人気ブログランキング |

Sencillez sin ornamentos

私の大好きな雑誌Habitaniaのパックナンバーを見ていたら おもわず目がとまってしまったインタピュー記事。

e0061699_82454.jpg
 マドリッドのレストランのオーナーの紹介だったので マドリッドに住んでいないし あんまり興味がなかったので 読み飛ばしていたのです。
それは Jesus Vazques(ヘスス バスケス)が レストランをオープンしたばかりの頃の記事。 で 私は テレビを見ないので全然知らなかったのですが どうやらテレビに出る人らしい。つまり タレント経営のレストラン ということ?
e0061699_7541845.jpg

ハンサムな人です。

特別な瞬間の感覚
ー テイストsabor
「誰かの唇から口うつしで飲むワイン」
ー 音色
「静寂」
ー手触り
「皮膚」

そう 同性愛の人です。 
インタビュー読みながらガンガン突っ込み入れたくなるのは おばちゃんだからですが。
こういう感覚でいられるのは羨ましい限りです。

レストラン Komodo Recoletos 13, Madrid 915 756 453
http://www.komodomadrid.es/ 

料理は地中海料理仕立てのインドネシア タイ料理。

スペインは 同性同士で結婚できます。
デンマークがまず始めたのだと思ってますか?
実はデンマークもイギリスも その他の国も 結婚といっても 法的ユニットとして扱われているだけで 「夫婦」ではないのです。 スペインは夫婦なので 全ての権利が同じです。
養子をもらうこともできます。
e0061699_8111072.jpg

写真はヘスス・バスケスと彼の配偶者。(tele5のページから)
最近 同性のカップルに対する嫌がらせ事件が増えています。
法的に認められたことで 人前でキスしたりというのが増えてきたからということが原因らしいです。 先日もマドリッドのプールで いきなり殴られたり。
子供には見せたくないという父親の心情もわからなくもないのですが。

スペインでは 離婚に時間がかかります。 裁判を通して何度も話し合わなければなりません。最低でも三年くらいかかります。 同性の結婚が認められて デモンストレーション的結婚も多かったのか 離婚が多いのです。 三ヶ月で離婚する人たちも多いので 今裁判所はパンク状態で ますます離婚に時間がかかるらしい。 
(日本はその点はんこを押せば良いだけだから ラクです。 双方が 意見が一致している場合は)

キューバのフィデロ・カストロ氏がもうすぐ八十歳のお誕生日なんですね。
かれは本当に 同性愛者を嫌ってました。
レイナルド・アレナスも 亡命しました。
同性愛者のことを書いていたら ふとカストロのことを思い出してしまったのです。
でも そんな彼も映画「苺とチョコレート」を制作することを許可しています。 ホモの芸術家が キューバの政策を批判する場面もあるのです。

カストロが政治家としてどうだかという評価を出すのは結構難しいと思います。
もちろん 独裁者だし 沢山の人が亡命しました。 大好きな作家レイナルド・アレナスもそうだし
撮影監督ネストレも。 一方  夫の職場の同僚は日本の生活にうんざりして キューバに移住し幸せに暮らしています。

カストロを見ているとうちの義父を思い出して 同世代だし よくしゃべるし
で 元気になられることを 祈ってます。
トラックバックURL : https://cazorla.exblog.jp/tb/3980354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rudy-love-111 at 2006-08-13 17:15
シッチェス多いですよ、ゲイさん達。
私達の間では「仲良しさんと」呼んでいます。
仲良しさんはとってもワンコ好きです、すぐ寄ってきて・・・・ルディにいきなりチューするんですよ!!
シッチェスの仲良しさんは裕福な人たちが多いようですね。
皆さん親切でフレンドリーで、イケメンさんが多い。・・・・・勿体無い。。。

それにしてもスペインってそんなに離婚に時間がかかるのですか??
仲良しさんも離婚するんですね、、納得。。。。
Commented by luna at 2006-08-13 18:04 x
このヘススという人、留学時代によくテレビで見かけていました!配偶者がいたんですね~。同性愛者の方達の結婚が認められているとは、スペインは進んでいるように感じます。ゲイの方ってハンサムでお洒落な人多いイメージがあるので...女としては残念に思ったりして(苦笑)
Commented by seilonbenkei at 2006-08-13 19:00
記事の内容と遠いところでのつながりしかありませんが、性同一障害(男→女)の友人から恋をされています(現在形)。化粧してワンピースで着飾った「彼女」と街を歩くと、いや、目立ちます。
正直言って最初はいやでした。でも慣れたら(装いにではなく付き合いに)気にならなくなって、今も月1くらいで出かけます。我が家にもその格好で来ますが、子ども達も慣れたみたいです。
Commented by cazorla at 2006-08-13 20:28
ルディさん こんにちは
シッチェスの人口の半分はホモセクシュアルであると言われていますね。 スペインのやくざはほとんどホモセクシュアル なおかつ金持ち。 だから 結婚が許可された と言われています。 
でも そこでなら マドリッドみたいな 諍いはなく 安全ですね。
Commented by cazorla at 2006-08-13 20:30
るなさん 結婚は 確か昨年許可されたのではなかったかな?
もうすでに沢山の人が養子ももらってるし。 海に行くと よく夫婦らしき男性ふたりと 子供達を見かけます。 夫はそんなにいるわけない あれは子供を置いて妻同士で出かけているのだ と 同性愛夫婦の存在をかたくなにみとめたがりません。 トラウマでもあるのかしら(笑)
Commented by cazorla at 2006-08-13 20:35
セイロンベンケイさんって 昔から好かれるのですね。 この写真のような方なのかしら? でもお嬢さん達も色んな体験ができますね。 でも もし息子だったら またちょっとちがうのでしょうか? 個人的には 全然違和感なかったんですが一度息子がストーカーされて いや ちょっと困りました。 でも ふと持っている書物とか見ていると 書いてる人が同性愛者の人が多くて 感覚的にはきっと好きなんだな と思います。 
Commented by オリーブ at 2006-08-14 04:40 x
私の日本語の生徒の一人もゲイさんです。彼も紹介してもらってるいけど、とってもお似合いのカップル。最初はドキッとしましたが、大分慣れてきました。二人のためにも自由なスペインでよかったなぁって思ってます。
ちなみに、昔、女装の好きな男性に「付き合って欲しい」と告白されたことがあります。見かけは女性がいいんだけど、中身は男性なんですって・・・お断りしちゃいましたけどね~。
Commented by cazorla at 2006-08-14 06:06
オリーブさん スペインってイメージとうらはらに(たぶん というかどういうイメージが一般的かわからないので) 色んな点で自由だなと思います。 ただ 今その反動みたいなのが起きているのと 同性が大丈夫なら3人の妻も という要望もでている このままだと制度がどう変化していくのだろう とは思いますが。
つきあってほしいって言われたんですか…………
そう言うタイプの人って美しい人しか興味わかないんでしょ? オリーブさん うつくしいんだ~
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2006-08-13 08:49 | アンダルシア以外の街 | Trackback | Comments(8)