人気ブログランキング |

禁じられた恋の島

もう 20年くらい昔のことになるけれど イタリア文学にこっていた時期があります。。
たぶん 映画 「金曜日の別荘で」を 見たころです。
その原作を探した。 モラビア。
金曜日の別荘で は 妻が週末 恋人と過ごすのを 許す夫の話ですが
これは 彼の実生活をモデルにしています。
モラビアは また 妻との関係を題材に 「軽蔑」も書いている。
それは その後 フランス映画になって ブリジットバルドーが演じています。
モラビアの本の解説によると 妻は 作家として二流だったらしいのだけど
是非 読んでみたいなと 思いながらも 本を見つけることができませんでした。

ところが 母の本棚に あるではありませんか。
実は 中学二年の時に買って 読んでいたのです。
河出書房のグリーンブックス 世界名作全集。
二十世紀で 一番美しい小説 と紹介されています。
14才の男の子が 継母に恋する話は 14才のわたしには たいした感動を
あたえてくれなかったのか 全然おぼえていなかったのです。
で さっそく 読みました。
五十になると また違った感動があるものです。

映画のあらすじは こちらです。
禁じられた恋の島(1962) - goo 映画


継母とは いえ 16才で 好きというわけでもなく結婚し 子供を産み 人生を終えていく。
結婚前に 特に 恋もしたわけでもないでしょうから
きっと 死ぬまで 恋をされた時のあの甘酸っぱい あの気持ちよさをかかえて
生きて行くんだなって しみじみ 感じました。
男の子にとっては 一時のあこがれで それから人生にいろんなことが待ち受けている。
あんなこともあったねって 遠く遠く なっていってしまうのだろうけど。


e0061699_7575345.gif

モランテ。 ブリジッド バルドーに 似てるかな。

同じ本に載っていた 短編 「アンダルシアの肩掛け」は 作品として ずっと 好きでした。
これは いつかまた書きたいです ゆっくりと。
なんとなく 息子の思い出の中で 自分がどんな映像になっていくのかな と 考えたから。



禁じられた恋の島 イタリアの原題では アルトゥロの島
ちなみにこの主題歌に日本語の歌詞をつけて 園まりさんが 歌ってます。
日本の六十年代って ヨーロッパの文化がすごく入っていた時期なんですね。
(たとえば ゲンズブールのわたしはかわいいシャンソン人形が だれが歌ったかわすれたけど
大ヒットしたり。。。。)


ついでに ゴダールの軽蔑の最初の場面。
バルドーのおしりがすっごくかわいい。
 「あなた わたしの膝が好き?」
 「ウイ」


最近 誰かに 恋されてますか?
by cazorla | 2010-07-12 08:42 | お気に入りのもの | Trackback | Comments(4)

その人は人生観を変えた本はなにか という質問に答えて ボバリー夫人 と答えた。
わたしは いつも だれかが 良いといえばとりあえず 買っておく。
その本を購入したのは 三十年前。
基本的には 医者の奥さんの恋愛物語であるから ストーリーとしては 弱冠 退屈だと思う。
だから なんとなく 読むべきだな と思いつつも
そして 勧めてくれた人が素敵な人だったので いつか 読みたいと思いつつ
そのままにしていた。
この夏 たまたま この本を読んで フローベルが 生身の人間として近づいてきて もっと強くボバリー夫人を 読んでみたくなった。

フロベールの鸚鵡 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

ジュリアン バーンズ / 白水社



ただし 余談になるが この本で 紹介されているもっともエロティックな場面は カットされていた。
わたしが買ったボバリー夫人の本が 三十年前のものだからなのか
日本では 現在もそうなのか 不明。
読んだ方 ボックスの場面が出てきたかどうか教えてください。



そして ボバリー夫人が自殺する場面にさしかかった時 マイケル・ジャクソンの訃報を知った。
マイケルの唄を聞きながら 自殺場面を読み
泣きながら その場を歩く時
マイケルもきっと 「ボバリー夫人はわたしだ」と 言うのではないか
そんな気がした。

