タグ:スペインの村 ( 50 ) タグの人気記事

e0061699_09475089.jpg
コルドバの郊外にあるアルモドバル・デル・リオという町に行ってきました。
お城が素敵なのです。保存状態が良いので映画の撮影などにも使われているそうです。
『ゲーム・オブ・スローンズ』もここで撮影されました。

とはいえ、観光地としてよりも、農業と鉱業が主な収入源のアルモドバル・デル・リオは素朴さが残っていて、スペインらしさがたっぷりある町でした。

そしてまだまだ元気な羊飼いのおじいさん。

e0061699_10062956.jpg
羊がたくさん。
羊の首にぶら下がっている鐘のカラコラという音色と、羊たちの声。
羊はたまに叱るようなオスの声、おしゃべりなメス、思春期くらいの若い羊、子供の羊の声。
たまに牧羊犬の声。
それがずっと聞こえていました。

現代音楽みたいに。

こういうオーガニックな音は、どんなにひっきりなしに聞こえてもうるさくないんですよね。
このすぐそばのバルでご飯を食べました。

最初、犬のみかんは怖がっていたんですが、ちかづくと羊は波が引いていくように向こうに行ってしまうので
それが楽しくて走り回り始めました。
『なんだ、こいつら弱虫じゃん!』
楽しすぎる!!
e0061699_09461829.jpg

「おい!ちびすけ、なにしてるんだ?!」と牧羊犬がやってきて、みかんは逃げる、逃げる。
e0061699_09504298.jpg
それでも、大きな牧羊犬がちょっと油断すると、また羊にちょっかいを出したり。ですから繋いでしまいました。

e0061699_10065928.jpg
牧羊犬の見習い君と仲良しに。

この話には後日談があります。
みかんはどうやらこの体験で自分が肉食獣であることに気づいたらしく、以前怖がっていた馬に近づいていくようになりました。でも馬は動きません。馬は羊よりずっと頭の良い動物ですから、このチビ犬が危険がないことくらいわかります。
それでもみかんは吠えながら馬に近づいていくので、こちらの方がハラハラします。



[PR]
by cazorla | 2017-03-01 10:41 | アンダルシア | Trackback | Comments(4)

生きているということ

娘が連れてきた犬のみかんのおかげで 散歩に出かけることが多くなった。
もちろん 毎日のお散歩のことではなく
遠くまで歩くことが多くなった。
川沿いに歩いて行って
川の始まるところまで行く。
そこには 山の礼拝堂がある。
15世紀の建物。
ほぼ ほったらかし状態。
そこは 広々としていて みかんは喜んで走り回る。
鳥を見ると 追いかけていく。
鳥を捕まえたいのか。
鳥を捕まえるのが 人生の目標のように
走って走って 走り回る。
大きな天空の目から見れば きっと人間の人生もそんな感じ。
鳥なんて捕まえられないのは わかっているのに
いつか 捕まえられるかもしれない
そう思って走り続ける。
それでも その走っていることそのものが幸せなんだ。
走ってるみかんは 幸せ。


e0061699_06114556.jpg

これが 山の上のサン セバスティアン礼拝堂(Ermita San Sebastián)

e0061699_06140008.jpg
ほったらかし状態だから 木が生えてる?



e0061699_06253944.jpg
そう 木が生えてる。
生きてる。

e0061699_06185034.jpg
遠くに見える 我が村 カソルラ。


e0061699_06261361.jpg
途中の道にある洞窟の家。

e0061699_06271206.jpg
川の上の家。
涼しいと思う。

生きる 谷川俊太郎 
生きているということ
今生きているということ
それはのどが渇くということ
木漏れ陽がまぶしいということ
ふとあるメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと



[PR]
by cazorla | 2016-04-02 06:36 | カソルラ | Trackback | Comments(6)

8月は ヴァカンスを取る人が多い。
特に 今年のように暑い夏は 山ではなく海に行く。
そうでなくても カボ・デ・ガタを配す サンホセ San José 市は
夏はものすごく強気で 高い。
アパルトメントも一週間単位でしか貸さない。
キャンピングのバンガローだって 一週間単位。
そして 夏の値段。
サンホセのしょぼい二つ星のホテルが 一泊ダブルで120ユーロ。
最近は新宿のヒルトンだって もっと安かったような。

