人気ブログランキング |

ドイツのCMが、アジア系女性蔑視ということで話題になってる。
e0061699_02120881.jpg
こちらの記事で 基本的に私が思ってることも書かれているんですが。
(いい記事だと思います。)

内容は、畑仕事をしているドイツ人男性の下着をパッケージに入れて自販機で売って、それを購入したアジア系女性(多分日本人)が臭って恍惚表情をするというもの。

私もこれ、差別とは思いません。

80年代って下着売ってた時代をご存知でしょうか?今もやってるの?
女の子が着用している下着を売ってお金にしていた。
そういうものを購入する男たちがいた。そういう時代。
自販機もあったらしいんですが、それは知りません。

でね、下着を売っていたのは女性で買っていたのは男性。

辱められていたのは女性で辱めてたのは男性。
それが逆転して男が下着売ってる。
そういうことでしょ?

で、あえて差別というか、誰かをおちょくっているとすれば、それはアジア女性ではなくアジア男性なんです。

このCMでは、アジアの男はこんな男性的な匂いはしないだろ、だからアジアの女性はこういうの買って幸せ(春)を感じてね
ってことなんだと思う。

結構、このCM作った人って日本文化オタクなんじゃないかなって思う。
春を買うって言葉を知ってるんだから。

80年代に下着を売った女性たちは幸せになっているんだろうかとふと思う。
下着を売るくらいどうよって思ってたんじゃないかな?
別に売春するわけじゃないからって。
でもね、下着を売るってことで何かが狂う人もいるよ。

80年代はライブハウスがたくさんあった。吉祥寺にもあったよね。曼荼羅だっけ?
私の好きなジャズシンガーの子がね、とっても可愛くて。マキエちゃんって名前だったんだけど。
好きでさ、顔も可愛いし、歌も良かった。なんとなく電話番号交換して。

楽しかったねー、飲みに行っていろんなこと話した。

ある日電話がかかって来て
「下着、売ったんだ。10万円くれたよ」

どう答えたらいいのかわからなかった。
バカみたいにふーんと答えた。

「あんたも売らない?」とマキエちゃんがきく。

「私は」

「売らない」

電話が切れた。

マキエちゃんとはそれっきりになった。
売ったことで傷ついたマキエちゃんは私に共犯になって欲しかったのかもしれない。

私は寄り添うことができなかった。

下着くらい売ったってなんてことないよね。
そうさ、それでどうにかなるってことないし、お金もらえていいじゃん。

そう一緒に言いたかったのかもしれない。

ドイツの農夫たちは、臭い下着を売る。
下着を売っても傷つかない男たち。



by cazorla | 2019-04-03 02:12 | 思うこと | Trackback | Comments(4)