金髪の巻き毛の美しい少年が青年になり いつも女性に囲まれ そして裕福で楽しい生活を送っていたのに 二十九で 梅毒にかかり 突然 青年時代は 終わり  その容貌の変わりように 母親が息をのんでしまう。
マイケルは別の意味で 幼年時代を失ったと言えるのではないか。






ボヴァリー夫人 (新潮文庫)

フローベール / 新潮社



ボバリー夫人の自殺場面は圧巻でした。
クラシック文学って 最近あまり読まないのですが
時代を超えて 残るものには それだけのものがあるのだなと
ありきたりですが 感じました。


でも もしボバリー夫人がごくごく普通によき妻であれば 夫は生涯を通じて あんなに恋をしなかっただろうと思います。 皮肉なことですが。
恋をしているから 妻はいつもなまめかしく 美しかったのだと。

不幸な状態に陥ることもまた幸福である場合があります。


by cazorla | 2010-01-13 00:14 | 思うこと | Trackback | Comments(8)

走れ うさぎ

冬休みは 「走れ うさぎ」を読みました。

走れウサギ (上) (白水Uブックス (64))

ジョン・アップダイク / 白水社



実は ずいぶん 昔に買って 何度も読もうとしたんだけど どうしても十ページ以上読めなくて
いつも中断していました。
20年くらい 本棚で ほこりまみれになりながら 待っていてくれました。

本って 好きな人とかに勧められると なんとなく買ってしまうけど
読めなかったりする時ってありますよね。
そういう本をたくさん所有しています。
外国に住んで 読む本がなくなったらよむのではないかと 思って 持ってきていても
やはり 本って 「読む時期」つて 言うのが あるんだと思います。
たとえば 「ガープの世界」は 買って すぐに ほぼ徹夜で一気に読んでしまったのに
同じ作者の 「ホテル・ニューハンプシャー」は 二年くらいそのままにしていました。
ある日 ふと 今日は きっと 読めるって 思って
その夜 やっぱり 徹夜で 一気に読みました。
どっちの本が好きだったかていうのは やっぱり 言えないみたい。
その時 その時間 その状況で 自分の必要としている本があるような気がします。

走れ うさぎ」 WIKIPEDIA説明

この作品は 1960年の作品だったのだな というのが興味深いです。

こどもっぽさの残る夫婦の物語。
うちの子供達の親たちが ほぼ こんな雰囲気です。

娘が 小学生の時のクラスが 25人中20人の両親が 離婚もしくは別居中。
若い両親 多く 十代で結婚した 人が多かった。
成人式が二十歳では早すぎると言われ始めたのが たぶん 私たちの時代。
三十年前。
三十過ぎて やっと 一人前と言われていたけど
自分自身が年取ってみると それもそうかも なんて 思ってしまいます。

明日は 今日の続き。
それは あたり前のことなのに
実は ほんとうに それをわかるのは 人生にリミットを感じてからだと思います。
昔は それなりにたいへんで 人生のリミットはかなり若い時 ともすれば 子供時代にすでに感じていたことだったと思います。 でも 今は 自由 平等のスローガンのもと 人生のリミットを感じないまま 大きくなってしまいます。

という わたしも この年になって 愕然とするくらいに リミットを感じて がくがくしているのですが。



長男のエンリケが先日 おもしろいことを言っていました。

コンセルバトリオ(音楽学校)の初等科を今年6月に卒業して それから 9月から 中等科に行く予定なのですが だからと言って 音楽のプロをめざしているわけではない。 ただ 自分がどの程度まで ピアノをマスターできるか 自分の限界を見てみたい。


そういう 意味で ギリシアの賢人たちは 音楽教育を大事に思っていたのでしょうか。
by cazorla | 2010-01-12 05:08 | 思うこと | Trackback | Comments(10)

