タグ:子育て ( 193 ) タグの人気記事



昔の記事を読んだ。
オスカー君のこと。
この記事を書いたのは2010年。
すっかり忘れていたこと。
オスカーが18歳で家出をした時の話。
そういうことが笑い話になるのなら素敵だったのにね。


オスカーはもともとロシアの男の子だったんだ。
この時の記事には書かなかったけどね。
スペインで、ロシアの子供を養子にする人は結構いる。
スペインに来た時は6歳だった。
もちろんちゃんとロシア語をしゃべっていた。
新しいスペインの両親は、ロシア語を維持した方がいいと思い、ロシア語の家庭教師を雇ったけど、
ロシアの辛い思い出があるから、ロシア語を拒否した。
スペイン語をすぐ覚えて、あっという間にスペインの男の子になった。

ああ、なんて素敵なの、と思った。
ロシアの悲しい男の子が幸せになってよかったと心から思った。

その子に起きた「家出」事件。
家出そのものはそれでいいと思う。

何が間違いだったんだろう。
一体何がどういう風にあったんだろう。
うちの長女、マリアは一緒に彼らの別荘で夏を過ごした。
ヨットに乗り、魚を釣り、楽しく過ごした。

第二の家出は、そんな思い出を粉々にしちゃったんだ。
父親のローレックスを盗んで、売りさばき、ドラッグの売人になった。
ポルトガルでは、ちょっとした顔になってしまった。
そのあと、一度だけマリアはオスカーと話したけど、ロレロレになっていたそうだ。

実子でも起こりうることなんだけどね、もちろん。
でもね、実子だったら、どこまでも実子として、受け入れる。
養子だと、切り捨てられるのか。

わからない。
両親はその後、離婚。

昔の記事を読んで、たわいないおとぎ話に近い家出の物語が悲しい物語に変わって
悲しい物語だけが残って、すっかり忘れていた、アフガニスタンに行く話。
少年の小さな嘘は、未来の笑い話になるべきなんだ。

e0061699_04342480.jpg

長男は19歳。
優しい未来が待っていますように。



[PR]
by cazorla | 2018-04-20 04:36 | 思い出 | Trackback | Comments(2)

e0061699_06552624.jpg
あ、ちょっと失敗ね。
なんか手かなんか入っちゃった。

e0061699_06554755.jpg
ほっぺ。
最近、FBとか見ると新婚旅行でほっぺつけて写真撮ってる奴が多いよね。
うちの義弟も笑
バックは、アリゾナでもボラボラでもどこでも。
うちの息子もほっぺ。
みかんが片目閉じかけで可愛い。

e0061699_06561153.jpg

うん
ちょっと一言
みたいな顔。
2人とも似たような思考回路の顔。
e0061699_06563359.jpg
そして、カメラ目線で締めくくり


仲良いんだかどうだかわかんないのは
息子、散歩に連れていかない。
なんでちょっと外に連れ出してごらんよ
と言っても
怠け者
これ以上愛されると困るから だって。


[PR]
by cazorla | 2018-03-16 07:03 | こども | Trackback | Comments(6)

知らないうちに10月になっていた。
それも7日。
エストレマドゥーラにいる息子に仕送りするのすっかり忘れていた。
だいたい月初めに送るのに。
グランドピアノを買って、経済的に問題がある、ということできっと最速の電話を控えているのだろう。
それとも忙しすぎて電話できないのかも。
かわいそうに。

息子がピアノを学んでいるエストレマドゥーラのバダホスは、コンキスタドーレスがたくさん出たところ。
つまり、どっか行かなきゃやってられんよ、というような場所で、そのせいか観光もいまいち。
だから教育に力を入れて、コンセルバトリオが充実しているのかどうか。
とにかく小ぢんまりしたいいコンセルバトリオです。
フルートなんて定員1人だし。

それでも、すぐそばに世界遺産のメリダもあるし、ヨーロッパで一番見事な桜地帯がある。
その桜がすごいらしい。
十万本くらいの桜がずっと遠くまで花をつけるそうなので来年3月に行く予定にしています。

そしてその桜は全部さくらんぼができる。
それはやっぱり素敵なことだ。
さくらんぼをつける桜の木は何百年も生きる。
さくらんぼをつけないソメイヨシノは60年の命。
クローンであるソメイヨシノ。

人間のクローンを作るという計画があって、作って欲しい人は応募したらしい。
そのうちの大多数が日本人だと言われているけど、ほんと?

