人気ブログランキング |

カソルラの雪

ある方のブログで 雪景色見て
その景色がずっと 頭の中から 離れなかった。
頭の中は 雪景色。
おまけに 日本の北部に住んでらっしゃる方から メールが届いた。
ブログを読んで 病気のことを知り 心配してくださっている。(Fさん ありがとう♪)
とても素敵な男性なので それもあって 頭の中は 雪景色。
すると 娘がごはんの時間に 「今年は雪が降るかなー?」って。
テレパシー なのかな。

なんとなく 家族で 食べたいものが一致するし。

脳波の交換してるのかも。
夫婦が似てくるのも 脳波交換があるからだって。

カソルラの雪です。
二年前は 零下15度までさがりました。
七十年前は それでたくさん人が死んだそうです。

今でも雪が降ると カソルラは 他の地域との交通が閉ざされます。

e0061699_2320069.jpg
e0061699_2324697.jpg
e0061699_2326473.jpg
e0061699_23283941.jpg
e0061699_2329854.jpg


やっと 夏休みが終わりつつあるのですが
今日 息子の宿題手伝いながら 覚えたことば。
(子供の宿題もあなどれません。)
no tener pelos en la lengua
舌に毛をはやさない → はっきりものを言う
毛を生やさない状態って 普通の状態だから
はっきり物を言うのは 実は普通で 
歯に衣着せぬ って いうのに 似てる。
歯に衣 というのは なかなか 優雅な言い方ではないですか。
トラックバックURL : https://cazorla.exblog.jp/tb/8572133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by barrameda at 2008-09-06 04:27
カソルラは標高が高いですね、零下15度なんてこちらでは考えられない気温です!
それにしてもアンダルシアの雪って綺麗です。

脳波って物理的に電気エネルギーなので、本来なら通じるんだそうですよ。
家族ならまず間違いなく以心伝心でピピッとなるのでしょうね。
やさしい旦那さんは一緒につわりになるんだそうです。

Commented by hisako-baaba at 2008-09-06 06:43
アンダルシアは標高高い所しか雪は降りませんよね。シエラネバダの山のほうではスキーも出来るそうですが・・・カソルラも降るのですね。美しい。
マドリードや北の方では、水飲み場はありませんね。アンダルシアは水が良いから、水飲み場が存在するのでしょうね。アランブラの水は美味しかったのに、娘は癖でボトルの水を飲んでいました。

舌に毛・・・より衣の方が綺麗ですね。
スペインの人は、はっきり賑やかに自己主張しますね。娘もそうなっていて、家族の会話はけたたましかったです。
Commented by クウロンベンケイ at 2008-09-06 09:12 x
僕は知人の間では口が悪いということになっています。
ブログでも、数人からそう言われたことがあります。

口が悪いと歯に衣着せぬは一瞬同じに思えますが、違うんでしょうね。

ちなみに、辞書的には
「歯に衣着せぬ」
思ったとおりをずけずけと言う。
「口が悪い」
人や物事をずけずけとけなすような話し方をするさま。

同じずけずけと言っても、「けなすように」言うのは「悪く」なるんですね。

でも「ずけずけ」ってのは遠慮や加減をしないで、はっきりとものを言うさま。
悪口をずけずけと言うなんて用例もあります。
じゃあ悪いのはこの「ずけずけ」なのか?
ブログがあれば記事にしたいところです(笑)
Commented by antsuan at 2008-09-06 10:04
富士山の初冠雪は八月九日でかなり早かったとか。
雪の下を流れる清流は奇麗でいいのですが、どうも水面下のやり取りは「ずけずけ」言っているわけでも無いのに汚れまくっています。
こちらの勘違いが沢山あるようで、ご勘弁下さい。
Commented by sahanji_yoko at 2008-09-06 11:40
一瞬、今日、雪がふったのかと・・・。そんなハズはない。

舌に苔がはえたらいやですね。ふふふー。
Commented by cazorla at 2008-09-06 16:55
barramedaさん
プリミティブ時代のだんなさんって みんなつわりがあったそうです。
欧米人のほうが 頭で考える時代が長いから ないのかなー(だって うち すっごい やさしいけどなかったから 笑)

雪が懐かしくなったら 遊びにいらしてください。
外部に出られなくなって 砂の女 状態になる可能性も大です。
雪かき~って こきつかわれて。
でも 朝は ちゃんと パンやマドレーヌを焼きます。
Commented by cazorla at 2008-09-06 17:27
ひさこさん
町全体が 標高が高いようです。
でも 山に囲まれているから マドリッドよりずっと暖かい。ウベダなどの近場の町よりずっと暖かく 夏は 涼しい。
気候はとても恵まれています。
雪が降ると 大人もおおはしゃぎです。

水は 平均するとマドリッドのほうが良いはずです。
エスコリアルの水 スペインで一番おいしいです。
Commented by mai-obachan at 2008-09-06 17:34
快晴の青空の下の雪景色。冬もなかなか悪くないと思える瞬間ですね。、、、冬、苦手だから、、、。ははは。