Haruki Murakami

Que leer という読書人むけ雑誌の表紙を飾る
村上春樹氏です。

群像で賞を取って 雑誌に載った時からずっと 好きです。
宝島に載った時も ちゃんと買っている ファンです。


e0061699_7501646.jpg

e0061699_7504482.jpg
e0061699_7511596.jpg


走って 泳いで 書く。
筋肉質なインタビューでした。
内容は また。。


Haruki Murakami 公式ページ 英語
e0061699_7594228.jpg
e0061699_7595787.jpg


ゆっくりまた書きます。
お休みなさい。
by cazorla | 2008-11-04 08:04 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(20)

北鎌倉のmikiさんの 40万アクセス感謝プレゼント に 当選致しまして
今日 それが届きました。

ほんとにありがとうございました。

e0061699_851617.jpg
e0061699_854593.jpg


宮沢賢治の詩と図鑑です。
宮沢賢治は 難解でずっとわからなかったのですが 20代の時に
岩手に行って 10日くらい 特になにもせず
りんごをかじって いものこじる会に参加して
ただひたすら 本を読む というようなことをしました。
その時にやっと からだが 宮沢賢治を少しだけ 理解しはじめました。
それからは 時々 機会があれぱ取り出して読んでいます。
この本で もっと 新しい面を発見していきたいと思います。

続 賢治のイーハトーブ植物園は 詩や物語に出てくる植物の解説。
母は 花に関する詩や物語の本を よく買っていたので 一緒に楽しめます。
ほんとうにありがとうございました。

お手紙も入っていて 達筆 なおかつ 長い心のこもった お手紙で
ちょっとやそっとでは お返事が書けない・・・。
へっちょこぴーの字の お返事 お送りします。


花巻温泉に行きたい。。。
by cazorla | 2008-09-27 08:14 | お気に入りのもの | Trackback | Comments(10)

夫は 50ccバイクに乗っている。
大学時代は 友人に借りたバイクで コンブルテンセに通った。
妹を水泳大会に連れて行った。
彼の夢は バイクを持つこと。
マドリッドに住んでいる時 仕事場に通うためにこの小さなバイクを買った。
でも ほんとは もっとちゃんとしたバイクがほしい。

今時のインスティトート(ハイスクール 12才から16才 義務教育)の生徒達は みんなこれかそれ以上のバイクを持っている。
卒業祝いに BMWを贈る。

だから 私たちは ハイスクールの恋人みたいに
バイクに乗る。
今日は 子供達と別行動。 子供達は 母のアパートへ。 夏の友達グループで遊ぶ。
私たちは 市営プールへ。
e0061699_7255664.jpg

夫は 寝そべって読書三昧。
私は 泳ぎまくりました。








モーターサイクル・ダイアリーズ (角川文庫)
エルネスト・チェ ゲバラ / / 角川書店

昔の大学生 七十年代 八十年代前半の大学生は こんなふうに旅に出ていたよね。


熊を放つ〈上〉 (中公文庫)
ジョン アーヴィング /村上春樹訳 / 中央公論社

熊を放つ〈下〉 (中公文庫)
ジョン アーヴィング / 村上春樹訳 / 中央公論社

夫も こんなふうに友達と旅に出た。
そして 国内だけでは ものたりなくなって
インドに行き タイに行き 放浪の末 日本に来た。

でも もう一度 旅に出たがっている。


オートバイ (白水Uブックス (54))
A.ピエール・ド・マンディアルグ / / 白水社
オートバイも フランス人が書くと
こんなにエロティックになるなー という本。
そういえば 私 武蔵野夫人と二本立てで 「オートバイ」という日活ポルノ見たことあるな。
日本とフランスは ある部分とても似ている。
by cazorla | 2008-08-26 07:42 | おすすめのもの | Trackback | Comments(20)

みんな猫になりたい!

