タグ:風景 ( 159 ) タグの人気記事


年末から ちょっと調子を崩したのは どうやら 天候のせいだったようです。
雨が 降る前で 雲が 多くなって 気圧の変化とかなとかで 
体の循環が悪くなってしまった。

数日 続いた 雨も止んで 今日は久しぶりの晴天。
みかんを連れて 夫とお山にピクニック。
そう 二人だけ。
子供達は もう それぞれに用事が あって 急に言われてもねーって。
つまんないですね。



e0061699_02153487.jpg



e0061699_02161073.jpg

丸く見える植物は トミージョ。 タイムです。
もっと高いところに行くと ロメロ 、 ローズマリーが あって
もっと高いところに行くと ラベンダー。

空気が タイムの匂い。
たくさんとってきて お風呂に入れます。
静かだから 動物たちの声が聞こえる。
鹿の ウォオオンという声や 小鳥たちの声。

e0061699_02144871.jpg

お墓を見つけた。
普通は 山にお墓を作れないから 多分 マスコットの墓。
日付が付いてました。
ペットボトルで作った花も飾っていた。

e0061699_02164856.jpg


e0061699_02170934.jpg


e0061699_02173303.jpg
赤い矢印のところ 見えますか?
ロシンがあった。
ビオラやバイオリンの弓につける油。
あれって 松から出てくるんでしたっけ?


気持ちの良い1日でした。




[PR]
by cazorla | 2016-01-09 02:42 | カソルラ | Trackback | Comments(12)

牧神たちの午後

コンセルバトリーの最高年齢の劣等生。
試験勉強中です。
今日は エスティーロ (スタイル)の試験で 
楽譜を見て 分析して 特徴などなどを 書く試験。
試験勉強中なのに こんなの作ってみました。


ドビュッシーの プレリュード。 牧神の午後

我が家の二人の牧神の写真。 



ダン ギブソン Dan Gibson  バージョン。
電子サウンドだけれど この写真整理しようって。
アルバロの写真が多すぎ。
しつこいから 少し へらせと言われたけど そのまま。

写真は 4月です。
早く 春にならないかなー。


e0061699_19561707.jpg


さ 勉強しよ。


[PR]
by cazorla | 2015-12-01 19:57 | 思い出 | Trackback | Comments(4)


前回の犬のみかんとの散歩道より ちょっと野生的な散歩道。
セレスエロ川沿いの道。
セレスエロは セレッソ 桜 を小さくする語尾をつけた言葉。
ちっぽけな桜の木。
もともとは 桜の木が いっぱいあったのでこの名前がついたのですが
最近では いちじくが もっと多くなってしまいました。
いちじくの方が 生命力が強い。


e0061699_02472066.jpg
スペインは 夏になると その日の強さで 草が枯れてしまい 黄色になる。
夏をイメージする色は 黄色。
そして 秋になり 雨が 降り始めると 草が生えてくる。
秋。
人生の秋は初老の頃でしょうか。
だから エロジジイのことを ビエホ ベルで 緑色のジジイと言います。

e0061699_02525825.jpg



e0061699_02585192.jpg




e0061699_02593155.jpg


川沿いに 山を登っていきます。
実は 川に落ちました。
カメラを持っていたので どこかを捕まえる代わりに カメラをつかんで
水の中に落ちないように 持ち上げて。
イバラがいっぱいあって 背中と手に引っかき傷ができ
靴もズボンもすぶ濡れに。
みかんは 遊んでると思って はしゃぎ回るし。
最悪。



e0061699_03011161.jpg



e0061699_03152187.jpg


登りきって 下を見る。
この辺りの山は昔は海の底だったのだそうです。
昔。 そう 本当に昔。
アンモナイトが残っている。
カルシウムが多い。
山のてっぺんには木がない。


e0061699_03020743.jpg

美しい時間。
午後5時。
アンダルシア北部のオリーブのあるところ。
静かに秋が深まっていく。

e0061699_03223134.jpg








00000010_18534469.jpg
[PR]
by cazorla | 2015-11-14 03:25 | カソルラ | Trackback | Comments(4)


コルドバに住む娘のフルートの発表会でした。
今年 2年目ですが 初めて招待してくれました。
始まるまで メスキータまで 少し散歩します。
e0061699_18491844.jpg

e0061699_18504847.jpg
レトロなペンション。 ちょっと泊まってみたい。
メスキータ近くです。

e0061699_18500893.jpg


e0061699_03243409.jpg


e0061699_18514787.jpg
ここがコンセルバトリオ。 ギター抱えた人がいっぱいいます。
午後5時は あまり授業がないから ギターのイベントか?
午後5時 フルート ヴェンデラ ヴォン ソード教室の発表会。


みんな 普段よりかなり下手だったそうです。
それぞれに 競争心があって それで 緊張してうまく吹けない。
娘は かなり良く吹けて
先生が これからはいつもママに来てもらいなさいって言われました。
こんなにリラックスして吹けたのは初めてだそうです。

この後 バスに乗って 郊外の大型ショッピングセンターに行った後
帰りのバスが とんでもないところで 終点になってしまって
ほぼ コルドバ全域を歩くことになってしまいます。
コルドバがこんなに大きな街だったなんて!!

