta en la flor de la joventud; o bien: R.I.P.El Excmo.Sr.D.RAmiro López Puente. Subsecretario de Fomento.

Camilo José Cela   ゛LA COLMENA゛より

テーブルが大理石でできているんですが もともと墓石だった物で 盲人ならテーブルの下に手を入れて触れば そこに書いていることが読めるだろう。 つまり このバル(カフェに近い感じ)の女主人はけちなんです。鎮魂歌  レクイエム(ラテン語的読み方ならレッキン)はもともと休憩という意味なので カフェで休憩している客たちと墓石のテーブル というのをかけあわせているのかもしれません。 

e0061699_8594638.jpg

カソルラの公立の墓地です。
最近では 大理石だけでなくほかの石も使われています。
奥に見える杉の木 その形から魂が天に昇っていることの象徴で 墓地には欠かせない木て゜す。

カミロ・ホセ・セラは ノーベル文学賞受賞の作家ですが このノーベル賞を受賞したギュンター・グラスが最近もとSSのメンバーだったことから 賞を剥奪しようという動きがあるらしいのです。 作家として また作品の価値が彼の過去によって変化するのか。 どうなのでしょう?
[PR]
by cazorla | 2006-08-17 09:06 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(10)

8月14日 盆踊り大会

[盆踊りというわけではないのですが
バンドの人が来て
踊るわけです。
夜11時始まりで 一晩中。
豊作祭り みたいな感じ。
普通この時期が小麦の取り入れなので。
カソルラは今ではそんなにたくさん小麦は作ってないのですが
小麦粉工場がひとつあって そこの小麦粉はほんとにおいしいです。
未だに量り売り。

e0061699_812027.jpg
e0061699_8121520.jpg

でも 結構お年寄りが多いのです。
そして バンドの人を見ている人が大半で踊ってない。
バンドの人の写真撮るの忘れた。

この写真は夜十二時過ぎなんですが それまで 子供達がいるので外に出られず。
子供も結構来てるんだけど うちの子達 人混みがダメな人たちばかり(父親譲り)
で ちょっとだけいてすぐ帰宅しました。
[PR]
by cazorla | 2006-08-15 08:18 | カソルラ | Trackback | Comments(13)
e0061699_622931.jpg
e0061699_622256.jpg

スペインの窓も色んな種類がありますが これは一番一般的な形です。
と言っても アルミの窓が大半を占めるようになりましたが やはり木にすると 雰囲気がぐっとかわってくるので わが家は木にしました。 唯一のわが家の贅沢です。

あんつぁんが古い家の雨戸を紹介されていたので。 こういうふうに 木で造った物が家の中にあるのはやはりなごみます。 開け閉めが少し面倒だったりはしますが。
[PR]
by cazorla | 2006-08-14 06:25 | お家の中 | Trackback(3) | Comments(19)
セイロンベンケイさんからスペインの車は・・・という質問があって 私 車に関してはほとんど何も知らないので 間違いがあるかもしれませんが・・・

SEATというスペインの車があります。
1950年に この会社の前身が設立されました。 フランコの時代です。
この時代はイタリアのFIATを作る工場として始められました。
フランコは工業化をすすめるために このプロジェクトをはじめたのですが 市民戦争で彼を支えてきた バルセロナの人たちのために カタルーニャの発展を目指して SEATをバルセロナに置きました。 初代社長は 元オリンピック会長サマランチです。 サマランチはフランコの時代スポーツ省の大臣でもありました。
バルセロナには スペインで 一番と二番の裕福な家庭があります。
マーチ家とサマランチ家です。 マーチは市民戦争の時に フランコのために武器を運んできました。 現在マーチ財団は 美術関係のものを扱ってます マーチ財団のページ
よく市民戦争というとカタルーニャの人たちはフランコを憎んで という風に解釈している人がおおいのですが 実際には階級戦争だったわけです。 以前も書いたようにダリも カタルーニャ出身にもかかわらず 「お金をもうけたいから」と フランコを支持しています。
戦争の物語にはいつもメランコリックな物語が切実にかたられたりしますが 結局の所 それぞれの 自分の利益で動いているのです。
自営農家の多い地域では フランコを支持する人が多く アンダルシアのように小作人の多い地域は共産党を支持していたのです。
ちなみに ダリはピカソに宛てた手紙の中で「あなたは共産主義にもかかわらず すばらしい絵を描いている」と書いて ピカソの怒りをかいました。 ピカソは経済的にかなりダリに援助していたのですが この手紙以降 絶縁しています。
e0061699_102837.jpg
e0061699_1032832.jpg

