人気ブログランキング | 話題のタグを見る

本当に村人になったのかも?スペインの村のご近所づきあい

日曜日の朝9時半にけたたましく玄関のブザーが鳴ることはない。
だから今日はベッドでチャンドラーの「高い窓」のほぼクライマックスを読んでいたのでびっくりした。
私たちのベッドルームは3階なので、とりあえず窓を開けて覗くと2軒向こうに住んでいる老婦人。
最近あまり耳が聞こえないのか、声をかけたが返事がない。
仕方ないので階段を降りていく。
その間にさらに3回ブザーが鳴る。
緊急の一大事で何か手伝ってほしいのか。あいにく夫はワンコを連れて山に行って留守。
玄関にたどり着くとブザーが壊れたと思ったのか、力任せにノックしている。
いやノックなんてお上品なものじゃなく、ドアを壊そうと企んでいるとしか思えない力強さ。
(我が村の老婦人は力強いのである)
ドアが壊れる前にドアを開けると袋を差し出してきた。
「姉の家でね、大量にいちじくができてね、もらったんだけど食べきれなくて腐りそうだから持ってきた」
すごく正直。
ありがたくいただく。受け取ると私の肩をコンコン叩いて、とっても気前の良い人のように振る舞う。
何と言っても彼女はケチなのです。
18年前に住み始めたとき、まずピーマンを持ってきて売りつけた。
私は不在で、夫しかいなかったので市場の3倍の値段で売りつけられた。
夫は私が外国人で、ここで大切に扱われないと困ると思って購入した。
それでもまさかの3倍の値段とは思わなかったらしい。
そこで彼女のあだ名が決定した。
セニョーラ・ピミエント(ピーマン夫人)
その後、いちじくも売りにきたのだが、ちょうどまだ幼稚園の年長さんだった長男が相手をした。
いちじくは散歩道にたくさん植わっており、大量に地面に落ちる。
当時飼っていた犬が大量に食べて大量にウンコをしていたので、息子はこれは犬の好物であると判断した。
(マドリードに住んでいるときは食べたことがない)
「セニョーラ、これは犬の食べ物ですか?うちの犬は散歩道でいっぱい食べるので大丈夫です」

きっと夫はマドリード出身、私は外国人だから「よそ者」としてお金を搾り取ろうと思ったのかも。

ああ、でも彼女は銀行でも売っていた。
銀行員は結構忙しくてお買い物に行けないから便利だし、おまけに貯金してくれるので大量に買っていた。
銀行員に販売して儲けたお金が銀行に行く
まるで世界の経済システムみたいだ。

そのセニョーラ・ピミエントが朝一でいちじくを持ってきてくれたので、これは大ニュースなのかもしれない。
やっと私も村人として受け入れてもらったのかも。

本当に村人になったのかも?スペインの村のご近所づきあい_e0061699_02472066.jpg
過去記事の写真より
散歩道にもいちじくはたくさんなってます。

Commented by アンジー at 2021-08-23 17:31 x
なんと ご近所にピーマンとかいちじくを
売りつけに来るのですか‼️
それが市価の3倍❗
なかなかのおばさんですね
ピーマン夫人  なんて呼ばれているの知らずに、、、  ぷぷぷっ
そんなひとが ただで、、、

どないしたんでしょ!  熱でもあったのかしら?   (笑)
Commented by cazorla at 2021-08-23 19:16
> アンジーさん
ちょっと怖いですよね。
でも彼女も80歳を超えたようなので近所づきあいは大事と思ったのでは。。
渡される時、金のメダルを渡す王様のような貫禄でしたよ。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2021-08-22 18:03 | スペイン 文化 言葉 | Comments(2)

あなたに会いたくて・・・・


by cazorla