夏の色

カソルラのいつもの散歩道。
春はあんなにカラフルだったのに花の色が淡い。
夏の色って何色?
ギラギラ太陽。
蝉の声を聞く深い緑の木漏れ日。
真っ赤なワンピースのお嬢さん。
白い日傘。これは日本ね。
ここでもたまに見かけるようになった日傘。
大きなつば広の帽子。
特に観光地には外国人用につばのついたパナバ帽が売っている。
それが夏の風景。

それなのに花の色が淡い。


e0061699_12481612.jpg

e0061699_12484596.jpg


e0061699_12491764.jpg

e0061699_12494104.jpg

e0061699_12502002.jpg


まるで秋の七草のように、
でも私は実は秋の七草を知らない。
ただ、気持ちとして秋の七草のようにと書いているだけ。

あれだけ茂っていた春の花たちはどこに行ったのだろう。
一瞬にして交代できるほど、成長が速い。

鳥の声が聞こえる。
その瞬間、甘い空気が立ち込めた。

e0061699_12483223.jpg

いちじくである。
鳥がつついた。
甘い味を共有した、そう思った。


e0061699_12495255.jpg

もっと夏が進んでいくとスペインの夏は黄色になる。
ひまわりの輝く黄色ではなくて、枯れた草の倒れた黄色。

こういう時期にスズメの子供達が巣立ち始める。
子雀を連れた親鳥が、大きさは同じくらいなのに床に落ちた餌をついばんで口に入れてやる。
そして、子雀は拾って食べることを覚えていく。
まだ、飛び立つのに時間がかかる。

我が家の犬、みかんがそういう子雀を見つけた。
あともう少しで捕まえるところ。
親鳥が飛んできてみかんの鼻先に飛ぶ。
犬は近くにいる獲物の方が可能性があると本能的に思ってしまって、ついそちらを追う。
その間に子雀は飛び立たなければならない。
でもまだ小さくて体がこわばって動けない。
みかんが親鳥が行ってしまうのを見て、また子雀の方に向き合う。
またもあともう少しで捕まえるところまで追い込む。
するとまた親雀が来た。
そういうことを何度か繰り返して、やっと子雀が飛び立つ。
親っていうのは勇敢なものだと感心する。
そして、みかんの口が血だらけにならなかったことに安堵する。

スペインの夏はまだ始まったばかり。





[PR]
by cazorla | 2016-07-17 13:04 | カソルラ | Trackback | Comments(8)

花のもとにて

e0061699_07194251.jpg
イチジクの木。
根元に生えてる草。
根元というより 株の上の方 枝が広がって そこに草が生えてる。
そして 花が咲く。

e0061699_07202646.jpg

共存共栄。
これこそが共存共栄。
このことばは ヤクザと政治家とか そういう設定で使っているのを聞いて覚えた言葉。
でも 本当の共存共栄は こういう感じ。
人工的な 場面では 寄せ植えとか。

寄生虫というと 悪いものの代表のよう。
寄生虫のような男とか そういうメタファーで使われる。
でも 寄生虫は 例えば 動物にくっついてるけど 動物を絶対殺さない。
それは 住処だから。
小学生時代 ギョウ虫検査があった。
寄生虫は悪者。
でも寄生虫がいなくなって アトピーが増えたと最近言われるようになった。

共存共栄。

母が 二日前にまた転んで ベッドから 立ち上がれない。

ごめんね
悪いね
死んだほうがいいね
痛くって もう生きて行きたくない

でもね 一緒にいるから お互い 生きていけるんだよ。

e0061699_07205463.jpg

e0061699_07211506.jpg

e0061699_07220283.jpg

e0061699_07225634.jpg

野の花たち。

e0061699_07232428.jpg

よそんちの桜。


今 連休で娘が帰ってきている。
今 20歳。
夜 お茶をしながら しゃべる。

染色体異常の検査について話す。
『私は 検査して 異常があれば もし 障碍児だったら堕す』
と 娘が言う。
『私は 一人目の時は まだ日本だったから しなかった。
高いもの。 60万。
で そこそこ年だったから 可能性のことは考えた。
お医者は 検査しますかって聞いてきた。
パパと話し合った。
もし 障がい児だったらって。
最終的に 障がい児でも生むことになりそうだから 検査はしませんんって。』
『でも 障害のない子が生まれて嬉しかったでしょ?』
『そりゃ そうよ。』
『でしょ? やっぱり 障碍児は嫌なんでしょ?』
『そんなに簡単に決められない。
障碍児が生まれても大丈夫なように ちゃんと勉強して 用意しておいたもの。
それに 生まれた時は まだ わからなかったり 一年して 初めて分かるケースもあるのよ。』
『そうなったら 私は もちろん育てるけど。
やっぱり わかってたら 堕す。
人生無駄にできないもの』
『無駄だとは思わない。
神様は 無駄なものは 作らないと思う。
もし 障害のある子供が生まれたら それは また ある意味を持ってるんだと思う。
人間が ただ 受け入れるだけ。
それ以上のことは 傲慢だと思う。』
『ママっていつから クリスチャンになったの?」