ヒトのクローンってやっぱりヒトと同じ知能なんだよね?
感情はどうなの?
自分と同じ顔をした人が、すごい速さで年をとっていくのを見るってどんな感じなんだろう。
あまり見たくないな。

e0061699_09350534.jpg
バダホスにて、うちの末っ子。
現在は一人っ子としてうちで君臨してます。


バダホスってほとんど誰も興味ないかもしれないけれど、よかったら見てください。
実際、ほとんど誰も見にこないんだよね。
でも、なかなかいいところです。
変な人もいっぱい住んでるけど。
神は死んだとか怒鳴ってるじいさんとかね。
まあ、そういうところも含めてとってもスペインな街だと思います。






[PR]
by cazorla | 2017-10-08 09:44 | アンダルシア以外の街 | Trackback | Comments(2)

九月の風に



自分一人でいると全然流れを感じない「とき」も、子供達が周りで色々やっていると感じざるおえないんですよね。
クリストファーロビンと叫んでいた頃は、実はクリストファーロビンの意味をしっかりわかってはいなかったのです。
秋になって、学校が始まり、出かけていく。

寮のある学校に行っていれば、中学生でも小学生でも家からいなくなる。
家から通学していても、やっぱり昼間は一人取り残されることになるのですが、
それでも午前中は忙しくしていて、ふと気づくとお迎えの時間なんてことになって
あっという間に10年間は過ぎていく。

末っ子が高校に入ります。
高校は2年間。
中学が4年で、義務教育が日本より1年長いのです。

長女と長男はそれぞれの街に。

お引越しもあって大変。
日本のようにずっと同じところに住むわけではなく、毎年、住むところが変わる。
契約がちょっと違うから夏の間借りているメリットがないんです。

ああ、8月。
もうすぐ9月。

ピアノプロジェクトも頑張らなくちゃ。
下は最近書いた記事。
実はまだ書かなくてはいけないんですが、滞っています。
ほんと、実は怠け者だから。

とだらだら書かずもがなを書いてしまいました。
そういう風にしないと「書く」という状態に持っていけない。





[PR]
by cazorla | 2017-08-11 21:41 | こども | Trackback | Comments(4)

e0061699_11214506.jpg
「今日は秋の1日目だね。」と夫が言う。
秋の1日目。
空の色が変わる。
風のタッチが変わる。
匂いが変わる。空気が変わる。
夫がそう言うとオートマチックに私は言う。
「クリストファーロビン」
抑揚をつけてゆっくりと。
クリストファーロ〜〜ビ〜ン

秋が来てクリストファーロビンがいなくなってくまのプーさんが探しに行く。
そうさ
学校が始まったのさ。

このディズニーのアニメがビデオになった時、長男が生まれた。
長女にこのビデオを買ってやって、ずっと見ていた。
長男が生まれたのは10月4日。

付録がくまのプーさんの森の地図だった。
地図を見て、ビデオを見て。

そう、1998年はまだビデオだったのだ。

長男が生まれて、そしてまだビデオだった。
長男がビデオにいちごジャムを塗ってビデオデッキに入れたのでビデオデッキが壊れた。
トーストとビデオは似ているから。
でもねー、トーストだって焼いてから塗るんだよ。
なぜに、塗ってから機械に入れるんだ。

子供たちの誕生で壊れていったものたち。
消えていったもの。
無くしてしまったもの。
失ったもの。
そして、得たもの。

秋の1日目に、考える。
時が流れて、私はここにいる。
歳をとったような。
とらないような。
ああ、とらないような、なんてあつかましいね。
それでも、時として、30年前とちっとも変わらない自分がいるような、そんな気持ちの時がある。
いや、ほとんど、そう。
変わらないんだよ。
困ったことに。

それでも変わって行く。
それも困った。
困ることが多いね。
困ったことに。

ああ、秋の1日目。
長男はでかくなって、ビデオはDVDになって、誰もDVDにジャムなんか塗らなくなった。
それでも困ったことはいっぱいある。
書ききれないくらいに。
困ったことに。

[PR]
by cazorla | 2017-08-09 11:35 | 思い出 | Trackback | Comments(7)


長男がアレクサンダー・カンデラッキーの元でピアノの勉強を続けて、グランドピアノを購入しなくてはいけなくて、私がウェブライターを始めたことは以前書きました。
9月まであと少し。
頑張って働いてます。

