人気ブログランキング |

旅に出たい とふと思った。

夫は 50ccバイクに乗っている。
大学時代は 友人に借りたバイクで コンブルテンセに通った。
妹を水泳大会に連れて行った。
彼の夢は バイクを持つこと。
マドリッドに住んでいる時 仕事場に通うためにこの小さなバイクを買った。
でも ほんとは もっとちゃんとしたバイクがほしい。

今時のインスティトート(ハイスクール 12才から16才 義務教育)の生徒達は みんなこれかそれ以上のバイクを持っている。
卒業祝いに BMWを贈る。

だから 私たちは ハイスクールの恋人みたいに
バイクに乗る。
今日は 子供達と別行動。 子供達は 母のアパートへ。 夏の友達グループで遊ぶ。
私たちは 市営プールへ。
e0061699_7255664.jpg

夫は 寝そべって読書三昧。
私は 泳ぎまくりました。








モーターサイクル・ダイアリーズ (角川文庫)
エルネスト・チェ ゲバラ / / 角川書店

昔の大学生 七十年代 八十年代前半の大学生は こんなふうに旅に出ていたよね。


熊を放つ〈上〉 (中公文庫)
ジョン アーヴィング /村上春樹訳 / 中央公論社

熊を放つ〈下〉 (中公文庫)
ジョン アーヴィング / 村上春樹訳 / 中央公論社

夫も こんなふうに友達と旅に出た。
そして 国内だけでは ものたりなくなって
インドに行き タイに行き 放浪の末 日本に来た。

でも もう一度 旅に出たがっている。


オートバイ (白水Uブックス (54))
A.ピエール・ド・マンディアルグ / / 白水社
オートバイも フランス人が書くと
こんなにエロティックになるなー という本。
そういえば 私 武蔵野夫人と二本立てで 「オートバイ」という日活ポルノ見たことあるな。
日本とフランスは ある部分とても似ている。
トラックバックURL : https://cazorla.exblog.jp/tb/8520698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2008-08-26 09:26
丹沢のふもとにある病院へバイクで母の見舞いに行っていたことは前にも書きましたが、残念、二人乗りは殆どしなかった。
バイクの解放感ってたまんないですよね。でも気をつけて。
Commented by wulm at 2008-08-26 09:32
すいませんご無沙汰してしまいました・・お元気に夏を過ごされているようで良かったです、お母様もお元気そうですね!!
こちら数日前から何故か涼しくなって・・何十日も真夏日続いてさすがに疲れました・・少しほっとしているところです。

cazorlaのVideo良いですねえ、ほんと良いところだなあ・・
あれ闘牛場ですかね?さっすがあって感じ!!
でもなんといっても坂の街並みが好きです!!

Commented by horaice at 2008-08-26 09:51
cazorlaさん
おはようございます☆家族でお出かけ~いいですね!
最初の写真、素敵ですね。まだ沢山泳げるのは羨ましいです♪なんだかここ数日でこちらは肌寒い風が吹くようになりました。

昨日、ちょうどモーターサイクルダイヤリーズのことを思い出していたところでした:-D!! 様々な人との出会いの旅、いいですよね。南米縦断、スペイン語が話せたら!!と思います。
最初のビデオのサウンドトラック、好きです☆
Commented by rorie at 2008-08-26 10:36 x
モーターサイクル・ダイアリーズ、面白かったです。
チェの映画が2本作成されたそうですが、日本に来るのは来年以降になりそう。ベニシオ・デル・トロの見事な富士額が見たい。
チェは男前だから、俳優さん泣かせですよね。

最近、カソルラさんがブログで紹介される本が知らないうちに本棚に増えています。熊を放つもガープもあります。
涼しくなったし、読書でひきもいいですね。
Commented by syenronbenkei at 2008-08-26 16:42 x
ナナハンに乗りたかったなぁ。
僕の時に免許制度の改正があって、結局中型しか取れなかった。

