タグ:子育て ( 188 ) タグの人気記事

長男がアレクサンダー・カンデラッキーの元でピアノの勉強を続けて、グランドピアノを購入しなくてはいけなくて、私がウェブライターを始めたことは以前書きました。
9月まであと少し。
頑張って働いてます。

ピアノは日本より高いです。
セカンドハンドになってもなお日本よりさらに高いです。
スペインは奨学金がありますが、コンセルバトリーの奨学金は大学より少ない。
フランスは大学の3倍ももらえるのに。
フランスの場合、音大に当たるコンセルバトリーのワンランク下の中級のコンセルバトリーですでに大学の奨学金より上。
音楽家は世界中のコンクールに参加しなくてはいけないし、楽器も高いから。

スペインはあまり音楽家を大事にしない傾向が強いような。
それでも、安く音楽を勉強できるからよしとしなくてはね。
日本に住んでいたら、多分、音楽の勉強は始めなかったと思います。

息子は別のものを勉強できただろうし、もしかして偉大な科学者になっていたかもと思うけど、
娘の場合、この人、結構特殊だから何をしていたか…
とにかく9歳の時から、奨学金をもらって音楽を学べたことは感謝!です。

ピアノ見てきました。
なかなか好みのが見つからない。

e0061699_16441227.jpg

右は先輩。
弾いてもらいました。
彼は大天才で、高校も15歳で卒業し、音大に16歳で入りました。
1年多く勉強して、今、21歳。
9月からオランダに留学です。


ウェブライターは現在こちらでお仕事しています。
マリアの16歳の時の写真も入ってますので、よろしかったらご覧ください。










[PR]
by cazorla | 2017-07-24 16:58 | こども | Trackback | Comments(4)

なぜだか2009年のこの記事がアクセス2位になっていて、久しぶりに見て「かわいいー!」と思ってしまいました。
どこかでスペインの学校ってカンカンとか踊っちゃうんだーなんて紹介されたのでしょうか。
こんなにかわいくて、お尻をプリンと見せてもかわいい人たちも現在中学4年生。
i日本式に言えば高校1年生です。
6月に終了し、これから大学に進学する子はバチジェラートに、行かない子は専門学校に行きます。
男の子たちは今でも、まー男の子ですが、女の子は変わりましたよ。
お化粧して、うちの大きい方の息子を誘惑したりしてるらしい。やれやれ
育児なんてあっというまに終わっちゃうんですよね。
忙しくしてるとますます速くて、ふと気づくとみんなの大きくなりすぎ!
末っ子も靴のサイズが42です。日本式だと何センチになるんですか?27cmくらい?
臭いし、かわいくない。

スペインは今年はなかなか暑くならなかったんですが、やっとというか
とうとう夏になって30度超えました。

[PR]
by cazorla | 2017-06-09 20:30 | こども | Trackback | Comments(2)

知らないうちに5月。
というのもついこの間まで、冬のコートが必要だったからです。
いつもなら、とっくの昔に袖なしになっているところ。
今年は一度春になって、その後、また寒くなりました。
カソルラは最近、観光客が異常に増え、ゆったりと川沿いのお散歩が難しくなっています。
バス1台分河口から、ドヤドヤ歩き始める。
横、3列に並ぶと追い越しもできない。
せめて、2人で歩けば良いのに、自然に幅が広くなると今度は4列になります。

スペインは6月に学年が終わるので、ふと気づくと学年末です。
時が立つのは速い!速すぎてついていけない。
6月は母の誕生日なので、年金の延長のために大使館に在留証明をしてもらわなくてはならいないし。
毎年の行事。

ピアノを弾いている、長男はアレクサンダー•カンデラッキーの教室にビリッケツで入って、結構心配していたのですが、猛勉強の末、なんとか1学年は終わりつつある模様です。
長男より、良い成績で入った子がドロップアウトしてしまったことを考えると、かなりの快挙とも言えます。

