相変わらず高血圧です。

今日は、バロック美術のおすすめ。
先日、ってずっと前ですが、マドリードのティッセン美術館に行って来ました。
ティッセンって、ドイツの貴族ティッセンさんです。
こちらの記事で紹介したスペイン女性ティタと結婚したため、コレクションはスペインに。

ここには主として印象派や新しい作品が多いのですが、
バロック美術もたくさんあります。
マルタ島にも作品があるバロック好きには有名なカラバッジョの修復風景のビデオなども見られます。

バロックって古臭い!と思っていたんですが、最近音楽はもちろんバロックくらい現代にマッチするものってないんじゃないか。
美術に関しても、ダリを彷彿とする作品がたくさんあります。
力量ではダリ以上と言えるかも。
だってあの時代は他にすることがなくて、ただ絵を描いていたのですから。

果物かごの絵。
向きかけのりんごが端に置いてあるのだけど、それが今にも落ちそう。
その落ちてない瞬間を描いている。
バロックの時代は美術にしろ、音楽にしろ、工芸品に近い感覚があったはず。
それにもかかわらずそこにあるのはアート。
それってすごいことじゃないでしょうか。

特別、他の違うことをしようとして、個性的であろうとしたわけではなくても出て来る個性。
これはものすごい個性です。

e0061699_00273972.jpg


ヘンドリック・テル・ブルッヘン(オランダ)の作品。1本のロウソクの光に映し出される3人の顔。
イサクの双子の息子、エサウとヤコブです。
聖書をちゃんと読めばきっともっと楽しめるのでしょうね。

プラド美術館の道を通ってたどり着くティッセン美術館の様子は下のビデオで。



住所:Paseodel Prado, 828014
公式サイト:https://www.museothyssen.org/
最寄駅:Banco de España (L2)

アトーチャ駅からも歩けます。

# by cazorla | 2019-02-05 00:43 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(0)

冬の散歩

枯葉の上をサクサクと踏みしめながら歩いていたら愛を見つけた。
愛は少し乾いていた。
それでも愛は愛だった。
枯葉の中から愛を取り出して連れて行こうとしたが、
愛は行きたがらなかった。
愛はそこにいたかった。
寒い、これから凍りつくかもしれない落ち葉の下で静かに乾いていたかった。

どこにも繋がらない

e0061699_04271790.jpg

e0061699_04261034.jpg

e0061699_04250684.jpg

e0061699_04245079.jpg
冬はまだまだこれからです。



# by cazorla | 2019-02-03 04:29 | アンダルシア | Trackback | Comments(4)

ブー太郎と名付けてしまったブーちゃんは実は女の子だったという件。
なんとなく変とは思っていたんだけど、やっぱりどうしても男の子だと思えてしょうがなかった理由。
それは、全く男の子が近づいてこなくなったから。

みかん(女の子、もともと長女が密かに下宿で飼っていた犬、雑種、4歳)は、人間の目から見てものすごくかわいいわけじゃないけど、犬世界ではやたらモテる。
本人よりはるかに小さなヨークシャーテリアが、無言で近づき乗ろうとする。
とにかく歩いていると、わんさかオス犬がやってくるのだ。
歩いていて、なんか重い?
と思って後ろを振り返ると乗っかってるし。
おいおい

とにかくモテてたけど、ブーちゃんが来た途端、全くオス犬が近づかなくなった。
だから思い込んでたんです、ブーちゃんはオスなんだって。
すぐにも獣医さんに連れて行って予防接種をしなくちゃいけないんだけど、
ちょっと困った環境にいた子だったからか、下痢をしたり吐いたりすることが多く、
なかなか連れて行けなかった。
その後私が肺炎にかかって動けない状態。
などなどあって、やっと年末に獣医さんに連れて行って、犬用パスポートなんかも作ってもらって、その時、「この子は女の子です」と。

そうなのね、だからみかんとも最初喧嘩が多かったんだ。
オスの仔犬ならもう少しみかんが世話をしてあげてもいいんじゃないかとは思ってたのよね。

みかんとブーちゃんが一緒に歩いていると、
オス犬「あ、かわいいみかんちゃんだ! あ、でも横にブーちゃんがいる。やめよ」
という思考経路で近づかない。

ところがですね、ブーちゃん1人だけ連れて歩くとちゃんとオスが来るんです。
ブーちゃんは側によると噛み付いたりして、とっても処女なんですが。

これって人間にも当てはまります。
友達と一緒に出かけて、それでナンパをして欲しかったら同じ系統の女友達と行かないとチャンスを失う。
男性は近づいて、タイプの女の子とどうにかなりたいと思っても、横にいる全くタイプじゃない子を見るとなんとなくめんどくさくなるんですね。

そういうわけで、今は2匹を連れて歩いているとオス犬がしつこく近づいたりしなくて、散歩も楽です。

e0061699_01430629.jpg


# by cazorla | 2019-02-03 01:43 | しょうもないこと | Trackback | Comments(2)