人気ブログランキング |

自由

フランス文学が好きだった私が ル・クレジオを通った後に出会ったのが

コルタサル。

アルゼンチンの作家。

パリにかなり長い間暮らしていたから ル・クレジオから コルタサルへ

というのは ものすごく 自然な展開だったのかも。

そして スペインに住むことになる。

風が吹くと桶屋が儲かるごとく

間ははしょるけれど。


そのコルタサルの短い文章。

自由ってこういうことよね と思う。

つまり いろんなものを持つことで 無くしてしまう自由がある。


英訳も載せたので参考にしてください。

ある日 あなたに腕時計がプレゼントされる。

とても高価な時計で。。。というのが始まり。

そして 結論。

あなたに時計がプレゼントされたわけではなく 時計にあなたをプレゼントしたのだと。



Preámbulo a las instrucciones para dar cuerdaal reloj

Piensa en esto: cuando te regalan un reloj teregalan un pequeño infierno florido, una cadenade rosas, un calabozo de aire. No te dan solamenteun reloj, que los cumplas muy felices, yesperamos que te dure porque es de buena marca,suizo con ancora de rubíes; no te regalansolamente ese menudo picapedrero que te ataras ala muñeca y pasearas contigo. Te regalan –no losaben, lo terrible es que no lo saben–, te regalanun nuevo pedazo frágil y precario de ti mismo,algo que es tuyo, pero no es tu cuerpo, que hayque atar a tu cuerpo con su correa como un bracitodesesperado colgándose de tu muñeca. Te regalanla necesidad de darle cuerda para que siga siendoun reloj; te regalan la obsesión de a atender a lahora exacta en las vitrinas de las joyerías, en elanuncio por la radio, en el servicio telefónico. Teregalan el miedo de perderlo, de que te lo roben,de que se caiga al suelo y se rompa. Te regalan sumarca, y la seguridad de que es una marca mejorque las otras, te regalan la tendencia a comparar tureloj con los demás relojes. No te regalan un reloj,tu eres el regalado, a ti te ofrecen para elcumpleaños del reloj.


この文章 かつて 車のCMにも使われました。

確かセアットだった。

だから 高価すぎる車を買っちゃだめだよ という広告だったと記憶してます。


e0061699_06275545.jpg
こちらから 拝借しました。

できれば余計なものに 束縛されず

気持ちだけは 自由でいたいものです。



kyoutachanのliberté リベルテ/ 自由 も合わせてどうぞ。





英訳
Preamble to the instructions on how to wind a watch

Think of this: when they present you with a watch, they are gifting you with a tiny flowering hell, a wreath of roses, a dungeon of air. They aren't simply wishing the watch on you, and many more, and we hope it will last you, it's a good grand, Swiss, seventeen rubies; they aren't just giving you this minute stonecutter which will bind you by the wrist and walk along with you. They are giving you - they don't know it, it's terrible that they don't know it - they are gifting you with a new fragile and precarious piece of yourself, something that's yours but not a part of your body, that you have to strap to your body like your belt, like a tiny, furious bit of something hanging onto your wrist. They gift you with the job of having to wind it every day, an obligation to wind it, so that it goes on being a watch, they gift you with the obsession of looking into jewelry-shop windows to check the exact time, check the radio announcer, check the telephone service. They give you the gift of fear, someone will steal it from you, it'll fall on the street and get broken. They give you the gift of your trademark and the assurance that it's a trademark better than others, they gift you with the impulse to compare your watch with other watches. They aren't giving you a watch, you are the gift, they are giving you yourself for the watch's birthday.

トラックバックURL : https://cazorla.exblog.jp/tb/22769583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyotachan at 2015-01-31 23:28
あまりにも高尚な話題でついていけない……、とおもっていたところにわたしの名前が。一緒にしちゃっていいの?恐縮です。汗汗汗
Commented by cazorla at 2015-02-01 07:32
kyoutachan

あーーんなの書けるってすごい。
おかあさまも うちとおなじ世代なんだね。 うちが27年。
うちの母は おたくみたいに立派ではないけど やっぱり戦前戦後を知ってるから あるものを超えたところがあるような気がする。

名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2015-01-31 06:31 | お気に入りのもの | Trackback | Comments(2)