人気ブログランキング |

ファティマとソニア そして私

二年前 ここに引っ越してくる前 アルカラ・デ・エナーレスというマドリッド郊外の小都市に住んでいました。 その時 長男の幼稚園のクラスのお母さん達はみんなとても仲良しでした。 たぶん先生を交えて 集まることも多かったからだと思います。 その中で特に なぜかモロッコ人のファティマとスペイン人のソニアとは特に気があってよく誰かの家に行ってお茶を飲んでいました。 ソニアはマドリッ子なので ちょっと東京の下町ッ子のような何でもはっきり言う正確。
いつも ファティマと一緒の時はイスラム教の悪口ばかりいっていました。

「あんたたちってさぁ いつもその布切れ 頭にかぶせて あたしからすりゃかわいそうでたまんないよ。」
「なにゆーてんの~ これめちゃ便利やねんでー。 朝な 髪とかす時間ない時なんか これのせればいいだけや。 たちまち アラブの美女のできあがりや」
「それは 女を縛っているシンボルでしょう? あんたたち 女の自由がないんだから!」
「ほっといてーな カトリックかて 離婚もでけへんし 自由のない宗教ちゃう?
第一やねー あんな裸で血ぃ流してるおっさんに向かって お祈りするなんて おかしいわ。
けど 私たちそんなことで あんたらのこと笑わへんから あんたらも私らのことほっといて。
カーニバルかてな あんな変なお祭り 大笑いやけど 笑わへん。 がまんするから あんたらも あんまり知らんくせに なんやかんや 言わんといて。」

「ところでこの間 テレビで日本のことやってたよ。 運動会って あれ まるで軍隊の行進みたいなことしてるね。」
「日本は規律正しいんよ。 そやから発展してん。 スペインも見習うべきや。」
「あんなの子供が可愛そうよ。 子供は自由にさせなきゃ」


と 言うような感じで 延々とお互いの文化をくそみそ言いながら おいしくお茶を飲んでいました。 お茶ではなく コーヒーでした。 ファティマは モロッコ人のくせに モロッコティよりコーヒーが大好き。 たまに私が モロッコティ 好きだからたまに入れてよ と 頼むと 「あんた めちゃくちゃ かわりもんやで~ スペイン コーヒーがおいしいやん。 こんなおいしいコーヒー飲めるのに なにがうれしくて モロッコティなんか飲みたいん?」 と 言って めったに お茶を入れてくれませんでした。

ファティマも 彼女のママさんもいつも民族衣装で優雅に装い お家の中も 金字のコーランの言葉やら なにやら金ぴかぴかでしたが テレビにブッシュが出ると いきなり唾を吐きかけたりして 私を思いっきり驚かしてくれました。
こうやって 色んな文化の人たちが気軽にお互いの悪口を言い合えれば もっと仲良くなれるのにな と あのころのことがとても懐かしいです。
トラックバックURL : https://cazorla.exblog.jp/tb/2757849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sahanji_yoko at 2006-02-15 11:34
こんにちは。
ほんとに、みんなそんな風につきあえたらいいですよね。ここしばらくのcazorlaさんのエントリー見てて,いろいろ思うんだけどなんだか言葉にできない感じです。私に何ができるんだろうって思う。
Commented by cazorla at 2006-02-16 02:04
結構イスラム系の人とのおつきあいもあるので こういう事件は悲しくて少し落ち込んでいました。 宗教なんてなかったらいいのに・・
イマジンて゜うたってますね もしも宗教がなかったら って想像してご覧・・・
Commented by necozen at 2006-02-17 23:41
大笑いしちゃいましたけど、とってもいい話!
私も日本にいる仲のいい友人たちとは、お互いずばずば言い合います。お互いに相手が、自分のどこが気に入らなくて、どこが好きかってわかってる。よく喧嘩したものです。それと似ていますよね。
Commented by cazorla at 2006-02-18 07:59
necozenさん そうなの。いつも 漫才のような会話を繰り広げていました。 イスラムの人でも モロッコの人って開けっぴろげでおもしろい。 子供たちにも 文化の押しつけをしていないみたいだし。
みんながこのくらいはっきりモノを言えばもっと仲良くなれるのにね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-02-15 00:32 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(4)