人気ブログランキング |

中国のお姫様のものがたり

オペラ トゥランドット
トゥランドット wiki

このビデオは 2時間半のメトロポリタンで上演されたもの。
プラシド・ドミンゴ版です。
夕べ 二十三歳の若きボーイフレンドが勧めてくれたので 敬意を表して 拝見しました。
字幕付きなのでよくわかるし 中国の御姫様の話なので 中国的なメロディがはいって 楽しめました。


特に 召使い役のLeona Mitchellがすてきでした。 声が甘く柔らかく この上演は彼女の存在で成功していると言ってもいいと思います。

e0061699_75211100.jpg



たとえば 蝶々夫人が ちょっと日本人には変・・・だけど でも オペラにしていただいてうふふの日本人感覚があると思うのですが 中国の場合 どうなんでしょうと思ったのです。
中国の場合は 共産主義の国ですから 二つの見地がありますよね。
思想的な拒絶(もしくは 受容) と 民族的な拒絶(もしくは 受容)
まず オペラは ブルジョア的なものだから 拒否という姿勢もあり。
というわけで ずっと 中国では 上演されていませんでした。

1998年に初演。
紫禁城にて。
多数の兵士も特別参加。
ビデオはこちらから。
ただ このビデオ かなり重いです。 でも 正しき中国人による中国の着こなしと歴史的風景の中で見られるプッチーニ。 興味深いビデオだと思います。


バネッサ・メイのChina Girl の中でも 歌にかえて バイオリン版プッチーニが楽しめます。

Classical Album 2: China Girl

Vanessa-Mae / Angel Records



このアルパムに入ってるもう一つの曲
熱い中国の人々の歴史の風を感じられるので こちらを紹介します。
この中国的なものが プッチーニをしてトゥランドットを作らせたとも言えるかもしれません。



こういう自分の趣味からちょっとずれたものを見せてくれるボーイフレンドがいる というのが最近の小さな幸せです。
トラックバックURL : https://cazorla.exblog.jp/tb/18309028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mildpink at 2012-07-04 10:54
映画でもドラマでも、主役よりも、周りをかためている人の実力って、全体に、すごく影響しますよね。
周りが良いから、主役が映える ^^)
主役が下手でも、周りが良いから、全体によくまとまるって言う事、多いような気がします。
オペラって観た事がないのですが、すごい迫力なのでしょうね。
新しい分野を開いてくれる人って、老若男女を問わず大切ですね ^^)
Commented by celori20 at 2012-07-04 23:46
彼氏さん!?
ちょっとドキドキしてしまいました^^+
Commented by もにか at 2012-07-05 02:00 x
http://www.youtube.com/watch?v=GBaHPND2QJg
この動画、スペインのある広場で…ってことで日本のツイッターでは絶賛拡散中なのですが、どこかしら?小さな子どもたちも興味しんしんで見ているところが、「音楽が生活の中にある暮らし」をしてるんだなあ~と感心してしまいました。
Commented by cazorla at 2012-07-05 04:50
mildpinkさん
こんにちは 脇役大事ですよね。
日本の俳優で好きな人たちもだいたい脇役の人が多いです。 で 素の顔で出たとき魅力的な人も脇役の人が多いような気がする。
オペラ もっと気楽に見られるといいですよね。
Commented by cazorla at 2012-07-05 04:51
セロリさん
そんなおばちゃまをからかって。。。
Commented by cazorla at 2012-07-05 04:52
もにかさん
日本情報ありがとう。
ふむふむ さっそく 見てみます。
ボーイフレンドにも教えてあげよう。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2012-07-04 08:10 | お気に入りのもの | Trackback | Comments(6)