存在理由は ある。
いや 存在理由なんて なくてもいいのかもしれない。
ただ そこにある。
そう いう言い方をすれば 仏教徒。

色とりどりの花が咲く季節。
誰にも見られないまま散る花もある。
でも もちろん 彼らはそれで構わない。
人間のために咲くわけじゃない。


[PR]
by cazorla | 2016-05-02 07:49 | 思うこと | Trackback | Comments(6)

母とお山

母とカソルラ山脈にある リナレッフォスという公園になっているところに行きました。
平らなので 歩きやすいので 軽い運動。
森林浴もできます。
腰痛いし 〜
と言っていたけど 行ってよかったです。

e0061699_20164807.jpg

一時は ベッドから出られなかったのに。
元気になりました。

89歳のお誕生日まで あと 2ヶ月。

翌日は ちょっと疲れて 寝ていましたが 食欲はいっぱいあって
むしゃむしゃ美味しそうにいっぱい食べました。


[PR]
by cazorla | 2016-04-25 20:19 | スペイン年金生活 | Trackback | Comments(20)

カソルラ山に雪が降る

カソルラのお山にも 雪が降りました。
画像は お友達からもらった画像です。

寒いので 母のところに 入り浸りです。
でも 二人とも元気です。
ご報告まで。


e0061699_17391173.jpg



[PR]
by cazorla | 2016-02-19 17:41 | カソルラ | Trackback | Comments(2)

ロバ君の再就職

カソルラ在住のドイツ人 バルバラは以前 完璧な自然主義者の夫と
山の中に住んでいた。
電気もなし。
車もなし。
薪とランプと そして ろば。
『私たちは 砂糖を村に買いに行くために ろばが必要だったの』

道の状態が悪かった時代は 自然主義者ではなくても
ろばは必要だった。
重いものをたくさん運ぶために。
でも だんだん ろぼの需要が減っていった。
ろばは 絶滅寸前。

一方 狼も絶滅寸前だったけれど 動物愛護協会の人たちの努力の結果
おおかみが カスティージャ・イ・レオン地方で増えてきた。
増えてくると 羊たちを襲う。
昔は だから 狼が絶滅しそうになった。

そこで 羊を守る『者』が必要になった。
対 おおかみ。
それが ろば。

カスティージャ・イ・レオン地方 サモラ県で
10箇所の農園でろばを買うことに決定。

すでに チリでは ろばを おおかみや野生の犬対策に飼っている。
ろばのパチータ
e0061699_19201542.jpg

ヴィデオをご覧になりたい場合は Burrita Pachitaで検索すると出て来ます。

なぜか ろばは 肉食動物に対して 攻撃的。
『プラテーロと僕』が大好きな人にとって ろばは もっと穏やかで可愛らしい存在。
『プラテーロとぼく』を大好きなある日本人が アンダルシアに住んで ろばを飼って
友情をあたためようと いきなり抱きしめて 噛み付かれて たいへんなことになったのは
スペインに住み始めてすぐのことだから もう15年位前。
でも その性格を把握して付き合うと かなりたのもしい相棒になりそうです。

ろばは 牧羊犬に比べて 食費も少なくてすむ。

絶滅危機のろばくんたちの新しい生活。
今では 昔のように重いものを担いで 鞭打たれることもなく
広い牧場を走り回る。
幸せな生活が始まったことをとても嬉しく思います。


e0061699_19304049.jpg



サモーラ県で就職が決まったばかりのろばくん。






[PR]
by cazorla | 2015-03-21 19:31 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(4)

ドニャアナ国立公園

e0061699_08065831.jpg
ウィッキーによると ドニャーナ国立公園は、ウエルバ県セビリャ県カディス県にまたがる[1]スペイン国立公園で、ヨーロッパでも最大級の自然保護区である。ユネスコ世界遺産に登録されているほか、生物圏保護区ラムサール条約登録地にもなっている。 そうな その国立公園に行ってきました。
スペイン語で 殿にあたるドン(たとえばドンフアンみたいに) それの女性形がドニャ。 貴婦人にあたえらる称号のような。 で アナという名前にドニャがついてドニャーナ。(ウィッキーによると。。16世紀にメディナ=シドニア公だったアロンソ・ペレス・デ・グスマンが、その妻アナのための宮殿をこの辺りに建てたことから、ドーニャ・アナ、すなわちドニャーナという地名となった そうです。)
e0061699_08003141.jpg



e0061699_07585780.jpg










e0061699_07563964.jpg





e0061699_07540360.jpg





e0061699_08062764.jpg







夏は水量が減って 水のある地帯が少なく その分鳥も減って
ほとんどが アフリカや北ヨーロッパに行ってしまうので 夏より冬に行くほうがよいのですが
イギリス人の友達が来て 今まで行ってないところ。。ということで ウエルバに行ってきました。
野生の動物が 大自然のなかでくつろいでいるのを 見られるのはたのしいものです。
動物園はそんなにすきではないのですが こういう自然のなか ゆったり気分で 動物の生活を見るのも悪くありません。 一番有名なのは イベリアおおやまねこ リンセですが 彼らは夜行性なので 残念ながら というか 幸運にもというべきか 遭遇しませんでした。 

