日本滞在:小銭をあんまり欲しくないんですけど…

12年ぶりの日本。
12年も帰ってないと、気持ちは外国人です、本当に。
ブックオフでお買い物した。
端数が6円。
できれば1円玉をあんまり持って帰りたくないから、できるだけ遣いたい。
で、「ちょっと待って、6円出すから。」と1円玉を数えてたら5枚しかない。
まあ、スペインなら1円くらいねーと、いえ、1センチモくらいねとなる。
もちろん、日本ではならない。1円の方が1センチモより少ないとしても。
もちろん、それは承知。
で、2秒くらいでもう1枚1円玉を見つけた。
「ねえ、1円玉見つけたから6円出したいんだけど…」
「ああ、もうお預かり金額打ち込んだんで…」
心の声(計算できんのかい。)
「そう、もう打ち込んじゃったのねー。」(ニコニコ)
計算できんのなら、簡単に1円玉10枚変えてもらお。(心の声)
お釣り4円もらったんで、持ってる6円と合わせて、
「これ、10円に替えてくれる?」
「あ、すいません。ここ銀行じゃないんでぇ、両替できないんですぅ。」
ムカッとするけど顔に出さない。

これ読んでる人もこれって普通よ、カソルラさん、変!と思ってるかもしれませんが。

いやぁ、ほんと、日本人って計算強いんでしょ?
ちょっとレジに打ち込んだからって、お釣りを変更できないのかいなと思いまへんか。

スペイン人は、はっきり言って計算に関して鈍臭い。
日本で算数が不得意な子供だって、スペインに来れば最高点になるくらいに計算が弱い。
それでも
「あー細かいのあったー」
と言えば、なんだか複雑な計算をしながらも、ちゃんと変更してくれる。
スペインに帰ってきて、ホッとするのはそういう時。

ねぇ、これやってくれる?
にちゃんと答えてくれる。

そして、
ですね。
PCも買ったんですよ、ヨド★シカメラで。
小さいノートブックね。
日本語ワードも欲しかったし。

アンチウイルスソフトも一緒に買って、インストールはどうしますかって聞かれたから
いくら?って聞いたら、1万円。
1万円は高いと言ったら、他のものも全部インストールして使えるようにすると。
それでも、まあ、いつも自分でやってるし、1万円は高いし、で、持って帰った。
でもできなかったんですよ。
なぜか。
しゃあないやってもらいます。
と、半日、新宿をうろついて午後7時にお約束の時間に行ったらまだできてない。
どうもちょっとできそうになくて、ナンタラカンタラ。
で、次の日にということで、次の日行ったら、pcが壊れていてだからインストールできなかったと。
で、交換してちゃんとインストールしましたからと。
じゃあさ、もし、pcが大丈夫だったら私はできたはずだからここで1万円はおかしくないかいとちょっと思った。
スペインだったら、ここでやっぱり個人経営の店も多いし、収入面のこともあるので、口論は避けられない。
それでも、半分出しとか全額無料とか、まず、全額こっちもちというのはないはず。
でもね、日本で口論すると「変な人」と思われるし、だいたい口論してどうにかなるということは今までにないから、
払いました。1万円。

お店の人もニコニコして「そうですよー。みなさん、だいたいインストールはお店に頼みますよ。」と。
自分でしない方がいいという前提。
だったらさー、インストール代も加えた料金にして、自分でする人は、プライスダウンにするっていう方がいいんじゃない?

