人気ブログランキング |

なぜ私がメルカドーナが嫌いなのか?という疑問から世界の見方を考える

スペインにはメルカドーナ(Mercadona)というスーパーマーケットがあります。
市場(mercado)と聖母(madonna)をミックスしたような命名です。

私の感覚でいうと田舎の人と外国人が好きなスーパーマーケットというイメージ。
マドリードに住んでいたのがすでに15年も前なので、もしかしたら今ではマドリードでも人気なのかも。
それでも思うんですよね。マドリードは外国人と田舎の人が増えたから人気なだけで、昔ながらのマドリレーニョは相変わらずアオラマスに行ってるに違いないと。

なぜ、私がメルカドーナを嫌いか。

まず、どこに行ってもメルカドーナってほぼ同じなんです。店員教育がきちんとしているのか、おしゃべりがない。
つまんない。
カードで購入すると、各支店ではなく、受け入れ先は本店のバレンシア。絶対的中央集権。
メルカドーナマークのものしか売ってない。ホワイトマークとか言って有名メーカーが作っているけど、メルカドーナのマークにしてるから同じものがずいぶん安いんだという触れ込みだけど、私はそれぞれ好みのものを買いたい。
切った人参が売っている。
人参を切って袋に入れて売っているなんて倫理がないと思う。

そんなものを売ってるくせに、エコロジーということで袋を有料にして、何度も使いましょうという。
基本、スーパーマーケットなんてエコロジーと反対のところにあるのだから、エコロジーなんて言って欲しくない。
袋を有料化して袋を利用する人が減ったか?
袋を捨てることが減ったか?
っていうと全く効果はないと思う。
何となく慣れてくるんです、人は。2センチモ程度なら払いましょってことになって昔と変わらない。
それより問題は、出来合いの食料品、冷凍食品、袋菓子など、ゴミがたんまり出るアンチ・エコロジーな食材を売らないことにすれば?と思うのです。
そうじゃなきゃ、エコロジーなんて言って欲しくない。
そういうのを偽善者って言うんじゃなかったでしょうか。

スーパーのプラスチックのお皿にのった肉類はだいたい薬で変色しないように処理されているし。
少なくとも日本の場合は、スーパーは小売店より安い。
でもメルカドーナは、そんな薬漬けにした肉類を小売店より高く売ってる。

そう言うことで私はメルカドーナが嫌いです。
エコロジーと言って、原子力発電所をさっさか閉じた人たちと同様、偽善者だと思う。
スペインはフランスよりはるかに高い電気を使って生活している。
年金暮らしのおじいちゃんが寒いからちょっとだけ暖かくしたら月600ユーロ(1ユーロは130円くらい)になったよって悲しんでた。
それは2年前。
その頃よりさらに値段は上がってます。

移民はかわいそうと言ってどんどんスペインに入れましょうって言った人たちが住む場所には外国人なんていない。
お手伝いさんもスペイン人で、平和な街は昔とちっとも変わらない生活をしている。

そうです。
私が嫌いなのは、偽善者。

e0061699_00254055.jpg



トラックバックURL : https://cazorla.exblog.jp/tb/27971494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2019-01-31 16:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cazorla at 2019-02-01 05:29
> 鍵コメさん

組織ってどこも1人の困った人がいると困ったことになりますよね。
スペインはフェミニズムが盛んなんですが、フェミニズムの組織に集まるDV被害者への援助金が被害者へわずか2パーセントしか渡されていなかったことが最近わかったんです。

女の敵は女かって。全体のメリットを考える人がいないと何もうまくいきませんね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2019-01-31 00:25 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(2)