人気ブログランキング |

差別は心の中にある:マルセル・ムルージを聴きながら

自分が差別されていると感じてしまうと、とても深い井戸の中に落ち込んでしまう。

どんなにそれは差別じゃないかもしれないと言っても同じこと。

差別って自分の価値観が反映されるものじゃないかな?


最近はこれ。
グッチのセーターが黒人蔑視ということで、話題になりました。
黒人の分厚い唇。
でもね、多くの白人は薄い唇にコンプレックスを持っているんじゃなかったでしょうか。

随分昔に書いた記事ですが、フランス、実存主義時代の歌手、マルセル・ムルージの自叙伝的小説「エンリコ」


解説の中で マルセルは オリエンタルと結婚した西洋人の女は
常に オリエンタルの女に対する コンプレックスに悩み続ける
と 書いています。

ディーネセンも「アフリカの日々」の中でアフリカの女性がつけているアクセサリーがあまりに綺麗で無理やり売ってもらって自分でつけてみたら、自分の醜い肌には全くアクセサリーが映えず、がっかりした経験を書いてます。

差別、差別という人はどこかに白人の方が上という考え方がインプットされてるんじゃないですか?

随分前ですが、エホバの証人が「私たちは中国人だからって差別しないわ。みんな同じ能力を持った人間よ」というのにものすごくムカついたことがあります。
そんなことあえていうこと自体が差別でしょ。


e0061699_21013719.jpg

最後にムルージの曲をどうぞ






トラックバックURL : https://cazorla.exblog.jp/tb/27991192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あのにま at 2019-02-09 18:29 x
エンリコ、アマゾンに中古があったのでポチってみました。

差別って劣等感の裏返しなのかもね。

エホバの人たち、何故かみんなミディのスカート履いてて、不思議だなあと。
で大体黒っぽい服装の男性ひとりを中心に、近所の公園とかで集まってて
その後2、3人のグループに分かれて步いてるんだけど、あれって男性が
リーダーなのかしらん?

Commented by cazorla at 2019-02-09 22:12
> あのにまさん

心優しくなる本ではないですが。
一読の価値はあると思います。
訳が安岡章太郎で、写真も乗っていて素敵な本です。

エホバの人。カソルラもミディのスカートで。
そういえば最近見かけなくなりました。
Commented by あのにま at 2019-02-10 18:42 x
エホバの人の話、日本じゃなくてスペインでの話だったんですね。
日本で「中国人云々」って???と思いながら記事を読んでました。
検索してみたら世界中に居るのね、無知でした。

中国人の方が日本人より絶対的に数が多いし、華僑とか、ある意味日本人よりも昔から
世界に出てて知られている。
ひと昔前のヨーロッパにとっては、アジア人は中国人かインド人かアラブ人、
中国人は東洋人の代表というか、チノ、チナは東洋人の総称だったのかもしれないですね。

中国人は日本人と呼ばれたりしたら、どう感じるのだろうと、ふと思いました。
Commented by あのにま at 2019-02-10 20:42 x
↑「東洋人の代表、総称」ではなく「東アジア、極東のアジア人の代表、総称のようなもの」という意味です。
Commented by cazorla at 2019-02-11 03:15
> あのにまさん
そうなんです。エホバの証人って外国人を結構ターゲットにしていて、東京に住んでいるときは夫に会いによくきてたんですが、カソルラでは私。でもこの数年見なくなりました。どうしたんだろう。
フランス人のエホバの証人のおじさんとは仲良くしていたんですよ。いい人だった。母とも仲良くしていて、結構母とは近所だったんで挨拶してたらしいです。彼は伝道しなかったから。

でも普通の伝道者たちはうざいですね。

-中国人は日本人と呼ばれたりしたら、どう感じるのだろうと、ふと思いました。

なんか友人の中国人とスペイン人と3人で話していたとき。スペイン人が「中国人と日本人って全く同じで見分けつかないわよね」と言ったら思わず、中国人と二人声を合わせて「全く違う」と言って顔を見合わせて大笑いしたことがあります。
別に間違えてもいいんだけど、全く同じって言い切られるのもねって二人とも思ったのね。

オリエンタルっていうとき、ヨーロッパではどちらかというとアラブ系。アメリカだと日本とか中国って感じじゃないですか?
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2019-02-08 21:05 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(5)