まあ、いいけど。

やっぱり私のようにアグレッシブな人はスペインに住んでいる方がいいのかもしれない、ですね。

もちろん、日本にもいいところはいっぱいあります。
ただ、ちょっとフレキシブルではないなと。
それだけです。

e0061699_03075570.jpg
羽田にあるTシャツ屋さん。

[PR]
トラックバックURL : https://cazorla.exblog.jp/tb/27306312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by germanmed at 2018-06-01 03:37
あああ、凄くわかるー!
ヨーロッパのお店は、日本のようなサービス天国では全然ないけれど、店員さんが自分の頭で考えて「確かにこの客の言い分は正しい」と思うとマニュアルから外れて対応してくれる事が多い気がします。
実は私、近年を振り返ると、ドイツのお店よりも日本のお店のでの方が、腹の立つ対応が多かった。でもそれって多分、私もCazorlaさんも、日本人離れしてきているからサービスの形が合わないんでしょうね。
Commented by sukhumvit-asok at 2018-06-01 06:40
帰国されてましたか。
12年も経つと社会のルールが変わっている部分もあるし、既に慣れた海外とのルールの違いに戸惑うこともあるでしょうね。
ユニクロ行きましたか?
接客はなかなか丁寧だと思いますよ。でも店員の丁寧な対応は目の前にいる1人の人間に対してのものではないんです。店員は1人の人間としての客を見ているのではなく、一定のパターンを持つ消費者の1人に対しての対応なんです。
必要以上に丁寧だけど心はない。

よくできたロボットが売っていると思えば腹も立ちません。
スクムビット
Commented by naozoom at 2018-06-01 21:56
記事は日本あるあるですね。全く同感です。
長いこと日本に帰っていないと逆カルチャーショックがすごくないですか?
海外の一人旅をしている頃からそうでしたが、こちらで国際結婚してから
帰る度に違和感が強くなりました。生まれ育った母国なのに慣れるまでに
日数を要するようになってしまいました。浦島太郎さん状態ですね。(笑)
Commented by cazorla at 2018-06-02 07:06
> しろくま先生

心優しいしろくま先生も腹を立てることがあるというので、安心しました。暖簾に腕押しというか、人と話してるって感じがしないんですよね。で、ニコニコしてるから、怒りをぶつけられないというフラストレーション。まあ、住んでいるところがあっているって幸せなことかもしれないですね。
Commented by cazorla at 2018-06-02 07:08
>スクムビットさん

ユニクロも行きました。
若くてちゃんとしてる、確かにロボットかな。
質問に対してちゃんと答えてくれたんだけど、あんまり答えになってなかったです。
一般的な質問じゃなかったのかもしれません。(マニュアルに載ってる質問ではなかったのでしょう、)
Commented by cazorla at 2018-06-02 07:19
> naozoomさん

前々回は、入国で捕まって、2時間くらい詰問されたんでそのトラウマがあったんですが、今回、入国が楽だったんで嬉しかったです。(そんなことを喜ぶ私ってどんだけ怪しいのか)
歩いていて人とぶつかるんですよ。なんで? マドリードだって人混みがあるところがあると思うんですが、最初の数日はぶつかりまくりでついつい「ペルドン」と咄嗟に言ってしまってますます落ち込み状態。なにじんやこいつって顔でびっくりされたりするし。

スペインもね、なんでこんなことがって思うこともよくあるんですが、カルチャーショックにまでならず、困ったことだわいと思う程度ですが、確かに逆カルチャーショックってあります。最近、夫と奄美大島あたりに住む計画とか考えてるんですが、あの辺りだとどうなんでしょうね?
Commented at 2018-06-02 16:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cazorla at 2018-06-02 21:31
> 鍵コメさん

なるほどー
やっぱり良さそうですよね。
移住NPOも見つけたんで、会員になろうかなと考え中です。
あとで鍵コメで送ります。

Commented by germanmed at 2018-06-03 07:09
しつこくすみません。「暖簾に腕押し」「ニコニコ」に、そう!それなの!とまた反応してしまいました。
あのね、身分証明にパスポートじゃダメで、保険証を見せろと言ったんですよ。そんなの持ってないよ、パスポートは国の最上位の身分証明書でしょ?と理論で攻めても、「パスポートでは、ちょっとぉ・・・」と、ニコニコ笑っている。ちょっと、なんだよ、じゃあ何ならいいんだよ、解決策を示してくれよ、と思っても、相手はニコニコ固まっていて、何も動かなかった・・・。結局上の人を呼んでもらいました。
Commented by cazorla at 2018-06-04 01:05
しろくま先生にこんなに同意してもらって嬉しい限りです。
なんか、結構最近、保険証じゃダメなところが多いと聞いていましたが、保険証見せろですか? なんで、パスポートはちょっとぉーーーなんでしょうね。きっとマニュアルに、パスポートがなかったんでしょうね。日本に住んでいたら持って歩くようなものでもないから。マニュアルにない、これです。ないともうそれでおしまい。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2018-06-01 03:09 | 思うこと | Trackback | Comments(10)