そして みごとにどこも満員。

海から ちょっと離れたニーハルで一部屋見つけた。
安い。
一泊 ダブルで 40ユーロ。
あまりの安さに怖かった。
貧乏旅行をしていた時に バジャドリで 壁に穴の空いた部屋を見た。
もちろん そこには泊まらなかったけれど。

40ユーロのところは オスペデス モンテ。
アベニーダ ガルシア ロルカにある。
10年閉めていたけど 今年からまた始めたそうで
テレビもないし クーラーもない。
もちろん Wifiもない。
レセプションもないし 電話もない。
しっかりとした 木の年代物の窓枠がある。
そうそう こういうところに昔よく泊まって旅をしたよねー。
そういうミニマムなホテルで とっても気に入りました。

ニーハルも 民芸品の街。
焼き物と織物のまち。
こういうものはサンホセにももちろん売っているけれど
産地なので安い。
だから というか
やたら フランス人が多い。
もちろん 安いからというだけではなく アーティストが 住み着いてもいるようだ。

e0061699_23494434.jpg


e0061699_00002653.jpg

フランス人オーナーのヒッピー的洋服の店もあった。
あちらからも こちらからも フランス語が聞こえる。
フランス人が多い街は信用できる と夫が言う。


e0061699_23365664.jpg

これ 屋根の上にあるのを見つけたのですが 煙突なのか何なのか わからない。


e0061699_23361713.jpg

e0061699_23354311.jpg

e0061699_23350173.jpg


ハラッパという手織りの敷物を買って帰りました。



[PR]
by cazorla | 2015-08-09 19:45 | アンダルシア | Trackback | Comments(0)

アルマグロ 散歩。

前回 アルマグロに来たのは 2007年。
母と子供たち三人と一緒に。
母は元気で マサパンをいっぱい買った。
だから 今回も買おうと思ったら 売ってなかった。
前回は 年末に行ったのでした。
マサパンは クリスマスのお菓子。
子供達も小さかった。

2007年の記事。
ビジャヌエバ・デ・インファンテス (アルマグロ近くの町)

e0061699_05580803.jpg

アルマグロの図書館。
中世の刑務所を改造して 今では図書館。

e0061699_05571671.jpg


e0061699_05542277.jpg


e0061699_05522121.jpg

日差しが強かったので 帽子が売れていました。

e0061699_05533899.jpg



e0061699_05554841.jpg

ちょっと早めのお昼ごはん。
観光の中心地のバルだったけど 値段は普通で おいしかった。
とくに そのバルのおかあさんのオリジナル おばあさんのジャガイモ がおいしかった。
30日に息子を迎えに行った時にまたいただこうと思ってます。


e0061699_05512400.jpg


e0061699_05501355.jpg
これは 家具屋さん。
うさぎが入り口にいる。
宣伝効果ありなのか?

e0061699_05475811.jpg

ラマンチャだから もちろん あちらこちらに ドン・キホーテ。
で ちょっと考えたのだけど ドン・キホーテって いつもブ男だけど
ブ男だという 記述があるの?
もしかして ものすごく ハンサムだったかも と言ったら
夫に笑われた。

息子を置いて 帰宅。
一週間の夏期講習。
電話が来ない。
どうしてるのでしょう。



[PR]
by cazorla | 2015-07-26 06:12 | アンダルシア以外の街 | Trackback | Comments(0)

e0061699_18191093.jpg




マラビージャの洞窟 と聞いて私は宝島とか そういう不思議不思議の物語の洞窟を想像した。

たくさんの宝石。 お姫様の秘密や海賊船の沈没 いろんなことが 頭をぐるぐるして 頭の中にはきらきらと色とりどりの石がいっぱいある不思議な洞窟がでっきあがってしまった。 マラビージャは 英語でいうwondderなんだけど 口に出してみると ワンダーという言葉のそっけなさよりもっとしっとりとキラキラ感があると思うんですがどうですか。 でも その不思議の洞窟は 行ってみれば 鍾乳洞でした。