バイクって車と違って、どこまでも行ける気がするのね。
でも、タンデムで乗るものじゃないと思ってまつ。
後ろに女の子が乗ってくれるのは嬉しいんだけど、それとは別に。

旅には、、、出たいな。正直。
僕はやっぱり放浪したい。
たとえゴミ箱あさってもいいから、明日のない旅をしたい。
なんだか、僕にとって、それが一番生きてると感じられる気がして。
明日の見える旅は幸せなんだけど旅じゃない気がする。
帰るところのある旅に似て。
Commented by はる at 2008-08-26 19:35 x
バイクに乗ってみたかったです。
ブルンブルン云わせて、好きなところへ。
風の吹くままというやつですね。

『熊を放つ』はまだ読んだことがなかったですので、
読んでみます。
村上春樹は一時期どっしりハマったのですが、
そのあとは、反動なのか、避けて通るようになってしまいました。

泳ぎまくり、かぁ、うらやましいです。。
Commented by おーやま at 2008-08-26 20:20 x
いつまでも恋人同士のようで素敵です。
市民プールは屋外ですか?まだまだ泳げるなんていいなー。
私もおなかの出てきた夫をプールに連れ出したいんですけどね〜

旅が好きな人っていつまでもそうなんですよね。
私たち夫婦もどちらかというとその系なんですけど
そういう人間ってどうやって人生に決着をつけるんだろう
って思います。
Commented by miki3998 at 2008-08-26 21:03
私も学生時代、バイクで大学まで通っていました。50ccですが・・・。ボーイフレンドもヤマハのトライアルと言うオフロード用のバイクに乗っていて、私は彼が感じているだろう風を 後ろの座席ではなくて 自分で感じたくて手に入れました。 その頃はちゃんとバッグミラー、ついてました。(笑)

 結婚して妊娠する前まで 夫のバイクの後ろに乗って 赤坂まで通っていましたが、 子供ができたと報告したら、夫は3日もしないうちにバイクを処分してきたのです。 もう俺一人の体じゃないからってね。 だから羨ましいです。ご主人と一緒にバイクに乗れるって。 夏の後姿のままじゃあ、ちょっと乗れないですよね。 いや、cazorlaさんなら乗るかなあ。
 乗ってたらかっこいいなあ~。
Commented by sagisouf at 2008-08-26 22:38
何時までも学生のように、夫婦がいれるなんて・・良いですね。
そんな感覚は遠くにいったなぁ~

バイクは乗ると、アクセルの加減が分からなくて、急にヒューッと飛び出してしまう。曲がる時に減速が下手でよその家の壁に突進しかけた。バイクが新品だったので、バイクを支えたら、腕の手首の関節が折れた。

バイクは若い頃に乗ってないと駄目ですね。

旅には何時でも出たい・・殆どの人は願望してるのではないでしょうか?
でも、現実の重みに見動き出来ない。

スペインなら出来るかもですね。
Commented by cazorla at 2008-08-26 23:19
あんつぁん は かっこいいバイクに乗ってるんですモノね。
羨ましいだろうなー うちの夫。
50で そのあたりちょろちょろだと ほぼ 大丈夫です。
ただ 山だと 転ぶときもあって 危ないですね。
Commented by otebox at 2008-08-26 23:21 x
バイクかぁ。デカイのはハーレーしか知らないなあ。他はどうでもいいや。というのは自分がチビだからかもしれない。でも、美意識に震えて買ったYAMAHA SRX 600まだ持ってます。インテリジェンスを感じて好きなんです。
還暦を過ぎて、腰痛まで出るようになってキックスタートのこいつは封印しております。たぶんこれからも・・・
Commented by cazorla at 2008-08-26 23:23
wulmさん
おひさしぶりです。
ブルースの抜糸のあとのこと 心配していたんです。
涼しくなって ブルースにとっては 過ごしやすい時期になりましたね。
もう 毛もはえてきたとのこと 良かった。