1980年モデル
e0061699_1034456.jpg

1963年モデル

最新型のモデルはスペインSEATのページをご覧になってください。
[PR]
by cazorla | 2006-08-08 10:12 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(18)

お風呂場のリフォーム

今住んでいる家は 私と夫が二人でデザインした家です。
古いいびつな形の家だったので結構苦労しました。
小さい家なので 思うとおりになかなかならず。
小さいのでお風呂場もすごく小さく作ってあります。
以前住んでいたところは お風呂がすごく広い家だったのですが
それはそれで気持ちが良いけど 3人子供がいると お風呂ばかりというわけにもいきません。
で その小さなお風呂をリフォームしたいと言いだした夫。
まだ 二年前に改築したばかりなのに。
家が もともと古い家なので もう少し アンティック でもゴージャス系ではなく 単にアンティック系という希望。 アンティックの田舎家は 洗面台シンプルだから 家具をつけてないんだけど そこに家具をつけたいという希望も。

先ず蛇口 もし洗面所を替えるとしたら お風呂の蛇口も替えなきゃいけない。
色は つや抜きのブロンズの予定。
e0061699_9461486.jpg
e0061699_9465346.gif

洗面台のところ 大理石を使ってるけど 大理石はあまりお勧めではないそうです。
大理石は水に弱いしかなりお手入れがたいへん。
やっぱり 一昔前のお掃除の人がいた時代の物だという話でした。
ただ 値段が安いので お掃除覚悟でつける人も多いそうです。
e0061699_9472791.jpg

狭いから 大きな家具は置けないんだけどね
e0061699_9475424.jpg
e0061699_9482731.jpg

e0061699_949037.jpg
e0061699_9492578.jpg

スペイン人の若い夫婦は 足つきのお風呂をもつのが夢だという人が多い。
ある程度のスペースがないと無理だから  そういうのが夢なんだろう。
でも 足つきは やっぱりお掃除が大変そうな気がします。
足の部分は銅が多いそうです。
e0061699_9495615.jpg

マッサージつきのお風呂も増えていて 四人は軽く入れる大きなバスタブもあります。
銭湯みたいに 浸かったまんまおしゃべりしたりするのでしょうか。
それから檜のお風呂も発見。
日本的なものが今流行っているんですよね。
e0061699_9503833.jpg


1年後は子供達のお風呂場のリフォームをしたいそうです。今日 一応 注文し終わって帰ってきたら あのブルーの家具は子供達のお風呂場にぴったりだね なんていってる。
だから うちには貯金がないのです。
[PR]
by cazorla | 2006-08-06 10:03 | お家の中 | Trackback | Comments(13)

母の健康保険証

今日は母の健康保険証を作りに行きました。
一般に外国人は 一年くらいの滞在なら 日本の海外傷害保険みたいなのに入ってくるし 年金生活者であれば 私立の健康保険もあります。 例えばMapfreがあります。
母は一応ビザ申請のために 日本の海外傷害保険を契約しているのですが 大使館の人に半年間の契約で あとは現地でMapfreなどで契約した方がいい と言われました。 しかし 何と言っても七十八歳 (現在七十九歳)では 私立の健康保険の新規申し込みは無理だそうです。 Mapfreは一月一万五千円くらいだから それももっともだと思います。 それで 公立の社会保険事務所に行ったのです。 
定年退職者はEUの人がほとんどなので 母のような例はほとんどない。 それで 考えてくれました。
 違法移民用の健康保険証を作ってくれました。 
丸ビカードです。
おまけに七十五歳以上は 薬代も無料(普通は2割負担)。