次の日 直接 私のコンセルバトリーに行って授業を受けて帰宅。
さすがに疲れました。


[PR]
by cazorla | 2015-10-31 02:35 | こども | Trackback | Comments(6)



探しながら歩いてるといつも見てるものも違って見える。
サンタマリア教会の窓の天使も見える。

e0061699_20341649.jpg


今年は 九月 なかなか忙しくて ブラックベリー撮り損ねた。
残ってるブラックベリーは 干からびて 干しブラックベリーと化している。
残念。
また 来年。
美味しいブラックベリージャムを作らなくっちゃ。


e0061699_20331940.jpg

赤い葉っぱみっけ。
e0061699_20331715.jpg


ざくろが実ってる。
ざくろはスペインでは一番大事な 果物ですよね。
グラナダ
e0061699_20330081.jpg

もっと赤い葉っぱみっけ。
野生の葡萄 パラっていうののかな?
その葉です。




e0061699_20323144.jpg

お城まで歩いた。
町の外はオリーブ畑。

e0061699_20291999.jpg


ミカンと一緒。
ミカンも心なしか秋色。

e0061699_20284790.jpg


秋が町を包み込む。

[PR]
by cazorla | 2015-10-04 20:43 | カソルラ | Trackback | Comments(2)

コンセルバトリオ スーペリオールに入るにあたって
娘が 質問した。
『ねえ ママ もし わたしが妊娠したらどうする?』
『わたしの子として育てる。 だから勉強に専念しなはれ』
実のところそれは 本心というのでもなかったけど
まあ そういう答えを期待しているのだろうと 思って
機嫌よく送り出したいというのもあって そう言った。
この答えを 気に入ったようで
にっこり笑って コルドバに旅たつ。
しばらくして Facebookを見ると 日本で買った羽根布団の上に犬がいる。
なんじゃこりゃ。
ミカンと名付けられた犬を飼っている。
だいじょうぶなの?
ピソのオーナーは知ってるの?
大丈夫。 それに これはわたしの犬ではなくて 同居人のダミアンのだから。
そう言っていたにもかかわらず 夏休みには一緒に帰ってきた。
わたしねー こういうやせっぽちの雑種犬って好きじゃないのよねー
なーんて言ってたのに やっぱり嬢がうつる。
夏休みが終わって 一緒にコルドバにもどる。
やれやれという気持ちと 寂しいという気持ちと。
次の日 朝早く電話がかかってくる。
どうも 一緒に住めない雰囲気。
元同居人も かれの新しいピソは オーナーがすぐそばに住んでるし 無理。
というわけで 新しい家族 として迎えることに。

もともと 動物愛護団体で保護されていた犬。
そして 長女が可愛がっているとはいえ ほぼ 一人で ピソにいた
なんとなく 不安定な生活状況の犬だから
自分の宿命みたいなものを受け入れているようで
物静かで 世界を理解しようと一所懸命。
けなげなのである。

勉強に専念するために 赤ちゃんは ママが育てる。
そのことばどうり。
わたしの新しい赤ちゃん。
e0061699_20003912.jpg


e0061699_20064364.jpg



e0061699_20071429.jpg

子鹿に似ているミーちゃん。


e0061699_20035986.jpg


e0061699_19582408.jpg
廃墟です。 昔は年取ったジプシーがヤギと暮らしていた家。


e0061699_20044920.jpg

動物愛護団体にいた時の癖なのか お皿のドッグフードをテラスに運んで食べる。
小さいから苦労したのだと思う。


[PR]
by cazorla | 2015-09-26 20:38 | カソルラ | Trackback | Comments(10)

長女 もうすぐ二十歳

長女です。
この人が生まれた時 泣いても誰にも怒られず好きに遊べる子供ができた
と思った。
好きに遊べる。
いっぱい 歌も作ってやった。
女の子くさーーーい女が嫌いなので
髪も短く 男の子に間違えられる女の子の幼児時代。
にもかかわらず
女くさっ


e0061699_03120316.jpg


e0061699_03101681.jpg



e0061699_03125476.jpg

撮影は近所のサンタ・マリア教会廃墟跡で。

ちゃんと遺伝子を受け継いでるんだろうなと思うと うれしい。
どっちかというと
実はうちの母に似ています。


[PR]
by cazorla | 2015-09-26 03:21 | こども | Trackback | Comments(12)