マンゴジェリーとランペルティーザーはじつに評判のわるい二人組、
Mungojerrie and Rumpelteazer
エリオットの詩を思い出してしまう 猫たち。
e0061699_7215465.jpg



e0061699_723871.jpg




e0061699_7235144.jpg




スペインに住み始めた時の 東京生まれのうちの子供二人(長男と長女)はこんな感じだった。
スペインの子供達が 遊んでいるのを 二人で手をつないで じっと 凝視していた。
カソルラの猫は野性的だと思う。
うちの子供達も野性的に育ててきたつもり。
だから 臆病者でもある。
世界が受け入れてくれるかどうか じっと待つ。

ジェリクル猫は今夜くる
ジェリクル猫は一匹ずつみんなくる
ジェリクルお月さん明るい晩ー
ジェリクル猫はジェリクル舞踏会にくる

 
ジェリクル猫のうた The song of the Jellicles

T.S.エリオット Old Possum's Book of Practical Cats 猫の詩集


そして子供達の大好きなディズニーの歌

Everybody Wants To Be A Cat の スペイン語版

おしゃれキャットという ださい(って死語?)題名だったので見逃した。
Aristocats スペイン語に訳すと Aristogatos
aristocrat スペイン語 aristocrata  貴族のもじり。
こんな題名だったら見たのに。

スペイン語訳
by cazorla | 2008-08-24 07:39 | カソルラ | Trackback | Comments(10)

Me cae bien.と言う言い方がある。
caerは 本来的な意味は 転ぶ・落ちる・垂れる という意味なのだが
それに bien または mal(よい または 悪い)がついて 合う 合わない という意味になる。

最初にこのことばを覚えたのは まだ初級のスペイン語クラスに行っていた頃。
先生が クリントンかだれか 大統領の名前をあげて
No me cae bien.と 言った。 辞書的に 単純に 「気が合う」 というふうに 覚えていたので テレビで見るだけの人に使うのにすごく 違和感があった。
と言うか クリントンは あんたのこと なんも知らないのに 気が合う なんて言うのは
なんとなく 楽天的だな というのが 感想。 スペイン人って 楽天的だなーと。
でも たとえ 相手のことを知っていたとしても 気が合うかどうかは 自分自身の問題であって
私が 気が合う と思っていても 相手は必ずしも そう思っていないかもしれない。
だって 話があうし 会って おしゃべりしていると ずっと話し込んでしまうし・・と
言うと そりゃ 聞き上手な人はいくらでもいるし 本心なんて 結局はわからないんだから
だから 自分が合うかあわないか それだけが この文章で一番大事なことなんだよと。

納得できず 頭の隅にぼんやりとあった その言葉も 今は 違和感なく使ってます。
そう 相手の気持ちって わかんないんだから 自分で相手を好きだったらそれでいいじゃん って。 

で ある時 A mi no me cae bien mi mamá.(母と気が合わないんだ)(ちょうど 母と喧嘩したあとだったので)と 言ったら メキシコ人の友達が 「その言い方は おかしい。 血のつながりのある人に 特に 目上の人に気が合う 合わないは ない。」と 言う。 それでも 親子でも たぶん兄弟でも 合う家族とそうでもない 人と あるような気がする。
スペイン人の先生に訊いてみたら それは メキシコのほうが トラディショナルな家族関係が残ってるから そういうだけで スペインでは 普通に使うよ と言っていた。
同じことばでも地域で その生活背景なんかで変わるものなんだな とおもった。

