人気ブログランキング |

スパニッシュ ダンス       アンダルッサ

昨年の記事で紹介した エンリケ・グラナドス の曲を現在 長男のエンリケが練習しています。というのは 今年の5月にコンセルバトリオのメディオグラド(中級)の試験があるのですが その時に
「ぼくは エンリケです。 これから エンリケ・グラナドスの曲を弾きます」と 言って演奏すると強く印象に残るのではないかという 姑息な動機からです。


まちがって ビオロンチェロの楽譜をアップしてしまいました。
息子の楽譜を写して 後日のせます。
e0061699_182023.jpg


ラローチャの弾く ピアノ版



ギターで弾いたものもみつけたので アップします。


トラックバックURL : https://cazorla.exblog.jp/tb/11958652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mimizu-1001 at 2010-01-14 08:45
>「ぼくは エンリケです。 これから エンリケ・グラナドスの曲を弾きます」
おちゃめ(笑)

この曲で中級なの?
カノンロックより難しいと思われ(-_-;)
Commented by otebox at 2010-01-15 14:13 x
なんつーかパワフルなcazorlaさんが戻ってきて、にんまりしています。
とってもmusica clasicaなご家族でいいですね。これはcazorlaさんのDNAですか?
わたしの音楽好きはハチャメチャであまり一貫性のない人なんですが、家でなにかやるとなるとやっぱりクラシックしか許可が出ません。(住宅街に騒音を撒き散らすことになるので)
それでもオーディオだとかバーチャルだとかじゃなく生の演奏が一番すきです。自分では何一つ出来ないけど、生身の人間がやりとりしている場がいいんです。
またのレポートを待っています。頑張っとくれやす!
Commented by cazorla at 2010-01-16 00:36
みみずさん
おちゃめというか あほというか・・。

カノンって ギターだとすごい難しいけど
ピアノだと 初級の楽譜コーナーにあったりするから
楽器によっても違うかも です。

Commented by cazorla at 2010-01-16 00:41
おてさん
わたしは どっちかというと もうすこし ブリミティブな音のほうが好きだったりします。 
で シンフォニーとかちょっと苦手で クラシックは嫌いだったんですが 古楽器のコンサートに行って すっかり ビオラ・ダ・ガンバのとりこになってしまい バロックあたりから 聞き始めました。
マルチニークとか 地元の音楽とミックスした音なんかも大好きです。

コンサートは日本にいるときよく行きました。
美術館のパティオとか 狭いところでするコンサートがいいですね。
ジャズクラブなんかもそうですが 
演奏者の息とか 感じられるようなところ。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2010-01-14 01:21 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(4)