何回かにわけて 旅行のようすを紹介したいとおもいます。

[PR]
by cazorla | 2014-09-07 08:14 | アンダルシア | Trackback | Comments(0)
朝 三時に起きて海に行く。
山のなかに住んでいる。
ハエンという アンダルシアで一番知名度の低いところ。
オリーブオイルの平均的質と量のみが ぬきんでいる。
そういう山に住んでいると 海が恋しい。
子供たちも大きくなって 夫と二人 たまに 海にいく。
アルメリア カボデガタという国定公園。
ゆっくり車で四時間くらい。
四時にでかけて 途中 コーヒーを飲んで一服して
八時には海に着く。
地中海の水は暖かい。

朝 一番について ヤギのグループに遭遇する。
羊飼いの少年もじいさんもいない。
犬さえいない。
まるで彼らの意志で出かけて朝ご飯しているみたい。
リーダーは茶色のヤギ。
大きくてちょっとこわい。
こわいけど 写真にとる。
ちらっと しょうがないなぁという顔で見る。

時間が来たのか かれらはゆっくりもどっていく。
どこに?
かれらの静かな家?

とにかく 戻っていく。
もどる家があるのは すてきだ。
e0061699_04062732.jpg




e0061699_04044722.jpg



e0061699_04072376.jpg
自然公園で 水浴をする贅沢。



[PR]
by cazorla | 2014-08-18 04:28 | アンダルシア | Trackback | Comments(4)


いわゆる秋吉台みたい
岩だらけの自然公園
2時間 たっぶり 歩きます。
2時間コースがオーソドックスで
綱など用意すれば もっとハードなコースもあるらしい。

マラガ アンテケラ市 にある自然公園
詳しくは次回 書きます。



e0061699_22394677.jpg




e0061699_22393264.jpg



[PR]
by cazorla | 2012-09-03 10:06 | アンダルシア | Trackback | Comments(2)
ひさしぶりの海水浴。
夫とふたりのデート。
朝四時に起きて 九時に海につく。
お昼ご飯を食べて 帰り道。
それでも 四時間 海にいる。
恋人時代みたいに。

e0061699_9263439.jpg



e0061699_927335.jpg



e0061699_9272428.jpg



e0061699_9274521.jpg




またもやコンピューターが壊れておりました。
修理しました。
もう このコンピューター 十年くらい使ってます。
そろそろ 買い換え 考えなくては。
[PR]
by cazorla | 2012-07-15 09:31 | アンダルシア | Trackback | Comments(8)

カソルラ山脈のはげたか

カソルラ山脈は大きな自然に包まれた場所です。
夫が 大学時代 三十年くらい昔ということですが
オオカミもいました。 家畜を襲うので 少しずつ減って 現在は絶滅。
でも ここには まだ quebrantahuesos ひげわし が住んでいます。
いわゆる はげたかです。
だから死肉を食べるのですが 家畜が死んだ場合に放置していてはいけないという法律ができたのと
狩りに関して かなり限定していること そして オオカミがいないために 死体がほとんどでないという状況で 少しずつ 減っていっています。
スペイン語名quebrantahuesosのhuesosは骨。 骨を高いところから落として 柔らかい骨髄を食べる習性を持っているので この名前を持っています。
カソルラでは この鳥の保護をしています。
先日 七羽のひなが生まれました。
ひなの時からくちばしが強く 兄弟を一緒にすると つついて殺し合ってしまうそうです。
だから ぺつぺつに。
e0061699_7121294.jpg
e0061699_7123740.jpg
e0061699_7172279.jpg
e0061699_717471.jpg
e0061699_7185114.gif

おとうさんひげわし。

でも ほんとうは 山があって オオカミがいて やまやぎや鹿がいて そのバランスのなかで
ばけたかがいる というのが 理想的なのですよね。
現実には 人間のわがままでそのバランスがくずれている。
アクアリウムだって じょうずに作れば自然のバランスで なにも手をいれなくても
水と水草と魚の調和で 生命がまわっていくのに。
山だって 結局は アクアリウムと同じはず。
でも 少しずつ 手をいれて 息をはあはあいわせながら 少しずつだけでも
滅びていく種を少なくしていこうとしている。
[PR]
by cazorla | 2012-03-28 07:24 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(0)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla