人気ブログランキング |

タグ:風景 ( 163 ) タグの人気記事

生きているということ

娘が連れてきた犬のみかんのおかげで 散歩に出かけることが多くなった。
もちろん 毎日のお散歩のことではなく
遠くまで歩くことが多くなった。
川沿いに歩いて行って
川の始まるところまで行く。
そこには 山の礼拝堂がある。
15世紀の建物。
ほぼ ほったらかし状態。
そこは 広々としていて みかんは喜んで走り回る。
鳥を見ると 追いかけていく。
鳥を捕まえたいのか。
鳥を捕まえるのが 人生の目標のように
走って走って 走り回る。
大きな天空の目から見れば きっと人間の人生もそんな感じ。
鳥なんて捕まえられないのは わかっているのに
いつか 捕まえられるかもしれない
そう思って走り続ける。
それでも その走っていることそのものが幸せなんだ。
走ってるみかんは 幸せ。


e0061699_06114556.jpg

これが 山の上のサン セバスティアン礼拝堂(Ermita San Sebastián)

e0061699_06140008.jpg
ほったらかし状態だから 木が生えてる?



e0061699_06253944.jpg
そう 木が生えてる。
生きてる。

e0061699_06185034.jpg
遠くに見える 我が村 カソルラ。


e0061699_06261361.jpg
途中の道にある洞窟の家。

e0061699_06271206.jpg
川の上の家。
涼しいと思う。

生きる 谷川俊太郎 
生きているということ
今生きているということ
それはのどが渇くということ
木漏れ陽がまぶしいということ
ふとあるメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと



by cazorla | 2016-04-02 06:36 | カソルラ | Trackback | Comments(6)

オリーブの幻想

雪ももう止みました。
そして 青い空が広がって。
木曜日には 15度まで温度が上がるようです。

e0061699_08074232.jpg

e0061699_08072984.jpg



e0061699_08071559.jpg




今はもう雪が消えてしまいました。
山の上の方にだけ。
あっという間の 雪景色。


by cazorla | 2016-03-01 08:10 | カソルラ | Trackback | Comments(7)

今年は 春が早いなーと思っていたのに
雪が降ってしまいました。
先週の月曜日に 土曜は雪
と言う天気予報に そんなわけない
と思っていたら。
だって おとといも 15度超えていたのですから。
でも 天気予報 当たりました。

これは 窓からの風景です。
e0061699_20445040.jpg



e0061699_20454594.jpg

e0061699_20453457.jpg


母の家に行ったら 雪で私が行けないと思って ご飯作ろうとしていたところでした。
なんか 元気みたい。
白い風景が 元気を与える。
犬のみかんも 寒がりで 外に行きたがらないのに
今日は元気で 出かけました。
雪は 寒い日々に 元気を与えるための 空からのプレゼント なんですね。


by cazorla | 2016-02-28 20:51 | カソルラ | Trackback | Comments(12)

カソルラ山に雪が降る

カソルラのお山にも 雪が降りました。
画像は お友達からもらった画像です。

寒いので 母のところに 入り浸りです。
でも 二人とも元気です。
ご報告まで。


e0061699_17391173.jpg



by cazorla | 2016-02-19 17:41 | カソルラ | Trackback | Comments(2)


年末から ちょっと調子を崩したのは どうやら 天候のせいだったようです。
雨が 降る前で 雲が 多くなって 気圧の変化とかなとかで 
体の循環が悪くなってしまった。

数日 続いた 雨も止んで 今日は久しぶりの晴天。
みかんを連れて 夫とお山にピクニック。
そう 二人だけ。
子供達は もう それぞれに用事が あって 急に言われてもねーって。
つまんないですね。



e0061699_02153487.jpg



e0061699_02161073.jpg

丸く見える植物は トミージョ。 タイムです。
もっと高いところに行くと ロメロ 、 ローズマリーが あって
もっと高いところに行くと ラベンダー。

空気が タイムの匂い。
たくさんとってきて お風呂に入れます。
静かだから 動物たちの声が聞こえる。
鹿の ウォオオンという声や 小鳥たちの声。

e0061699_02144871.jpg

お墓を見つけた。
普通は 山にお墓を作れないから 多分 マスコットの墓。
日付が付いてました。
ペットボトルで作った花も飾っていた。

e0061699_02164856.jpg


e0061699_02170934.jpg


e0061699_02173303.jpg
赤い矢印のところ 見えますか?
ロシンがあった。
ビオラやバイオリンの弓につける油。
あれって 松から出てくるんでしたっけ?