このメキシコ人とのエピソードは 20年近く前のことなんで もしかしたら 今はちがうかもしれません。  メキシコ在住のこの方に 一度訊いてみたいと思います。



今 アフリカの日々 (ディネーセン・コレクション 1)
アイザック・ディネーセン / / 晶文社を 読み返しているのですが その中でこんな文章に出会いました。

土地の人たちのなかでただ一人で暮らす白人は 感情をおしかくす必要も機会もないので 思ったことをそのまま口にするくせがつく。 だから 白人同士が出会ったときでも、 土地の人に似た調子で会話をすることになる。 お互いに素直なこういう話しかたのなかで,二人はつぎのような説を作りあげた。 はるか丘のふもとで野営するマサイ族たちにとって、 遠くに見えるこの家は、 いま夜空の星のように光りかがやいているにちがいない。 昔、聖フランチェスコと聖クララが神学論を交わして楽しんでいるその家を、ウンブリアの農夫たちがはるかに眺めたときとおなじように。


これは デニス・フィッチーハットンが 農園に滞在した時のエピソードに添えられたぶんしょうです。 映画をご覧になった方は ご存知のように この二人は恋に落ちます。愛と哀しみの果て (ユニバーサル・セレクション2008年第3弾) 【初回生産限定】
/ Universal Pictures Japan =dvd=
ISBN : B00116D6C6

で こんな感覚って ブログにも似ているような気がします。
きっと ブログでかわされる コメとコメも 光り輝いて見えたりするかも。。。

だれかと 合う合わない は 本人達の気質もそうだけど
それ以上に 出会った時の状況なんかも大事なのかもしれません。
実は 夫とのおつきあいは 34の時だけど それより四年前に 私のスペイン語の先生として出会ってます。 でも その時は 合わんなー こいつー と思ってました。 それにめちゃ腹立つことを 言う人なんで あんたみたいなアホ見たことない などと こっちも言ったりしていたのです。 
きっと ゆっくり うち解ければ みんなが 大好きになれたりするのだと思うけど。
でも あまりに たくさんの人と恋に落ちても 体がもたないわ。
じゃなくて お互いにもっと 理解できたら と思います。

私は 16才から5年間 病院で生活していました。
青春時代なんて なかったとも言えます。 
二十歳になったとき 自分がものすごく年を取ったような気がしたし。
でも 今では その5年間 ぼーっと できたことは よかった と思ってます。
ま いっかー と 思える範囲が広がったし。
そして 久しぶりに見るしゃばの景色は ほんとに美しかった。
壊れかけた ドアの木目までが 輝いて見えました。
この風景を見るために 5年間引きこもっていたのだ。
それだけの価値はある と思いました。

世界は ほんとうは とても美しいのです。
by cazorla | 2008-08-17 08:03 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(15)

Vamos

あるブログの記事で 読んだことば。

「私はできる I can」と言うヒラリーに対して、オバマは「私たちはできるのです Yes We can」と言ったから勝てたのだと、東照二という立命館大学教授が分析している。

ずっと 頭のすみにひっかかっていて 書きたいと思っていたこと。
ただ このブログの記事とは 全然関係なく このことばだけが一人歩きしてわたしの中にあるので リンクはさける。
で これは ヒラリー氏を擁護するつもりもないし オバマ氏を批判するつもりもない。
まあ ヒラリーのこと好きなのねって言われるとちょっと落ち込む かも。


愛は束縛 (新潮文庫)
フランソワーズ サガン / / 新潮社
スコア選択:


江國香織さんはこの小説を、「お酒をたっぷり吸ったブランデーケーキみたいな恋愛小説」と表現しました と言うのを アマゾンのカスタマーレビューで読んだけど そんなにおもしろいかどうか。 読む時期の恋愛状況にもよる とだけ。
ただ この本の中でとてもおもしろいことがあります。

この小説は 金持ちの妻と 金のないピアニストの夫の生活なんですが
妻は かならず 私たち ということばを使う。
現実には全部彼女のものなのに 私たちのお金 私たちの家 私たちの車・・・・
そして 何かしたい時 「私たちは 今日は レストランで お食事がしたいわね」 というように
一人称複数形で話す。
なるほど これは 便利と スペイン人と結婚したわたしは思いました。
スペイン語にしろ フランス語にしろ 動詞活用が 主語によって 変化する。
これは とっても便利なテクです。

