e0061699_08224086.jpg
マドリードに行ってきた帰り。
リナーレス・バエサ駅で。
じっと待ってる犬。

田舎の駅ってオープンスペースだから、犬も簡単に中に入れる。
電車に乗って隣町に行きたければ行ける。たぶん。

e0061699_08221402.jpg
待つ人はなかなか来ないようだ。

じっと見ている。
e0061699_08230585.jpg
カメラに気づいたみたい。
なんか用?

e0061699_08284833.jpg
ほっといてくれよね、って顔してる。

待つことは幸せなんだよ。

ドイツだったか、忠犬ハチ公はダメだって記事が出てた。
飼い主を待って何年も時間を無駄にするのは、良くない。
だから映画も教育上良くないとかいう話。

スペインでは忠犬ハチ公に似た犬がいてやっぱり銅像が建っている。
犬は犬の人生(犬生)を生きる。
犬には犬の生活がある。

それでいいじゃないかと。

私は私の人生があるし。

まあ、それでいいんじゃないかと。

そうじゃないですか?

ビオラを弾きながら鼠の帰りを待っていた人もいる。

それはそれでいいんじゃないかと。
待つ人がいない人生も
待つ人がいた人生も
待っててくれた人がいた人生も
誰も待たずに1人だった人生も
全て等しく素敵だったと。



# by cazorla | 2019-03-23 08:33 | しょうもないこと | Trackback | Comments(0)



スペインでは、かなり以前から同性婚が認められています。
カソルラ村のように人口8,000人の村でも20組以上の同性婚夫婦が住んでいます。
当然、カップルを含めるとどのくらいの数になるのかわかりません。

レストランでも同性カップルウエルカムの広告。
カソルラのおしゃれなレストランの一つライセス。

e0061699_09074096.jpg

e0061699_09075490.jpg
男性同士

e0061699_09013090.jpg
女性同士

e0061699_09080559.jpg
そして美味しい料理。

同性婚は個人的には関係なく、あ、たまに娘が長男が同性と結婚するって言ったら認めるかと聞かれたりしますが、
特に今のところ関係ないんですが、
やっぱり最大の問題は遺産相続ではないかと、まあ、この歳になると考えるわけです。

夫婦の場合、どっちかが死んでも家に住み続けることになりますよね。
たまに無慈悲な息子や娘が、自分の持ち分が欲しいから家を売れっていうケースもあるかもしれませんが、
基本的に、家はそのままで住み続けます。

しかし、同性カップルの場合、仮にその家が共有財産であっても、
つまり名義が二人の名前であっても、どちらかが死んだ場合、その半分について相続人が生まれるわけです。

もし豪邸であれば、会ったこともないような遠い親戚が出てくるかもしれません。

半分の権利について、主張してくるでしょう。

そういう諸々。
歳をとって静かに暮らしたい人たちの諸々の問題を、同性婚って制度は支えてくれるのではないかなと考えます。

つまりポエムな話ではなく、実質的な問題で、許可すべきなんではないかと考えるわけです。
同性カップルが生理的に嫌いという人もいるかもしれません。
でも、そういう問題ではなく、一人一人がそれぞれの権利をちゃんと維持できるといいなと思うわけです。

# by cazorla | 2019-02-23 09:22 | カソルラ | Trackback | Comments(6)

言葉を失った。
みんな仕事はちゃんとできてるんかな??
家庭となると小学低学年レベルになるのなんでなんだろ?


こういうツイッターがあって。

夫「◯◯(夫友人・既婚子持ち)がさ、仕事帰りのパチンコ通いを奥さんに怒られたらしくて。パチンコはやめてジムに行くことにしたんだけどそれでも奥さんは機嫌悪いらしくて。ジムなら健康的だし痩せられるし何が悪いのかわかんねぇなって話になったんだけど、なんでだと思う?」
私「おまえらまじか」

実はわかんなかった。
私も夫の立場で、なんでだと思う?って聞きたくなった。
で、リツイートもいっぱいあるし、返信読んでやっと理解できました。

言葉を失った。
みんな仕事はちゃんとできてるんかな??
家庭となると小学低学年レベルになるのなんでなんだろ?

こういうのがわかんないから私は一般受けできるようなことが書けないんだなーと。

でもさ、なんで怒るのか、よくわかんなくって。
それだけ夫が人生にコミットメントしてないからなの?

こういうのが一般的見解なのかなぁ。
だとしたらちょっと悲しすぎないか?

男がジムに行くと、NK細胞が増えてガンになりにくくなるし、健康に気を使うことはいいことだと思うけど。

e0061699_21550238.jpg
まあ、たまには男性諸氏もちょっと素敵なレストランに奥方を連れて行くべきってことなんでしょうか。






# by cazorla | 2019-02-22 21:56 | しょうもないこと | Trackback | Comments(9)