みんな猫になりたい!

マンゴジェリーとランペルティーザーはじつに評判のわるい二人組、
Mungojerrie and Rumpelteazer
エリオットの詩を思い出してしまう 猫たち。
e0061699_7215465.jpg



e0061699_723871.jpg




e0061699_7235144.jpg




スペインに住み始めた時の 東京生まれのうちの子供二人(長男と長女)はこんな感じだった。
スペインの子供達が 遊んでいるのを 二人で手をつないで じっと 凝視していた。
カソルラの猫は野性的だと思う。
うちの子供達も野性的に育ててきたつもり。
だから 臆病者でもある。
世界が受け入れてくれるかどうか じっと待つ。

ジェリクル猫は今夜くる
ジェリクル猫は一匹ずつみんなくる
ジェリクルお月さん明るい晩ー
ジェリクル猫はジェリクル舞踏会にくる

 
ジェリクル猫のうた The song of the Jellicles

T.S.エリオット Old Possum's Book of Practical Cats 猫の詩集


そして子供達の大好きなディズニーの歌

Everybody Wants To Be A Cat の スペイン語版

おしゃれキャットという ださい(って死語?)題名だったので見逃した。
Aristocats スペイン語に訳すと Aristogatos
aristocrat スペイン語 aristocrata  貴族のもじり。
こんな題名だったら見たのに。









みんな猫になりたい Everybody Wants To Be A Cat  のスペイン語訳

Todos quieren ser ya Gato Jazz
porque ellos son de los que más saben sincopar.

Cierto! Todos quieren ya tocar
el felino jazz.
La música suave quedó atrás.
Cómo el vals y el tango!

Si escucha un buen jazz
no ambiciona uno más.
Ritmo sabrosón.

Ya cuadrillas no hay
porque en la actualidad
impera el jazz.

Hay muchos que son
sólo burda imitación
pues sólo saben ruido hacer
sin coordinación.

El jazz se debe improvisar
y sincopar,
para eso sólo sirve
ser un Gato Jazz.

Se escucha el trombón
o un buen saxofón
al improvisar.

No hay quien pueda aguantar
sin ponerse a bailar
o también rascar.

Y todos quieren ser ya Gato Jazz
y poder improvisar el jazz de verdad.
Si tocas jazz un rey serás
por donde vas.
Por eso todos quieren ser ya Gato Jazz.

Si me quieren escuchar
vamos el ritmo a cambiar
en blues que salga desde el corazón.

En otro tono hay que tocar
para que yo logre cantar
y que me ayude en la improvisación.

Los otros gatos llegarán
y un buen lugar escogerán
pues todos quieren escuchar,
de nuestra música gozar.

Todos quieren,
todos quieren,
todos quieren
ya ser Gato Jazz...
[PR]
トラックバックURL : https://cazorla.exblog.jp/tb/8510604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はる at 2008-08-24 15:56 x
ネコの顔が小さい、ような気がします。
ネコには蝉の声はどんなふうにきこえるのでしょう?
ネコになって、かろやかに、忍び足のステップを踏んで、
光を追ってみたい。なんつって。

Commented by sagisouf at 2008-08-24 16:01
世界が受け入れてくれるかどうか じっと待つ。・・・この気持ちすご^-く今、分かります。

子供たちも馴染むのにそれなりの努力がいったのでしょうね。
けなげですね。

翻訳機能、リカバリーの時、付け忘れてしまって、今はないの、又、リカバリーしないとつけられない。・・・ショック。

Commented at 2008-08-24 16:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saku_888 at 2008-08-24 17:34
外猫っつうか、自由猫って、絵になりますよね。
カソルラ家の子どもたちは、野性的だから美しいのかー。
Commented by syenronbenkei at 2008-08-24 18:00 x
スペインの野良はすぺ猫?

スマソ。
今はこんなコメしか入れられん。
なぬ?いつもと変わらんってか!
Commented by cazorla at 2008-08-24 23:48
はるさん
体が大きいような気がします。
エジプトとの絵とか彫刻の猫にかぎりなく近い。
いまだに 狩りをしています。
スペインってヤマネコ(リンセ)で有名なんですが
もしかしたら 近い種類なのかもしれません。

山に住んで 光りと自然の中から生まれる音に包まれた生活。
いいですよね。
Commented by cazorla at 2008-08-24 23:51
さぎそうさん
一歩入ってしまえば 大丈夫なのに つい その一歩が出てこない時ってありますね。
兄弟がいて よかったって きっと 心の底ではいつも思っているに
ちがいないと思います。
北村太郎さんのエリオット詩集を書き写そうと思ったのですが
洋猫のせいか 日本語があわないので 英文にリンクしました。
て 実は 眠くて 書き写せなかったのです。
Commented by cazorla at 2008-08-24 23:51
鍵コメさま
なにをおっしゃってる。
おこりますよっ。
Commented by cazorla at 2008-08-25 00:01
さくさん
猫は自由でも捕獲されないから幸せだなーとよく思います。
犬はかわいそう。
猫は しまりかけのレストランとか
それぞれのなわばりに たむろしてます。
自由だから美しいのかな。
犬は反対に ノラになると 美しくなくなるような気がする。
山犬は別だけど。
うちの子たち ますます野生人。
もう地下鉄にのれないかも。 

さくさんからのコメ ほんとに嬉しく思ってます。
毎日 更新してないかなーって 見に行ってるの。
きっと 夏休みの宿題がたまってるのかなーとか 考えたり。
Commented by cazorla at 2008-08-25 00:02
セイロンベンケイさん
私のレスまで 書いちゃって。 困るなー。
もう 年なんだから ゆっくりのんびりの旅にしなくっちゃーーー(笑
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2008-08-24 07:39 | カソルラ | Trackback | Comments(10)