「わたしは★★★したいけど あなたは?」といわず 「私たちは ★★★したいわよね」
という表現は 命令形ではないけれど 命令形に準ずる威力を持つし はっきり命令していないぶん 拒否しにくい という心理を利用しているとおもう。

われら (岩波文庫)
ザミャーチン / / 岩波書店
スコア選択:


これは ロシアのアンチユートピア小説です。 この社会では われら しか存在せず
「わたし」とか「ぼく」は 存在しない。 その社会で 個を認識した主人公の物語。

すばらしい新世界 (講談社文庫 は 20-1)
ハックスリー / / 講談社


にも通じるものがある小説です。

私たちというとき わたしとあなたたち わたしと彼ら という関係以上に わたしたちの正義 わたしたちの信念 ・・・というような 無意識の認識が入り込み そこには 素直な記述よりも 隠された命令形が 入り込んでるのではないか そんな気がします。
わたしという時 それは 具体的な わたし自身だけど 私たちというときに入り込むあいまいさ。わたしたちが走り始めると どこに行くのかよくわからなくても 走り込んでしまう という危険 があると思います。 だから デカルトは 「コギトエルゴスム」と書いたのではないか それは「唯我独尊」のラテン語訳なのではないか そんなことを考えております。

で 話も飛ぶし 本文と関係ないのですが
by cazorla | 2008-07-25 08:49 | スペイン 文化 言葉 | Trackback | Comments(10)

ストッキング

ベトナム戦争を題材にした短編集「本当の戦争の話をしよう」の中の超短い話 「ストッキング」は 良い話です。

ヘンリー・ドビングは良い男だ。 そして優秀な兵隊でもある。 しかし洗練されているとはお世辞にも言えない。アイロニーというようなものも彼には全然お呼びではない。多くの点で彼はまさにアメリカそのものというところである。


という文章で始まる 3ページにも満たない小品。
その彼が唯一 普通と違うのは いつも 恋人のストッキングを首にまいて 戦線に出ること。
くんくんと匂って 恋人の匂いに顔をうずめる。
最初はばかにしていた 兵隊たちも そのお守りの威力を否定できなくなった。
どんな危険な状態に陥っても いつも無傷なのだから。
一度は 地雷を踏んだのに 不発だったし。
ところが 恋人から お別れの手紙が来る。
彼は しばらく手紙をみつめているだけだった。

それからおもむろにストッキングを取り出し、「まあいいや」と彼は言った。「僕はまだ彼女を愛しているんだもの、 ご利益は消えちゃいないさ」
 我々はそれを聞いてみんなすごくほっとした。


本当の戦争の話をしよう (文春文庫)
ティム・オブライエン著 村上春樹訳 / / 文藝春秋
ISBN : 4167309793
スコア選択:


基本は 自分が わたしが 僕が どう感じてるか どう見ているか そういうことなんだなーと思う。 数学のxy座標の問題で 原点(0,0)から どの位置にあるか 見ていかなくてはいけない。 原点か゜ 自分のいる位置なのだとおもう。 かなり飛躍した解釈ですが。


ところで ストッキングは スペイン語で mediasメディア 半分 と言う意味です。
どうしてなのかな と思っていたら もともとも medias calzas の略。 つまり calzasの半分という意味。
calzasというのは これです。


プラド美術館所蔵。 ティツィアーノ・ヴェチェッリオ作 「スペイン国王 カルロス一世」

15世紀まで これは 男性のみの使用でしたが 16世紀に半分にわかれて 上半分をcalzas または  calzones  下半分をmedias calzasと呼び  女性もこの下半分を使うようになりました。 ちなみに 男性用パンツをcalzoncillosと呼ぶのは これが語源になります。
ということは パンティストッキングを Pantimediasというのは 語源的に変なんですね。
by cazorla | 2008-07-24 14:48 | おすすめのもの | Trackback | Comments(8)