それは ウエルバ県 アラセナ。 セビージャから89キロメートル。

86キロメートルという距離は どんな印象があるのでしょう。

私の通うコンセルバトリーが 84キロメートル。 週三回通っています。

息子たちのコンセルバトリーは107キロメートル。東京の友達にそれは 筑波までの距離ではないかと言われた。 なるほど そう考えると とても遠い。

洞窟は ガイドつきで入場。

一人 普通で 8.5ユーロ。

待っている間 「おじいちゃん どうしてそんなにアラセナが好きなの?」というビデオを見ました。 アラセナは 椎ノ木が多く どんぐりを食べて育つイベリア豚の産地の一つ。 また 美味しチーズもたくさんある。 お白と古い町並み。 だから アラセナが好きなんだよ とおじいさんのこたえでおわります。 

洞窟は部分によって その石のでき方が違うので それぞれに名前があります。

神様のガラス細工 とか 輝きの部屋 とか 

で 最後が はだかの部屋

ガイドさんの説明によると

はだかというのは

つまり 爪のない指がたくさんたれさがっているから。

爪のない指。。。。なるほど。

途中から すべらないように 裸足で歩いたら とても気持ち良かった。


e0061699_18213797.jpg
e0061699_18202432.jpg


[PR]
by cazorla | 2014-09-30 23:47 | アンダルシア | Trackback | Comments(0)

この日はコンクール。


e0061699_23194370.jpg




こちらが会場のコンセルバトリオ スーペリオール コルドバ。
思ったよりこじんまりした建物。
あっちにこっちに と 歩き回って よく働いているセニョーラが
じつは 審査員のWéndela van Swolさんでした。
すごく 親切な方で 審査のあともいろいろアドバイスしてくださり
FBでも お友達になってくれたし。
コンクール だめだったけど たのしかった。

e0061699_23155260.jpg

フルート奏者
ちょっとセクシーすぎではないか と思ったけど
まあ いいか。 これ 以前 わたしが買って
娘と勝負した あのドレスです。娘はライバル





e0061699_2334714.jpg



初めてのコンクールで ちょっとあがってしまいました。

お散歩。


e0061699_2315308.jpg



e0061699_231536.jpg



Pul and Bear の店内

e0061699_2311417.jpg



e0061699_2383888.jpg


ホテルは メスキータのよこっちょ。
3人部屋しか残っていなかったので 三つベッドのある部屋。
連休中だったのでホテルは 倍量金。
ファミリーな雰囲気で よかったです。
Hotel Marisa






3分41秒から始まる アレグロを弾きました。
バッハ 1034
[PR]
by cazorla | 2012-10-20 00:02 | アンダルシア | Trackback | Comments(4)

娘とのコルドバ旅行。
フルートコンクールが目的なんですが。
毎晩散歩してアイス食べて 女子気分の楽しい旅行でした。

朝ご飯も アップルパイとクロワッサン。
この日は コンクールの朝なので ちょっと緊張気味のお顔。
e0061699_6502715.jpg


コルドバって スペインもしくは アンダルシアを
シンボリック に 実在させている そんな場所だと思います。

カソルラとは違う。
寒いもん。

コルドバ 暖かかった。
冬でも ゼラニウムが咲いているし。
そして メスキータ だけではなく
イスラム文化があっちこっちに さりげなく存在する。

e0061699_6494583.jpg



e0061699_6475350.jpg



e0061699_6471819.jpg


水を使うことで 涼しさを演出。
というか ほんとに 水があるだけで涼しい。
アルハンブラの水 と同じ。


e0061699_635137.jpg


日よけ。
こういうリネンの日よけがやっぱりうれしい。
サラゴサ にも ありました。


e0061699_6343611.jpg




コルドバ ザフラー宮殿
プリエゴ・デ・コルドバの肉屋さん跡
[PR]
by cazorla | 2012-10-17 07:10 | アンダルシア | Trackback | Comments(10)