ピアノは日本より高いです。
セカンドハンドになってもなお日本よりさらに高いです。
スペインは奨学金がありますが、コンセルバトリーの奨学金は大学より少ない。
フランスは大学の3倍ももらえるのに。
フランスの場合、音大に当たるコンセルバトリーのワンランク下の中級のコンセルバトリーですでに大学の奨学金より上。
音楽家は世界中のコンクールに参加しなくてはいけないし、楽器も高いから。

スペインはあまり音楽家を大事にしない傾向が強いような。
それでも、安く音楽を勉強できるからよしとしなくてはね。
日本に住んでいたら、多分、音楽の勉強は始めなかったと思います。

息子は別のものを勉強できただろうし、もしかして偉大な科学者になっていたかもと思うけど、
娘の場合、この人、結構特殊だから何をしていたか…
とにかく9歳の時から、奨学金をもらって音楽を学べたことは感謝!です。

ピアノ見てきました。
なかなか好みのが見つからない。

e0061699_16441227.jpg

右は先輩。
弾いてもらいました。
彼は大天才で、高校も15歳で卒業し、音大に16歳で入りました。
1年多く勉強して、今、21歳。
9月からオランダに留学です。


ウェブライターは現在こちらでお仕事しています。昨年、息子と行ったグッゲンハイム。
息子の写真も入ってますので、よろしかったらご覧ください。

息子が行っているコンセルバトリオがある街バダホスの紹介
私の住んでいるカソルラの城



写真選びがまずかったな、と反省。










[PR]
by cazorla | 2017-07-24 16:58 | こども | Trackback | Comments(6)

なぜだか2009年のこの記事がアクセス2位になっていて、久しぶりに見て「かわいいー!」と思ってしまいました。
どこかでスペインの学校ってカンカンとか踊っちゃうんだーなんて紹介されたのでしょうか。
こんなにかわいくて、お尻をプリンと見せてもかわいい人たちも現在中学4年生。
i日本式に言えば高校1年生です。
6月に終了し、これから大学に進学する子はバチジェラートに、行かない子は専門学校に行きます。
男の子たちは今でも、まー男の子ですが、女の子は変わりましたよ。
お化粧して、うちの大きい方の息子を誘惑したりしてるらしい。やれやれ
育児なんてあっというまに終わっちゃうんですよね。
忙しくしてるとますます速くて、ふと気づくとみんなの大きくなりすぎ!
末っ子も靴のサイズが42です。日本式だと何センチになるんですか?27cmくらい?
臭いし、かわいくない。

スペインは今年はなかなか暑くならなかったんですが、やっとというか
とうとう夏になって30度超えました。

[PR]
by cazorla | 2017-06-09 20:30 | こども | Trackback | Comments(2)

知らないうちに5月。
というのもついこの間まで、冬のコートが必要だったからです。
いつもなら、とっくの昔に袖なしになっているところ。
今年は一度春になって、その後、また寒くなりました。
カソルラは最近、観光客が異常に増え、ゆったりと川沿いのお散歩が難しくなっています。
バス1台分河口から、ドヤドヤ歩き始める。
横、3列に並ぶと追い越しもできない。
せめて、2人で歩けば良いのに、自然に幅が広くなると今度は4列になります。

スペインは6月に学年が終わるので、ふと気づくと学年末です。
時が立つのは速い!速すぎてついていけない。
6月は母の誕生日なので、年金の延長のために大使館に在留証明をしてもらわなくてはならいないし。
毎年の行事。

ピアノを弾いている、長男はアレクサンダー•カンデラッキーの教室にビリッケツで入って、結構心配していたのですが、猛勉強の末、なんとか1学年は終わりつつある模様です。
長男より、良い成績で入った子がドロップアウトしてしまったことを考えると、かなりの快挙とも言えます。

現在、住んでいる学生寮には、アップライトピアノを1ヵ月100ユーロで借りているのですが、来年はグランドピアノを買わなくてはいけません。
アップライトとグランドピアノでは構造が違うので、やっぱりグランドピアノじゃなくてはいけないそうです。
そう言えば、日本のピアノ学科の生徒ってみんなグランドピアノですよね。
私はてっきりお金持ちだからそうなんだと勘違いしていました。

我が家、娘も外で勉強しているし、経済的に大変です。
日本のように簡単にバイトが見つかる環境ではないし。
娘はたまにモデルのバイトをしています。これだと半日でちょっとしたお金になります。
あと、結婚式の演奏が月1くらい。