この健康保険証を作るために必要な物。
パスポートのみ。
母は身分証(IDカード)も持っているのですがそれは必要ありません。
だって 不法滞在者用の健康保険証なんですから カードは持っていないことになってます。
でも 収入があるのがばれたらまずいのでは…?
管轄が違うし 普通 収入のある人は不法滞在者用の健康保険証を申請しません。
なるほど。

母にこの健康保険証が不法滞在者用だって教えてあげるべきでしょうか?

付録
海外法人医療基金のホームページ より抜粋


海外で病気やケガをした時に日本の健康保険は適用出来ますか?

  出来ます。
国民健康保険を含む全ての健康保険で、海外渡航中の病気やケガの際の治療も、申請に必要な書類を各健康保険の担当窓口(社会保険の場合は各事業主が代行、国民保険の場合は各区市町村の社会保険事務所)に提出すれば、保険給付が受けられるようになりました。支給される療養の範囲は、日本において保険診療と認められているものに限られ、日本の診療機関にかかった場合の保険診療を標準として計算されます。
申請に必要なもの
(1) 療養費支給申請書(窓口で入手)
(2) 領収明細書(現地で入手)
(3) 診療内容明細書(現地で入手)。外国語で書かれている場合は和訳文も。
※注 意
申請の際に健康保険証を提示する必要はありませんが、被保険者番号などを転記する必要があるのでコピーなどを持参したほうがよいでしょう。また、給付金を振り込む銀行・信用金庫などの口座番号も記入する必要があるのでメモをとっていくとよいでしょう。
しかし、現地での立替サービスはないため、一旦現地で全額を支払わなければなりません。また、日本の健康保険の支払い基準が適用されるため、保険外の診療や保険点数以上にかかった医療費については自己負担になります。さらに、申請に必要な証明書類には和訳が必要であるなど手間がかかるうえ、給付金環付にも時間がかかります。従って海外へお出かけの際には、傷害・疾病の補償だけでなく、賠償責任や携行品、救援者費用など幅広い補償をしてくれる海外旅行傷害保険に加入されることを強くお勧めします。

尚、診療内容明細書、領収明細書の様式については、横浜市港北区のホームページに英文の書式が掲載されていますので参考にして下さい。
参考ホームページ
海外勤務健康管理センター
http://www3.johac.rofuku.go.jp/med-service/insurance.html
横浜市港北区ホームページ
http://www.city.yokohama.jp/me/kohoku/honen/kokuho/qf_kaigai.html


参考までに
[PR]
by cazorla | 2006-08-03 07:47 | スペイン年金生活 | Trackback(2) | Comments(20)

暖炉の形

つばめが巣立つと本格的な夏でうちの暖炉の写真出したら nanateaさんから「暖炉の上にテレビらしきものが見えるのですが、熱が伝わったりしないのでしょうか」というコメント頂いて 最初 どこにテレビが と思ったのですが なるほどあれをテレビだと思われた方もいるかも ともういちど ここに暖炉の写真出します。 このテレビに見えるかもしれない物 これが暖炉です。
元々大きかったのを小さいのに変えて 火を起こすところを全面的に市販の鉄製品にしました。 古い物はれんがの手工事品ですが。 その方が火起こしの素人にはラクです。
ガラスの扉があるとその下の空気穴を開けたり閉めたりして ふいごのように使って火を調節できます。 で その下の nanateaさんが暖炉だと思ったのは 薪を置くために作ったところです。
 