現在、住んでいる学生寮には、アップライトピアノを1ヵ月100ユーロで借りているのですが、来年はグランドピアノを買わなくてはいけません。
アップライトとグランドピアノでは構造が違うので、やっぱりグランドピアノじゃなくてはいけないそうです。
そう言えば、日本のピアノ学科の生徒ってみんなグランドピアノですよね。
私はてっきりお金持ちだからそうなんだと勘違いしていました。

我が家、娘も外で勉強しているし、経済的に大変です。
日本のように簡単にバイトが見つかる環境ではないし。
娘はたまにモデルのバイトをしています。これだと半日でちょっとしたお金になります。
あと、結婚式の演奏が月1くらい。

でも息子は9時間ピアノを弾いているので時間がありません。
その上、(バダホスに今いるのですが、)バダホスは地元ではないので、仕事を得るのは結構難しいようです。

と、まあそういうわけで、グランドピアノ購入プロジェクト。
私にできることは書くことくらいなので、ライター始めました。

読んでいただけると嬉しいです。
シェアとかツイートとか、はてブとかしてくれるともっと嬉しいです。


e0061699_15460957.jpg





[PR]
by cazorla | 2017-05-18 15:47 | しょうもないこと | Trackback | Comments(2)

e0061699_03414880.jpg
先日、某所でベビーカー優先エレベーターがらみのニュースについて書いてるのを読んで、なんとなく考えたことを書いてみました。優先というのも変だなーというのがあって。
そこのコメントで、車いすマークを押すと鏡のついたエレベーターが降りて来る、というのも結構びっくりしました。
10年日本に帰ってないので、感覚がガイジンなんですね。だって鏡のないエレベーターがあるなんて信じられないというか。
あえて、車いす優先のエレベーターに鏡をつけなくても、全部につければいいじゃん、とシンプルに私は考えます。「優先」ってある意味差別ということなのではないかという気がするんですが、そう感じる方がおかしいのでしょうか。

鏡があるとネクタイが曲がっているのを直したり、マスカラがほっぺにくっついているのを見つけたり、結構、ユーズフルなのではないかと思うのですが。30年くらい前に熊井監督の奥さんの熊井明子さんがエッセイの中で、「パリの女の子が綺麗なのは、街中に鏡があるからだ。」と書いてましたが、鏡をいっぱいつけて、車いすの人も楽になり、綺麗な女の子が増えたら、素敵じゃないですか?


最近は日本でも、ベビーカーを畳まないで電車に乗れるようになったと聞きました。よかったなぁと思います。だって、荷物があって赤ちゃん抱っこして畳んだベビーカーを持つなんて大変です。もっと赤ちゃんを連れて気軽にどこにでも行ける社会になれば、出生率も増えて、年金問題だって解決できるのではないかなと思います。



[PR]
by cazorla | 2017-04-24 03:43 | こども | Trackback | Comments(4)

1996年新宿区民

ふと最近思い出したこと。
昔、内職してました。マリアが生まれてすぐの頃です。
マリアを生んだ頃、子育てが楽しくで、子育てに熱中していました。
でも、やっぱりお金がないと困るなーと。
マンションを買ったばかりだったし、生活はなかなか大変でした。
区報を見たら、区役所で内職を紹介しているとのこと。それで早速区役所に。

新宿民だったんですが。新宿というのはなかなか良い区なのです。
赤ちゃんが生まれた時に出産お祝いがあります。
マリアは木製の食事椅子をもらいました。
かなり重いちゃんとした木で、かわいかった。
エンリケは、小さなソファーベッド。
それから、幸福の木とかそういう鉢植えがもらえます。
毎年、4月28日の緑の日には、やはり植木がもらえます。
夏みかんの木とか。
あと、ベランダにお花を植えると長さ1mにつき月1000円とかね。

ちょっと話が逸れました。つまり、新宿区は区民に優しい区なのです。
お仕事はすぐもらえました。
区役所の内職斡旋の係りの人は、50歳くらいの女性でした。
すごく優しい人。お仕事を斡旋するだけではなく、相談に乗ってくれたり。
宛名書きの内職をいただきました。
単純作業が実はものすごく好きなのです。