気持ちの良い1日でした。




by cazorla | 2016-01-09 02:42 | カソルラ | Trackback | Comments(12)

牧神たちの午後

コンセルバトリーの最高年齢の劣等生。
試験勉強中です。
今日は エスティーロ (スタイル)の試験で 
楽譜を見て 分析して 特徴などなどを 書く試験。
試験勉強中なのに こんなの作ってみました。


ドビュッシーの プレリュード。 牧神の午後

我が家の二人の牧神の写真。 



ダン ギブソン Dan Gibson  バージョン。
電子サウンドだけれど この写真整理しようって。
アルバロの写真が多すぎ。
しつこいから 少し へらせと言われたけど そのまま。

写真は 4月です。
早く 春にならないかなー。


e0061699_19561707.jpg


さ 勉強しよ。


by cazorla | 2015-12-01 19:57 | 思い出 | Trackback | Comments(4)


前回の犬のみかんとの散歩道より ちょっと野生的な散歩道。
セレスエロ川沿いの道。
セレスエロは セレッソ 桜 を小さくする語尾をつけた言葉。
ちっぽけな桜の木。
もともとは 桜の木が いっぱいあったのでこの名前がついたのですが
最近では いちじくが もっと多くなってしまいました。
いちじくの方が 生命力が強い。


e0061699_02472066.jpg
スペインは 夏になると その日の強さで 草が枯れてしまい 黄色になる。
夏をイメージする色は 黄色。
そして 秋になり 雨が 降り始めると 草が生えてくる。
秋。
人生の秋は初老の頃でしょうか。
だから エロジジイのことを ビエホ ベルで 緑色のジジイと言います。

e0061699_02525825.jpg



e0061699_02585192.jpg




e0061699_02593155.jpg


川沿いに 山を登っていきます。
実は 川に落ちました。
カメラを持っていたので どこかを捕まえる代わりに カメラをつかんで
水の中に落ちないように 持ち上げて。
イバラがいっぱいあって 背中と手に引っかき傷ができ
靴もズボンもすぶ濡れに。
みかんは 遊んでると思って はしゃぎ回るし。
最悪。



e0061699_03011161.jpg



e0061699_03152187.jpg


登りきって 下を見る。
この辺りの山は昔は海の底だったのだそうです。
昔。 そう 本当に昔。
アンモナイトが残っている。
カルシウムが多い。
山のてっぺんには木がない。


e0061699_03020743.jpg

美しい時間。
午後5時。
アンダルシア北部のオリーブのあるところ。
静かに秋が深まっていく。

e0061699_03223134.jpg








00000010_18534469.jpg
by cazorla | 2015-11-14 03:25 | カソルラ | Trackback | Comments(4)


コルドバに住む娘のフルートの発表会でした。
今年 2年目ですが 初めて招待してくれました。
始まるまで メスキータまで 少し散歩します。
e0061699_18491844.jpg

e0061699_18504847.jpg
レトロなペンション。 ちょっと泊まってみたい。
メスキータ近くです。

e0061699_18500893.jpg


e0061699_03243409.jpg


e0061699_18514787.jpg
ここがコンセルバトリオ。 ギター抱えた人がいっぱいいます。
午後5時は あまり授業がないから ギターのイベントか?
午後5時 フルート ヴェンデラ ヴォン ソード教室の発表会。


みんな 普段よりかなり下手だったそうです。
それぞれに 競争心があって それで 緊張してうまく吹けない。
娘は かなり良く吹けて
先生が これからはいつもママに来てもらいなさいって言われました。
こんなにリラックスして吹けたのは初めてだそうです。

この後 バスに乗って 郊外の大型ショッピングセンターに行った後
帰りのバスが とんでもないところで 終点になってしまって
ほぼ コルドバ全域を歩くことになってしまいます。
コルドバがこんなに大きな街だったなんて!!

