人気ブログランキング |

マリアが言葉を覚え始めたとき

e0061699_2394310.jpg

残念ながらわが家では母親である私の不覚でバイリンガルになりそうもないのですが そんなわが家の長女がまだ一歳の時 言葉を覚え始めて かなりとまっどっていました。
とくにつぎの三つのことば
ロバ と おおかみ と ぶどう をいつも間違えていました。
なぜか
ロバ はスペイン語 ブロ(ロが巻き舌)
おおかみ       ロボ
ブドウはウバで 別物ですが

ブドウとブロ ロバとロボ が似ているのでこの三つが頭の中でぐちゃぐちゃになっていたのです。
トラックバックURL : https://cazorla.exblog.jp/tb/2507525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by naolicu at 2006-01-18 18:51
子供さん、今じゃもうスペイン語ペラペラですよね。いいなぁ~。日本にこういう環境がなかった私はバイリンガルにと~っても憧れていました。
Commented by cazorla at 2006-01-19 00:34
私もバイリンガル憧れてました。 でも子供達 やっぱりスペイン語の方がラクみたいです。
Commented by inariwan3 at 2006-01-20 20:58
わぉ!
お子さんたち!はじめまして!
inariwanおじさんですよ~♪
よろしくね~♡
Commented by cazorla at 2006-01-21 22:10
inariwanさん ありがとうございます。
マリアとエンリケといいます。よろしく
Commented by obreykov at 2006-02-14 07:06
cazorlaさん、私も海外でこどもを持っているので、すぐ子供のカテゴリーを覗いてしまいました。
バイリンガルに育てるのは大して難しいことではないはず。私はそうしようと思ったわけではないのですが、単に私が外国語で自分の感情(特に怒るときかな?)を表現するのがまどろっこしくて、日本語で通したので、自然と日本語ができる子供に育ってしまいました。
パパはブルガリア人で夫婦の会話がブルガリア語であるためとパパがブルガリア語でしゃべるため、子供達はブルガリア語も自然に覚えてしまいました。
スウェーデンに住んでいるので、当然スウェーデン語が一番得意なのかもしれません。
周りを見ると、語学が得意なお父さんかお母さんに育てられた子供は日本語を良く覚えなかったみたいですよ。
老人性痴呆症になると母国語しかわからなくなるという話ですから、夫婦の会話も亡くなってしまうかもしれないので、そのときは子供達に通訳してね、といっております。。。
あきらめずにひたすら日本語で話し掛けてあげてください。
うちの子供達は日本のドラマやマンガもインターネットでダウンロードして楽しんでいるようです。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-01-18 02:46 | こども | Trackback | Comments(5)