内職以外にも、新製品のモニターをしていて、図書券をもらっていました。
今でもそういうモニターのお仕事ってあるのでしょうか。
発売前のドレッシングとか、お菓子などが送られてきて、それについて感想を書く。
そういうものが送られてくるのも楽しかった。
中には一緒に図書券、500円分が入っていて、
2000円くらいになったら、本屋さんに行って。

30代の私はそういうことが楽しかったなと、ふと思い出したのです。

1996年、武満徹が亡くなった年。
マリアが生まれて、ちょっと貧乏で、それでも楽しかったなーと。
そして、マリアは卒論のテーマを武満徹にして、世界はきっとどこかで繋がっているんだなと。
繋がっている1996年の新宿のことをふと思い出したのです。



[PR]
by cazorla | 2017-04-06 07:50 | 思い出 | Trackback | Comments(2)


e0061699_20455380.jpg
息子が9月から住んでいるバダホス。
交通のコネクションがカソルラからだと複雑でなかなか行けない。

これはコンセルバトリオ(音大)そばの広場

e0061699_20252134.jpg

ここが学生量のある路地。
変な人がいっぱいいるようなところなんですが、警察署横なのでとりあえず安心。
息子、エンリケの先生はソ連時代のグルジア人。だから結構厳しい。
でも教えるのが本当に好きで突然全員呼び出してグループレッスンをしたり、個人的に呼び出してレッスンしてくれたり。
息子はお正月、ちょっと早めに戻ったらすぐに電話で呼び出され5日間毎日2時間レッスンをしてもらいました。

先生は学生にピアノを持たせる。学校にもピアノがあって、土日も使えるんですが、家にもないと弾く時間が少ない、そうで。

ピアノが弾けるところを借りなきゃいけない。
学生寮の二人用の部屋を一人で使用して、ピアノを置いてます。
だから倍、費用がかかります。
ピアノも借りてるし。

e0061699_20401842.jpg

e0061699_20410999.jpg
息子の寝室。



e0061699_20434479.jpg

もう一つ部屋があって、そこは物置状態。
ただ、広いだけの部屋。

毎日、9時間弾いてるらし。

先生からお呼び出しがあってグループレッスンがある日は、午後3時から夜11時まで。
一人の学生が『先生、疲れませんか?』と聞いたら、
『ああ、疲れた。お前らがちゃんと勉強しないから疲れた。もうやめる。でもお前らがよく勉強してたら疲れないから一晩中レッスンできるのになー。』


e0061699_20382563.jpg

学生量のパティオ。

とにかくいい子が多いです。

[PR]
by cazorla | 2017-02-07 21:02 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(4)

クリスマスの思い出

まだまだ寒い日が続きます。

アップし忘れていたものがあったので、


これを見て娘とチャレンジしたんですが、大きい方はうまくいかず小さい家だけ、
しろくませんせいのに比べるとへなちょこですが、今年のクリスマスにまた頑張って作ります。

e0061699_05173724.jpg





e0061699_05183189.jpg

でもとにかく作るのが楽しかったです。

e0061699_05200560.jpg
長女と長男。
仲がいいのか悪いのか。

兄弟っていいですよね。

娘はポーランドでの学校生活がもう我慢できず、帰ることに決めたそうです。
奨学金返さなくちゃならない…

オーケストラのクラスに行ったら君は全科目合格って決まってるから来なくてもいいんだよって言われてカチンと来たらしい。
最初から合格って決まってるんなら何のため?みたいな。

本音は恋人と一緒にいたいのでは?という疑いもあるけれど、21歳
本人が決めるしかない。
けどね、奨学金返さなくてはいけなくなるんだよね。ブツブツ




[PR]
by cazorla | 2017-01-29 17:38 | こども | Trackback | Comments(8)