これをご覧になって これがスペインの典型的な暖炉と思われた方もいらっしゃるかも と思い 色んな暖炉アップしました。
e0061699_1142324.jpg

e0061699_1143294.jpg
e0061699_1143198.jpg

e0061699_1144930.jpg

この暖炉は鉄で風情に欠けるのですが下の図のように 暖房機に暖かい空気を送って ほかの部屋を暖め そして 水を温め シャワーにするという画期的に省エネタイプなんです。
e0061699_11443275.jpg
e0061699_1144488.jpg

そしてこんな現代的デザインの暖炉もあります。
次回は 友人宅の暖炉レポートもしてみたいと思いますが 暑いので 冬になってから。
今日の記事だけでも暑かったですね。
でも 中にはニュージーランドで どんな暖炉にしようかな と考えてくださってる方もいるかもしれないですね。

でも 事実を伝えるのは難しいですね。
うちの家を見ても典型的スペインの生活を見ることはできないし 私が間違って解釈して嘘を伝えることもあるし 間違ってないけど 間違って解釈されたり。

ずいぶん昔2年間スペインに住んでいた友人が突然夫に 「スペイン人って犬の肉 食べますね!」と自信たっぷりに言うので 「いや 僕の知る限りでは普通には食べてないよ」と答えると 「だってスーパーで普通に犬の肉 カルネ・デ・ペロ 売ってましたよ」 「いやーーそれはね 犬に食べさせるための肉だよ。 闘牛なんかで死んだり 年取った乳牛とか 固くて食べられない肉をやすく 犬用に売っているんだ。」
「えっ どどどうしよーーーーー 友達みーーーーーんなにスペイン人は犬肉食べるって言っちゃいましたよ。」

これはセイロンベンケイさんの 象をさわる のTBとして書いたのですが でもTBとして セイロンベンケイさんの文章の深みに対してバランスが取れないのにTBしては失礼だと 後で思い 下の文章を続けたのですが 長いだけで深みに欠けます

人間には感情がある。 事実を見る時に時としてセンチメンタルな感情をかぶせながら見てしまう。 だから反対に言えばセンチメンタルな部分を必要以上に揺さぶるものを信じないようにしている。 ETAというグループがある。 バスクのナショナリストのグループでテロ行為を繰り返している。 そのETAの元メンバーが 過ぎ去りし日々のことを書いている。 メランコリーとナショナリズム。 これは 三島由紀夫の「田園の憂鬱」を思い出させる。 メランコリックな感情は その切なさ故に 自己の正当性を思考することなしに受諾する。 
9.11のあと テレビでは イスラム教徒を扱った番組が多かった。その多くは たとえば不義密通をした女性を穴の中にすわらせ みんなで石をなげつけるというものだった。 頭を白い布で覆った女性が 最後には倒れる。 その同じ映像を何度も何度も繰り返すのだ。
それは映像だから 事実かもしれない。しかし切り抜かれた事実は イスラムに対する嫌悪を増大するために 利用されているだけだ。 イスラム教徒の女性を助けてあげなければならない。その言葉にこめられた優越感が私はどうしても好きになれない。 助けようとする前に彼女たちに近づくべきだと思う。 理解しなければならない。 しなければならないのは 「頭に布を置くのは間違いだから それをはずして 改宗しなさい。」ということではない。 もう少し乾いた感情が必要だと思う。 
子供が百円硬貨を飲み込んだ。顔がドンドン青くなっていく。そのときに「かわいそうに」と思うだけでは死ぬだけだ。 足をつかみ逆さにして 背中を叩く。 ある公園て゛しりあったママさんが言った。彼女はおろおろしているだけ でも彼女の姉がいきなり足をつかみ逆さにした。子供は助かった。にもかかわらず彼女は姉のことを怒っている。 大事な息子の足をつかんで逆さにしたからだ。 
なぜ日本は 敗戦の後 急成長したのか。 国民が優秀だったから? 石油がなく搾取するモノは何もなかったから アジアの入り口としての位置的なものにアメリカの興味があったからだ。今 インドが急成長している。 アメリカの天敵中国とのアジアの中でのバランスを取っていくのはインドだから。
スペインにはアルメリアという砂漠地帯がある。 昔はスペインで一番貧しい地域だった。 ほとんどの人が移民したり出稼ぎをした。今 潅漑設備とビニールハウスで 収穫が増えた。 今まで 何も栽培したことのない土地なので 豊かだ。冬に売られている野菜類のほとんどが アルメリア産。 今では 反対にビニールハウスで働く移民がやってくるほどだ。
アフリカにも潅漑設備が入ったらどれだけかわっていくだろう。
しかし 経済成長を誰も実は望んでいない。 この地球は 全ての人間が アメリカの中流以上の生活ができるようにはなっていない。 ナイキの工場で働く小さな貧しい手が必要だし わがままな日本の子供達が美味しく魚を食べるために骨を抜く作業をする中国人の手が必要だからだ。 
エチオピアに行った友人が言う。 貧しいと言われているエチオピアには貧乏な人がいない。 これは例えば 私の住んでいるハエンでも言える。ハエンは貧しい地域だ。工業もないし観光も特に盛んなわけではない。 しかしここにも貧しい人はいない。 オリーブを持ち 豚を持ち ほしいモノはそこそこ変える生活をしている。
矛盾してるが これは真実だ。
真実は見つめなければならない。 覚悟が必要だ。
もしも地球全体が今より貧しくなったら そこには貧乏な人はいなくなる。
[PR]
by cazorla | 2006-07-17 11:46 | お家の中 | Trackback(1) | Comments(10)