ハエンの北に位置する バニョス・デ・ラ・エンシーナに行ってきました。
ここには ヨーロッパの最古の城のひとつ Bury Al-Hammaが建てたCastillo de Bury Al-Hammamがあります。 968年築。
特別に観光があるわけでもなく 二千七百人ほどの小さな村は
どの家も古く チェーン店などもなく 静かで タイムトラベルしたような錯覚がありました。



e0061699_7472934.jpg

車で近づくと だんだん 見えてきました。
e0061699_748224.jpg
e0061699_7483125.jpg

道がほんとうの石を敷き詰められ 古い道のまま 保存されています。
e0061699_7492740.jpg
e0061699_7505135.jpg
e0061699_752010.jpg
e0061699_7525040.jpg
e0061699_753890.jpg
e0061699_7535281.jpg
e0061699_754143.jpg
e0061699_7543466.jpg
e0061699_7545133.jpg


情報
[PR]
by cazorla | 2010-08-24 08:39 | アンダルシア | Trackback | Comments(6)

ウベダお散歩

今でも デートという言葉が使われているのかどうか
さだかではありませんが ウベダに新しく小さな博物館ができたというので 夫と行ってきました。
デートより 逢い引きってことばのほうが きれい。
Sinagoga del Agua
ウベダの歴史指定地域て゜ マンションを建てようとした人が
地下にどうやら 歴史的に意味のあるものがあると 市役所に届けたのが
発見のきっかけ。
発見っていっても ここに住んでいた人は 当然のことのように
普通にここを使って 生活していました。
ユダヤ人迫害があった あの時期のユダヤ人の家で
その上に 長い歴史の中で キリスト教徒が住み 少しずつ 手が加えられていた
ということです。
ドアに小さな穴があって 猫の出入り口もあります。
当時 飢饉もあって 動物を飼うというのは かなり裕福な証拠だそうです。
地下には 七つ 井戸があり
階段も7段ずつ。
7という数字は こんなに昔からラッキーナンバーだったんですね。

youtubeで ごらんになれます。




e0061699_16444029.jpg

予定どうり マンションは建てられて 地上は ピソ(マンション)になっています。
貸しますのふだも。
最初の予定では地下駐車場付きだったのだそうですが 駐車場無し。
でも こんな歴史的なところに住むのは ちょっと 素敵ですよね。

入場料 ガイド付きで3ユーロ。
十時開館で 七時半 閉館。
なのですが しらずに 午後八時近くに行ってしまいました。
でも ちゃんと 入れてくださって さすが スペイン。
で その時間外の入場者グループが10人だった というのも さすが スペインです。


e0061699_16452177.jpg

中で 写真を撮らなかったので 市役所の写真をお借りしました。

拙ブログ内の世界遺産ウベダに関する記事
ウベダ 散歩
映画 アラトリステの撮影をした街 ウベダ Ubeda
ウベダ ティトさんの陶器のお店
ウベダのおみやげ物やさん

ダイエット五日目 反省のための全身写真 ウベダの散歩道で
[PR]
by cazorla | 2010-08-12 17:01 | アンダルシア | Trackback | Comments(4)

二十世紀初期の写真集です。
今は 通称 古い広場と呼ばれている広場が 新しい広場と呼ばれていました。










三番目のビデオが特に好きです。

長女を産んだ時 東京下落合に住んでいました。
アルバロを生んだ時は マドリッドの近郊 アルカラ・デ・エナレス。
下落合のマンションは四年 アルカラ・デ・エナレスは三年。
カソルラにはもう七年。 でもほかのところは 住んだ時から住民 という
意識があったけど ここでは やっと 最近 住民になった・・かも
というほのかな実感があるだけです。
やっと 少しずつ とけこんでいってる。
それは 田舎だからなのかな。
ことばの障壁もあったし。
そして 知り合いができ
知り合いがいなくなり
お気に入りの店ができ
お気に入りの店が消えたり
そして やっと 七年。 もう七年。
子供達は すっかり カソルラ弁を話してますが・・・・・。
[PR]
by cazorla | 2010-07-17 04:12 | カソルラ | Trackback | Comments(2)