マリアのお誕生日

1月11日が長女のお誕生日。
10日にポーランドに戻ったので8日日曜日にお誕生会をしました。
長男は4日にバダホスに戻ったので、家族の歴史で初めてメンバーの欠ける誕生会になりました。


e0061699_06552859.jpg
21歳の誕生日なので、お誕生日おめでとう の文字のキャンドル。
そして、子供時代のような風船。

e0061699_06544078.jpg

e0061699_06550782.jpg


e0061699_06515958.jpg


e0061699_06513447.jpg


e0061699_06503834.jpg
ロウソクの火で爆発する風船。
娘は怖がりなのです。

e0061699_06510310.jpg


e0061699_06485514.jpg

今年は恋人の家でもお祝いしてもらい、ポーランドでもしたそうなので三回もバースデーケーキを食べました。

[PR]
by cazorla | 2017-01-12 07:02 | こども | Trackback | Comments(10)



年も明けました。2017年。2000年になったのを機にスペインに移住して、すでに17年。一番小さい人がスペインで生まれて、今年で16歳になります。三人の子供達を連れて歩いていたのはほんのちょっと前、という気がしますが、知らないうちにみんなでかくなってしまいました。

母も10回、お誕生日を迎えて、今年は11回目、90歳に。

もう一回柴犬を飼いたいと思いつつ、もう飼えないかもねと思っています。
柴犬が大好きで、一人っ子の私には兄弟のようだった黒い柴犬の小太郎。
人生にリミットがあるのはわかっていたけれど、たかが柴犬を飼いたいという願いもかなり大変な願いだったのだと最近になって実感。
犬を飼うときは20年間、穏やかな環境を維持できると、その犬が居心地よく過ごせるようにと考えてやらなければ。

たまたま、娘が愛護協会からもらってきた犬を学生アパートで禁止されているのに飼っていたから、その犬、みかんがうちに住むようになった。
犬も『縁』だなと。
ブログだって、繋がっている方々とは縁があったのだと。

縁は異なものと言いますが、不思議なものです。

大晦日のパーティーに出かける前の息子です。
母と一緒にうどんを食べました。




e0061699_06351918.jpg



e0061699_06094577.jpg
息子が『来年も一緒に食べようね。』と言いました。
今までそんなことを言ったことはないのですが。

『来年も一緒に食べようね。』

来年が不安定なものだとわかったのでしょう。
絶対的な未来はない。
母が年々、少しずつ小さくなっていくのを見ながら。

人生にリミットがあるのを知ったとき、人は大人になるのだと誰が言ったのでしたっけ?
まだまだ、私も大人になりつつある段階でリミット全てを知ってるわけではなく、最近になってわかってきたこともいっぱいあります。
そのリミットがあるからこそ、しっかり受け取って、しっかり味わって生きたいと思います。





[PR]
by cazorla | 2017-01-03 02:06 | 思うこと | Trackback | Comments(14)

兄弟っていいね♪

e0061699_10472579.jpg


10月の晴れた日に長男の住むバダホスに行ってきました。
一番の目的は末っ子を喜ばせること。
末っ子は生まれた時からずっと誰かがそばにいるのが普通。
兄がいない生活というのがやっぱり寂しいようです。
末っ子が生まれた時も長男はすごく喜んでた。
まだ、2歳だったけど赤ちゃんを抱っこしたがって。
ヤキモチを焼くのではないかと心配していたのでびっくりでした。
赤ちゃんが本当に好きで、末っ子が3歳になると、
『おうちに赤ちゃんがもういないから、ママ、赤ちゃん作って。
おうちには赤ちゃんが必要だよ.」
と長男が言うのです。

でも次の赤ちゃんはなし。

長男にとっては末っ子が唯一の赤ちゃんだったのに、『お家に赤ちゃんが必要』と思うって不思議。

そう言えば私の妊娠に最初に気づいたのも長男でした。
計算すると妊娠1週間目くらいで『ママ、赤ちゃんいるね』と私のお腹をさすったのです。
そんなわけないと大笑いしたのですが、それから2ヶ月すると気分がだんだん悪くなってきました。
それでも、妊娠したとはおもわず、病院に行って診断されるまで疑いもしませんでした。

ね、赤ちゃんいたでしょ?

と当然のように笑っていました。

スペインに住み始めて、長男はまだ学校に行かないので友達もいない時期です。
お腹の中にいる時からずっと交流してきた兄弟。
[PR]
by cazorla | 2016-11-08 10:58 | こども | Trackback | Comments(6)