世界の医療サービスの質、スペインは8位に

私たちは日本という豊かな国に住んでいると思ってますよね。
医療面でも、最高だと思っていたのに、昨日紹介した記事では世界で10位に入っていませんでした。
意外に思った人も多かったのではないでしょうか。
フランスもドイツも、そしてもちろんイギリスも入っていません。

この医療の質の高い国ですが、日本の場合、問題は均一性なのではないかと思います。
ヨーロッパだと私立のクリニックももちろんありますが、基本は社会保険で運用される公立の病院です。
住んでいる地域に基本の内科と小児科があり、簡単な検査はそこでできます。
そして、さらに専門の検査や治療は大きな病院になります。
村→市→県→州→国
のようなピラミッド型システム。

日本の場合は社会保険が使えるとはいえ、基本は私立のクリニックが多いので、ある地域に集中し、患者の少ない地域にはほとんどクリニックがないために、医療サービスが受けにくい地域が出て、その結果10位に入らなかったのだと思います。

もう一度、1位から10位までを引用します。

■医療サービスの質が高い国トップ10(HAQインデックスによる)
1. アンドラ
2. アイスランド
3. スイス
4. スウェーデン
5. ノルウェー
6. オーストラリア
7. フィンランド
8. スペイン
9. オランダ
10. ルクセンブルク


一位のアンドラはスペインとフランスの境目、ピレネー山脈のところにある、ほぼ「町」と言ってもいいくらい小さな国です。
税金がつかないので、多くの人がお買い物に行くため、小さいながら安定した経済力を持つ国です。

それ以外はやっぱり北欧。北欧も資源や商業が発達しながらも人口が少ないので医療サービスが行き届いています。

意外なのはスペインではないですか?
スペインは大病の場合、サービスが行き届いています。
例えば脳腫瘍。
私もありますが、検査から施術が無料です。
経済的に落ち込んで、医療費も少し倹約の傾向にありますから、風邪などは社会保険から外されました。(ただし、診察は無料)
ですから、一般の人には、スペインの医療は必ずしも裁量というわけではありません。しかし、大病、癌やそれに準じたものの場合、安心できます。
また、ケアもあって、例えば心臓の手術をしてあまり動き回らない方が良い場合、家事の援助があります。
28歳で手術をしたマリカルメンの家には週二回、ハウスキーパーが30年間派遣されていました。
検査の結果、心臓が平均水準になったのでハウスキーパーサービスがなくなりましたが、30年間という長い間ってすごいです。

それから寝たきり老人が少ないのは毎日散歩に連れ出されるからです。
毎日、介護の人が各家を訪問し腕をとって、1時間から2時間散歩をします。
ですから、寝たきりになる可能性も低くなるのではないかと思います。
e0061699_23282647.jpg

Photo by Tiago Muraro on Unsplash

[PR]
トラックバックURL : https://cazorla.exblog.jp/tb/25877303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by BBpinevalley at 2017-06-28 07:20
それはすごいですねぇ。
良い国に住まれていますね。
オーストラリアがそんなに上位だというのにもびっくり。
イギリスはダメなんですね。
アメリカはもちろんダメ(お金持ちには良いでしょうが)
アンドラという国、初めて聞きました。
Commented by cazorla at 2017-06-28 23:42
> BBpinevalleyさん

コメントありがとうございます。実は教育には満足してません。この間、新聞で読んだんですが、教師の給料がフィンランドやスエーデンより良いそうなんです。にも関わらず、教師の質が悪い。施設が多少悪くても先生がよければ、良いと思うんですが。うーん。医療は軽い病気だと多分あまり良いと感じないと思います。でも、大病になっても安心というのは良いですね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2017-06-27 23:30 | スペインの新聞から | Trackback | Comments(2)