クリスマスツリー

e0061699_052470.jpg
カソルラのサンタ・マリア礼拝堂のある広場はサンタ・マリア広場と呼ばれる一方 古い広場とも呼ばれています。 商業的には中心的な場所ではないのですがここに毎年クリスマスツリーがたちます。 山から切り倒してきた大きなもみの木で 地面にセメントで固定され 年明けに薪にして火をおこしそこでフィエスタ(パーティ)が催されます。それはここではなく 中心地に近い広場で まわりに市がたち チュロスなどを食べながら 音楽を聴き 一晩中踊ります。
e0061699_0299.jpg

アンダルシアとはいえ 山の中なので夜は冷え込み 山へ行く道は凍っています。
日が当たると 溶けていきますが日陰はまだ凍っています。
それでも 青い空を見ることができます。
e0061699_041152.jpg

[PR]
by cazorla | 2005-12-19 00:05 | カソルラ | Trackback | Comments(13)
先日 パリに住んでる友達から聞いた話。
出かけるときに うっかり鍵をアパルトマンの中に置いてきてしまった。
しょうがないのでかぎやさんを呼んだら 鍵もノブも壊されて 新しいのを付けられ 法外な料金をふっかけられた。 とても高いので手持ちが無く お金を近所に借りに行っている間に 貴重品をとられ おまけに料金もとられて かぎやさんは 何気ない顔で帰っていった。 そのあと 盗難に気づき 警察に行ったが調書をその日のうちに取ってくれなかった。

お気の毒だな とは思うのですが このかぎやさん どこから連れてきて頼んだんだろう。 それを訊くのを忘れた。 
別にヨーロッパでなくても 東京でも鍵屋は 警察経由でお願いしなくては。
それが第一のミス。 そして 知らない人を家に置いたまま出かけてしまったのが 第二のミス。

もし 鍵を中に置いたまま ドアを閉めてしまったら まず警察に相談しましょう。
ヨーロッパの警察は基本的にどんなドアも開けられるように訓練されてます。
だから かれらに頼めばただで開けて貰えます。もちろん 身分証を見せなければならないかもしれません。 そこの住人だって 証明する必要があるので。

私ですか? もちろん お巡りさんに頼みました。
「いい鍵ですねー。」と言いながら 五分で開けてくださいました。 五分で開く鍵のどこがいいんだと思いますが安い鍵なら一分だそうです。
[PR]
by cazorla | 2005-12-11 09:57 | スペイン 文化 言葉 | Comments(4)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla