海が見える街で

幸田露伴が娘の文さんに言ったこと。

お見合いした相手は、お断りするまでは家族なんだ。

家族だったか
「親」という言葉を使っていたか 少し記憶が曖昧なのだがそういうことを言った。
もしかしたら結婚するかもしれない人だから家族。
本当にすれすれだ。

こっちに行くか、あっちに行くかで、運命は変わる。
一生一緒にいる人になる場合もあれば、そのまま死ぬまで一度も会わない人になる。
ほとんど同じ可能性があるのに。
家族

そして夫とは、家族の中でも最も一緒にいる時間の長い人。
親よりもずっとそばにいてずっと関係が深い相手。

昔、週末をいつも過ごしていた人のお父さんが亡くなった。
多分舅になる可能性なんて本当にちっぽけなものだったと思う。
それでもお父さんの話はよく彼から聞いていた。
その波乱に満ちた人生と人生観。

彼が尊敬していることもとても感じた。

だから私はお父さんを家族として感じる。
家族の死として受け止める。
東京の家を手放して、千葉の海の見える家に住み始めて10年近いと言っていた。
それを聞いて、少しだけ安心した。
なぜだか理由はわからない。
ただ、海が見える場所にいるお母さんを想像しただけだ。

海が見える場所にいれば大丈夫かもしれないと勝手に思った。

e0061699_02432382.jpg




# by cazorla | 2019-01-12 02:43 | 思い出 | Trackback | Comments(3)


スペインもワーキングホリデーとか色々始まっていろんな日本人が滞在してます。
で、ちょこっとだけスペイン語ができると、とんでもない誤解しちゃうんだなってこのツイートで思いました。

「スペインでびっくりしたことが、トイレットペーパーをトイレに流しちゃいけないこと」
ってツイートがあって、なんで?そんなことあるん?

だって臭くなるやん。

ほらおっきー方だと、臭いやん。

と思ってそんなん見たことないけど、どこで?
と聞いたらツイートで写真送ってくれました。

NO TIREN PAPELES AL WC.UTILICEN LA PAPELERA.

どこのトイレにも、多分世界中のトイレに貼ってあります。
日本でも「備え付けの紙以外流さないでください」

スペイン語だと紙類をトイレに捨てないでゴミ箱に入れてください。

トイレットペーパーならPapel higiénico。
たくさんあっても単数です。紙は数えられない名詞だから。
わざわざ複数にしているのは、いろんな紙があって、ゴミだから丸めているような紙がほとんどで、そういうあらゆる紙とかティシュとか、
簡単に言えば備え付けの紙以外の紙なんですが。

基本的に備え付け以外の紙ってわざわざ言わなくても、トイレットペーパーは流すに決まっているからそういう断り書きがないんです。

まあ、こうやって世界の誤解が起きるのかもしれないけど、
中国人の友人たちとアラブ系の友達に聞いたらそんな誤解する人がいるのかとびっくりしてた。

基本的に彼らはわざわざトイレの張り紙なんぞ読まないし、いつもどおりに生活することに徹底しているからですが。
やっぱり変だなと思ったら、周りにいる人に聞いてみた方が良いんじゃないかなと思います。
そんなに人間って、違う生活はしてないはずだから。
そして、疑うことが大事です。
ちょっとだけ疑ってみよう。

e0061699_22232603.jpg
ちょっと昔の写真を貼ってみました。
明日で娘が23歳になるから。

# by cazorla | 2019-01-10 22:24 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(5)




e0061699_07514423.jpg

うちの娘と我が友人アドリアン。
リナーレスのコンセルバトリオに行ってる時に知り合って、娘と同じスーペリオールに進学するというんでうちの娘を紹介して一緒に住まわせた。
シェアメイトだったんです。
全く毒にならないいいやつなんで。
でも昨年は詩人の賞もらって。
私の中で詩人って癖のある人なんだけど。
まあいいや。
いい子なんだけどーの典型的な男の子で、ふとこの写真見て
como un muñeco
と思った。
日本語に直訳すると「お人形みたい」
お人形みたいは、褒め言葉なんだけど
わかるでしょ?この写真見ると

そんな話を人の写真見てしていいのか
そうだいけないよね。
でも本人の前でも言ってるし
うちの娘はさらにすごいこと言ってるし

すごく簡単に訳せる言葉が実は別の意味を持っていてそのまま訳しても意味なさないことってありますよね。

例えば
スペインに語学留学してた女の子がホームステイしていて
ホストファミリーのママがいい人だったというの。

なんでって聞いたら彼女のこと「カプージョ」って呼んでたんだって
いや、それ聞いてみんなでシーンとなって
どうしていいかわかんなくなった
カプージョってつぼみ 蕾 ですよ
だから彼女としては薔薇のつぼみなど想像して可愛く感じたんでしょ

意味はね、ばっか
トンマ

くらいの意味。

でも言えなかった。
彼女、きっと今も知らないんだろうな。
知らないといいね。
そう思う。

はっきり言ってスペインは毒のある人はいっぱいいますから気をつけましょう。笑

でもアドリアンは高校時代は暗い人生だったのに
今死ぬほどモテモテの人生を送っています
人生は何が起きるかわかりません。

みんな可能性に満ちている
諦めなければ


# by cazorla | 2019-01-07 08:05 | しょうもないこと | Trackback | Comments(2)