住んでると忘れているけどこういうビデオを見つけると
こんな良い所に住んでるんだ と 
もっと 楽しまなくては・・ですね。
Commented by cazorla at 2008-08-26 23:28
horaiceさん
映画のおしまいのところ
写真が次々出て 音楽が流れて
いいですよね。 この映画。 DVDが出たら絶対 買おうと思ってます。
ほんとの友達も 最後にちらっと出て。

家族でお出かけ・・・ふふ 子供と別行動の幸せ もあり。
Commented by cazorla at 2008-08-26 23:35
rorie さん
チェ なんかブームみたいですね。
私が若かりし時 なんて書くのも恥ずかしいが
1980年代は 新宿のちょっと裏街道の詩とかプロレタリアートとか
マニアックな本の店の一角に チェのコーナーがありました。
Tシャツも どこからか輸入したもので 今のみたいにおしゃれではなく。
今では 原宿におしゃれな店もある。
それでも チェのこと あの歴史が消えないで
みんなが知ってくれるってうれしいです。

ガープの世界のほうが作品としては ずっといいですよ。
熊を放つ 村上の初期の翻訳。 あのころは 翻訳まで 批評されていたけど すっかり翻訳家としての仕事もたくさんこなていますね。
Commented by cazorla at 2008-08-26 23:39
セイロンベンケイさん
浮浪者のおっちゃんと 仲良かったでしょ?わたし。
で 彼らは 帰れないわけでもなく
家族のこと嫌いなわけでもなく
なんとなくそこにいるのだなー。
そういう願望は みんなあるよね たぶん。
庄司薫の兄さんが 犬死にする方法という本を書いたらしい。

人間はなんのために生きているの?
に対する答えでもあるから。
Commented by cazorla at 2008-08-26 23:42
はるさん
村上作品から離れていた時 ジョン・アービングにはまっていて
その後 ジョン・アービングを村上が敬愛しているという事実を知って
もう一度読み直しました。 共通の趣味を持つ読書人としての村上の作品として。 好きな作家の息づかいみたいなものが
模倣というのではなく 見え隠れしていて
そうね あなたも これ読んだのね と相づちをうちながら
読んでいます。 (まるで お友達 笑)
Commented by cazorla at 2008-08-26 23:45
おーやまさん
スペイン人の夫は 気をつけないと 腹 出てきます。(笑)
娘にヘラティノッソと言われたのがショックで
少し 運動してます。 テニスも。
でも 食べる量がねーーーー。

子育て終わったら旅に出よう って言ってます。
小さな船でゆらゆらと。
想像の世界です。
想像しながら ゆらゆら 人生の黄昏時に入っていくのでしょうか。
もう ほぼ五十ですからねー。
遠い将来ではないです。
Commented by cazorla at 2008-08-26 23:49
miki3998さん って やっぱりかっこいいなー。
私 乗り物乗れない・・・。 どんくさいんです おもいっきり。
女同士で 湘南 飛ばしてくれますか?

こんな小さなバイクでも 子供達は つぎは僕 つぎは僕って
乗りたがるんですよね。 
私 なんにもできないから もう息子にはばかにされっぱなし。
miki3998さんの息子さん 今でも 尊敬してるのでしょうね。
Commented by cazorla at 2008-08-26 23:52
さぎそうさん
試してみる やっぱり豪快だ。
手首を折ってしまう・・・ それもさぎそうさんらしいって
言ったら怒る?
私は試してみたこともない。
意気地なしなんですよねー。

旅に出たい と みな 思ってるけど
実はここが旅の途中 かも ですね。
Commented by cazorla at 2008-08-26 23:55
おてさん 
ハーレー だったら 私も知ってる。
て そのくらい私はよく知らないんですけどね。
うちの夫は そんなに良いのでなくても
そこそこ 旅に出かける程度 山に行ける程度のが
ほしいみたいです。
で カタログ見て 降りたのがおっちゃんで
失笑をかわなくてすむデザイン というので
選んでる。 (笑

おてさん 還暦? 信じられないです。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2008-08-26 07:42 | おすすめのもの | Trackback | Comments(20)