「心臓に毛が生えている」って日本では言いますよね。
こっちでは、、、鉄の心臓かな?
スペイン人は心臓に毛が生えるくらいだったら、頭にくれーーその毛をーーーっていう人が多いけどね。ははは。
Commented by はる at 2008-09-06 18:00 x
マイさんのコメントに笑ってしまいました。
頭にくれーーって。
確かに。。

no tener pelo en la lengua
好きなスペイン語のひとつです。
だって、口の中に毛が生えているの、想像するとおもしろい。

以心伝心、sincronización、
つながりってあるものですよね。
でも、やっぱり、体温を感じる距離にいることは大切かな、なんて。
Commented by もにか at 2008-09-06 18:05 x
舌に毛をはやさない人は心臓に毛が生えてるかも?日本はちょっとづつ涼しくなってます。これからは私も元気だせそうです。cazorlaさんも体を大切にしてね。
Commented by cazorla at 2008-09-06 19:09
クウロンベンケイさん
私は 口が悪いとは思っていませんでした。
ただ 時として 話しすぎる。 書きすぎる。
ことばが多いと伝わらなくなることもあるのではないか
そんな気がします。
Commented by cazorla at 2008-09-06 19:10
あんつぁん
榊原惇子の詩にも ありますね。
ながれよ 急な流れのところは清いと
Commented by cazorla at 2008-09-06 19:10
さはんじさん
苔だと 言ってるんだけどくぐもってる感じ?
一番最初のコメをくださった方の ブログで 雪を見たのです。
素敵ですよ。

Commented by cazorla at 2008-09-06 20:25
まいさん 
半袖でスキーができるシエラネバダ いいなー。
でも私は すべれません。どんくさいの。
心臓の毛 一本ずつ植え付ける スペイン人。
想像しまして。 笑えるー。
Commented by cazorla at 2008-09-06 20:27
はるさん
ふゆははるをまつきせつ。 
まいさん おもしろいですよね。 なんで
あんなおもろいことがドンドン出てくるんだろう。

想像しますよね。
ジョークなんかでも 画像で笑えるものが いっぱいありますね。
なんで おもしろいんだって 画像が出ない人は 言う。
Commented by cazorla at 2008-09-06 20:28
もにかさん
中がけむくじゃらか 外かの問題?
秋は 気持ちいいもんね。 元気出して あそぼー。
Commented by fumiyoo at 2008-09-06 20:37 x
今日は、ひさかたに「夏」が帰ってきたと思うほどに暑くて、こんな時は「冬景色」、心身ともに引き締まる思いがします。上の方の写真見ました、以前も良く見てたような・・白黒の写真良いですね。とくに「踏みきりの写真」。
人が何かを決断するときにやってくる「厳しさのなかの真摯な態度」のようで、そんな時人は礼節をわきまえて「歯に衣着せぬ」「舌に毛をはやさない」物言いも必要かとおもう。
Commented by cazorla at 2008-09-06 22:34
ふみよさん 京都は また暑いのですね。
こちらは 今 とても 寒くて。 でも 毎年 お祭り(15日くらい)は暑くなります。 この時期 風邪ひきやすいので気をつけて。
白黒の写真は いいですね。 こういう風景を心にとどめて置きたいと思います。
Commented by obreykov at 2008-09-07 18:16
とっても素敵なデザインになりましたね。
そちらでも雪が降るのですね。こちらでは8月末に山のほうはもう雪が降った地方があるようです。8月の雪とはちょっと早すぎますよね。
脳波交換ですか。あると思います。虫の知らせとかそんなのももしかして同じようなものではないかと思います。友人が特に親しい肉親関係や夫婦関係のあるもの同士、分子が飛んで知らせるのが虫の知らせだと言っていました。
テレパシーとかいいますけど、不思議なことって本当に沢山ありますよね。
Commented by transitroom at 2008-09-07 20:56
雪景色と青空のコントラストが素敵な写真ですね♪
「歯に衣着せぬ...」の様な言い回しって、結構世界中にあるのかも?
でも、肝心の日本の若者には通じなくなってきているかも?(汗)
Commented by cazorla at 2008-09-08 02:18
obreykovさん
-Sun&Moon Blog- というブログの方にお借りしています。
ここは たくさん壁紙があって 使い勝手もとてね良いので気に入ってます。
三年連続で降ったので去年はそり 小さなプラスティックのですが そりを買ったら降りませんでした。 
一週間くらい 村が閉鎖されるだけだから のんびり 喜んでいられるんですね。
Commented by cazorla at 2008-09-08 02:20
トランジットルームさん
北ヨーロッパのほうが スペインよりダイレクトにものを言うようです。
スペインは それでも 京都あたりに近いような感じもあります。
そういうところのほうにあることばなのかも。
今は みんな はっきり言う というのが普通になってるのでしょうか。 自分で何を言ってるか きちんと 把握してるならまだよいのですけどね。
名前
URL
削除用パスワード
by cazorla | 2008-09-05 23:48 | カソルラ | Trackback | Comments(22)