舅自慢

先日 息子を連れて アルマグロ に行ってきましたが
またも お迎えに行ってきました。
その時 7年前に マサパンを買って美味しかった店を探したんですが
見つからず でも 今回 やっと見つけました。

マサパンは クリスマスのお菓子なんで 今は作ってなかったんですが
限りなく近い パスタ デ アルメンドラ (アーモンドパスタ)を買いました。
7年前は おじさまがいたので ここの店だったかなーー どうかなーと
半信半疑で おじさまより 若いセニョーラに反しかけました。
すると それは お舅さんだそう。

『それは舅よ、
そうそう 明るくて おいしいから 試食しなさいって言ったでしょ?
自分のマサパンにすごーーーーく 自信があるの。
もちろん マサパンは アルマグロの典型的なお菓子じゃない。
もちろん。
でもね 私の舅は そりゃ エクセレントなマサパンを作る
エクセレントな菓子職人なのよ。
スペインで一番エクセレントなの。』

このくらい 舅を褒め上げるって すてきなことだと思いませんか。
話していて 楽しかったです。

Angel Molina
C/ Mayor de Carnicerías, 4. C.P. 13270,Almagro. Ciudad Real.


パスタって やわらかめのクッキーですが
このアーモンドのパスタは さらにやわらかくて マサパンに限りなく近かったです。
すごくおいしかった。


でも スペインでは 舅を褒め称える嫁どのが多いです。
愛してる人のおとうさんなんだもの よく 考えると 当たり前ですよね。
父と息子の関係にもよるのかもしれないです。

e0061699_06323672.jpg





e0061699_06342608.jpg

雀の親子。
同じ大きさだけど 右の雀が 食べ物を拾っては左の雀の食べさせてた。
まだまだ 社会修行中。




[PR]
by cazorla | 2015-08-01 06:50 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(6)

アルマグロ 散歩。

前回 アルマグロに来たのは 2007年。
母と子供たち三人と一緒に。
母は元気で マサパンをいっぱい買った。
だから 今回も買おうと思ったら 売ってなかった。
前回は 年末に行ったのでした。
マサパンは クリスマスのお菓子。
子供達も小さかった。

2007年の記事。
ビジャヌエバ・デ・インファンテス (アルマグロ近くの町)

e0061699_05580803.jpg

アルマグロの図書館。
中世の刑務所を改造して 今では図書館。

e0061699_05571671.jpg


e0061699_05542277.jpg


e0061699_05522121.jpg

日差しが強かったので 帽子が売れていました。

e0061699_05533899.jpg



e0061699_05554841.jpg

ちょっと早めのお昼ごはん。
観光の中心地のバルだったけど 値段は普通で おいしかった。
とくに そのバルのおかあさんのオリジナル おばあさんのジャガイモ がおいしかった。
30日に息子を迎えに行った時にまたいただこうと思ってます。


e0061699_05512400.jpg


e0061699_05501355.jpg
これは 家具屋さん。
うさぎが入り口にいる。
宣伝効果ありなのか?

e0061699_05475811.jpg

ラマンチャだから もちろん あちらこちらに ドン・キホーテ。
で ちょっと考えたのだけど ドン・キホーテって いつもブ男だけど
ブ男だという 記述があるの?
もしかして ものすごく ハンサムだったかも と言ったら
夫に笑われた。

息子を置いて 帰宅。
一週間の夏期講習。
電話が来ない。
どうしてるのでしょう。



[PR]
by cazorla | 2015-07-26 06:12 | アンダルシア以外の街 | Trackback | Comments(0)


夏期講習。
息子も来年 受験を控えているので。
先日は マドリッド。
これから一週間 アルマグロ。

ここが 宿舎。
オスペデリア アルマグロ。
今は いわゆる ユースホステルですが
もともとは ドミニコ会が主催する宿舎。
貧しい人たちが ここで 眠り食事をしていた。


e0061699_03205882.jpg


e0061699_03294093.jpg


e0061699_03261275.jpg



e0061699_03243794.jpg
中庭 (パティオ)で朝食。




e0061699_03223206.jpg
パティオにある井戸。 水が流れ続ける。 

今回の夏期講習は オーケストラの楽器とピアノ。
コンセルバトリオの同級生の女の子と参加。
先生は日本人の女性。
偶然 息子二人と同じ歳の息子さんがふたり。
長男と同い年の息子くんも バイオリン奏者として 参加。




[PR]
by cazorla | 2015-07-25 03:41 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(0)