でも息子は9時間ピアノを弾いているので時間がありません。
その上、(バダホスに今いるのですが、)バダホスは地元ではないので、仕事を得るのは結構難しいようです。

と、まあそういうわけで、グランドピアノ購入プロジェクト。
私にできることは書くことくらいなので、ライター始めました。

読んでいただけると嬉しいです。
シェアとかツイートとか、はてブとかしてくれるともっと嬉しいです。


e0061699_15460957.jpg





[PR]
by cazorla | 2017-05-18 15:47 | しょうもないこと | Trackback | Comments(2)

e0061699_03414880.jpg
先日、某所でベビーカー優先エレベーターがらみのニュースについて書いてるのを読んで、なんとなく考えたことを書いてみました。優先というのも変だなーというのがあって。
そこのコメントで、車いすマークを押すと鏡のついたエレベーターが降りて来る、というのも結構びっくりしました。
10年日本に帰ってないので、感覚がガイジンなんですね。だって鏡のないエレベーターがあるなんて信じられないというか。
あえて、車いす優先のエレベーターに鏡をつけなくても、全部につければいいじゃん、とシンプルに私は考えます。「優先」ってある意味差別ということなのではないかという気がするんですが、そう感じる方がおかしいのでしょうか。

鏡があるとネクタイが曲がっているのを直したり、マスカラがほっぺにくっついているのを見つけたり、結構、ユーズフルなのではないかと思うのですが。30年くらい前に熊井監督の奥さんの熊井明子さんがエッセイの中で、「パリの女の子が綺麗なのは、街中に鏡があるからだ。」と書いてましたが、鏡をいっぱいつけて、車いすの人も楽になり、綺麗な女の子が増えたら、素敵じゃないですか?


最近は日本でも、ベビーカーを畳まないで電車に乗れるようになったと聞きました。よかったなぁと思います。だって、荷物があって赤ちゃん抱っこして畳んだベビーカーを持つなんて大変です。もっと赤ちゃんを連れて気軽にどこにでも行ける社会になれば、出生率も増えて、年金問題だって解決できるのではないかなと思います。



[PR]
by cazorla | 2017-04-24 03:43 | こども | Trackback | Comments(4)

1996年新宿区民

ふと最近思い出したこと。
昔、内職してました。マリアが生まれてすぐの頃です。
マリアを生んだ頃、子育てが楽しくで、子育てに熱中していました。
でも、やっぱりお金がないと困るなーと。
マンションを買ったばかりだったし、生活はなかなか大変でした。
区報を見たら、区役所で内職を紹介しているとのこと。それで早速区役所に。

新宿民だったんですが。新宿というのはなかなか良い区なのです。
赤ちゃんが生まれた時に出産お祝いがあります。
マリアは木製の食事椅子をもらいました。
かなり重いちゃんとした木で、かわいかった。
エンリケは、小さなソファーベッド。
それから、幸福の木とかそういう鉢植えがもらえます。
毎年、4月28日の緑の日には、やはり植木がもらえます。
夏みかんの木とか。
あと、ベランダにお花を植えると長さ1mにつき月1000円とかね。

ちょっと話が逸れました。つまり、新宿区は区民に優しい区なのです。
お仕事はすぐもらえました。
区役所の内職斡旋の係りの人は、50歳くらいの女性でした。
すごく優しい人。お仕事を斡旋するだけではなく、相談に乗ってくれたり。
宛名書きの内職をいただきました。
単純作業が実はものすごく好きなのです。

内職以外にも、新製品のモニターをしていて、図書券をもらっていました。
今でもそういうモニターのお仕事ってあるのでしょうか。
発売前のドレッシングとか、お菓子などが送られてきて、それについて感想を書く。
そういうものが送られてくるのも楽しかった。
中には一緒に図書券、500円分が入っていて、
2000円くらいになったら、本屋さんに行って。

30代の私はそういうことが楽しかったなと、ふと思い出したのです。

1996年、武満徹が亡くなった年。
マリアが生まれて、ちょっと貧乏で、それでも楽しかったなーと。
そして、マリアは卒論のテーマを武満徹にして、世界はきっとどこかで繋がっているんだなと。
繋がっている1996年の新宿のことをふと思い出したのです。



[PR]
by cazorla | 2017-04-06 07:50 | 思い出 | Trackback | Comments(2)