次の日 直接 私のコンセルバトリーに行って授業を受けて帰宅。
さすがに疲れました。


by cazorla | 2015-10-31 02:35 | こども | Trackback | Comments(6)



探しながら歩いてるといつも見てるものも違って見える。
サンタマリア教会の窓の天使も見える。

e0061699_20341649.jpg


今年は 九月 なかなか忙しくて ブラックベリー撮り損ねた。
残ってるブラックベリーは 干からびて 干しブラックベリーと化している。
残念。
また 来年。
美味しいブラックベリージャムを作らなくっちゃ。


e0061699_20331940.jpg

赤い葉っぱみっけ。
e0061699_20331715.jpg


ざくろが実ってる。
ざくろはスペインでは一番大事な 果物ですよね。
グラナダ
e0061699_20330081.jpg

もっと赤い葉っぱみっけ。
野生の葡萄 パラっていうののかな?
その葉です。




e0061699_20323144.jpg

お城まで歩いた。
町の外はオリーブ畑。

e0061699_20291999.jpg


ミカンと一緒。
ミカンも心なしか秋色。

e0061699_20284790.jpg


秋が町を包み込む。

by cazorla | 2015-10-04 20:43 | カソルラ | Trackback | Comments(2)

コンセルバトリオ スーペリオールに入るにあたって
娘が 質問した。
『ねえ ママ もし わたしが妊娠したらどうする?』
『わたしの子として育てる。 だから勉強に専念しなはれ』
実のところそれは 本心というのでもなかったけど
まあ そういう答えを期待しているのだろうと 思って
機嫌よく送り出したいというのもあって そう言った。
この答えを 気に入ったようで
にっこり笑って コルドバに旅たつ。
しばらくして Facebookを見ると 日本で買った羽根布団の上に犬がいる。
なんじゃこりゃ。
ミカンと名付けられた犬を飼っている。
だいじょうぶなの?
ピソのオーナーは知ってるの?
大丈夫。 それに これはわたしの犬ではなくて 同居人のダミアンのだから。
そう言っていたにもかかわらず 夏休みには一緒に帰ってきた。
わたしねー こういうやせっぽちの雑種犬って好きじゃないのよねー
なーんて言ってたのに やっぱり嬢がうつる。
夏休みが終わって 一緒にコルドバにもどる。
やれやれという気持ちと 寂しいという気持ちと。
次の日 朝早く電話がかかってくる。
どうも 一緒に住めない雰囲気。
元同居人も かれの新しいピソは オーナーがすぐそばに住んでるし 無理。
というわけで 新しい家族 として迎えることに。

もともと 動物愛護団体で保護されていた犬。
そして 長女が可愛がっているとはいえ ほぼ 一人で ピソにいた
なんとなく 不安定な生活状況の犬だから
自分の宿命みたいなものを受け入れているようで
物静かで 世界を理解しようと一所懸命。
けなげなのである。

勉強に専念するために 赤ちゃんは ママが育てる。
そのことばどうり。
わたしの新しい赤ちゃん。
e0061699_20003912.jpg


e0061699_20064364.jpg



e0061699_20071429.jpg

子鹿に似ているミーちゃん。


e0061699_20035986.jpg


e0061699_19582408.jpg
廃墟です。 昔は年取ったジプシーがヤギと暮らしていた家。


e0061699_20044920.jpg

動物愛護団体にいた時の癖なのか お皿のドッグフードをテラスに運んで食べる。
小さいから苦労したのだと思う。


by cazorla | 2015-09-26 20:38 | カソルラ | Trackback | Comments(10)